国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

2019年11月22日 (金)

紅葉の甲陽園線を行く 11/20

Dsc09115  Dsc09118

11月20日は、昼からの野暮用の前に紅葉を求めてご近所をうろうろ。阪急武庫之荘駅界隈で京とれいん雅洛を撮影した後、同じ阪急の甲陽園線の電車に乗って終点の甲陽園駅まで来ました。ここから歩きます。京都アニメーションの作品「涼宮はるひの憂鬱」でもたびたび登場した駅ですね。

Dsc09119  Dsc09120_20191122063301  Dsc09121

甲陽園駅から夙川方面に歩いていくと、やはり涼宮ハルヒシリーズの中での登場人物、長門有希ちゃんや朝倉涼子が住んでいると設定されたマンションもありました。その前のフェンス越しには我らが甲山を背景として阪急電車を撮影できました。さらに進み、同じく「涼宮ハルヒの憂鬱」の中で登場する有名な踏切に差し掛かります。

Dsc09125  Dsc09124  Dsc09123

踏切からさらに南下し、大社中学の前に来ると、少し黄葉した木々を背景に撮影できました。快晴の空がすがすがしいですね。その大社中学の隣にある関電の施設の中にはあずき凝灰岩層という70万年前の地層があるようです。大社中学の敷地の中には満池谷層から植物遺体を含む地層があって地元では有名なところです。さらに歩いていきます。

2019年11月21日 (木)

京とれいん雅洛が行く

Dsc09100  Dsc09104   77033514_2495360080788318_71869886357726

一昨日、西宮北口界隈を歩いていると、京とれいん雅洛が西宮北口駅から発車するというポスターがありました。昨日11月20日は午後から野暮用があるものの午前中は時間があったので、早速、武庫之荘駅近くで出迎えることとしました。9時52分頃に6両編成の雅洛が快速で通り過ぎていきました。本日21日も、さらに来週も走ります。武庫之荘も紅葉の季節を迎えています。

Dsc09084  Dsc09106  Dsc09109

阪急電車はヘッドマークが大好き!  と言うわけで待ち構えていると、阪急3番街50周年記念、もみじマーク、何のキャンペーン化わかりませんが熊の何とかと言うマークがついた編成が通り過ぎました。

Dsc09090  Dsc09093

さらに8000系の記念列車と、伊丹線で唯一となった3000系が回送で西宮北口車庫へ送り込みで通過していきました。武庫之荘で十分撮ったので、今度は次の紅葉名所を求めて移動しました。

2019年11月20日 (水)

万作萬斎狂言

76933917_2494446867546306_44272397431173  75472919_2494446784212981_33071123195651

昨日11月19日は、西宮北口の芸術文化センター中ホールで開かれた人間国宝の野村万作、人気の野村萬斎らによる狂言を見てきました。芸文ホールの前の木々もしっかりと紅葉していました。

75550483_2494446790879647_54927414189568  77200158_2494446834212976_43491330398303

昨日の演目は、主人から預かった刀を詐欺師に取られそうになったものの機転で取り返したという長光、主人が息子の成人に黄金の刀を送ろうとし、金の値を太郎冠者に調べに行かせたところ鐘の音と勘違いした鐘の音、連歌の会に乱入した男が懲らしめられ、その仕返しに行くものの、叱咤激励する妻にてこずるという千切木の3作でした。

78256968_2494446920879634_81979012386253

ところで、芸文ホールでこんなポスターを発見! 

マルタ・アルゲリッチとギドン・クレーメル。世界のどこのホールで開催しても大注目される、とてもセンセーショナルなデュオコンサートですね。さて、行くべきか、行かざるべきか。

2019年11月19日 (火)

中村真理写真展 何気ない日常vol.2

76602221_2493178327673160_87924607898406  78117437_2493178344339825_33823439717442

昨日11月18日は南森町のMAGというギャラリーで開催中の中村真理さんの「何気ない日常vol.2」と題された鉄道写真展を見に出かけました。天神橋筋商店街の一本東の通りに面したところでした。隣が堀川小学校で、とても目立ち建物でした。さて、入りましょう。

74586276_2493178451006481_86268324412915  75439284_2493178404339819_85048736924156

朝11時からのオープン、比較的早い時間帯に行ったので他にお客さんもおられず、主催の中村さんと少しお話ができました。関西と東京を行ったり来たりされているということで、関西の鉄道スポットも多く撮影されていましたね。大きな写真は大阪駅での一コマです。

75464141_2493178424339817_89248117575500  77089728_2493178474339812_80439596421176

色彩と言う点に特に注目されて撮られていて、またプリントもとてもきれいな仕上がりになるように配慮されていました。こういう点は見習いたいですね。その中でモノクロの写真が一枚あり、かえってその力強さを感じました。ゆっくりと作品を鑑賞することができ、とてもよい写真展でした。

77340049_2493178511006475_69949907513942

お腹も減ったので、天神橋筋商店街に戻り、てんぷら屋さんに入りました。ここは最近はやりの明太子食べ放題というサービスがあり、これは贅沢な気分にさせてもらえますね。てんぷらも揚げたての熱々が来るので、とてもおいしくいただきました。

51gi3j7kbpl__sx329_bo1204203200_

百田尚樹 錨を上げよ 四 抜錨編 幻冬舎文庫/読了・・・・・・・・・一連の錨を上げよの最終編です。とても無鉄砲でやることすべてが他人とぶつかってきた主人公が何もかも無くしてしまうストーリーですが、不死身の呈でふたたび再生してきます。その中には著者の人生との重なりもあるといわれていますが、単に読み物としても、とてもスピード感があり密度の濃い文章の印象深い作品群でした。これが、別に小説家を目指しわけではない時代の処女作品と言うのには驚くばかりですが。

2019年11月18日 (月)

大阪大学ワンコイン市民コンサート 柴田由貴 パオロ・リグット フランキストたちの音楽

78377047_2492267427764250_31698306692703

昨日11月17日はいつもの大阪大学ワンコイン市民コンサートのお手伝いで大阪大学へ行きました。阪急石橋駅から阪大坂と呼ばれる坂道を登ると、学生会館近くの池の周りでは紅葉が進んだ木々を見ることができました。ここにもすがすがしい秋の空気がありました。

75226458_2492267417764251_59020711081436  75429483_2492267454430914_13782669495904

昨日はヴァイオリンの柴田由貴さんとピアノのパオロ・リグットさんによるデュオ・コンサートでした。柴田由貴さんは以前にもご出演されていて、その時はバッハの無伴奏ソナタのほか、イザイの無伴奏ソナタ全曲演奏と言うとても素晴らしい演奏を披露されました。パオロ・リグットはフランスで学んだ時のお仲間のようですが、なんとピアノの巨匠、ブルーノ・リグットの息子さんとのこと。

75474190_2492267474430912_84942201892466  75543578_2492267514430908_33894576401772

この日はフランキスト、つまりセザール・フランクを慕って集まったり影響を受けた作曲家、演奏家の系譜をたどる音楽会で、フランクのソナタのほか、ルクーのソナタ、イザイの作品が演奏されました。いずれも柴田さんのまっすぐな演奏で、とてもな中身の詰まった音楽が展開され、集中して聴かせていただきました。また、パオロ・リグットのピアノもなんだか独特で面白かったですね。

2019年11月17日 (日)

三方五湖へ 帰りに立ち寄った茅葺の郷 美山 11/13

Dsc09059  Dsc09047  Dsc09045

11月13日の朝、三方五湖のホテルを出て向かった先は、かやぶきの里として知られている京都府の美山です。ホテルから山道を走り2時間弱くらいで到着したでしょうか。素晴らしい晴天のもと、背景に山を抱いた茅葺の家々が迎えてくれました。

Dsc09046 Dsc09057 Dsc09054

この風景のどこを切り取っても絵になります。この郷のあっちこっちでキャンバスに筆をとる人が多くいたのも納得です。緩い坂をのぼりながら、散策します。こんな所へもインバウンドのお客さんが多かったですね。どのような印象を持ち帰るのでしょうね。

Dsc09042  Dsc09055  Dsc09060

家の屋根は茅葺きだけでなく、桧皮葺の屋根をふいているところもあり、ちょうどその作業中でした。とても手間のかかる作業ですね。美山を流れる川沿いにも真っ赤に紅葉したもみじが見られました。美山の道の駅で食べたソフトクリーム、めちゃくちゃおいしかったのです。よく見ると2018年に関西の道の駅のソフトクリームでナンバー1となっているようです。たしかに濃厚で美味かった。

2019年11月16日 (土)

三方五湖へ 豪華カニコース 11/12

76714118_2487206991603627_67957187514896  75341220_2487207074936952_89246751947698  74271345_2487207001603626_21502043293933

11月12日は母親のお供で、比叡山ドライブウェイから鯖街道を通って福井県の三方五湖へやってきました。この季節ですから、皆さんには大変申し訳ないことですが、漁期が始まったばかりのカニをいただきます。まずは先付八寸でしょうか、食前酒の梅酒とともにいただきます。次にトロリと口中で溶けるカニ刺しです。さらにカニの甲羅グラタンと続きます。

75640701_2487207051603621_73115871445631  75485169_2487207144936945_77837009620356  72139908_2487207174936942_81488428250903

カニのお鍋がありますが、それは後回しにしてビールでのどを潤します。出てきた香ばしい熱々の焼きガニに舌鼓を打ちます。ビールの後は、早瀬浦と言う地酒に変えました。すっきりとしたタイプのお酒でカニの味を邪魔しません。

75371623_2487207111603615_67903187449429  74240106_2487207244936935_51074206785591  75361047_2487207201603606_21055218518778 

味噌汁に入っているのは雌のカニ、子持ちの勢子カニです。大きなオスのカニよりもカニの香りが強いので、金沢では香箱カニ、こうばこがにと呼ばれています。そしてカニの天麩羅です、これは美味し!  最後に茹でたカニが一匹ドーンと出て、このコースの終盤となりました。ほかにカニの釜めしやデザートもあり、すべておいしくいただきました。ご馳走様でした。

515movk3xkl__sx330_bo1204203200_

百田尚樹 錨を上げよ 三 漂流編 幻冬舎文庫/読了・・・・・・・関西人には探偵ナイトスクープの脚本作家として知られている著者の自伝的作品です。もうむちゃくちゃやってるのですが、その人生の荒波を自分から引き込んでいるようなものですね。とてもまねできるような人生ではありませんし、真似したくもないですが、これがどれくらい本当なのかと驚きながら読んでます。強烈な文章に翻弄される稀有な読書体験です。

2019年11月15日 (金)

三方五湖へ 比叡山から鯖街道 11/12

Dsc09008  Dsc09009  Dsc09010

11月12日は母親の希望で福井県の三方五湖へ一泊の小旅行でした。名神の西宮から乗って京都東インターへ。高速道路って、めったに乗らないものですから大変緊張してしんどいですわ。それで比叡山ドライブウェイへやってきました。途中の展望台から京都市内と琵琶湖への眺望が広がります。

Dsc09011  Dsc09015  Dsc09014

下界はまだ温かい日々が続いていましたので、色づくにはまだ早いかと思いましたが、それでもところどころ見事な紅葉を眺めることができました。平日の観光道路ですから、めったに自動車も通りません。紅葉の場所では停車して撮影することができました。土曜、日曜ではこうはいかないでしょうね。

Dsc09022  74310981_2487203774937282_49299774848641

奥比叡ドライブウェイから下道へ出て、その後朽木街道、いわゆる鯖街道を通って北上します。その途中、途中という場所(ホンマです)を右折して鯖街道へ入ります。栃生と言う地区にある栃生梅竹という鯖寿司のお店でお昼をいただきます。普通の鯖寿司と違い、塩だけで締めた鯖を使った極上の鯖寿司です。間違いなく日本一の鯖寿司でした。極上鯖寿司 1本4,650円やったかな。ここまで来ないと食べられません。

Dsc09036  Dsc09035

道の駅に立ち寄ったりしてホテルに到着しました。三方五湖のひとつ久々子湖に面した湖畔に立つ静かなところでした。

2019年11月14日 (木)

伊丹線3000系と御願塚古墳

Dsc08990

先週11月9日は午前中の野暮用のあと、プラプラと時間をつぶしていましたが少し運動しようかと自転車で阪急伊丹線界隈へ出かけました。長く親しんできた3000系も伊丹線ではもうこの編成しか残っていないようです。ただ、出かけるタイミングが遅れてしまい、もう夕暮れタイムで陰が入り込んでしまいました。

Dsc08996  Dsc08995  Dsc08994

さて、その帰り道、ふと入り込んだ道で古墳を発見しました。周溝がありますからひと目で古墳とわかります。解説を見ると御願塚古墳とあります。御願塚と書いて「ごがづか」と読みます。しかも珍しい帆立貝様式の古墳です。

Dsc09000  Dsc08997  Dsc09003

周囲を回ってみると、たしかに張り出しが短い帆立貝型の様式が見て取れます。石碑に刻まれているようにこの周囲にはいくつかの古墳が集まっていたようです。そこで思いたつのは、この地域の南にある阪急電車の駅は、塚口ということでした。

2019年11月13日 (水)

今年の正倉院展 11/6

Dsc08934  Dsc08936

先週11月6日の午前中はいつもの生駒での野暮用があり、府県境を越えて奈良県内にいました。用事も終わったので、その日の午後は奈良国立博物館で開催中の正倉院展を見に出かけました。生駒市内では紅葉もかなり進んでいて、青空に映えていました。

Dsc08937  Dsc08938

国立博物館の前までくると、待ち時間20分の掲示がありました。目をやると入り口付近に並ぶ人、人、人です。でも土曜、日曜に比べると全然ましとのこと。早々にその列に並ぶこととしました。

Dsc08939  Dsc08940

写真での紹介はできませんが天平の宝物が並んでいました。今回の目玉の一つに大きな鏡がありました。想像していたよりも大きなので、今まで見たものの中でも最大級じゃないかな。きれいな螺鈿の箱もありましたね。

Dsc08941  Dsc08942  Dsc08943

帰りに西大寺駅に来た12200系特急、そして田原本線の赤いのと緑の電車は車庫で休んでいました。

2019年11月12日 (火)

山陽電車 鉄道フェスティバル 10/26

Dsc08759  Dsc08760

先月、10月26日は山陽電車の東二見車庫で鉄道フェスティバルが開かれるとのことで出かけました。まずは明石駅で下車してお昼を取ってからです。明石駅前は再開発によって高いビルができただけでなく、多くの飲食店が駅前に出来ていて、大いににぎわっていました。また、駅からそのビルの中を通って駅の南側の魚の棚商店街へ行けるのは便利ですね。

Dsc08761  Dsc08762  Dsc08763

さて、山陽電車のフェスティバルに来たのはこのシーンを見たかったからです。復刻塗装、細い赤ラインのそれぞれ3000系、さらに静態保存されている2000系の並びです。このフェスティバルはなぜかよく来ているのですが、2000系がこんなに前に出てきたことはなかったですね。昼からは晴れてきたのですっきりとした写真が撮れて大満足です。

Dsc08766  Dsc08767

時間もあるので他の展示も見て回ります。工場の中ではパンタグラフの上げ下げに長い列ができていたりしましたが、会場を2周もするとさすがに飽きてきます。トラパーサーでしたか? これじっとしているばかりでした。多くの売店も出ていましたが、子供のお土産が多かったです。とは言うものの、過去に一度、レールをカットしたものを購入したことが有ります。それは今でも足元に置いてありますが。

Dsc08772  Dsc08773  Dsc08780

会場を後にしましたが、そのままでは帰りません。東二見車庫の外周を歩いてみました。門を出たところから206号と舞子駅の橋梁が見えます。また、すこし工場の裏に回ったところに倉庫に使われている廃車体がありました。さらに、、ぐっると西側に回ったところでは姫路で開かれるB-1グランプリのヘッドマークを付けた車両がありました。なんやかんやあって、晴れて気持ちの良い一日となりました。

2019年11月11日 (月)

カンマーフィルハーモニー神戸第8回定期演奏会

  76182197_2484926218498371_34109964544901  75576636_2484926261831700_42465683618083

昨日11月10日はJR神戸駅南の松方ホールで開かれたカンマーフィルハーモニー神戸の第8回定期演奏会を聴きました。ホールのロビーからからは神戸港の一部を俯瞰することができ、こんな景色の良いホールはほかにはありませんね。また、近くの岸壁では海上自衛隊の潜水艦が工事を受けている様子が見えました。

71216695_2484926345165025_74901900953921   74160365_2484926395165020_34488225965382

昨日はモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番、同じく交響曲第4番と言う、知ってる曲ばかりだけどなかなか聞くことがないという渋い選曲でした。カンマーフィル神戸は弦楽器、管楽器等全員でも35人くらいの比較的小さなアンサンブルです。よくお伺いしているセント・マーティン・オーケストラと同じような規模ではないでしょうか。

73513762_2484926445165015_44944678139346

モーツァルトが始まるとその意外に分厚い弦楽器の音に少し驚きです、また、トランペットやティンパニも古楽器風のものがつかわれています。ピアノ協奏曲のソロ、法貴綾子さんは、とても達者なピアノで立派な演奏でした。経歴を見ると、こう言ってはなんですが、アマオケに登場されるレベルではない感じです。主張のはっきりした音楽がピアノから聞こえてきます。カデンツァはこの日のために書かれたものでしたが、成功したかどうかは好みの問題でしょうね。

そのアマオケ、カンマーフィル神戸ですが、ここも達者な方が多いのか、交響曲第4番ではしっかりとした演奏が展開されるとともに、ベートーヴェンの音が聞こえてきました。ここでこういう音がほしいなぁと思っても、アマオケではなかなか聞こえてこないのですが、昨日はそういうこともあって大変充実した時間を過ごすことができました。指揮は新日本フィルの花崎薫さん。

2019年11月10日 (日)

信貴山から王寺へ歩く その5 10/16

Dsc08599  Dsc08602

10月16日はケーブルで登った高安山からバスで移動し信貴山朝護孫子寺を訪れました。 ここまではあまり歩いていませんね。さて、ここから歩きます。お寺を出てしばらく歩くと立派なバス停がありました。ここは実はもともとケーブルカーの駅だったところです。近鉄東信貴ケーブルの旧信貴山駅です。このケーブルカーは乗客の減少もあって1983年に廃線になりました。

Dsc08603  Dsc08605  Dsc08608

今ではその廃線跡がハイキングコースになっています。ということで、その廃線跡を下ってみました。さすがにケーブルカーが通っていた線ですね、とてもきつい勾配が続きます。地図で見たときはそれほどでもないと思った距離だったのですが、ひざに負担が大きく降りるまでにずいぶん時間がかかりました。住宅街も近いはずなのですが、イノシシ注意の札もありました。

Dsc08610  Dsc08611  Dsc08612

ケーブル廃線跡からずっと下り道を歩き、三郷駅のほうへ向かいます。そこには犬養孝先生の万葉歌碑があります。もう何回も訪れていますが、先生の歌碑の中でもとりわけ立派で大きな石が使われいます。さらに歩いて三郷駅前を通過します。

Dsc08614  Dsc08618  Dsc08619

三郷駅の東の踏切を渡り、大和川を渡ります。踏切の標識にいまだに蒸気機関車のイラストか使われています。それもとても古いタイプの蒸気機関車で、多分1号機関車のタイプなのでしょう。今でも通用していること驚きです。対岸の急な坂を上ったところから北の方向を望むと生駒山から矢田丘陵にかけての大パノラマを見ることができました。本日3つ目の絶景ポイントです。もう後は王寺駅に向かって帰るだけです。終わり。

 

2019年11月 9日 (土)

信貴山から王寺へ歩く その4 10/16

Dsc08568  Dsc08573  Dsc08574

10月16日は信貴山ケーブルで高安山へ登り、そこからバスで信貴山朝護孫子寺に向かいました。到着したバス停から歩いてすぐに参道に入ります。大きな橋を渡りますがその途中には関西で唯一のバンジージャンプがありました。こんなの挑戦する気持ちはさらさらありませんけどね。お寺に着くと大きな張り子の虎がお出迎えです。ここへやってきたのは、小学生の時の町内会、子供会で来て以来でしょうか。

Dsc08577  Dsc08581

信貴山朝護孫子寺の境内は実にうまくルートができていて、遥か上に眺めていた本堂への道も緩やかな階段が続くことでそれほど苦にならずに到着します。その途中の道は効率的に塔やお堂を回れるようになっています。よく考えられていますね。

Dsc08584  Dsc08583

本道に到着しました。ここからは奈良盆地の絶景が眺められます。この日の絶景、2番目の場所ですね。

Dsc08587  Dsc08589

本道から降りてくると草餅屋さんがありました。1個だけ買い求め、食べながら次のコースへ向かいます。バス停からお寺へ向かう橋は、鉄道に用いられることが多いトレッスル橋脚を持つキャンチレバー、片持ちの橋で、同じ形式の橋としては90年近く前のもので、建築史上とても価値のある橋と言うことでした。この橋も寄進で作られたとは驚きです。さてこれから下り道へ向かいます。

000000002654_ik9tq0z

加藤俊徳 脳にいい!通勤電車の乗り方 脳内科医がズバリ解説 交通新聞社新書/読了・・・・・・・何ともつまらない本にあたってしまったものだ。脳の活性化のために通勤電車の中で行うこと、それをいくつも挙げて書かれているのですが、別に通勤電車の中でしなくてもいいことが多く、その必然性がわかりません。また、説明の中で、・・・・・ではないだろうか、だからこうだ、という、あやふやな根拠を基に決め付ける表現が散見していて、これはもっともいやな展開でした。買った本は読み通すという気持ちで入るのですが、なんともしんどい一冊でした。

2019年11月 8日 (金)

かぎろひ歴史探訪 長弓寺 王龍禅寺

Dsc08947  Dsc08949  Dsc08951

昨日11月7日は、秋の奈良歩き かぎろひ歴史探訪で朝10時前に近鉄富雄駅に集合し、バスで富雄川沿いに北上します。着いたところは生駒市の高山という地区です。ここは竹製品、特に茶筅の里として有名です。高山にある竹林園を訪れ、様々な竹製品の説明を聞き、整備された竹林を散策します。とてもきれいな公園でした。

Dsc08965  Dsc08960  Dsc08972

富雄川沿いに今度は南下していきます。5分ほど歩くと高岡八幡宮があります。ちょうど新車のお祓いをされているところでした。さらに歩きつづけ近鉄北生駒駅も通り過ぎて長弓寺へ向かいます。長弓寺では国宝の本堂の中でご本尊の十一面観音はじめ多くの仏像を拝観できました。これは稀有な体験でした。このような集いに参加させていただいているおかげですね。

Dsc08979  Dsc08981  Dsc08985

その後さらに南下してこのあたりでは珍しい禅宗の王龍禅寺を訪れます。うっそうとした社叢を背景に持った、とても雰囲気のあるお寺です。また、ここは摩崖仏をご本尊としていて、お堂の中で間近に拝観することができました。王龍禅寺へ至る道は桜の樹々で覆われ、ちょうど紅葉も進んできれいな小道でした。

2019年11月 7日 (木)

信貴山から王寺へ歩く その3 10/16

Dsc08563  Dsc08561  Dsc08562

先月10月16日は信貴山ケーブルで高安山へ登りました。ケーブルの高安山駅近くの展望台でお昼を取った後、山道を10分ほど歩いて高安山レーダーを見に行って来ました。ここは大阪管区気象台の気象レーダーで、室戸岬のレーダーと連携して紀伊水道を上る台風の進路情報など、我々の生活に密着した情報を得る大切な施設です。

Dsc08564

また、この地は天智天皇の時代に築かれた古代の城の跡で、当時、大陸からの脅威に備えたものという説明版がありました。やはりとても見晴らしの良いところですから、このような城ができて当然かと思います。瀬戸内海を通って大陸の方から攻めてきたら、狼煙かなにかで急いで大和のほうへ知らせる役目があったのでしょうか。

Dsc08566  Dsc08567  Dsc08935

高安山からはバスの専用道路しか道がなく、12時45分のバスに乗り込みます。ここから7分ほどで信貴山朝護孫子寺のバス停に到着します。このバス専用道路こそ、1930年から1944年にかけて存在した信貴山急行平坦線の廃線跡なのです。山の上で単独の路線の鉄道って、どうなん。地下鉄に電車を入れるよりも山上へ電車を上げる方法のほうが大変ですね。それで、たまたま読了した下記の本の中でそれらのことが説明されていましたので、本文中の地図を示して紹介します。地図の中央にある路線がそれです。

515fum1nl__sx309_bo1204203200_

寺本光照 こんなに面白い!近鉄電車100年 その巨大さと複雑な歴史をひもとく 交通新聞社新書/読了・・・・・・近鉄電車はJR各社を除くと最も長い営業キロを有する日本最大の私鉄ですが、その歴史は沿線の中小私鉄を買収、合併していった経緯があります。また、名古屋と大阪をつなぐための大規模な改軌工事など、他の私鉄ではあまり見られない歴史があります。さらに、ビスタカーに代表されるような観光特急への開拓でも先鞭をつけてきたこともあります。そういったことが多くの写真とともに解説されていて、とても面白い一冊でした。また、上にも書いていますが、信貴山急行のとても珍しい話しもタイムリーでした。

2019年11月 6日 (水)

信貴山から王寺へ歩く その2 10/16

Dsc08539  Dsc08543

先月10月16日は、あまりの天気の良さに一度登ってみたかった信貴山ケーブルを目指して出かけました。信貴山口駅からケーブルに乗ります。ここではIC乗車券が使えるという事で便利ですね。11時45分発、乗車してすぐに動き始めました。駅を出たところにケーブルカーでは珍しい踏切りがありました。

Dsc08547  Dsc08548   Dsc08553

ケーブルカーはぐんぐん登っていきます。山が深くなっていき、途中で対向車両と交換します。このケーブルカー、意外に長い時間乗っていました。値段も560円だったかな?そこそこ高いけど乗りごたえ十分です。

Dsc08554   Dsc08556  Dsc08559

そして高安山駅に到着します。下界も秋の空気で比較的涼しかったのですが、高安山展望台では風も強くそこそこ寒さを感じました。展望台は駅のすぐ近くで、ここでコンビニおにぎりを食べて昼食としました。さて、次へ移動しましょう。

2019年11月 5日 (火)

メイプルフィルハーモニック第39回定期演奏会

76905967_2478870839103909_69003857429885  75341252_2478870865770573_16820026344220

昨日11月4日は、箕面市民オーケストラ、いわゆるメイプルフィルハーモニックの第39回定期演奏会を聞きました。メイプルフィルと言うといつも箕面のメイプルホールで演奏会というイメージだったので、家を出る前に招待状を見直してみるとなんと川西市に新しくできたキセラホールでの演奏会とのこと、間違わなくてよかったです。

73533102_2478870902437236_69772052188071  

キセラホールは2回目の訪問です。昨日は1階席での拝聴でしたが、一度2階席で聞いてみたいものです。最近の傾向として、アマオケでは開放する席を限定していることが多く、ホールの音響をいろいろと試してみたい向きには少し残念なことがあります。

73513670_2478870919103901_52901126444123  76196717_2478870952437231_41782217440682

さて、演奏されたのは前半がモーツァルト、ドヴォルザーク、シベリウスの管弦楽曲、後半はベートーヴェンの運命というプログラムです。なかなか面白い並びですね。指揮者は間威之さん。

昨日の演奏とは直接関係ないことを書きます。間さんもそうでしたが、最近、指揮棒を持たない指揮者の方を何人か体験しました。指揮棒を持たないと両手の動きが左右同じになることが多いですね。しかも、簡単なフレーズの表現として同じ動きになるというのが多いかも。指揮棒を持つと、右手と左手の動きがそれぞれ独立するというのは自明でしょう。指揮棒を持たない場合は肩を支点として腕を動かすことをあまりしていなくて肘が支点となっていることが多いようです。つまり、動きが小さくなります。指揮棒を持った場合は肩が支点となっていることが多いですね。オーケストラにとって見やすい指揮というのはやはり大きな動きになりますから、基本的な指揮のスタイルとしては指揮棒を持ってほしいですね。また、指揮棒を持たない場合の打点の打ち方が甘くなるように思います。つまり、アインザッツが明瞭になりにくいのでは。かといって、指揮棒を持たないスタイルでも、ストコフスキーの指揮は素晴らしいし、小澤征爾もいいですね。最近聞いたところではアンサンブル・フリーの浅野氏の指揮も見事でした。それは稀有な才能と特徴的な体躯によるものだと思います。普通の方はぜひ指揮棒を持っていただきたいものです。そうすると、運命の冒頭がジャジャジャジャジャーンとかにはならないですから。  えらそうなこと言うて、すみません。

41hg35x5djl__sx341_bo1204203200_

増田晶文 うまい日本酒はどこにあるか? 草思社文庫/読了・・・・・・日本酒大好きな著者による熱の籠った日本酒応援の一冊です。10年ほど前の著作ですが、地酒メーカーと大メーカーの違いやお店での日本酒の扱いの問題点、日本酒を愛する人たちの考え方、今後の日本酒の行方など、多岐にわたる日本酒を取り巻く環境をとくとくと述べられています。全体的に消費が落ち込んでいる日本酒業界の問題点も抉り出していてなかなか面白い本でした。さて、その後の10年、日本酒の動向はどのように変わったのでしょうか。

2019年11月 4日 (月)

信貴山から王寺へ歩く その1 10/16

Dsc08527  Dsc08528

10月16日は思い立ち、近鉄信貴線の服部川まで行きました。山本駅から分岐する路線ですが、目的がなかったら利用することはありませんね。この日は天気も良く、すこしは涼しくなったというのも良かったです。

Dsc08529  Dsc08530  Dsc08531

服部川駅から少し歩くと大阪平野を一望できるところがあります。ここへ来たのは、先日見た大阪城薪能での演目に取り上げられた弱法師(よろぼし)、その話に登場する俊徳丸のお墓といわれる俊徳丸鏡塚古墳があるからです。この地が俊徳丸伝説の地という事でたまたま称せられたものと思います。

ただ、この古墳の敷地内、それも石室入口へ向かう通路に隣家の人がオートバイ置き場としてコンクリートの土台を作っていて、???でした。こんなのが許されるんでしょうかね。一応国指定史跡として登録されている古墳なのですが。

Dsc08535  Dsc08536

服部川から信貴山口まで歩きながら信貴線の電車も撮ります。電車は最後に40パーミルという急坂を上ってやってきます。なかなか頑張っていますね。

Dsc08537  Dsc08538

信貴山口駅の駅舎です。ホームに入ると先ほどの電車が止まっていました。さて、次へ向かうとしましょうか。

2019年11月 3日 (日)

五色塚古墳と小壺古墳

Dsc08289  Dsc08290

10月7日は山陽電車の復刻塗装車両の撮影に出かけたのですが、霞ヶ丘駅付近での待ち時間を利用して久しぶりに五色塚古墳を訪れました。この古墳は全長194mの兵庫県下最大の前方後円墳で、現在では築造当時の姿に復元されています。年末年始を除いて無休、事務所にパンフレットも置かれていて見学の利便性が図られています。こういう古墳、なかなか他にはないですね。

Dsc08295  Dsc08346   Dsc08312

古墳の墳丘に上がってみました。広々とした前方部から後円部を見てもその雄大な印象に変わりはありません。また、後円部の頂上に登ってみると明石海峡を借景に素晴らしい風景が展開しています。全国的に見てもこんな雄大な風景がついてくる古墳はそうないのではないでしょうか。

Dsc08347  Dsc08348

古墳の脇には四角い基壇のようなものがいくつかありました。当時は何かが建っていたのでしょうか。この古墳は前方部にあると推定される埋葬施設の発掘が行われていないとのことで、将来的に調査が進むといいですね。

Dsc08351  Dsc08352

五色塚古墳の西側には寄り添うように小壺古墳があります。おそらく陪塚なのでしょう。とてもきれいな円錐形で、こちらもきれいに整備されていました。木々が密集して荘厳な雰囲気を醸している古墳もそれはそれでいいですが、海に面した古墳はこれくらいあっけらかんとした軽やかな姿のほうが似合っているように思います。

2019年11月 2日 (土)

山陽電車復刻塗装 10/7

Dsc08275   Dsc08279  Dsc08283

山陽電車ではかつて使用されていた塗装を再現した復刻塗装車両が走り出しています。もうずいぶんと皆さんが公開されているので話題としての新鮮味はないかもしれませんが、しっかり撮影したことがなかったので10月7日に山陽電車霞ヶ丘駅まで出かけました。ちょうど姫路行きの車両が通過していきました。その他もすこし貼っておきます。

Dsc08287  Dsc08288

山陽電車霞ヶ丘駅は、このあたりで最大規模となる五色塚古墳の最寄り駅でもあります。先ほどの復刻塗装車両が姫路まで行って折り返してくるまでの時間つぶしもあって、ここを訪れました。過去にも来たことがありますが、整備が進んでいて、案内のパンフレットもいただきました。五色塚古墳は景色もいいし、とてもきれいな古墳です。

Dsc08371  Dsc08360

さて、ランチも取って復刻塗装車両が戻ってくるのを待ちました。昔の塗装は単純といえばそれまでですが、シンプルなだけに見た時の印象が強く、車両編成全体でのまとまりがいいですね。最新の山陽電車の特急と比べると一体感という点では劣っているのではないでしょうか。

Dsc08392

さらに夕方に戻ってくるところを滝の茶屋駅近くで撮影しました。ここは撮り方によっては背景にきれいに海が入るので好みのポイントです。もう十分撮ったので、いそいそ帰るだけです。

81oaexkzgwl

吉田秀和 ホロヴィッツと巨匠たち 河出文庫/読了・・・・・・・音楽評論の第一人者によるピアノの巨匠論でしょうか。ここで取り上げられているホロヴィッツの他、ルビンシュタイン、リヒテル、ミケランジェリというピアニストについて、彼らが余りに偉大過ぎて、今まで多くは接してきていません。すごいなぁと思うだけで、何が何だかというのがわからなかったというのが本心でもあるのですが。ということで、手持ちのものからホロヴィッツのスカルラッティを聞きなおしてみると、なんとも可愛い演奏で、見直したところです。これからすこし彼らの演奏にもチャレンジしてみようかな。

2019年11月 1日 (金)

京都駅、山崎駅 10/4

Dsc08217  Dsc08218

今日から11月、しばらくの間2019四国旅のシリーズでお茶を濁していましたが、これはもうひと月ほど前の話題です。なぜ京都駅まで行ったのかという事も忘れましたが、この駅にやってくる電車は懐かしいものばかりです。かつて新快速として活躍した117系と快速として活躍した113系です。今は抹茶色に塗られてしまっています。

Dsc08221  Dsc08225  Dsc08226

奈良線のホームに行くと、まだ103形が元気にやってきました。多分、奈良線でも唯一の編成になってしまったのではないでしょうか。それを駆逐したのは青い帯を巻いた205系電車です。とはいうものの、彼らも阪和線を追われてやってきた電車です。奈良線に来たら緑の帯になるんちゃうかなと思っていましたが、青帯のままですね。

Dsc08228  Dsc08232  Dsc08234

この日は帰りに山崎駅で降りて撮影しています。サントリー山崎工場を背景して関空特急はるか、それも増殖中のキティちゃんはるかです。ほかにもサンダーバードやEF66の工臨がやってきたりと楽しめました。

2019年10月31日 (木)

松伯美術館開館25周年記念「日本の心」展

73280266_2473896746267985_42447120984178  75392695_2473896766267983_20967063069487  

昨日10月30日はいつもの生駒での野暮用を終えて、昼からの時間をどうしようかと考えていたところ、駅のチラシでなかなか興味深い展覧会があるのがわかりました。生駒の現地から歩きはじめ、なら山通りをどんどん進み、学園前の松伯美術館までやってきました。

74368172_2473896796267980_31355114152641   75462519_2473896806267979_49675932207593 75388402_2473936042930722_83519704300215

上村松園とその息子の上村松篁の作品、それらの多くはこの美術館にありますが、その他全国に散らばっているものを一堂に集めての展覧会です。しかも有名な序の舞をはじめとする松園の日本画も多く展示され、圧倒的な存在感を示していました。

73084134_2473936096264050_96733418104029  73458783_2473936036264056_14602975478840  74670673_2473936106264049_88904468351565

この美術館がある敷地は、近鉄の会長だった佐伯勇の邸宅跡で、今もその邸宅が残っています。邸宅の公開は土日のみという事で中を見ることはできませんでしたが、その外観は十分に見ることができました。

73302962_2473936156264044_11961511535999

近鉄学園前駅のそばでは、ススキが穂を銀色に光らせながら風に吹かれていました。

2019年10月30日 (水)

2019四国旅 高松その4

Dsc08190  Dsc08194  Dsc08202

9月27日から始まった2019四国旅も最終日、高松から琴電に乗って仏生山車庫を訪れました。元京急や元京王の車両が休んでいました。この車庫ももう何回も訪れたものです。ところで、ここへ来るまでの琴電琴平線の沿線では盛んに複線化工事が進められていました。利便性があがるといいですね。

Dsc08204  Dsc08207

さて、今度は瓦町まで戻り、今度は志度線に乗って楽しみます。この路線は他の路線との乗り入れをしておらず瓦町駅が始発となります。この路線の車両は、元名古屋地下鉄の小型の車両が使われています。右の写真は、最終地の志度駅です。志度の町には平賀源内の生誕地で記念館がありますが、今回は時間の関係で訪れることはかないませんでした。

Dsc08210  Dsc08211

志度で軽いランチを取って高松へ戻ります。やってきたのは600形の車両です。瓦町駅で乗り換え最初に乗った高松築港駅に戻ってきました。ホテルに預けた荷物を受取り、高松からは高速バスで帰途につきました。

4泊5日に及んだ2019四国旅でしたが、期間中ずっと雨という事前の週間天気予報を覆し、すっきり晴れた日もあり、持って行った傘の出番はありませんでした。

2019年10月29日 (火)

2019四国旅 高松その3

Dsc08164  Dsc08172

9月27日からの2019四国旅、最終日の10月1日は朝から高松城近くで撮影した後、高松築港駅から電車に乗りました。やってきたのは京浜急行とコラボした元京急1000系の車両です。この電車に乗って仏生山駅まで来ました。その構内のはずれにはレトロ電車が留置されていました。

Dsc08173  Dsc08181  

さっそく、レトロ電車の近くまで行き、久しぶりの邂逅を楽しみます。クリーム色と茶色に塗装されているのは120号です。これは大正15年に琴電のために製造された車両です。隣の茶色の電車は300号でこの電車も大正15年の製造です。

Dsc08186  Dsc08184

300号のそばには、古い台車が置かれていました。また、それらを積載した無蓋貨物車両がありました。どれもレトロなものですが、このまま朽ちていくのでしょうか。

Dsc08170  Dsc08195  Dsc08193

さて、仏生山車庫のほうへ戻ると、工場の脇に500号が置かれていました。整備中だったのかもしれません。500号も琴電のオリジナル車両ですが、120号や300号よりすこし若く昭和3年の製造です。また、構内の端っこに23号が置かれていました。これは大正14年の製造の元近鉄の車両です。そして電動貨車のデカ1号も相変わらず頑張っているようでした。

このように琴電のレトロ車輛すべてに出会うことができ、満足でした。ただ、これらのレトロ車輛は近い将来に運行を停止し廃車になるとのことで、どこか静態での保存でもしてくれるところはないものでしょうか。彼らの姿を見て、いよいよ古典的車両の大切さを認識しました。

2019年10月28日 (月)

アンサンブル・フリー第30回演奏会

75614211_2470863586571301_55596335632020

昨日10月27日は京都で行われるコンサートの為阪急電車に乗りました。時間もたっぷりあったので、桂駅で準急に乗り換えて大宮まで行き、駅からすぐのところにある王将の1号店へ入りました。何回か利用したことがあるお店ですが、相変わらず活気があっていいですね。

74452279_2470863669904626_70038218355150

お腹も満たされたので、プラプラ歩いて同志社大学がある今出川まで歩き、そこから地下鉄で北山へ向かいました。京都の町を歩いていると、古い町屋とか見るだけでも心地よいものですし、歩いていくといろいろな町に出会います。今出川までそれほどの距離も感じませんでしたから、案外京都の町というのも小さな規模なのかもしれませんね。そうするうちに、京都コンサートホールに到着です。

73515705_2470863703237956_47619911949746

昨日は、ごひいきのアンサンブル・フリー、その西日本のオーケストラと東日本のオーケストラの2つの団体の合同演奏会という豪華版です。このオーケストラを率いる浅野亮介さんの指導によりアマチュアの最高レベルの演奏が繰り広げられてきました。今回は、ステージのサイドから浅野氏の指揮姿を拝見することとしました。

浅野氏は指揮棒を持たないスタイルなのですが、見ていると決して大きくない体躯ながら、身体に比べて長めの腕、さらに長めの指が自由自在に踊るように動いていきます。右手はかなり細かな指示が出ていますし、左手の動きと相まって、音楽のニュアンスも的確にオーケストラに伝えていきます。また、アイコンタクトでも適切な指示がなされていました。そして演奏中の笑顔もいいですね。

72987484_2470863686571291_59280021020422

昨日は、リヒャルト・シュトラウスの祝典前奏曲に始まり、バルトークの中国の不思議な役人、最後にまたシュトラウスのアルプス交響曲というすごいプログラムでした。いずれもパイプオルガンが加わった重厚精緻な演奏が展開され、きわめて凄まじい音楽体験となりました。

51o9jg13fvl__sx351_bo1204203200_

梶よう子 五弁の秋花 みとや・お瑛仕入帖 新潮文庫/読了・・・・・・北斎まんだらでその筆力に舌を巻いた著者の作品の続きです。前作に続くのんびりとした江戸時代の庶民の暮らしかとおもいきや、いろいろと事件が起きて登場人物たちがその渦中となっていきます。話もいろいろと盛り上がってきたので、続編が出たらこれは読まないわけにはいきませんね。

2019年10月27日 (日)

2019四国旅 高松その2

Dsc08144_20191027063201  Dsc08143_20191027063201

9月27日から始まった2019四国旅も最終日、10月1日には高松で朝を迎えました。まだ早朝のラッシュの時間帯、ホテルに荷物をおいたまま、高松城の堀端までやってきました。道路では車の渋滞、歩道には通勤のサラリーマンと、ここには都会の風景が広がります。

Dsc08140_20191027063201  Dsc08141_20191027063201

琴電ではいろいろな電車が走っていますが、まずやってきたのは仏生山行きの京王5000系です。4両編成の後ろには京急600系を改造した車両がつながれていました。

Dsc08148_20191027063201   Dsc08149_20191027063201

琴電のこの区間には、琴平へ向かう琴平線の電車と、長尾へ向かう長尾線の電車がやってきます。この先の河原町でそれぞれ行き先が分かれていきます。黄色の電車が琴平線、緑の電車が長尾線です。これらは京急の700系です。

Dsc08156_20191027063201   Dsc08159_20191027063201

今度は正面の窓が偏った形に配置されている電車で見た感じでもわかりますが元々地下鉄の車両です。これは名古屋の地下鉄を走っていた車両です。昭和46年から49年の製造で、琴電の中ではこれでも比較的新しい車両になります。

Dsc08158_20191027063201   Dsc08157_20191027063201

有名な京急の1000形の車両も元気で走っています。1時間ほどで琴電の2つの路線を走る電車のすべての形式を撮ることができました。さて、今度は琴電に乗って次の場所を目指しましょうか。

2019年10月26日 (土)

2019四国旅 高松その1

51  52  54

9月27日から始まった2019四国旅、最後の訪問地は高松でした。ここには小学校の時の顕微鏡クラブの部長だったG君が今や大学教授として活躍しているところなのです。小生はその時、副部長でした。えらい違いや!

さて、夕方にGくんと待ち合わせたお店はインバウンド客でずらりと行列だったので諦め、たまたまネットで見つけた居酒屋さんへ行きました。

これが大正解、瓶ビールが、大でも、中でも、小でも、395円という面白いお店、さらに10周年記念で3本瓶ビールを飲むと1本無料でついてくるという。これはもう突入するしかありません。暖簾もビンビールとはあっぱれです。

56  55

お店は基本串カツ屋さんです。キャンペーンでほとんどのものが1本100円というお値打ち価格です。鯛、イカ、ハマチのお刺身も頼みましたが、これが期待以上においしかったですね。串カツが誤って2セット来てしまいましたが、快く受け入れ、お隣さんと分けていただきました。細かなパン粉を使っているのであっさりして旨かったですよ。

57  50

お店に来る途中、創業二百年老舗の味 てんぷら揚げ売の店 たばこや蒲鉾店という実にええ雰囲気のお店があって、何だか気になっていましたが、たまたまこの居酒屋さんにはその天ぷらがメニューに入っていました。これを外すわけにはいきませんね。あっさりとした天ぷらでこれもビールによく合いました。

59  58

串カツとお刺身と天ぷらで、ビールとしっかりといただきましたので、お店を変えての見直しです。日本酒が飲めるところへ来ました。岐阜のお酒、小左衛門をいただきます。すっきりしとした味わいが良かったです。こうして高松の夜が過ぎていきました。

120951_l

梶よう子 ご破算で願いましては みとや・お瑛仕入帖 新潮文庫/読了・・・・・・・北斎まんだらという作品を読んでその筆力に舌を巻いた梶よう子の作品という事で読んでみました。これは軽いタッチの時代ものですね。事件のこともありますが、全体としては江戸を舞台とした庶民の暮らしがベースになっています。シリーズものという事で、これに続く産品を読み出したところです。

2019年10月25日 (金)

かぎろひ歴史探訪 河合町界隈を歩く

73008095_2468077830183210_19781705052738   73504731_2468077876849872_91861916603195  73372316_2468077936849866_19769410322306

昨日10月24日は秋の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で河合町界隈を歩きました。先ずは河合町役場がある近鉄池部駅から出発します。穴地蔵と呼ばれる地蔵さんを入れるために家形石棺のふたを使った地蔵堂を見て、天神社を訪れ参拝します。

73235804_2468078146849845_89500857674812  72485547_2468078066849853_79011545522110  73148704_2468078200183173_65246803348548

そこからしばらく歩くと素戔嗚神社の向かいにひっそりと長林寺がありました。元は東に塔、西の金堂を配置した大きなお寺だったようで、塔の心礎が残っています。また、堂内には十一面観音がご本尊として安置されているほか、吉祥天や子供のころの聖徳太子像などがありました。これらを全く自由に拝観させていただき、貴重な体験をしました。

73220676_2468078230183170_44589166817034  72947114_2468078363516490_32279834312415

今度は古墳巡りです。中良塚古墳は2段構成の前方後円墳で全長が88mと比較的大きな古墳です。さらに、大塚山古墳は全長135mのこの地域最大の前方後円墳で、どちらの古墳にも立ち入ることができました。特に大塚山古墳は墳丘に竹林が構成され、他の古墳の様子とは少し違う静謐な感じが良かったですね。

73304772_2468078416849818_83674627421304  73475030_2468078390183154_43731087498674  73028104_2468078456849814_51448535648116

さて、さらに歩を進めると官幣大社の廣瀬神社がありました。とても長い参道には立派な社叢があり、厳かな空気感が漂います。そこを出て北上すると宮堂遺跡の発掘現場に当たりました。ここは古墳時代から鎌倉時代辺りまでの遺跡で、少なくとも700年間程度は集落があったところといいますから歴史の厚みがすごいです。雨中の発掘作業、大変だと思いました。帰りは大和側を渡りJR法隆寺駅へ出て解散となりました。

 

2019年10月24日 (木)

2019四国旅 松山から高松へ

Dsc08132

9月27日から始まった2019四国旅も最終地へ向かって移動です。30日の昼、JR松山駅前に戻りランチができるところを探していると駅前に新しいお店ができていましたので、早速入りました。そこは中華料理屋さんで、店頭で中国人の女の子が餃子を一所懸命に包んでいました。麻婆豆腐は?の味でしたが、餃子は飛び切りおいしかったですね。次回もこのお店を利用したいです。

Dsc08134  Dsc08135

13時過ぎの特急しおかぜ・いしづちで松山を出発します。やってきたのは8000系の車両です。前3両が高松行き特急いしづち、後ろ5両が岡山行き特急しおかぜです。多度津駅には8620型蒸気機関車が静態保存されています。いつもこの機関車を見て新居浜や卯之町へ通っていたころを思い出します。

Dsc08136  Dsc08138

高松駅に到着しました。駅でしばらく撮影です。到着した特急いしづちの横には7200系エコトレインが早速入ってきました。また、高松から徳島へ向かう特急うずしおには新車の2700系が投入されていました。

Dsc08137   Dsc08139

他のホームには、岡山行きマリンライナー、高徳線の普通車も入線してきました。マリンライナーには、そのころに開催されていた瀬戸内トリエンナーレのヘッドマークがついています。実はこの催しがあることで高松のホテルがいっぱいだったのですが、早めに申し込んで確保できて良かったです。さて、ホテルに荷物を置いて活動開始です。

121348_2005

山本一力 カズサビーチ 新潮文庫/読了・・・・・・ペリー来航の8年前、1845年に日本人漁師22人を海上で救出し浦賀へ送り届けたマンハッタン号事件を扱った一冊。その数年前、同じように漁師を救出したにも関わらず外国船を打ち払ったモリソン号事件があったことの反省から、すこしは鎖国令もゆるくなった時期だったのも幸いしたのでしょうね。ほぼ史実に忠実にストーリーが展開されているように思いますが、とても生き生きとした文章に魅了されました。マンハッタン号のマーケイター・クーパー船長が主人公・・・・

«2019四国旅 松山 坊っちゃん列車ミュージアム

フォト

掲示板

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ