« 東横線東白楽の踏切 | トップページ | 岡山文庫 »

2015年2月17日 (火)

関西学院交響楽団第124回定期演奏会

Img001関西学院創立125周年を記念してと題された関西学院交響楽団の第124回定期演奏会が西宮北口の兵庫芸術文化センターで開かれたので聞きに行った。今夜は、関学OBの西宮ナジオンさんと苦楽園老松町さんもご一緒だ。プログラムにあるように、創立記念なので学校の歌も演奏された。ついで、学生指揮によるドリーブのコッペリアから前奏曲とマズルカ。きびきびした動きというか、ぎこちないというかロボットのような指揮振りだったが、却って好印象。

Img_3269客演指揮は船橋洋介というひと。何回かはきいたことあるが印象は薄い。まず、ブラームスのハイドン変奏曲だが、オーケストラはこわごわ発進したみたいで、思いっきりの悪い演奏に終始し残念。後半はかなりそろってきたようだけど。休憩を挟んでチャイコフスキーの交響曲第5番が演奏された。これは練習量も豊富なのか、丁寧な仕上がりと十分な音量が出ていて、楽しめた。後半になるほど熱を帯びてきて、観客の気分も上がってきたのがわかった。今回で4回生は卒団ということらしい、お疲れ様でした。

« 東横線東白楽の踏切 | トップページ | 岡山文庫 »

関西学院交響楽団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東横線東白楽の踏切 | トップページ | 岡山文庫 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー