« 兵庫芸術文化センター管弦楽団第96回定期演奏会 | トップページ | 久しぶりの上京 都電はバラまみれ »

2017年5月28日 (日)

枚方フィルハーモニー管弦楽団第85回定期演奏会

Img_1876澄み切った初夏の空を仰ぎ見て、京阪枚方市駅に到着しました。駅前の蔦屋書店のビルは斬新なスタイルですね。ただ、初心者には、どこに何の本があるのか、また新刊はどこか、わかりづらい本屋です。さて、今日は、枚方フィルハーモニー管弦楽団の第85回定期演奏会を聴きました。

指揮はいずれも団内指揮者の谷村浩、寺坂隆夫で、メンデルスゾーンの序曲「フィンガルの洞窟」、ドリーブのバレエ組曲「シルヴィア」、後半がシューマンの交響曲第2番というプログラムです。

Img_1878フィンガルは、何とも指揮者もオーケストラも手探り状態でお互いがなかなか合わないものですから、だんだんテンポも落ちてきて、まとまっても間延びしたインテンポになり、聞いていてハラハラものでしたがなんとか終わりました。シルヴィアは一転、まとまりのある響きに変わり、オーケストラもドーンと響きはじめ、快活なテンポで進められた秀演です。

Img_1879休憩の後、シューマンの2番の交響曲も幾分音程の不安はあるものの、手ごたえ抜群の演奏で、このなかなか難しい曲を楽しく聞かせてもらいました。

ただ、アンコールのエルガー、愛の挨拶は弦が何とも薄く、バラバラの印象があり、なぜこれを演奏したか、よくわかりません。

思うに、フィンガルと愛の挨拶は、練習不足ですね。こういう短い曲の練習は後回しにされるのでしょうか。練習不足で披露できないならば思い切って、上演しない手もありますね。無料公演だし、誰も文句は出ないでしょう。

また、アンコールについては、芥川也寸志が芦屋交響楽団を振っていた時、アマチュアは本番に全力を注ぐべきで、アンコールは無しという姿勢を貫いておられたことを考えると、安易に何かを付け足すより、本番に注力した方がいいですね。

また、会場をうろうろと歩き回るカメラマンには閉口しました。撮りたければ、本当にステージに上がって団員を接写すればよろしいんじゃないでしょうか。客席でうろうろしてシャッター音を響かせるのは、なんとも迷惑な話ですね。

という何とも不思議な演奏会でした。

« 兵庫芸術文化センター管弦楽団第96回定期演奏会 | トップページ | 久しぶりの上京 都電はバラまみれ »

枚方フィル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兵庫芸術文化センター管弦楽団第96回定期演奏会 | トップページ | 久しぶりの上京 都電はバラまみれ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー