« 川西市民オーケストラ第6回定期演奏会 | トップページ | ドイツ紀行 ミュンヘンの街へ »

2017年11月26日 (日)

交響楽団ひびき オータムコンサート2017

Image1_jpeg昼前から三宮へ出て、ちょいとみたいものを見た後、元町から神戸、さらに大倉山まで歩いて神戸文化ホールへ到着しました。今日は、交響楽団ひびき オータムコンサート2017がここで開催されます。指揮は、先日も西宮交響楽団を振っていた白谷隆さん。

Image2_jpeg今日は、吹奏楽で演奏される有名曲、あるいは管弦楽の曲だけど吹奏楽で演奏される機会が多い曲が並んでいます。オーケストラとしては挑戦的なプログラムですね。さらに、バーンズのアルヴァマー序曲やリードのアルメニアンダンスは、今日の演奏会のために楽員が編曲したという渾身のナンバーです。本日演奏されたのは、そのほか、保科洋の風紋、アーノルドのピータールー序曲、グリエールの青銅の騎士より、最後にレスピーギの交響詩「ローマの松」というラインナップです。

Image3_jpeg演奏はいずれも熱がこもったもので、特にこのような曲ばかりですから金管群が力が入っていたように思います。オーケストラと言っても、中学、高校のころにはブラスバンド経験をもっている楽員も多いでしょうから、演奏していても楽しかったのではないでしょうか。アンコールに星条旗が演奏され、熱いままコンサートが終了しました。

« 川西市民オーケストラ第6回定期演奏会 | トップページ | ドイツ紀行 ミュンヘンの街へ »

交響楽団ひびき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川西市民オーケストラ第6回定期演奏会 | トップページ | ドイツ紀行 ミュンヘンの街へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー