« ドイツ紀行 ライプチヒのランチ | トップページ | ドイツ紀行 ライプチヒ中央駅の保存車両 »

2018年1月30日 (火)

雪の能勢電 1/27

Dsc00114Dsc00129先週、1月27日は、日本海側からの雪が阪神間の山にもかかっていて、ひょっとすると!という思惑から、能勢電で雪見鉄が拝めるかと出かけました。阪急川西能勢口駅前の植え込みにはしっかりとした雪があり期待していたところ、能勢電の平野駅まで来ると、もうこのように雪が地面を白くしていました。

Dsc00149Dsc00170次に、日生中央と妙見口との分岐点である山下駅までやってきました。さすがに能勢の山へのは入り口だけに、町にも雪がたくさん残っていました。能勢へ向かう電車と日生中央からやってくる電車をしっかり撮影できました。

Dsc00188Dsc00196最後に終点の妙見口までやってきました。駅から少し離れたところに、緩いカーブでの電車を撮影できるポイントがあって、元阪急色のままの能勢電の他、川西池田駅までの区間を最後に走っていた車両の塗装で走っている2両編成も撮影できました。

41hlrcfgldl__sx353_bo1204203200_手塚治虫 手塚治虫エッセイ集成 ルーツと音楽 立東舎文庫/読了・・・・・・・・マンガ以外にも、意外に著作物が多かった手塚治虫の物書きとしての側面をエッセイという形で集めて文庫化しているシリーズですが、今回は自分のルーツというか、子供時代からの趣向の話と、クラシック音楽が大好きだった氏の好みについて書かれたものが集められています。チャイコフスキー派だったのが一夜にしてブラームス党へ変身した話とか面白く読ませてもらいました。

« ドイツ紀行 ライプチヒのランチ | トップページ | ドイツ紀行 ライプチヒ中央駅の保存車両 »

能勢電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ紀行 ライプチヒのランチ | トップページ | ドイツ紀行 ライプチヒ中央駅の保存車両 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー