« 2/13~16 四国詣で 卯之町から高知へ | トップページ | かぎろひ歴史探訪 唐招提寺あたり »

2018年3月21日 (水)

幻想フィルハーモニー管弦楽団第2回演奏会

Image1_jpeg今日は、芸文ホールで開かれた幻想フィルハーモニー管弦楽団の第2回演奏会を聴きました。2015年にベルリオーズの幻想交響曲を演奏するために組織されたアマチュアオーケストラですが、今回は、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」をメインとしたプログラムでの挑戦です。タクトは群馬響や東京シティフィル、広島響の指揮者を歴任した十束尚宏が担当します。

Image2_jpeg前半は、その十束のギルガメッシュ叙事詩よりという初演作品、ウェーバー(ベルリオーズ編曲)の舞踏への勧誘、ラヴェルのラ・ヴァルスというラインナップです。アマオケと言っても関西のトップクラスの集まりなので、凄く上手い演奏でした。あの壮大なラ・ヴァルスも、聞きながら揺れ動くリズムに酔いしれていました。

Image3_jpeg後半は、春の祭典ですが、実に反応性の良いメンバーなので、キレッキレの演奏が展開されました。指揮のタクトが丁寧に指示を出していて、それにぴたりと反応した成果ですね。この曲はめったに聞くことができませんが、次々に楽器がソロをとっていきますから、見ていても飽きることがありません。まさに背筋ゾクゾクの演奏が展開されました。

« 2/13~16 四国詣で 卯之町から高知へ | トップページ | かぎろひ歴史探訪 唐招提寺あたり »

幻想フィル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/13~16 四国詣で 卯之町から高知へ | トップページ | かぎろひ歴史探訪 唐招提寺あたり »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー