« 伏見の酒蔵 | トップページ | セント・マーティンオーケストラ第13回定期演奏会 »

2018年3月 3日 (土)

若林顕&鈴木理恵子デュオ・リサイタル

Image3_jpeg昨日突然、苦楽園のお知り合いから、若林顕&鈴木理恵子デュオ・リサイタルのコンサートについてのお誘いがありました。すぐに、スマホから検索して、空いている座席を見ながらチケット予約して、西宮北口の芸文センターの小ホールへ行って来ました。本当に便利な時代になったものです。小ホールは外から見るとこんな外観です。

1さて、本日のプログラムは、モーツァルトのK306のソナタ、レスピーギのソナタ、最後のフランクのソナタを軸にして、それら間にショパンの別れの曲、革命、ブロッホの無伴奏ソナタ、武満の悲歌を配した充実した内容でした。とにかく、鈴木理恵子のヴァイオリンが美しく、その響きに酔いしれました。若林さんも、しっかりと支える土台を作っていて、ヴァイオリンが自由に飛翔するのをバックアップしていましたね。ソロとなるショパンでは、雰囲気の違う2曲ながら、その質感を見事に描き分けていたと思います。

アンコールに、アヴェ・マリア、チャールダッシュなど。

« 伏見の酒蔵 | トップページ | セント・マーティンオーケストラ第13回定期演奏会 »

若林顕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伏見の酒蔵 | トップページ | セント・マーティンオーケストラ第13回定期演奏会 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー