« 突然の法隆寺訪問でした | トップページ | ワンコイン市民コンサート ドビュッシーとパリの詩人たち »

2018年5月12日 (土)

甲南大学文化会交響楽団 スプリングコンサート2018

32253560_2049960558661608_122082626さらっとした乾いた気候になったと感じる今日、昼から神戸文化ホールで開かれた甲南大学文化会交響楽団のスプリングコンサート2018を聞きました。スプリングコンサートというので、軽めの曲かと思いましたが、ハイドンの交響曲第94番「びっくり」は定番としても、ドヴォルザークの交響曲第6番とは珍しい選曲です。

32260552_2049960578661606_545677884さて、ハイドンのびっくり交響曲ですが、なんともゆったりとしたリズムでの開始となり、学生指揮者の村井拓斗さんが全編これで通しましたね。タクト・拓斗、なるほどなぁ。晩年のカール・ベームの音楽をほうふつとさせるようなハイドンでした。オーケストラも存外OB、OGが大半を占めているようで、しっかりとした音が響いていました。

32207596_2049960581994939_849861315後半のドヴォルザークの交響曲第6番は、初めて聞く音楽でした。そして、こんなにメロディにあふれた曲を知らなかったことに反省ですね。さすが、ドヴォルザークという感じで、音楽にのめり込みました。指揮は学生の藤田葵生さんで、細見で小柄な体躯ながら、堂々とした指揮ぶりでした。オーケストラも分厚い響きで盛り上げていましたし、もう大満足のコンサートとなりました。

51s48zwq6ll__sx342_bo1204203200_山本功次 軍艦探偵 ハルキ文庫/読了・・・・・・・・待望の山本功次の作品、まだあまり名前が世間に出ていないので、これも文庫書下ろしですが、何とも凝りに凝った作品でした。軍艦探偵、何のことやらさっぱりわかりませんでしたが、読むうちに納得しますし、プロローグからエピローグに至る間の6編の短編が実は全体を構成する要素だというのも、凝った構成ですね。最後にもほっこりするシーンがあったり、本当に小説の楽しさを堪能できました、絶賛です。

« 突然の法隆寺訪問でした | トップページ | ワンコイン市民コンサート ドビュッシーとパリの詩人たち »

甲南大響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 突然の法隆寺訪問でした | トップページ | ワンコイン市民コンサート ドビュッシーとパリの詩人たち »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー