« クレー管弦楽団第7回定期公演 | トップページ | 四国詣で 愛媛の小京都 内子へ »

2018年10月 8日 (月)

関西マーラー交響楽団 マーラー交響曲第8番

43287013_2174230212901308_874215840気温は高めでしたが、秋晴れとなりすっきりとした青空がのぞいた本日、午前中は叡山電車の沿線に出没するも、昼からは、北山の京都コンサートホールで開かれた関西マーラー交響楽団によるマーラーの交響曲第8番の演奏会に行きました。この大曲の演奏会は何と先月のフェスティバルホールに引き続き、人生2度目の体験となりました。

43365897_2174229986234664_465682722今回の指揮は、このオーケストラをずっと率いている田中宗利さん、オーケストラ110名ほど、独唱8人、合唱が170人ほどでしょうか、大人数による演奏がステージの上で展開されました。合唱に京都大学ハイマート合唱団が入っています。この合唱団も何回か聞いてお馴染みですよ。

43407022_2174229989567997_778988126さて、前半は比較的速いピッチで進められたかなという印象で、よく合唱がついていったものだと感心しました。また、圧倒的なパワーで締めくくりましたが、終わった瞬間のホールの静けさ、そしてふっとした息抜き、そこに戻る少しの時間も緊張が続きましたね。

後半は前半とは逆に静かで、ゆったりとした開始になりました。ところが合唱が入った時点から、かなりなパワーの蓄積があったのか、急激な盛り上がりとなり、最後は雪崩を打つかのような大団円となって全曲のコーダを迎えました。

人生で何回も聴ける曲ではありませんが、先月に続いて、短期日のうちに2回も聴く機会があって感激です。

« クレー管弦楽団第7回定期公演 | トップページ | 四国詣で 愛媛の小京都 内子へ »

関西グスタフ・マーラー交響楽団」カテゴリの記事

コメント

いつもお越しいただきありがとうございます。
やる側もこんな曲、次にできる機会はないぞ!を合言葉に頑張った成果はいかがばかりでしたでしょうか?
とにかくすごい曲で大変でしたが、いい機会を持てて自分の中でも忘れられない演奏会の一つになりました!

みっきいfgさん、大変貴重な機会をありがとうございました。
これでマーラーの交響曲全曲制覇することができました。
そして、今夜はオーボエ大師匠の演奏会、後でお会いいたしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレー管弦楽団第7回定期公演 | トップページ | 四国詣で 愛媛の小京都 内子へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー