« 万作萬斎狂言 萩大名ほか | トップページ | 大阪大学ワンコイン市民コンサート フェリックス・トリオ »

2018年10月13日 (土)

大洲でのランチは、なんと意外な名店で

Dsc00527Dsc005339月27日に、愛媛県の内子から大洲へ移動した話の続きです。大洲でお昼過ぎになってしまい、いろいろお店を探しましたが、なかなかこれといったお店が見つからず、妥協してつまらないところに当たると痛いなと、、、ふと見ると、奈良やら蔵風のレストランが出現しました。門構えも大層なのですが、お腹も減ったし、ふらふらと吸い込まれるように入ってしまいました。

Dsc00532Dsc00530大きな暖簾をくぐった先には、まさに蔵造りの大きな扉があって、その中は大きな店内となっていました。建物は蔵造りですが、聞くと、もともとは大きな旅館だったという事です。何とも店内の豪壮なこと、この上ないですね。とにかく、数量限定のランチがまだあるとのことで、お願いしました。

3435出てきたランチのお弁当は二段のお重に入っていて、メインのチキンカツのほか、小鉢が3つも付いています。これで、800円税込とは、驚きです。郷土料理もあったようですが、このお店の為だけに、大洲へ再訪しても良いと思わせるほど、素晴らしいお店でした。

油屋

« 万作萬斎狂言 萩大名ほか | トップページ | 大阪大学ワンコイン市民コンサート フェリックス・トリオ »

卯之町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万作萬斎狂言 萩大名ほか | トップページ | 大阪大学ワンコイン市民コンサート フェリックス・トリオ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー