« かぎろひ歴史探訪 宇治あたり | トップページ | クランクレーデ室内楽演奏会 »

2018年12月 8日 (土)

武庫川女子大学音楽学部 第51回定期演奏会

47685580_2227038860953776_460344437ピリッとした寒風の中、自転車を飛ばして、武庫川女子大学へ来ました。
今日は、この中の公江記念講堂で武庫川女子大学音楽学部第51回定期演奏会が開催されます。
王子こと、高谷光信さんの指揮で、ドヴォルザークの交響曲第7番とハイドンのハルモニーミサという、比較的珍しいプログラムです。
演奏は武庫川女子大学のオーケストラのほか、エウフォニカ管弦楽団も参加です。

47688412_2227038834287112_507590846ドヴォルザーク、事前に家で聞いて来たのが、コンスタンティン・シルヴェストリの指揮による尖った演奏だったせいか、真逆の、まるでイージーリスニングのような、甘い旋律を浮き上がられた演奏でした。こんな曲だったかなぁと思いながらの45分。少しゆったり目のテンポで、旋律線を浮かび上がらせる進め方は、高谷さん独特かも。角がなく、マイルドで、日本酒だと淡麗甘口でした。

47681344_2227038904287105_216692101ハイドンのミサ曲は、初めて聞く曲でしたが、先日聞いた天地創造に通じる暖かさと明るさをもった音楽で、早めのテンポで進める中にきれいなフレーズがたくさんあって、これは祈りの曲というよりも、もっと純粋に音楽を演奏し鑑賞するというタイプかもしれません。

バッハが厳、ヘンデルが麗とすると、ハイドンは陽ですね。

« かぎろひ歴史探訪 宇治あたり | トップページ | クランクレーデ室内楽演奏会 »

武庫川女子大学音楽学部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かぎろひ歴史探訪 宇治あたり | トップページ | クランクレーデ室内楽演奏会 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー