国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

« 2019年6月 | トップページ

2019年7月

2019年7月22日 (月)

衣笠交響楽団第27回定期演奏会

67230601_2388048534852807_77951650329075

一昨日、7月20日はなかなか興味をそそるようなコンサートがなかったのですが、昨日7月21日は、ノインテ、阪大響、クラン・クレーデそして衣笠響といくつものアマオケのコンサートがほぼ同時刻の開催と重なっていました。もう少し曜日がばらけないものでしょうか。とか、思いながら、立命館大学のいばらきフューチャープラザ・グランドホールで開かれた衣笠交響楽団の第27回定期演奏会を聴きました。

67137443_2388048564852804_76185213645545

指揮は、団内OBの小島さんと林さんで、ブラームスのハイドンの主題による変奏曲、チャイコフスキーの白鳥の湖からのハイライト、ベートーヴェンの交響曲第7番と言うプログラムです。ハイドンバリエーション、この曲で大感激するとかはなかなかな楽曲ですけれど、いくつか面白いと思えるニュアンスが伝わってきました。どこがどうとかは表現できませんが。白鳥の湖は最近関学オケで聞いたところなのでどうしても比較してしまいます。ちょっと乱れとかもあったかな。

67233942_2388048598186134_14501961928257

ここで、気が付いたのですが、このホールで聞くオーケストラの音は、弦楽器は程よくブレンドされて聞こえるのですが、管楽器、特に金管楽器は、ストレートなデッドな感じで、さらにとても大きな音に聞こえるのですね。金管楽器が鳴り出すと、弦楽器の音がかき消されてしまいます。また、木管楽器でもとても大きな音に聞こえますね。昨日は弦楽器でも50名ほど、たしか、11+11+10+7+8くらいの編成でしたが、管楽器に押されていましたね。白鳥の湖では、曲によってはブラスバンドの演奏のようでした。

67281833_2388048624852798_64098864461271

ベートーヴェンの交響曲第7番は、小島さんの熱のこもった指揮で、とてもアップテンポの快活な演奏でした。演奏自体は、岩をちぎっては投げと言うようなごつごつ感もあって、とても面白いものでした。オケの方々も力がいっぱい入っていたのでしょうね、終わった後の解放感が伝わってきました。ところが、意外に客席の拍手が醒めたものだったのが、???でした。あまりの熱演に客席が置かれていってしまったのでしょうか。

67211375_2388048658186128_83870572634030

衣笠交響楽団、アマオケの中でも、特にアマチュアイズムをもって活動していましたね。かつては、衣響全国ツアー京都公演とか銘打っての演奏会があったり、広島カープの真っ赤な客席でタイガースの衣装で座る団長さんの紹介写真がパンフに載っていたりと、なにかひねりがある団体でしたが、今回の演奏会では、普通のアマオケになっていました。なんだか、寂しいなぁ。

67332598_2388048684852792_12329394210959

茨木へ向かう途中の阪急電車も貼っておきます。カラフルな車両が増えていますね。

2019年7月21日 (日)

百舌鳥・古市古墳群マップアプリとか

Dsc00933  Dsc00929  Dsc00986

今年、百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されて、一気に古墳ブームが来そうな感じですね。たしかに、いわゆる仁徳天皇陵や応神天皇陵などの巨大古墳もあれば、街中の家々の間にぽつんと開発から取り残された古墳まで、この地域には多くの古墳が点在していますね。

百舌鳥・古市古墳群マップアプリ 

関西大学は以前から古墳研究というか日本の考古学のひとつの拠点としての活動をしていますが、今般とても価値の高いアプリをネット上で公開しています。それが新聞に載っていたので、早速検索してみました。これは面白い。古墳を回る前に絶対これで予備知識を入れておきたいですね。また、スマホで検索しながら現地で実物を見るというのにも役立ちそうです。これはすごい!

321809000173

宮部みゆき 三鬼 三島屋変調百物語四之続 角川文庫/読了・・・・・・・・・・三島屋の一室で語られる百物語のシリーズ。この一連の作品は、著者がストーリーテラーとして最も優れた資質を展開できる場所かもしれません。読ませながら、読み手の頭の中で自由に想像できる部分、それの余している空白の部分の残し方とか絶妙なので、読んでいて自由に頭の中で展開できる部分と相まって、自然と物語の中に吸い込まれてしまいます。今回も、語り手がいるものの、読み手も三島屋さんの中にいるような不思議な感覚を味わいました。最後の章で今までにない展開もありましたが、今後も話しが続いていくことを願います。

2019年7月20日 (土)

佐保川の万葉歌碑

Dsc06540  Dsc06541

7月17日は、いつもの生駒での野暮用を終え、昼から奈良の佐保川沿いを散策。川の両岸には、それこそ、びっしりという感じで桜の木が植わっています。幕末の奈良奉行、川路聖謨が桜の植林を進めた事業のひとつと言うことです。さて、その土手沿いの道には、万葉歌碑が点在しているようです。佐保小学校にある歌碑の案内図と歌碑。

佐保川の 清き河原に 鳴く千鳥 かはづと二つ 忘れかねつも  巻7-1123

Dsc06555  Dsc06549

千鳥なく 佐保の川門の 清き瀬を 馬うち渡し いつか通はむ  巻4-715

うち上る 佐保の川原の 青柳は 今は春へと なりにけるかも  巻8-1433

この青柳の歌碑は犬養孝先生の記号によるものです。その存在は知っていたのですが、初めて訪れることができました。昭和46年7月1日に建立されたとのことで、全国に100基以上ある犬養先生の歌碑の中でも5番目という初期のものです。柳の大木の下に配されていました。

Dsc06562  Dsc06564

月立ちて ただ三日月の 眉根掻き 日長く恋ひし 君に逢へるかも  巻6-993

振り放けて 三日月見れば 一目見し 人の眉引き 思ほゆるかも  巻6-994

こちらの2つの歌碑は、奈良市に万葉歌碑を建てる会の方による平成9年の建立でした。

2019年7月19日 (金)

生駒の帰りに、佐保川散歩

Dsc06538  Dsc06539  Dsc06542

7月17日は、いつものように午前中は生駒での野暮用があり、そのついでに、前から行って見たかった佐保川沿いの道を歩いてきました。近鉄新大宮駅を降りて北へ歩きます。この日は前日からの大雨の影響か、川の水が濁り気味だったのが残念でした。

Dsc06547  Dsc06548  Dsc06544

佐保川沿いは、以前から聞いてはいたのですが、ものすごい本数の桜並木でした。それも密に植えられているので、開花のころはすごいでしょうね。また、そういう時期にも来てみたいと思います。途中にJR奈良線の鉄橋があり、ちょうど205系が通過していきました。

Dsc06557  Dsc06556  Dsc06559

散策路を抜けたところに、なんと大佛鉄道祈念公園なるものがありました。ここは、明治期にあった大仏鉄道の大仏駅跡です。約10年間と言う短命の鉄道で、その遺構もあまり残っていないようですから、この場所は貴重ですね。春には、ここも桜の花で包まれることでしょう。さらに、佐保川沿いを散策しました。

2019年7月18日 (木)

須磨から垂水へ歩き鉄 7/12 滝の茶屋

Dsc06475  Dsc06485

7月12日は須磨から垂水まで歩いて、JRや山陽電車を眺めつつ散策を楽しみました。須磨から塩屋の間は、JRと山陽電車の間に挟まれた区間を主に歩きます。塩屋を過ぎて、今度は山陽電車の山側を歩いていくと、プラットホーム端でよく撮影していた滝の茶屋駅に到着します。ここの線路沿いからは須磨、塩屋の海を臨むことができて、とても見晴らしの良いところでした。

Dsc06493  Dsc06500

こんなところでしばらく撮影していました。ほぼ、滝の茶屋駅の近くです。午後2過ぎからは日が回って車両の側面が明るくなってきました。電車がやってくるまでは、近くの建物の陰でひと休みもできますし、ここもありかなという場所でした。

Dsc06508  Dsc06510

さらに西へ進むと、滝の茶屋駅と同じような高い位置に東垂水駅がありました。この駅の入り口は、とてもかわいいもので、気が付かないとスルーしてしまうような小さなものでした。そこからは、明石海峡大橋を望むこともでき、その向こうには垂水駅前のにぎやかな界隈を見ることができました。もう少しの歩きですね。この日はアッチコッチへうろうろしたこともあって、10kmほど歩きました。

125947_l

小泉武夫 幻の料亭「百川」ものがたり~絢爛の江戸料理~ 新潮文庫/読了・・・・・・・発酵仮面、味覚人飛行物体などの異名を持つ著者が、江戸時代にあった有名料亭に関する資料から、その豪華な料理の数々とその店にまつわる話し、さらにその店の客、太田蜀山人などを中心として展開した江戸サロンの粋を紹介します。いわば、サロン・ド・百川ですね。そういう百川も幕末の動乱に巻き込まれて、明治期には忽然と姿を消すのですが、それはまたの機会となるのでしょうか。

2019年7月17日 (水)

須磨から垂水へ歩き鉄 7/12

Dsc06406

先週7月12日は梅雨の晴れ間となったので、西へ流れて須磨からJR、山陽電車の線路沿いにプラプラ歩いていきました。須磨駅では、ちょうどEF510のカモレがやってくる時間だったので、これだけ撮って出発です。お昼は須磨駅前でデンマーク人がやっているハンバーガーショップで済ませました。以前からお気に入りのお店です、写真はないけど。

Dsc06413  Dsc06421  Dsc06431

須磨から少し歩いて須磨浦公園に来ました。桜の季節以外では、あまり来ていないかもしれませんが、高台から見る大阪湾の広々とした風景も良かったです。

Dsc06443  Dsc06452

須磨浦公園からは、国道2号線に沿って歩きます。道路の反対側に山陽電車が走っていて、時々立ち止まりながらの撮影です。それでも、この辺りは車の通行が多く、電車と車がダブらないで撮影するのも難しいですね。

Dsc06442  Dsc06463

さらに歩いてJRの線路を見下ろせるところもあります。近郊区間で、海を背景として撮れるところは珍しいですね。さらに歩いて塩屋まで来ました。塩屋の陸橋から山と海を背景とした風景が撮影できました。さらに歩きます。

2019年7月16日 (火)

樹フィルハーモニー管弦楽団第5回定期演奏会

66698182_2383606881963639_87844875953724  

昨日7月15日は、昼から神戸文化ホール中ホールで開かれた樹フィルハーモニー管弦楽団の第5回定期演奏会を聴きました。事前に野暮用もあって会場に入ったのは開演10分前でした。指揮は大谷麻由美さん、ヴァイオリンは古川葵さんです。女性の指揮者さん、あまり出会わないのですが、どんな演奏だったでしょうか、振り返ります。

66783174_2383606918630302_91330305995340  66524584_2383606821963645_11938831832344

昨日は、オール・チャイコフスキープログラムで、歌劇「エフゲニ・オネーギン」からポロネーズ、ヴァイオリン協奏曲、交響曲第6番「悲壮」という内容です。大谷さんは実にきびきびとした指揮ぶりで、ポロネーズの引き締まった演奏でコンサートが始まりました。ヴァイオリン協奏曲でも、伴奏のオーケストラに濃厚な表現が現れたりとか、普段ソロに耳が行きそうですが、この日はオーケストラのほうが面白かったですね。

66708355_2383606815296979_51588605011359

休憩の後、交響曲第6番「悲壮」が演奏されました。超有名曲ですが、なぜだ実演を聴くのは久しぶりでした。この演奏も、大谷さんがしっかりとオーケストラをコントロールした熱演で、左手を握りこぶしにして気合を入れる様子から、女性版コバケンの称号を送っても良いかと思います。どの楽章も良かったですが、特に第3楽章は迫力があり、素晴らしい演奏でした。

66619989_2383606828630311_55462370061550  66775596_2383606935296967_89676437355212

昨日は、若いお客さんが多く、多分、同じようにアマオケをされている方々なのか、客席でも良い意味での緊張感が感じられました。こういう雰囲気が最近のプロの演奏会にはなく、アマオケの良いところですね。お昼は、すき家のうな牛、時間がないときでしたが、充実のランチでした。

Otomo_yakamochi

篠崎紘一 万葉集をつくった男 小説・大伴家持 角川文庫/読了・・・・・・・・・・家持の小説とは珍しい、と思って読み始めました。飛鳥時代の人の関係は入り乱れていてなかなか頭の中では整理しづらいのですが、こういう本でひとりの人物の生涯をたどると、関係性がよくわかった良かったですね。万葉の時代は政争の時代でもありましたから、本当はドロドロとした世界があったのは何となく思っていましたが、こんなに深いとは。ただ、文章が説明的な作文レベルなので、なんだか読みづらかったのは残念でしたね。いろいろと資料を集めておられただけに。

2019年7月15日 (月)

大阪大学ワンコイン市民コンサート 岩井美子ピアノリサイタル「闇をつつむ翳」

66449520_2382855308705463_44666524074298  66788798_2382855328705461_46557953024925

昨日7月14日は、久しぶりとなる大阪大学ワンコイン市民コンサートのお手伝いです。お客さんの受付や当日券の説明、終演後のピアノの片づけ等々です。昨日はスイスのチューリヒ在住の岩井美子さんによるピアノリサイタルで、タイトルとして「闇をつつむ翳」とあり、何ともファンタジーな世界が展開されました。

11_20190715092601

  曲目は、モーツァルトに始まり、シューマン、ヤナーチェク、ドビュッシーと並ぶラインナップです。軽妙な中に陰影のある不思議なモーツァルトに続いて、陽気でありながら、どこか反発を感じさせるシューマンの旋律線の確かさ、後半は一転ヤナーチェクの少し硬質なピアノ、さらにさまざまな幽玄の世界が広がるドビュッシーまで、いろいろな音楽世界に連れて行ってもらいました。

66613835_2382855358705458_26948732097858  66479881_2382855382038789_82417718771276  66775375_2382855408705453_65879579892425

阪大がある阪急石橋駅には昔ながらの商店街があり、昨日はなぜかアフリカンな屋台が出て、さらに激しいリズムのアフリカ音楽に導かれたパレードも行われていました。この商店街、なかなか人出も多くて元気があります。

C605ff2f75e29b3378df63aa771b4c87_394067f  51jocda4tzl__sy355_  Thumbnail_image1_20190715092601

終演後、青柳いずみ子さんと高橋悠治さんのデュオピアノによるストラヴィンスキーの春の祭典、ペトルーシュカのCDを購入して帰りました。ワンコインコンサートでも依然披露された素晴らしい演奏の印象がありますから、楽しみにしています。

2019年7月14日 (日)

大阪環状線 大正駅

Img_1081  Img_1084  Img_1082

7月5日は南海高師浜線から浜寺公園、住吉大社、粉浜、岸里玉出と経て、汐見橋線で終点の南海汐見橋駅まで来ました。もうここからは帰るだけですが、しばらく環状線の大正駅で時間をつぶしました。早速やってきた323系、新しい環状線の顔で、JRのロングシート通勤電車としては破格に立派な姿ですね。さらに、大和路快速の221系もやってきました。これはもう残り少ないというか、まだ残っていたのかと思った転落防止用ウイングの未設置車でした。そして、関空・和歌山方面の223系がやってきました。

Img_1090  Img_1093  Img_1099

しばらくすると特急通過のアナウンスがあって、なんとキティちゃんラッピングの関空特急はるかがやってきました。最近、ラッピング車輛が2編成になって出会う機会が増えているようですが、それでもラッキーでした。これで大正駅を引き上げ、帰途につきました。帰りに尼崎駅に着くと、ご同業が数名おられました。ちょうど73レが下ってくる時間だったのです。最後にEF65PFを撮影して、この日のミッションを終了しました。

昨日休車になったパソコンは、とりあえず全検に出すこととして、替わりに静態保存していたパソコンを引っ張り出して車籍を復活させました。Windows7の機種ですが、しばらくこれで臨時運転を継続することとします。

2019年7月13日 (土)

パソコンが・・・・・

Thumbnail_image1_20190713102701 

昨日7月12日の夜、パソコンの電源が急に落ちたかと思うと、それっきり、これっきりとなってしまいました。うんともスンとも言いません。そんなら、それまでパソコンがうんとかすんとかいうのを聞いたことが有るかと突っ込まれても、そんなことは無いのですが。

2012年秋・冬モデルですので、もう7年近く使ってきたことになります。と言うことで、実は、このパソコンを買った時期に2つの家に分けて住んでいたことが有る(別に世間を騒がせるほどのことではありません)ので、すでにお蔵入りしていたひとつ前の世代のパソコンを引っ張り出してきて活用を開始しました。なんと6年ぶりくらいの現役復帰です。復活をなしたパソコンで早速本日のブログを書いております。

ただ、プリンターとどうしたらつながるんやったかなぁ? ファイルの取捨選択とか、久しぶりのことなので、やらなあかんなぁ、とか、梅雨の野暮用が増えそうです。

2019年7月12日 (金)

南海汐見橋線

Img_1068_20190712093801  Img_1069

7月5日は、南海高師浜線を訪れ、浜寺公園から粉浜、岸里玉出まで来ました。ここで、南海の汐見橋線へ乗り換えです。今でこそ支線のような扱いですが、南海電車の高野線はもともとこの線を発着の起点としていました。ここでも走っている車両は高師浜線と同様2両連結の2200系列の車両です。

Img_1071

この線は大阪の中心から少し西側の、それもひと気の少ない街を走るため、なんともうら寂れた雰囲気が漂います。それはそれで、この線の魅力でもあり、かつて友人の2Aカレチさんがほれ込んだ線区でもあります。ごとごと走って終点の汐見橋駅に到着しました。このホームの屋根を支えるのは、19世紀末に製造されたカーネギースチールの古レールです。

Img_1073  Img_1075

汐見橋駅自体も、なんばの中心部から外れた場所、すこし遠くに京セラドームが見えるところですが、大正とも距離を置いていて、近辺の繁華な所へは環状線や地下鉄、阪神なんば線などのほうが利便性に優れています。汐見橋駅は何とも中途半端なところに位置してしまいましたね。

Img_1079

乗ってきた電車は、静かにまた岸里玉出へ向かって出ていきました。大阪の街中を走る新線、なにわ筋線のルートとなるかと思われた汐見橋線でしたが、結局そのルートからも外れ、将来の存続まで危ぶまれるようになってしまいました。廃線になると二度と復活はありませんから、少しでも長く残ってもらいたいものです。

2019年7月11日 (木)

南海電鉄 岸里玉出駅

Img_1057  Img_1065

7月5日は南海高師浜線に乗車し、浜寺公園、住吉大社と移動、さらに南海本線で粉浜から一つ難波寄りの岸里玉出まで移動してきました。南海電車の本線と高野線はなんばで発着しますが、すこし南下した岸里玉出駅でそれぞれ分岐して和歌山・関西空港方面と高野山方面を目指します。岸里玉出での撮影、和歌山市行きとなんば行きの2000系です。

Img_1063  Img_1066

岸里玉出駅の中にある汐見橋線のホームは本線ホームの西側に独立して配置されていて、そこからは本線を通過する電車をゆるいカーブをもって撮影できます。列車編成を眺めるにもいい場所ですね。 8300系と3000系です。3000系は改造車で ライトの形が四角くなっています。

Img_1060  Img_1062  Img_1068

本線のスターは、関西空港へお客さんを運ぶラピートです。最初にキン肉マンを配した編成が通過していきました。これもそのうちにちゃんと撮りたいですね。そして、なんばから関空に向けて2025年の大阪万博をアピールするラッピングのラピートが行きました。ここからだと書いてあることが良くわかります。そうするうちに汐見橋線の2200系がやってきました。さて、先を急ぐこととしましょう。

9784041074237_1l

谷川流 涼宮ハルヒの驚愕 角川文庫/読了・・・・・ハルヒのシリーズの最新刊、それも元々は2011年5月に刊行された本ですから、そこからさらに話は進んでいないことになります。登場人物たちも高校1年から2年に進級し、さらに将来の姿も見え隠れしてきたころなので、ぜひその後のハルヒと仲間たちの様子も知りたいものです。今回は、前作の涼宮ハルヒの分裂を受けてパラレルワールドの進行と新たな圧力からの脱却なのですが、意外にハルヒの活躍は少なく、きょんが中心となって話しが進められたことになります。そして、すこしだけ垣間見た未来では、ハルヒもきょんも、どうやら関西学院大学をモデルにしたキャンパスにいるようなので、そこを舞台とした新しい展開も読んでみたいものです。

2019年7月10日 (水)

粉浜駅の南海電車

Img_1037 Img_1039

7月5日は、南海高師浜線に乗車のあと、浜寺駅前から阪堺電車に乗って住吉大社前で下車、そこからプラプラ歩いて粉浜へ来ました。その間に恵美須町からの阪堺電車は来ませんでしたが、下町の雰囲気を残す粉浜界隈の様子を楽しみました。粉浜では南海電車のプラットホームに上がってしばし撮影です。南海電車も新旧、いろいろな車両がやってきます。7100系と2000系ズームカーです。

Img_1055  Img_1052  Img_1044

南海電車は本線と高野線にそれぞれ特急を走らせています。和歌山行の特急はサザンですが、もうひとつプレミアムサザンも走っています。本音としては10000系の旧塗装がなつかいのですけれど。10000系と11000系プレミアム。おっと、関空特急ラピートを忘れるところでした。

Img_1045  Img_1047

本線の一番新顔はこの8300系ですね。実にすっきりとした顔立ちです。走行音も静かで、いいですね。そしてこれも良く見かける1000系です。ざっと、一通り撮影したと思いますので、先を急ぐこととしましょう。

2019年7月 9日 (火)

かぎろひ歴史探訪番外編 長岡京

Dsc06363  Dsc06365  Dsc06374

昨日7月8日は、かぎろひ歴史探訪・番外編で長岡京を歩きました。いつもお世話になっている方々をお誘いして、小生が案内する、エッヘン‼ 番外編です。朝10時にJR長岡京駅に集合していただき歩き始めます。JR長岡京駅は以前は神足駅という名前だったのですが、その由緒となる神足神社や乙訓地域で一番大きな古墳の恵解山古墳をまわるなど、歴史散策を楽しみました。

Dsc06376  Dsc06378  Dsc06380

とは言うものの、長岡京をまわるという企画の発端は、サントリー京都工場、そこのビール工場見学が目的です。13時45分の見学コースを申し込んでいて、12名で伺いました。工場への移動はバスで行きます。このあたりからもうわくわくしますね。見学コースでは、大きなヴィジョンでわかりやすく説明していただきました。

Dsc06382  Dsc06388  Dsc06392

これはビールの麦汁を造る釜ですね、中をのぞくことができました。また、瓶詰工程も面白かったです。見学後の試飲コーナーでは、プレミアム・モルツの他、香るエール、マスターズドリームをいただきます。それもたっぷりです。小さなグラスでの試飲ではなく、ちょっとおしゃれなお店なら生中で十分な量をそれぞれいただきます。試飲タイムが20分ほどと短めだったのが残念でしたが、もう十分いただきました。

2019年7月 8日 (月)

関西学院交響楽団第113回定期演奏会

65955934_2377779945879666_24694617554498  65919010_2377779952546332_14212726461038

昨日7月7日は、尼崎のアルカイックホールで開かれた関西学院交響楽団の第113回定期演奏会を聞きました。この学生オケ、創立が1913年という事ですから今年で106年、凄い歴史を刻んでいますね。国内でも、九州大学、慶応大学に次ぐ老舗のようです。その間にも、作曲家の大澤壽人を輩出するなど、分厚い歴史が感じられます。

66103824_2377780029212991_11514152681660

さて、昨日はまず学生指揮でメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」序曲が演奏されました。しっかりと棒を振った落ち着いた演奏でしたね。次いで、客演指揮の水戸博之さんによってボロディンの交響曲第2番が演奏されました。この曲、かつては多くの学生オケ、アマオケで演奏されましたが、最近は余りプログラムに乗らず、久しぶりに拝聴しました。出だしのアインザッツの乱れが気になったものの、走り出したらオーケストラもビシッと決まって迫力ある演奏となりました。

66245494_2377780045879656_19853974191095

後半は、チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」抜粋です。長い長い全曲から13曲を選んで演奏されました。馴染みの曲も、そうでない曲も実に楽しく聴くことができました。そして、白眉はコンミスによるヴァイオリンソロです。とても難しいフレーズが続くのですが、実に軽々と、そして魅力的というか蠱惑的で豊かでつやつやとした音色ですっかり魅了されました。これには大拍手です。アンコールにラフマニノフのヴォカリーズ、白鳥の湖で大音量の音楽が続きましたので、これは癒されました。

次回の定期演奏会は佐渡裕さんを招いての阪神・淡路大震災25周年メモリアルとのこと、一層の活躍をお願いしますね。

2019年7月 7日 (日)

浜寺駅前から住吉大社へ

Img_1009  Img_1010  Img_1011

7月5日は、高師浜から浜寺公園へ歩き、そこから阪堺電車の浜寺駅前駅へ到着しました。昔ながらの絵になる風景が残っています。駅舎の隣にあった富士屋さんという、これも昔ながらの食堂だったのですが、どうも閉店してしまったようです。食品サンプルが干からびて、いかにもおいしくなさそうに飾ってあったところも古い昭和の感じだったのになぁ。停看聴さんはこの店の風情を愛しんでおられたのですが。

Img_1012  Img_1013

さて、目を転じると南海本線浜寺公園駅の駅舎だった赤い屋根の建物が見えます。このあたりの高架化工事に伴って駅としての機能を終え、今ではカフェ駅舎として再生しています。中に入ると、地元の方によるコミュニケーションポイントとして、喫茶店の他、いろいろな語らいの場として利用されているようです。飲物300円くらい、軽食500円から、だったでしょうか。

Img_1015

ひとつ気になったのは、この建物の前の電燈の位置です。なにも、そのほぼ正面に持ってこなくても良かったのではないでしょうか。これでは建物の歴史的景観が台無しになってしまいます。建物の両わきに寄せるなどの工夫がなかったものか。ロータリー全体を含めての配置計画だったのでしょうが、いかにも軽率なそして事務的な措置のような気がします。

Img_1027  Img_1028

再び、阪堺電車の方へ戻ると501号が停車中でしたので、これに乗って住吉大社前まで移動です。降りた住吉大社前では、ちょうど505号がやってくるところだったので、これを押さえて、今度は東粉浜方面にさらに移動です。

2019年7月 6日 (土)

高師浜から浜寺公園へ

Img_0992  Img_0999

昨日は、南海電車の盲腸線、高師浜線の終着駅まで行き、そこからプラプラと歩いて北上していきました。高師浜駅の裏手には、延喜式にも記載されている古社、高石神社があります。本殿は昨年の台風被害でしょうか、屋根が大きく傷ついていました。神社の背後には、もともとこのあたりが浜だったことの名残りでしょうか、松林が広がっていました。

Img_1000  Img_1002  Img_1001

高石神社から少し西へ歩くと、すぐ漁港に出ます。高石漁港です。たまにフリーマーケットなどのイベントもあるようです。泉佐野のような常設の魚市場はなさそうです。そこから少し歩くと、南海電車の研修センターがありました。こういう場所には古い電車が保存されていることがあるのですが、見た範囲では認められませんでした。台車FS376が置かれていましたが廃車になった車両からの記念品ですね。

Img_1004  Img_1008

研修センターの北側には広い浜寺公園が広がっています。ここにはD51469と阪堺電車の130号が保存されています。野天での保存ですが、いずれもきれいな外観を保っていました。ところが、浜寺公園内を周回していたSL(駆動はディーゼルエンジンですが)列車は、駅舎の回収工事中で運転されていませんでした。この駅舎も昨年の台風被害で倒壊したとのことです。9月30日まで運休です。これ、なかなか本格的な鉄道なので、大人でも楽しめますよ。

2019年7月 5日 (金)

南海高師浜線

Img_0934

梅雨の晴れ間という事で、今日は思い立って南海電車の高師浜線を訪ねました。大阪環状線の新今宮で南海の本線に乗り換えです。向かいのホームには、なんばへ向かうラピートが停まっています。最近のインバウンド効果でしょうか、乗車率は上々ですね。かつてのようないつも空気を運んでいるような状態とは大きく違っています。

Img_0944  Img_0946  Img_0950

さて、羽衣駅で高師浜線に乗り換えです。高師浜線と難波方面の上り線はまだ地上ホームでしたが、関空・和歌山方面の下り線は高架化されていました。このあたりの様子もこれからどんどん変わっていくでしょうね。高師浜線の電車がやってきました。2200系列の車両で、昭和45年の製造です。

Img_0952  Img_0953  Img_0990

高師浜駅に到着しました。線路は羽衣駅を出てすぐに高架線路を走りだし、途中の伽羅橋駅に停車した後、少し走れば終点の高師浜駅です。ここも高架の駅ですが、駅舎は高架化前の建物が遺されていて、雰囲気十分です。

2019年7月 4日 (木)

最近のCDから チェクナボリアンのシェヘラザードなど

Thumbnail_image1_20190704204901  Loristjeknavorian1

梅田で用事があったので、所用が片付いた後はディスク・ユニオンでCDを漁っていました。最近、なかなか掘り出し物の安価なレコードも数が減ってしまいましたからね。そして、永年の夢のひとつ、ロリス・チェクナボリアン指揮アルメニアフィルの演奏によるリムスキー・コルサコフの交響組曲「シェヘラザード」、そのほか金鶏や皇帝サルタンの物語などが入った4枚組のボックスを連れて帰りました。このシェヘラザード、エアチェックの録音は持っているのですが、独特の色濃い音色とフレーズのきらびやかさで、他の演奏とは一線も二線も画している素晴らしい演奏です。

Thumbnail_image2_20190704204901  979  11323397

さらに、ルドルフ・バルシャイがケルン放送交響楽団を指揮したショスタコーヴィチの交響曲全集のボックスも連れて帰りました。ショスタコーヴィチというとムラヴィンスキーが定番の様に言われていますが、バルシャイも14番の初演を受け持っています。梅雨の長雨が続いても、これで十分楽しめる材料ができました。

321806000291

谷川流 涼宮ハルヒの分裂 角川文庫/読了・・・・・・おなじみの涼宮ハルヒシリーズも、もう最終章に近づいてきました。今回から、SOS団はみんな進級して次の学年に上がりましたね。そして、またまた新たな騒動が始まるわけですが、この作品はアニメ化されていないので、自由に頭の中で創造することができます。それもまた面白い。

2019年7月 3日 (水)

段ボール製 1号蒸気機関車

Dsc06353  Dsc06351  Dsc06354

大阪梅田にある大阪工業大学のビルの一階ロビーで、段ボール製の1号蒸気機関車が展示されているとのことだったので、いつもの生駒の野暮用を終えてから早速見に行って来ました。場所は、阪急梅田駅のすぐ東側、ヤンマービルのひとつ東側のビルです。大学というものの、学生と一般の人が立ち入れるところはシッカリ区分されています。

Dsc06357  Dsc06352

さて、段ボールで再現された1号機関車は、現在埼玉の鉄道博物館に保存されている機関車を実際に採寸し、製造当時の図面をもとに原形を再現したもので、その姿が明治5年に新橋-品川間を走った1号蒸気機関車の姿に戻されているとのことです。機関車の側面には製造銘板も取り付けられていて、雰囲気は出ています。

Dsc06356   Dsc06355

すぐ隣にエスカレーターがあったので階上から見下ろした様子なども撮影し、その姿を堪能しました。実機と同じというのが、単に模型という以上の迫力を感じさせます。また、作った人が、新幹線の父である島秀雄さんと一字違いの島英雄さんというのが泣かせますね。

Img_4097-200711  Sany0037-20031103

1号機関車は上にも書いたように、現在埼玉で静態保存されています。また、同じ頃輸入され明治7年に阪神間を走っていた120型機関車というのが、京都にある加悦鉄道博物館に保存されています。それらを並べておきます。当時の姿との違いも少しわかりますから。

51n33dj4mcl__sx329_bo1204203200_

小川糸 たそがれビール 幻冬舎文庫/読了・・・・・・お知り合いのオーボエ工務店からお薦めの一冊という事で、この本をいただきました。初めて読む作者の方ですね。流行っているのかな? 2012年の1月から12月まで、1年間の日記風エッセイで、ブログ記事のような文章が並んでいます。言葉の使い方が面白く、文章を読んでいるような、詩を読んでいるような、調度その中間のような語り口ですかね。夏はベルリンに2カ月滞在という、とてもうらやましいせい月に少し憧れてしまいますね。ちょいと年齢不詳のような存在感もいいですね。

2019年7月 2日 (火)

最近のCDから オーボエのシェレンベルガー

最近、中古CDショップに行き、ハンスイェルク・シェレンベルガーの演奏をいくつかを漁ってきました。しかも、大漁です。今日は、それの紹介です。

Dsc06340  Dsc06345

フランスオーボエ名曲集 ⇒ サン=サーンス プーランク、デュティユーのオーボエソナタに、ボザのファンタジー・パストラール、ベネットのアフター・シランクス。ピアノのロルフ・ケーネンとともに。1988年9月録音

Dsc06339  Dsc06344

オーボエ・リサイタル ⇒ バッハ オーボエとチェンバロのためのソナタト短調、シューマン 3つのロマンス、ブリテン オウイディウスによる6つのメタモルフォーゼ、プーランク ソナタ。チェンバロとピアノは上記のロルフ・ケーネン 1973年11月録音

Dsc06338  Dsc06343

ヴィヴァルディ オーボエ協奏曲F.VⅡ 4番、5番、11番、12番、13番、16番の6曲。フランツ・リスト室内管弦楽団とともに。1994年6月録音。

Dsc06337  Dsc06342

ヴィヴァルディ 協奏曲集作品7(オーボエ協奏曲及びヴァイオリン協奏曲からの編曲)全12曲、上の曲集とは別の楽曲です。 イタリア合奏団とともに 1992年7月録音。

今まで手持ちのシャレンベルガーのCDはすべてサインしてもらっているので、今度コンサートがあったら、このCD全部持っていき、またまたサインしてもらおっと!

Dsc06336  Dsc06341

さらに、シェレンベルガー同様、日本にもお馴染みの美音のオーボエ奏者、トーマス・インデアミューレの演奏によるイタリアン・オペラ・ファンタジーです。パスクッリ、ポンキエルリ、ドニゼッティ、ダエッリ、ロヴェッリョの歌劇のアリア、ソナタなどを演奏しています。ヴェルナー・ゲヌイトのピアノとともに。1994年1月の録音。

 

2019年7月 1日 (月)

高槻フィルハーモニーオーケストラ サマーコンサート2019

65988843_2372541243070203_36725807805229  65551710_2372541256403535_79656859719769

昨日6月30日は、雨が降る中阪急電車に乗って高槻にある現代劇場大ホールまで行きました。この日開かれた高槻フィルハーモニーオーケストラのサマーコンサート2019を聞くためです。高槻フィルは以前ハーモニックソアラ高槻という名前の団体だったようですが、いずれにしてもここ10年ほどは聞いた記憶がありません。指揮は、八木裕貴さんという若い方です。

65552195_2372541296403531_38476095583525

まずモーツァルトの歌劇「ドン・ジョバンニ」序曲が快活に演奏されて始まりました。ついで、同じくモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」です。弦楽器が25人ほど、管楽器、打楽器を入れても40人に満たないオーケストラですが、しっかりとまとまった音楽が聞こえてきます。

65435661_2372541303070197_52141168058821

後半は、シューベルトの交響曲第3番です。この中規模の可愛い楽曲がコンサートでかかるというのも珍しいですね。シューベルトの交響曲では、第2番に次いで好きな音楽です。これが生で聞けただけでも良かったです。会場はかなり大きなホールでしたが、雨にもかかわらず多くの方がお越しになられていました。かなり混雑していたので、これなら2階席も開放してほしかったですね。

29628546_1

植松三十里 会津の義 幕末の藩主松平容保 集英社文庫/読了・・・・・・・・・戊辰戦争で官軍から狙い撃ちされ、会津戦争では大変悲惨な結末となった会津藩の藩主松平容保の生涯を描いた力作です。とても太くて長い物語が少し端折られて、思いのほか早く時間が過ぎていった感じは残りますが、著者独特の密度の濃い語り口でつづられ、大変満足した一冊でした。

« 2019年6月 | トップページ

フォト

掲示板

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ