フォト

掲示板

無料ブログはココログ

« 抽象世界 国立国際美術館 8/3 | トップページ | 若狭、福井を行く その1 »

2019年8月 7日 (水)

コレクション特集展示 ジャコメッティⅠ 8/3

Eaw83_vu4aa8g5w  

先週8月3日は、猛暑の中、中之島の国立国際美術館へ出かけ、抽象世界という展覧会を見ました。同じ館内でもうひとつ、コレクション展示、つまり収蔵品の展示をしていました。今回は、ジャコメッティのヤナイハラ1というブロンズ彫刻(ネットから)の収蔵を記念した展示です。ヤナイハラとは、哲学者の矢内原伊作で、その親交からモデルを務めていたとのことです。

6_  A02

左の写真もジャコメッティの作品(ネットから)です。すくっと立ったその姿は法隆寺の百済観音像(ネットから)に通じるなぁと思っていると、館内の資料展示に百済観音の説明もありました。やはり、百済観音から霊感を呼び起こされたようですね。百済観音、法隆寺に行くと会うことができますが、その気品ある姿にはいつも感動させられてしまいます。

Collection_02_20190807055301  67481430_2397611343896526_81431006599740

収蔵品の中からは、このカンディンスキー(ネットから)、ピカソ、佐伯祐三、セザンヌ、レオナルド・フジタなどの逸品も展示されていて、癒しの時間となりました。個人的には、館内の壁面に置かれたジョアン・ミロの作品が好みなのですね。猛暑の外とは隔絶された涼しい風の中でしばらくこれを見ていました。

さて、今日はちょいとお泊りでお出かけです。天気がイマイチですが、とにかく行ってみようという事にしていますので。

61oupejgftl__sx344_bo1204203200_

二宮敦人 最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常 新潮文庫/読了・・・・・東大へ入るよりも倍率の高さでは難関となっている東京藝大の学生たちへのルポをまとめた一冊ですが、そこには、美術と音楽の世界に接する学生の気質、行動、将来への展望などで大きな違いが有ることが示されています。また、今の世界では絶滅したかのようなバンカラの精神が息づいているようで、面白かったです。特に芸大祭というのは一度見てみたくなりましたね。

 

« 抽象世界 国立国際美術館 8/3 | トップページ | 若狭、福井を行く その1 »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 抽象世界 国立国際美術館 8/3 | トップページ | 若狭、福井を行く その1 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー