フォト

掲示板

無料ブログはココログ

« 雨が降る前に、奈良へ その3 | トップページ | なにわの企業が集めた絵画の物語 »

2020年1月29日 (水)

阿波座界隈へ

Dsc00505  Dsc00506  Dsc00472

先週1月24日は、大阪の阿波座へふらっと出かけました。このあたりは明治の初めに大阪でも比較的早く新時代が拓かれた場所で、今でも少しだけその名残を見ることができます。それと関係があるかどうかは別として洋館風の家が街中にあったりします。その近くにある日本一おいしい焼きそばの店とか。乗り換えの野田阪神では新居浜行きのバスを見ました。(先日新居浜在住の方から、久しぶりに顔を出せ!との下命がありました)

Dsc00473  Dsc00474  Danbo5122000img600x3851424006743dbq

この日、目的があったのは旧大阪府庁があったところに建っている建物です。明治時代の大阪府庁は、外国に向けての対応もあったのでしょう、開国の影響もあって港に近く運上所(税関)なども整えられた川口町近くの江之子島に設けられました。今残る建物は、その後に建設された工業奨励館、今は和泉市に移された大阪府立産業技術総合研究所(⇒大阪市立工業研究所と統合され大阪産業技術研究所に名称変更)として利用されたものの一部です。

Dsc00475  Dsc00476  Dsc00477

ここは、大阪府立江之子島文化芸術創造センターという長ったらしい名称になっていて、様々な催しや団体の活動拠点となっています。ここで、「なにわの企業が集めた絵画の物語」という展覧会がこの日、1月24日から開催されています。これがやってきた目的でした。続く。

41aam0amqjl__sx293_bo1204203200_

小泉武夫 発酵食品礼讃 文春新書/読了・・・・・・小泉教授お得意の発酵食品、日本にあるその独特の食品の他、視点は世界に広がり、なんとも変わった発酵食品を紹介しています。さらに発酵で作られるお酒にも言及しています。驚きはそれらの発酵食品の多くについてその作り方と食した時の味わいを細かに記載されていることです。この人、そんなのほとんどすべて食ってるんだ!というのはさらに驚きです。

« 雨が降る前に、奈良へ その3 | トップページ | なにわの企業が集めた絵画の物語 »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨が降る前に、奈良へ その3 | トップページ | なにわの企業が集めた絵画の物語 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー