« 大阪大学ワンコイン市民コンサート 鍵冨弦太郎・沼沢淑音デュオ・リサイタル | トップページ | 信貴山口から恩智を歩く その1 »

2020年2月25日 (火)

関西大学OB交響楽団第4回定期演奏会

87300193_2590791521245173_71055505582823  87889480_2590923457898646_77270580958173

昨日2月24日は、西宮北口の芸術文化センターで開かれた関西大学OB交響楽団の第4回定期演奏会を聞きました。お知り合いの方がご出演でした。芸文センター前の木々もまだまだ冬の様相ですね。

85221665_2590791531245172_28461456086731  87469716_2590791564578502_63891277138393

指揮は深谷武生さん、チェロに荻野健さん、いずれも関西大学OBです。プログラムは、ベートーヴェンのプロメテウスの創造物序曲、ドヴォルザークのチェロ協奏曲ロ短調、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の3曲です。なかなか重量感のある内容ですね。特に、チェロ協奏曲は5弦のチェロによる世界初演というチャレンジした演奏会です。

87483697_2590791577911834_41265665933060

チェロの5弦は高音側にE線を追加したタイプで、協奏曲の中でも高音部分がのびやかに響きました。なんだか新しい世界が広がった感じです。チャイコフスキーの悲愴は、楽章ごとに大柄の指揮者、深谷さんが汗を拭き拭きという熱演で、迫力ある思い入れたっぷりの演奏となりました。悲愴の演奏では、協奏曲を弾いた荻野さんがチェロパートに入って演奏に加わるという、学生OBオケならではの様子もうかがえました。

« 大阪大学ワンコイン市民コンサート 鍵冨弦太郎・沼沢淑音デュオ・リサイタル | トップページ | 信貴山口から恩智を歩く その1 »

関西大学OB交響楽団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪大学ワンコイン市民コンサート 鍵冨弦太郎・沼沢淑音デュオ・リサイタル | トップページ | 信貴山口から恩智を歩く その1 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー