フォト

掲示板

無料ブログはココログ

« 帰りは南海 浜寺公園駅下車 | トップページ | 生駒の緑ヶ丘美術館 蒔絵展 »

2021年2月26日 (金)

また、庭の鳥

Dsc08376 Dsc08379 Hanafuda_uguisu_2

先月も庭にやってくる鳥を紹介しましたが、冬場ですからメジロが多くやってきます。ちょうど紅梅が咲いているので、枝にミカンを刺してメジロを呼び込んでみました。梅に鶯と言いますが、思い出すのは花札でしょうか。描かれたのはメジロみたいな色だけど、鶯でもないですね。

Dsc08374 Dsc08385

メジロはミカンが大好きなようで、ミカンを枝にさしておくと、ヒヨドリの攻撃を避けつつ、頻繁にやってきます。ヒヨドリがやってくると、すぐに近くの木の中へ逃げ込んでしまいますけれど。

Dsc08544 Dsc08548_20210226060901 Dsc08373

メジロ以外でやってくるのは、ジョービタキ、ツグミです。そして、それらを狙っているわけではないでしょうが、猫もやってきます。やってくるのは三毛のこの子以外に、パンダ柄の猫、茶トラ、彼らは自由に出入りしてのんびりしていきます。別に飼ってるわけでもないのに、我が物顔でのさばる猫族です。

516rs3hovjl_sx348_bo1204203200_

高井忍 新説 東洲斎写楽 浮世絵師の遊戯 文芸社文庫/読了・・・・・・・・・江戸時代後期に突如現れ、わずか10か月の活動で姿を消した浮世絵師、写楽。その正体を明らかにすべく4編の小説で真実に迫った作品。とはいうものの、小説ですからそこはお話しです。しかし作品の中で、写楽についての基本的なことは述べられています。今の研究では、写楽本人の素性はほぼ明らかになっていますし、作られた人気の理由もわかっています。今や謎でもなんでもない写楽なのですね。

« 帰りは南海 浜寺公園駅下車 | トップページ | 生駒の緑ヶ丘美術館 蒔絵展 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰りは南海 浜寺公園駅下車 | トップページ | 生駒の緑ヶ丘美術館 蒔絵展 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー