フォト

掲示板

無料ブログはココログ

« 茨木市立文化財資料館へ | トップページ | アマチュアオーケストラ演奏会情報 2021.02.14現在 »

2021年2月13日 (土)

茨木の保存蒸気機関車 D51158

Dsc08050 Dsc08055

茨木市立文化財資料館の北側に公園がありますが、このあたりが弥生時代の大規模遺跡である東奈良遺跡です。ここでは銅鐸の型が多く出土しているので有名です。銅鐸は石に型を掘り込んで鋳型とし鋳造するようですが、その時代のような薄い銅鐸を作る技術は相当高度なもので、今でもレプリカを作るのはなかなか難しいそうです。

Dsc08063 Dsc08062

文化財資料館から少し東へ行ったところに蒸気機関車が保存されている公園がありました。分岐器を備えたレールの先、屋根掛けされています。蒸気機関車を保存するにはとても広いスペースがとられています。

Dsc08057 Dsc08064

保存されているのは、D51-158号機でした。この機関車は1939年に名古屋の日本車両で製造され、主に青森で活躍した後、紀伊田辺、亀山と転出し、最後は米子から浜田へ行き廃車になった機関車です。この公園には1980年代にやってきたようです。屋根掛けされていることと、定期的に整備されているようなので、保存状態と良好です。

Dsc08059 Dsc08060

保存エリアには、機関車のほかにポイントを切り替える転てつ器、さらに腕木信号機が置かれています。このような附属設備を置いているところも少ないですね。蒸気機関車と合わせて、貴重なものを見ることが出来ました。

Dsc08066 Dsc08070

公園の近くにあるさくら通りという道路は元は茨木川で、それを埋め立てて造られたようです。沢良宜橋という交差点近くに道路わきの緑地に船頭の樋跡という石碑がありました。春にはさくら並木の通りとなるようです。最後は歩いてJR千里丘駅へ出ました。

« 茨木市立文化財資料館へ | トップページ | アマチュアオーケストラ演奏会情報 2021.02.14現在 »

街歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茨木市立文化財資料館へ | トップページ | アマチュアオーケストラ演奏会情報 2021.02.14現在 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー