フォト

掲示板

無料ブログはココログ

« 川西市にある加茂遺跡 | トップページ | 暇つぶし鉄 キハ261回送を追って 2/2 »

2021年2月 6日 (土)

川西市立文化財資料館へ

Dsc07904_20210206070101 Dsc07905

川西市の加茂遺跡、その広大な遺跡範囲の端っこに、川西市立文化財資料館があります。加茂遺跡が、この建物の下にも眠っています。入ったところに加茂遺跡の全景模型が立てかけられています。これは加茂遺跡が最も隆盛となった弥生時代中期の様子です。

Dsc07907 Dsc07906_20210206070101 Dsc07910_20210206070101

数多くの調査で明らかになった、加茂遺跡のさまざまな資料が展示されています。まずは縄文時代の土器、関西で縄文時代の資料が出るというのは決して多くないですね。そして、多くの人が住んでいた弥生時代の土器が並びます。稲作がおこなわれていた証左として、石包丁なども多く出土しています。

Dsc07913 Dsc07918

川西市には加茂遺跡のほかにも重要な遺跡がいくつかあって、その中で有名なのは、加茂遺跡の北東側に広がっていた栄根遺跡です。そこで発掘されたのが全国でも5、6番目の大きさになる栄根銅鐸です。そのレプリカが置かれていました。さらに、北部にある勝福寺古墳からの出土物が展示されています。

Dsc07917 Dsc07919

その勝福寺古墳から出土した鉄蔟や埴輪、さらに栄根にあった廃寺跡からの出土物など、数多くの展示物がありました。なかなか充実した展示内容でした。川西市の遺跡についてさらに調べて、もう一度訪れてみたいですね。

61meobmlg8l

加来耕三 立花宗茂 戦国「最強」の武将 中公新書ラクレ/読了・・・・・・・最近読んだ本の中で立花宗茂の名前が再三出てきたので、まさにグッドタイミングでこの本を選んで読みました。ところが、肝心の立花宗茂についての記述は本の半分くらい読み進むまでほとんど出てきません。どうも著者が立花宗茂が登場するまでの背景をあらん限りの知識で語るものですから、焦点のぼやけた内容になってしまいました。また、関が原で敗れた武将の中で唯一、元の領地に大名として戻ることが出来たというところの記述が浅いですね。期待した面白味が欠けた一冊でした。

« 川西市にある加茂遺跡 | トップページ | 暇つぶし鉄 キハ261回送を追って 2/2 »

歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川西市にある加茂遺跡 | トップページ | 暇つぶし鉄 キハ261回送を追って 2/2 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー