« 雷鳴下の蒸気機関車 最近のレコードから | トップページ | 西宮交響楽団第116回定期演奏会 5/1 »

2022年5月 1日 (日)

ブレスシンフォニーオーケストラ第6回定期演奏会 4/30

01_20220501055401

昨日4月30日は、豊中にあるアクア文化ホールで開かれたブレスシンフォニーオーケストラの第6回定期演奏会を聴きました。阪急曽根駅前にあるアクセスの良いホールです。隣接した敷地に市立の文化芸術センターのホールも出来ましたが、まだまだ現役のホールとして利用されています。

Img20220430_10123205

指揮は鈴木啓哉さん、ヴァイオリンに兵庫芸術文化センター管弦楽団のコンサートマスターでもある田野倉雅秋さんで、ベートーヴェンのエグモント序曲、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲、そしてメンデルスゾーンのイタリアというプログラムです。

04_20220501055401

鈴木さんの軽やかな指揮で始まったエグモント序曲、軽やかなテンポとともにビシッと決まったアンサンブルからのサウンドというのでしょうか、きらびやかな音色が揺るぎのない音楽を紡いでいきます。このオーケストラの高い演奏レベルを感じます。

05_20220501055401

続いて、田野倉さんのヴァイオリンで演奏されたドヴォルザークの協奏曲、テクニックと解釈とかは知りませんが、そんな小難しいことを感じさせないくらい、とても気品のある演奏で大満足。極上の料理をいただいた時のような満足感がありました。どちらかという土臭い楽曲なのに、演奏次第でこんなに華やかな音楽になるんだと目からうろこの素晴らしい演奏でした。

アクア文化ホール、老朽化と空調の不具合による改修工事を終え、4月からリニューアルオープンでした。とはいうものの、空調から響く低音が気になりました。もう一段、音楽ホールであることを意識したしっかりとした改修工事としてほしかったですね。

71q8o06hbel

矢野隆 関ヶ原の戦い 講談社文庫/読了・・・・・・・戦国時代の戦いを扱ったシリーズものの第3作。とても読みやすく、人物の描き分けも的確で、面白かったですね。登場人物別に焦点を当てた連作短編という構成が成功しているのでしょうね。長篠、桶狭間、関が原ときましたから、次は大阪の陣でしょうか。自作が待たれます。

« 雷鳴下の蒸気機関車 最近のレコードから | トップページ | 西宮交響楽団第116回定期演奏会 5/1 »

ブレスシンフォニーオーケストラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雷鳴下の蒸気機関車 最近のレコードから | トップページ | 西宮交響楽団第116回定期演奏会 5/1 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー