« 写真展「私の奈良・大和路」から その4 | トップページ | 写真展「私の奈良・大和路」から その5 »

2022年7月 4日 (月)

関西学院交響楽団第139回定期演奏会 7/3

01_20220704052101

昨日7月3日は、昼からアルカイックホールで開かれた関西学院交響楽団の第139回定期演奏会を聞きました。事前申込制の指定席だったので、珍しく1階席に座りました。コロナによる感染予防のため、2年間開催が延期されていたということで、満を持しての演奏会でした。

02_20220704052101

プログラムは、チャイコフスキー、シベリウス、カリンニコフという北欧、ロシアの作品が並びます。カリンニコフはメジャーではないかもしれませんが、この交響曲、さらに第2番の交響曲もメロディにあふれた秀逸か音楽です。カリンニコフは35歳で早世しましたが、長生きしていたらロシアにもう一人のチャイコフスキーが誕生していたんだろうなと思います。

03_20220704052101

指揮は、シベリウス協会会長でもある新田ユリさん。以前聞いたシベリウスの2番の交響曲は実に手慣れた感じで、納得の演奏でした。今回のフィンランディアでも、本来は重厚な楽曲ですが、勘所を押さえたすっきりとした演奏で好感触でした。

05_20220704052101

カリンニコフの交響曲は、スヴェトラーノフがNHK交響楽団を指揮した演奏で一気に有名になり、各所で取り上げられるようになりましたが、いずれも第1番の交響曲ばかりです。実に第2番はもっともっと濃厚なメロディにあふれた音楽なので、ぜひ取り上げてもらいたいところです。

今回は感染予防のためということで指定席でしたが、かえってギューギューに密な着席となってしまいました。自由席にして、間隔をあけて座るように誘導したほうが良かったかも。実際、後半の演奏は2階に避難して聞いてましたから。

« 写真展「私の奈良・大和路」から その4 | トップページ | 写真展「私の奈良・大和路」から その5 »

関西学院交響楽団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真展「私の奈良・大和路」から その4 | トップページ | 写真展「私の奈良・大和路」から その5 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー