« 阪神電車今津駅 7/18 | トップページ | かぎろひ歴史探訪・番外編 大山崎を歩く 7/20 »

2023年7月26日 (水)

阪神甲子園駅 7/18

Dsc00601_20230726053401

7月18日は母親の用事で西宮市役所へ行った帰りに阪神電車で久しぶり鉄道活動、今津駅を経て甲子園駅へ移動してきました。

近鉄乗り入れに合わせて8両編成が入線できるようにホームを延長して撮りやすくなりました。大好きな9300系です。

Dsc00603_20230726053401

撮りやすくなったとは言うものの、日差しが強いので陰に入ってしか撮影できません、もちろん黄色の線の内側での撮影です。

山陽特急5000系、この日はこの一本だけしか見かけませんでした。

Dsc00608_20230726053401

阪神大震災の後に急遽補充された9000系、元々の赤いラインに戻してほしいなぁ。

ホームの端っこで待つお嬢さん、この時間帯、そこには電車は停車しませんよ。

Dsc00605

形式中、唯一の編成の5550系、薄いブルーの車体はこれだけになってしまいました。

他の5500系普通車は大半が濃紺色になってしまいましたが、この薄いブルーでいいんじゃないかな。

Dsc00610

あまりに暑かったので、甲子園駅を切り上げて尼崎駅まで帰ってきました。奈良行快速急行の1000系、酒蔵トレイン「GO!GO!灘五郷」号です。

期待した5000系は尼崎への移動中にすれ違ってしまい、この日は撮影できませんでした。またの機会に狙います。

322302000118

松木武彦 古墳とは何か 認知考古学からみる古代 角川ソフィア文庫/読了・・・・・・・認知考古学とは「人類の認知発達や社会・文化変化における認知的要因を明らかにしようとするものである」ということですが、それは良くわからないけど、古墳というものの成り立ちと、弥生時代の墳墓との違い、前方後円墳という形式の各地への伝搬とその様式の変化の推移、そんなことが緻密に書かれています。

表紙には岡山の造山古墳の航空写真が採用されています、吉備地方最大のこの古墳に行ってみたいなぁ。

« 阪神電車今津駅 7/18 | トップページ | かぎろひ歴史探訪・番外編 大山崎を歩く 7/20 »

阪神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪神電車今津駅 7/18 | トップページ | かぎろひ歴史探訪・番外編 大山崎を歩く 7/20 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー