« 「快慶」ひかりを刻む 佐々木香輔写真展 8/2  | トップページ | スズメバチの巣 発見から駆除への顛末 8/10 »

2023年8月10日 (木)

くずはモール サンゼン広場へ 8/3

Dsc00670

8月3日は、京阪電車に乗って樟葉へ行き、以前から気になっていたサンゼン広場を訪れました。京阪電車樟葉駅前にあるくずはモールの中にある一角です。

ここに京阪電車の名車3000系の3505号が保存されています。久しぶりに見た3000系の堂々とした姿に魅了されました。

Dsc00681_20230810055401

3000系の車内には座席に座ることはできませんが、通路を通りぬけることはできます。

先頭車にあったかどうかわかりませんが、テレビカーの様子が再現されています。たぶんなかったですよね。

Dsc00673_20230810055401

3000系の反対側には近年引退した5000系の5551号を半分にカットした車体が展示されています。

5000系はつい最近まで見ていただけに、まだそれほど懐かしさは感じません。

Dsc00691_20230810055401

5000系の車内は柵の手前から見るだけです。登場時の復元がされていて、座席のモケットが緑色に、さらに床が濃い緑色に再現されているとのことです。

NHKの「鉄オタ選手権」で放送されていたのを見ると、この車体の稼働座席は電動で上下させることができるようになっています。

Dsc00674_20230810055401

広場の一角に2600系の2601号の顔のカットモデルが展示されています。台車はありません。

こういうのはなんだかグロテスクで好みではないのですが、スペースを考えると仕方ないかもしれません。

Dsc00677_20230810055401

広場の中にはかなり大きなジオラマが作られていて、京阪線の沿線風景が再現されていました。

京阪本線だけでなく、京津線、石山坂本線の様子も再現されていたのはうれしいですね。

« 「快慶」ひかりを刻む 佐々木香輔写真展 8/2  | トップページ | スズメバチの巣 発見から駆除への顛末 8/10 »

京阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「快慶」ひかりを刻む 佐々木香輔写真展 8/2  | トップページ | スズメバチの巣 発見から駆除への顛末 8/10 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー