« 歴史探訪・番外編の下見 いよいよ酒蔵巡り 12/4 | トップページ | 高槻フィル第17回定期演奏会 12/24 »

2023年12月24日 (日)

クリスマスチャリティコンサート 芦屋交響楽団 12/23

01_20231224062801

05_20231224063401

昨日12月23日は、芦屋交響楽団によるクリスマスチャリティコンサートを聞きました。

プログラムはクリスマスらしい選曲で、楽員もサンタクロースの帽子をかぶるなど雰囲気を盛り上げていました。

04_20231224062801

02_20231224062801

会場となった甲南女子大学の芦原講堂です。ここに記載されているように、優れた建築物としての賞も受けている名建築のひとつです。

西日本最大級の規模とするパイプオルガンも設置されていて、この日はオルガニストの土橋薫さんによる演奏を聴くことも出来ました。

06_20231224062801

07_20231224062801

会場の芦原講堂の中の様子です。ステージ上の高さも十分あるほか、一階も広々とした空間を持っています。

特筆すべきは2階客席の広さです。ステージと同じ弧を描いた客席からはまるで演奏者と一体化したような視界を得ることが出来ます。

03_20231224062801

甲南女子大学の構内の様子です。女子大学なのでこういうイベントがあるときくらいしか入ることができませんが、関西でも屈指の音響と客席を有する芦原講堂をもっと活用した音楽イベントを開催してほしいところです。

81wb8sugmol_ac_uf10001000_ql80_

火坂雅志/伊東潤 北条五代(上) 朝日時代小説文庫/読了・・・・・・・作家の火坂雅志が大きな構想を持って書き始めたこの作品、第9章を書き終えたところで急逝されてしまったものを伊東潤が書き継いで行くという稀有な作品です。伊勢新九郎盛時、後の北条早雲によって創世された戦国時代の北条氏の盛衰、興亡を綴る巨編、その上巻を読み終えました。すごいなぁ。

« 歴史探訪・番外編の下見 いよいよ酒蔵巡り 12/4 | トップページ | 高槻フィル第17回定期演奏会 12/24 »

芦屋交響楽団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史探訪・番外編の下見 いよいよ酒蔵巡り 12/4 | トップページ | 高槻フィル第17回定期演奏会 12/24 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー