« 西宮散歩 松原神社 1/25 | トップページ | 西宮散歩 西宮戎神社 1/25 »

2024年2月 7日 (水)

西宮散歩 喜多向稲荷神社 漢織呉織伝説と染殿池 1/25

Dsc03536_20240207054701

1月25日は今月中に予定している歴史探訪・番外編の下見を兼ねて、西宮市内を歩きました。

昨日紹介した松原神社の向かいには、喜多向稲荷神社があります。

Dsc03537

ここは、応神天皇の時代に大陸から機織りの技術を伝えた漢織(あやはとり)、呉織(くれはとり)という二人の女性の伝説の地でもあります。

大陸から西宮に到着し、ここでまず機織りの技術を伝えました。

Img_7632

伝説によると、ふたりを招いた都の役人はこの時すでに亡くなっており、二人は都へ向かうことが出来なくなりました。

悲しんだ二人ですが、西宮で機織りの技術を伝えた後、池田へ向いそこで新たに機織りの技術を伝えたという伝説が残っています。

Dsc03541_20240207054701

喜多向稲荷神社の南側には二人が糸を染めたといわれる池の跡が残っています。

この池は、糸を染めたということで染殿池と呼ばれています。

Dsc03542_20240207054701

このように機織りの技術を伝えたという伝承は西宮、池田に残っています。

特に、この辺りには、津門綾羽町、津門呉羽町、染殿町という地名として、現代にもつながっています。

« 西宮散歩 松原神社 1/25 | トップページ | 西宮散歩 西宮戎神社 1/25 »

歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西宮散歩 松原神社 1/25 | トップページ | 西宮散歩 西宮戎神社 1/25 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー