« 西宮 七分咲きの甲東梅林へ 2/13 | トップページ | 千里バロック合奏団第84回定期演奏会 3/9 »

2024年3月 9日 (土)

かぎろひ歴史探訪・番外編 早春の西宮で日本酒と歴史を味わう 2/15

阪神西宮駅11時集合 ⇒ 西宮戎神社 ⇒ 夙川散策 ⇒ 西宮市郷土資料館 ⇒ 葭原橋 ⇒ 御前浜 ⇒ 西宮砲台 ⇒ 西宮ヨットマリーナ ⇒ ランチ・カサブランカ ⇒ 住吉神社 ⇒ 白鹿記念酒造博物館、白鹿酒ミュージアム、白鹿クラシックス ⇒ 白鷹禄水苑 ⇒ 宮水井戸場 ⇒ 松原天満宮、喜多向稲荷社・染殿池 ⇒ 阪神西宮駅 ⇒ 反省会

Map05

2月15日は、私が主催するかぎろひ歴史探訪・番外編で、西宮市の浜側のルートを歩きました。

ルートは、阪神西宮駅から南へ南へと歩き、夙川から御前浜、今度は北上して酒蔵巡りをするものでした。

Dsc03865

集合した阪神西宮駅です。震災後、高架化とともに大きな駅ビルが出来て一新されました。

さらに今後、駅前のスペースに新たな文化施設として図書館とホールが出来るとか。

Dsc03866

最初にやってきた西宮戎神社、その東大門、通称赤門です。

正月1月10日の朝6時ちょうどにこの門が開いて、福男選びの競走が行われます。

Dsc03870_20240309062301

その後、夙川まで歩いて南下、鴨が群れる河口まで来ました。

対岸には、野坂昭如の「 火垂るの墓」にも登場する西宮回生病院の建物があります。ただし、今は建て替えられて当時の面影はありませんけれど。

Dsc03871_20240309062301

海辺へ出て、御前浜を歩きます。ジモティの私には香櫨園の浜と言う方が分かりやすいですが。

この日は天気が悪く、曇天の中でしたが、晴れると六甲山系から広々とした御前浜を楽しんでいただけるところでした。

Photo_20240309062301

御前浜にある西宮砲台です。同じものは神戸の三菱重工の工場内にも残っているそうです。

幕末、外国船からの摂海(大阪湾)防衛を目的に造られましたが、使用されることなく明治を迎えました。

Dsc03874

ランチは、かつてヨットマンの堀江謙一さんがアメリカへ向けて出港した西宮ヨット・マリーナにあるレストランとしました。

この後、西宮郷の白鹿、白鷹の酒蔵、その博物館やアンテナショップを回って日本酒の試飲を重ね、その勢いで反省会に乗り込んだ次第です。

« 西宮 七分咲きの甲東梅林へ 2/13 | トップページ | 千里バロック合奏団第84回定期演奏会 3/9 »

かぎろひ歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西宮 七分咲きの甲東梅林へ 2/13 | トップページ | 千里バロック合奏団第84回定期演奏会 3/9 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー