« 今のうちにさくら鉄を 阪急京都線、嵐山線 4/7 | トップページ | 2週間前の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪 南山城、上狛 3/28 »

2024年4月11日 (木)

生駒市内の万葉歌碑ふたつ 犬養孝先生揮毫 3/27

Dsc04321

3月27日はいつもの生駒詣で、仕事なんですが、その帰りに生駒市内にある犬養孝先生気揮毫の万葉歌碑二つを訪ねました。

夕されば ひぐらし来鳴く 生駒山 越えてそ我が来る 妹が目を欲り 巻15-3589 秦間満

(夕方になるとひぐらしが来て鳴く生駒山を越えて、わたしはやってきたよ。あなたに会いたくて)

Dsc04320

この万葉歌碑があるのは、生駒市立大瀬中学校の校門の前で、生駒山全体を借景として大変景色の良いところにあります。

ここへ行くためには近鉄生駒線南生駒駅から急坂を登って10分ほど、そのほか、近鉄生駒駅から中学校近くまでのバスが運行されています。

Dsc04333

次に暗がり峠の峠道の途中にある万葉歌碑を訪ねました。

難波津を 漕ぎ出て見れば 神さぶる 駒高嶺に 雲そたなびく 巻20-4380 大田部三成

(難波津より船を漕ぎ出してから後ろを振り返ると、眼前にある生駒山に雲がかかっている様が見えた)

Dsc04327

Dsc04328

この歌碑があるところから少し登って暗がり峠まで歩いてきました。

暗がり峠までは、南生駒駅近くのコミュニティセンターから市が運営するたけまる号というバスがあり、それを利用しました。

Dsc04335

暗がり峠からの帰り、石造阿弥陀如来立像があるのでお参りしてきました。

向って右側面に文永7年(1270年)の銘があるそうです。

« 今のうちにさくら鉄を 阪急京都線、嵐山線 4/7 | トップページ | 2週間前の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪 南山城、上狛 3/28 »

奈良歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今のうちにさくら鉄を 阪急京都線、嵐山線 4/7 | トップページ | 2週間前の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪 南山城、上狛 3/28 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー