« 新線開通 北大阪急行箕面萱野駅 3/26 | トップページ | 新しい二つのホール 箕面市立文化芸能劇場、おにクル 3/26 »

2024年4月 6日 (土)

箕面萱野駅の萱野って? 萱野三平記念館へ 3/26

Dsc04286_20240406055601

箕面萱野駅の名前の萱野はこの辺りの地名ですが、元々は赤穂浪士の討ち入りの物語で登場する萱野三平重実(しげざね)の実家があったことからの地名です。

箕面萱野駅から南西へ10分ほど歩いた西国街道沿いに、萱野三平の屋敷が残っています。

Dsc04287

萱野三平は、旗本の三男、俳人としても知られた人ですが、13歳の時に赤穂藩主浅野長矩につかえることになりました。

藩主が元禄14年(1701年)3月14日に起こした刃傷事件の報告を江戸から赤穂に伝えるために、大急ぎでわずか4日で第一報をもたらしています。

Dsc04293_20240406055601

本人は、大石らが進める義挙に参加するつもりだったのですが、三平を赤穂藩に推挙した大島家が吉良家と近いことから、義挙には参加せず大島家に仕官するよう父親から進められた三平は、その板場挟みから藩主の月命日である元禄15年(1702年)1月14日に自刃してしまいました。

写真は、三平が切腹したと伝えられる長屋門の一室です。

Dsc04291_20240406055601

元々あった萱野家の屋敷の模型です。

現在は右上の長屋門が残るのみですが、本宅は伊丹に移築されているそうです、そのうち見に行かねばなりません。

Dsc04298_20240406055601

なんだかやりきれない気持ちを持ったまま、萱野三平記念館を後にしました。

ころころ変わる天気でしたが、雨に降られることなく駅まで戻れたのは良かったです。

« 新線開通 北大阪急行箕面萱野駅 3/26 | トップページ | 新しい二つのホール 箕面市立文化芸能劇場、おにクル 3/26 »

歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新線開通 北大阪急行箕面萱野駅 3/26 | トップページ | 新しい二つのホール 箕面市立文化芸能劇場、おにクル 3/26 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー