« 土師ノ里界隈歩き 5/2 | トップページ | 友人の写真展「津軽の祭り」へ 神戸のクラシックサロン「アマデウス」 5/5 »

2024年5月16日 (木)

土師ノ里から安堂界隈を歩く 5/2

Dsc05124

5月2日は思い立ち、近鉄南大阪線の土師ノ里駅で下車、その界隈の歴史散策をした後、大和川を渡って藤井寺市から柏原市へ移動しました。

近鉄道明寺線の電車が大和川をのんびりと渡っていきました。

Dsc05121_20240516054901

近鉄道明寺線に沿って大和川を自転車と人が渡れる橋があり、川面に映る二上山を望むことが出来ます。

まさに古代の河内大橋を渡る心情です。

高橋虫麻呂の「河内の大橋を独り行く娘子を見る歌」が思い起こされます。

長歌の反歌 大橋の 頭に家あらば ま悲しく ひとり行く児に 宿貸さましを 巻9-1742

Dsc05131_20240516062001

大和川を渡ったところには、その高橋虫麻呂の万葉歌碑と共に、大和川の付け替えに尽力した中甚兵衛の像があります。

中甚兵衛は、たびたび洪水を引き起こす旧大和川の堺方向への付け替えを長期にわたり幕府に訴え、1704年に完工した切り替え工事にも携わりました。

Dsc05129_20240516054901

大和川は堺方面に流れを変えましたが、農業用水の確保のために樋が設けられ、その後の河内木綿の生産に寄与しました。

その築留二番樋を大和川の堤防から俯瞰しました。ここから長瀬川、玉串川へ水を送っています。

Dsc05135_20240516054901

さて、橿原市側へ渡った後は、以前歩いた河内六寺の道を歩いて補完しました。

古代の智識寺跡と言われる場所に近く、当時の塔心礎石が残る石神社(いわじんじゃ)を後にして山沿いの道を登ったところに清浄泉という水飲み場がありました。

こんこんと水が湧いているところということですが、これだけ都市化したところでの地下水の水質は信用なりませんね。

Dsc05140

さらに歩くと展望台という看板があり、そちらのほうへ行きました。

水道施設の囲いの一部が展望施設として利用されているところでした。

出発した土師ノ里駅方面を見ています。中津姫陵と応神天皇陵でしょうか。

Dsc05142

山沿いの道を北上したところに鐸比古鐸比賣(ぬでひこぬでひめ)神社があるので立ち寄りました。

鐸比古は垂仁天皇の子とされ、背後の高尾山をご神体としています。古代から別々の神社をその後に一つにまとめたらしく、詳しいことはわかっていません。

ということで、土師ノ里から河内六寺のルートは番外編のコースとしてなかなかいいもしれませんね。

81bvlfxmlvl_ac_uf10001000_ql80_

小島英俊 貨物列車のあゆみ 鉄道貨物の歴史と未来 交通新聞社新書/読了・・・・・・なかなかなかった日本の貨物輸送についてその歴史と世界の中の日本の貨物輸送を明らかにする一冊。日本の貨物の特徴を数値で表わしているのでよくわかります。今後、トラック運転手の2024年問題やら、地球温暖化のCO2削減のためのモーダルシフトで鉄道貨物の重要性が増していくことと思われるので、ますますのJR貨物の進展が期待されます。

« 土師ノ里界隈歩き 5/2 | トップページ | 友人の写真展「津軽の祭り」へ 神戸のクラシックサロン「アマデウス」 5/5 »

歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土師ノ里界隈歩き 5/2 | トップページ | 友人の写真展「津軽の祭り」へ 神戸のクラシックサロン「アマデウス」 5/5 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー