« 阿波座の長楽庵から野田阪神へ 写真展・番外歴史探訪 5/31 | トップページ | 宝塚市交響楽団第73回定期演奏会 6/9 »

2024年6月 9日 (日)

かぎろひ歴史探訪 談山神社と聖林寺 6/6

近鉄・JR桜井駅 ⇒ バスで談山神社・歴史講座 ⇒ 旧参道 ⇒ バスで聖林寺 ⇒ 西内酒造で反省会 ⇒ 桜井駅 ⇒ 近鉄西大寺駅で二次会

Dsc05492

6月6日は春の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で朝9時半に集合、9時45分のバスで一路山の上に上がり談山神社を目指しました。

駅前にあったお気に入りのマルツベーカリーさんが閉店してしまったのは本当に残念です。復活ならないかなぁ。

Dsc05499_20240609070501

談山神社バス停に到着してすぐに訪れたのが、鎌足の二男、藤原不比等を祀る十三重塔です。

台石の高さ0.9m、頂まで4.0mの石塔で、永仁六年(1292)の大工の刻銘があるそうです。

Dsc05504_20240609070501

談山神社の象徴でもある桧皮葺の木造十三重塔です。季節柄、青紅葉がきれいで目に沁みます。緑ですが、青紅葉です。

藤原鎌足公を祀る談山神社は、『大化の改新』の起源となる蹴鞠会において 極秘の談合を行った地として有名です。

Dsc05508

観音堂では、秘仏如意輪観音像が公開されていて、せっかくなので拝まさせていただきました。

ボランティアガイドの方もおられ、新設の解説いただきました。7月いっぱいまで公開が続きます。

Dsc05527

談山神社を後にして、旧参道を歩いてしばらく下りました。

山門のあたりは幽玄な雰囲気で清らかな空気が流れていました。

山門があるのは、廃仏希釈が行われる明治初期まで、談山神社は多武峰寺というお寺だったからです。

Dsc05535

今度はバスで聖林寺まで降りてきました。有名な十一面観音さんが居られるお寺です。

その均整のとれた肢体は神聖、威圧、優美、静謐、さまざまな様子を兼ね備えていて、思わず頭が垂れてしまいます。

 

Dsc05540

頭を垂れたところで、聖林寺から少し下ったところにある西内酒造さんで反省会です。

お店でお酒を購入して、酒蔵の中で一杯やりました。幸せな時間と空間でした。

« 阿波座の長楽庵から野田阪神へ 写真展・番外歴史探訪 5/31 | トップページ | 宝塚市交響楽団第73回定期演奏会 6/9 »

かぎろひ歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿波座の長楽庵から野田阪神へ 写真展・番外歴史探訪 5/31 | トップページ | 宝塚市交響楽団第73回定期演奏会 6/9 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー