« 長尾から河内磐船へ 交野を歩く 6/10 | トップページ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団第151回定期演奏会 6/14 »

2024年6月15日 (土)

交野の町歩き 続き 6/10

Dsc05603

6月10日は、藤阪から長尾へ歩いて王仁博士墓を見た後、河内磐船まで移動し、今度は交野の古い町並みを歩きました。

土壁が露わになった大きな屋敷は、交野桜の銘柄で有名な山野酒造の建物です。

Dsc05605

豪壮な長屋門が迎えてくれましたが、お酒のショップは門の反対側にありました。

ショップはたくさんのお酒が並んでいましたが、試飲とかはどうもなさそうな感じでしたが、どうなんでしょう。

Dsc05608

Dsc05609

町中を歩いていると、お寺が集まっている地域がありました。

いわゆる寺町になるのでしょうか、浄土真宗の無量光寺と、何だか迷い込んだ名前のわからなかったお寺です。

Dsc05610

さらに歩いて私部(きさべ)城址へやってきました。

私部城は戦国時代のこの辺りの安見氏の居城で、平城の遺構として貴重なものだということです。

Dsc05612_20240615060701

私部城址の廻りをま歩いていると、はっきりと堀跡とわかるところがありました。

手前は水田になっていますが、土塁がかなり当時のままと思われる遺構が残っていました。

580_178  

藤澤志穂子 駅ものがたり 人とメロディの中心に鉄道があった 交通新聞社新書/読了・・・・・・・大阪環状線の各駅や京阪電車の駅では、それぞれの駅に因んだ発車メロディが設定されていて、よく耳にしますね。そういう事例を集めて、町と音楽とのかかわりをまとめた一冊。とはいうものの、最近の曲はようわからんので、なんとも想像のしようもないのもあったけど、荒城の月など、古いところは良くわかりました。駅の様子とか、そこを走っている車両との関わりとか、もう少し鉄道寄りの内容が欲しかったけど。

こんなサイトで、いろいろ紹介されているみたいです。ご当地駅メロディー資料館

« 長尾から河内磐船へ 交野を歩く 6/10 | トップページ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団第151回定期演奏会 6/14 »

歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長尾から河内磐船へ 交野を歩く 6/10 | トップページ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団第151回定期演奏会 6/14 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー