国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

鉄道

2014年11月 3日 (月)

スキャン鉄から

198203pict0032_711フィルムスキャナーを購入して暇な時間があれば、デジタル化していない画像を取り込んでる。鉄道関係はすでにそのほとんどをスキャンしていたはずだが、ときおり、記憶にない写真が出てくる。1982年3月27日に札幌駅で撮影した711系である。これを撮っていたとは思わなかった。

198210pict00241982月10日に富山地方鉄道で撮影した11号という記載のある14710系電車 。名鉄からやってきた車両で、もと3800系という。11号とあるのは、クハ11号であることらしい。見た目も電車らしい電車で素晴らしいが、この一枚しかなかった。このころは特段しつこく追いかけなかったようだ。夕暮れの撮影のようで粒子も粗い。

198307pict00011983年07月のころに大阪駅で撮影したEF61 である。EF61のまともな写真は多分これ一枚ではないだろうか。京都駅では正面から撮影した白黒写真があるくらい。このような写真も撮っていたとは思わなかった。

野暮用で、多くの時間、家におらねばならなかった3連休のご褒美かと。

41fmssmtvl__sl500_aa300_北杜夫 巴里茫々 新潮文庫/読了・・・・・・北杜夫が夢か現か、現が夢かという筆致で、航海記の途中にパリに立ち寄った印象と、カラコルムの登山の過去と現在を描いた2作。北杜夫の晩年の作品らしいが、初期の幽霊や木霊に通じる空気管があって、懐かしい雰囲気が伝わってくる。解説もなく、詳しいことはわからぬが。

2013年11月11日 (月)

阪神間の鉄道文化 伊丹市立博物館

Img006 伊丹市役所の東に隣接して、伊丹市立博物館というのがある。ここで、12月1日まで、「阪神間の鉄道文化」という展覧会が催されている。入場無料。内容は以下の通り、こんなもん。

近くへ行ったら立ち寄ってみようと思う。ただ、この博物館、阪急伊丹駅からでも結構遠いのだ。歩いたら20分かな。

Ⅰ.阪神間における鉄道の発展
   1.日本における鉄道の始まりと伊丹
   2.さらなる鉄道敷設の動き -軍都舞鶴に向けて-
   3.箕面有馬電気軌道の設立 -大都市郊外の開発-
   4.阪急電鉄伊丹線の誕生 -大正期以降の伊丹の鉄道-

Ⅱ.鉄道が育んだ地域と文化
   1.沿線開発と人々の流れ -住宅地の形成-
   2.鉄道が創った娯楽 -動物園・温泉施設・歌劇団-

2013年8月 5日 (月)

最近の鉄道車両から

Img_1011最近あまり鉄道の話題に接していない。暑くてそれどころではないということもある。クーラーも本日めでたく治ったことだし、ここらでちょいと写真を並べてみようという気になってきた。まずは、環状線福島あたりから橋上を見上げた時に止まっていたUSJの車両。ええっとなんだっけ、これは・・・・胡麻通りのキャラクターだったかな。

Img_1041夏の晴れ間が広がる阪堺電車浜寺公園前駅の様子。梅雨空では拝めない湿度の少ない青空が背景に広がっている。電車の車体は黄色で雲は白。実際には青い空に白い雲。

そういえば、ここへ来るたびに新型車両の試運転に出会う。ほぼ毎日走らせているんじゃないだろうか。それなら一日も早く本運転に入ればよいものと思うが、どうだろうか。

Img_1094さて、天気は今一つだが、近鉄八木駅では12200系と12400系の前パンWパン並びに出くわした。12400系は必ずしも前パンにならないので、この顔も久しぶりに見たような気がした。2種類並べてみると12400系のほうが男前の感じですね。15200系、新しい赤いあおぞらは元祖あおぞらに似せて顔の下のほうまで赤く塗ってしまったけど、12200系の紺色のラインまでで塗装をやめていても良かったかも。ありゃ、般若みたいだわ。

Img5820099077911鯨統一郎 悪魔のカタルシス 幻冬舎文庫/読了・・・・・・長らく読みたいと思っていた鯨くんの比較的初期の作品。悪魔が見えるという主人公が徐々に深みにはまっていく物語だが、随所に鯨くんの趣味が見え隠れしている。後の作品に展開する要素が満載という感じだし、これはこれで、ホラー小説に近い味わいもあって、いいですね。

2013年7月26日 (金)

お知らせ 模型で楽しむ中国の鉄道

Img130517195504下の記事でたびたび登場させていただいた床下さんが講師を務められる工学院大学孔子学院の孔子サロンで以下の催しがあるということで、紹介します。一般500円、友の会会員400円。

7月27日 14時から 工学院大学孔子サロン  模型で楽しむ中国の鉄道

https://ssl.smart-academy.net/kogakuin/cik/course/detail/3072863/  

東京都新宿区西新宿1-24-1 工学院大学新宿キャンパス中層棟4階 

詳しくはこちらから  http://kogakuin.smart-academy.net/cik/201307/2013_july_salon.pdf

写真はサイトから拝借しました。近かったら、行くのになぁ。

今夜は遅くなる予定なので朝一番の更新ですわ。

2013年2月20日 (水)

こんな話題でも 部屋のカレンダーから

何も話題がないので、部屋のカレンダーからチョイスした画像の説明でも。

Img_0410_21月は、ウクライナから。ルーマニアとの国境の町ラホフを目指し、カルバティア地方のアーチ橋を力走する蒸気機関車。1両目がSu型という客車用、本務機がEf型という貨物用らしい。三宝鉄道さんの模型機関車を見ているようだ。

Img_04112月は、ニュージーランドのノース・アイランド最大の都市オークランドと近郊を結ぶ「トランツ・メトロ」。ニュージーランドらしく、何となくイギリス趣味を感じる車体ではある。駅は地下だけど、地上から採光していて明るいプラットホームになっているとのこと。

あ~ぁ、また、のら羊さんのことを思い出してしまったわい。

2013年1月24日 (木)

低調・・・・今月の撮影

Img_2329年が明けたというのに、なかなか撮影機会がやってこない。いろいろと野暮用が重なって、また休みに天気がもうひとつふたつというのが続いている。それでも正月に行った阪堺線の住吉神社前。これは今後も恒例になりそうですね。(恒例になるんだったら、住吉大社付近で集まって新年会でもしましょうか?)1/3

Img_2487住吉大社から流れて(流れてというのもおこがましいくらい遠いですが・・・・・)近鉄の大福駅からしばらく東へ歩いた撮影ポイントへ向かう。過去を振り返ると、去年もおととしも行っていた。おととしは、ロイヤルエンジンさんにも出会っている。

Img_2550さて、今年は9連休という長い正月休みだったが、その最終日である1月6日にはコンサートもあって阪急神戸線、京都線の撮影も行った。まずは園田駅、神崎川駅で神戸線、十三で乗り換えて崇禅寺駅、上新庄駅、南茨木駅で京都線を撮影。1/6

Img_2704その後は、三宝鉄道さんのイベントで1月12日に川西池田駅で春に姿を消す183系こうのとりを狙った。天気は曇天だけど、それでも機会があまりない。さて、今月、あと一回くらいの撮影があるだろうか。そろそろネタ切れもあり、今月を振り返ってみた。

2012年10月30日 (火)

関三平 昭和の電車

Wlf12102917010015p1 産経新聞を取っていない方々はご存じないかもしれないが、定期的に夕刊に登場するのが関三平による昭和の電車のシリーズである。関三平は迷図作家とある。迷図とは、迷路の図のことらしく、英語でもmaze(メイズ)というから日本語と同じ発音のようだ。先日の画は江ノ電の500形、ポール集電時代の姿が描かれていた。

Wlf12102214310011p1 サイトは、http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/topics/west_life-16414-t1.htm#1  であり、数々の昭和の名車、迷車が登場している。ただ、少し前の記事には画像がついていないのが残念。どこかでまとめて貼ってあればよいのだが。

この方のサイトをこまめに見たらありそうだけど。http://drfc-ob.com/wp/?author=38&paged=4

2012年8月31日 (金)

鉄道模型ファンに朗報 オンザレイル@江坂

Img_3257 江坂の街角に、オンザレイルという鉄道模型専門店が7月に出来た。鉄道模型は小生の趣味の範囲外であるが、これも広く鉄道趣味の範疇ということであれば、立ち寄らざるを得ない(理屈っぽいですねぇ)・・・・・ レンタル工房もありますよ。

Img_3258 模型を走らせることができるレンタルレイアウトが3つあって、これは日本の田舎の風景のもの。

赤い鉄橋は餘部鉄橋を模したものでこれは魅力的ですね。

Img_3259 これは日本の都会を模したもので、駅舎は新幹線の停車ができるくらいの長さがある。

L字型のコーナーになっていて、先週の土曜日は夜にオジサンがここにたかっていたそうだ。

Img_3260 そして、ヨーロッパの街並みを模したもの。なかなか凝ったつくりで楽しめそうな感じです。

ただし、みんなNゲージ。

オンザレイルのサイトは、http://ontherail.jp/ ぜひご訪問を。

2012年6月16日 (土)

K.G.R.鉄路写真展 拝見

Img_3070 ご案内をいただいていた関西学院大学鉄道研究会OB会の写真展を西宮北口のアクタ東館のギャラリーで拝見した。

故須田一郎氏の作品27点を中心に、出展者(ひとり3作品まで)の方々の力作62点が並び壮観である。須田氏の作品は各地のSLが多く展示された。

Img_3073 須田氏以外の内訳をみると、DLのカモレ3点、客レ6点、ELのカモレ4点、客レ4点、SLのカモレ2点、客レ6点、DC11点、EC22点、路面電車3点、模型1点。国鉄は39点、私鉄が21点(模型とイスタンブール路面電車除く)でした。

直線、順光、前パンの写真もあれば、この展覧会のために普段のスタイルを捨てたお仲間もあり、楽しませていただきました。皆様、目の保養をさせていただき、感謝です。

2012年6月11日 (月)

関西学院大学鉄道研究会OB会 写真展

Img_9089 ブログでいつもお世話になっているtakehopeさんhttp://happy.ap.teacup.com/takehope/が学生時代所属され、いまもご交遊が続いておられる関西学院大学鉄道研究会OB会の写真展が、明日12日から17日の日曜日まで、西宮北口のアクタ東館の6階にある市立ギャラリー第1展示室で開催される。時間は10時から18時(最終日は17時)。写真はギャラリーの掲示板に貼られたもの。

写真を出されているメンバーはtakehopeさんのほか、ロイヤルエンジンさん、C6128さん、西宮の紳さん、3keitouさん、狭山のKさん、INANOSATAさん、それからだれかおられたかな?・・・・あっ、三宝鉄道の会長さん、ひょっとしたらオハフさんや南部工房さんも出しておられるかな。

この会のみなさん、いつもお世話になっていて、ありがとうございます。皆さんの努力の結晶、ぜひ、拝見に伺いたいと思っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ