鉄道

2023年11月17日 (金)

KGOB鉄道研究会 模型運転会 11/3

Dsc02486

11月3日は、お知り合いがたくさんおられるKGOB鉄道研究会の方々が模型運転会を行っているというので、西宮の中央図書館がある建物のギャラリーへ伺いました。

お客さんに見ていただくというよりも、広い会場で皆さん自ら模型運転会を楽しんでおられました。

Dsc02490_20231117065001

その中から、蒸気機関車の模型がありましたので撮影して見ました。

大変珍しいC54の模型がありました。山陰線などで活躍した機関車でしたが、不具合などで短命に終わった機関車でした。右隣りはC62。

Dsc02493_20231117065001

奥にあるのはC51、手前がC59です。いずれも大変精巧な模型です。

Dsc02494_20231117065001

小さな機関車はC56です。鉄道模型の撮影はなかなか難しいです。

走っているところは、動画を撮らせてもらいお茶を濁しました。

Dsc02502

Dsc02503

帰りに阪神電車の香櫨園駅で撮影をしました。

近鉄のなら鹿とれいんと丸いHMを二つ付けた山陽特急です。

2020年12月 2日 (水)

電車の窓から

0907-dsc04508

電車に乗っていて、ときどきその車窓からおやっ!と、思っても見ない車両が見えたりすることがあります。そんな話題です。まず阪急京都線正雀車庫の横を通過しているとき見えた阪急2300系です。2300系はすでに引退して久しいのですが、2301号は解体されずに残っているようです。その後、もう一両2300系が残っていることが分かりました。

1020-dsc05814

JR立花駅から乗車して甲子園口方面へ走っているとき、DLに牽かれた重量物搬送用貨物車シキが追い抜いていったことがありました。突然のことでびっくりしましたが、先頭に座っていたので思わず撮影してしまいました。

1102-01

近鉄の西大寺駅から橿原線で南下しているとき、西大寺車庫でリニューアルした団体専用列車「楽」を見ました。遠目で何かいるなぁと思っていましたが、それまで認識がなかったものですから、あわててスマホのシャッターを切りました。

1022-dsc05890 1022-dsc05891

JR西宮駅に差し掛かった時に117系が停車しているのが見えました。どうも、手前のポイントが故障して停車しているようでした。車内には遠足か修学旅行かわかりませんが、多くの生徒が乗っていました。

1116-dsc06500

JR神戸線の兵庫駅の脇を通過したとき、下の線路にDLにつながった見慣れない車両を見つけました。車両のサイドにハイブリットの文字がありました。顔からみるとJR九州の車両でしょうか。

1109-dsc06323 1109-dsc06324 Dsc07023

JR尼崎駅の高架橋を走る特急こうのとり、NHKの大河ドラマ「麒麟が来る」に合わせたラッピング車両が走っているとの情報は知っていましたが、見るのは初めてでした。これは後日、しっかり撮ることが出来ました。

2019年11月28日 (木)

桂しん吉 鉄道写真展 in 茶吉庵

Dsc09420  Dsc09432  Dsc09423

昨日11月27日は、いつもの生駒での野暮用を終えて昼から近鉄恩智駅へ向かいました。駅を出てまっすぐ東へ、山のほうに歩きます。恩智神社の頓宮と言う場所があり、その脇に恩智石器時代遺跡という碑が建てられていました。解説を読むと弥生期の集落跡だそうです。古い時代から人が住み続けている地域のようです。そして恩智神社の鳥居の前に目指す茶吉庵がありました。

Dsc09424  Dsc09425

この茶吉庵というところで落語家の桂しん吉さんの写真展が開催されているのです。靴を脱いで座敷に上がります。写真はA3くらいのサイズだったでしょうか。色彩と構図の妙が感じられ、とても素敵な写真が並んでいました。広い座敷をぐるりと2回まわって鑑賞しました。奥の部屋には赤い毛氈と見台があり、いつでも落語会が開けるような場所でした。

Dsc09427  Dsc09428  Dsc09429

隣の座敷ではNゲージの運転と鉄道関連商品の販売が行われていました。目を引いたのは、南海の7000系さよなら運転のヘッドマークです。実際に使われたものではなく、予備品として製造されたもので、税込8万円とは、高いか安いか。

Dsc09430  Dsc09431

茶吉庵の中庭に出ました。この建物は今から250年くらい前に建てられたということで、大和川が堺方面へ流れるように変えられ、河内地域の廃川となった流域で綿の生産が始まった頃のようです。綿の生産には膨大な肥料が必要で、その肥料として干鰯が千石船で大阪へ運ばれるようになるという一大流通が富をもたらした影響もあるでしょうね。茶吉庵の近くにも大きな家が数多くありました。

514m3weqahl

山本功次 北からの黒船 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 宝島社文庫/読了・・・・・・・現代と江戸時代を行き来できる主人公が十手持ちとなって江戸時代で活躍する人気シリーズです。いつもながら設定が面白いですね。テレビでドラマ化されたということでしたが、よくみるとU-NEXTという、これはネットテレビでしょうか、そういうところでの配信でした。主演の佐久間由衣さんが綺麗なのでみたかったですが、そのうち機会もあるでしょう。本の内容は、、、読んでみてください。時代劇とSFが好きな人ははまります。

2019年11月19日 (火)

中村真理写真展 何気ない日常vol.2

76602221_2493178327673160_87924607898406  78117437_2493178344339825_33823439717442

昨日11月18日は南森町のMAGというギャラリーで開催中の中村真理さんの「何気ない日常vol.2」と題された鉄道写真展を見に出かけました。天神橋筋商店街の一本東の通りに面したところでした。隣が堀川小学校で、とても目立ち建物でした。さて、入りましょう。

74586276_2493178451006481_86268324412915  75439284_2493178404339819_85048736924156

朝11時からのオープン、比較的早い時間帯に行ったので他にお客さんもおられず、主催の中村さんと少しお話ができました。関西と東京を行ったり来たりされているということで、関西の鉄道スポットも多く撮影されていましたね。大きな写真は大阪駅での一コマです。

75464141_2493178424339817_89248117575500  77089728_2493178474339812_80439596421176

色彩と言う点に特に注目されて撮られていて、またプリントもとてもきれいな仕上がりになるように配慮されていました。こういう点は見習いたいですね。その中でモノクロの写真が一枚あり、かえってその力強さを感じました。ゆっくりと作品を鑑賞することができ、とてもよい写真展でした。

77340049_2493178511006475_69949907513942

お腹も減ったので、天神橋筋商店街に戻り、てんぷら屋さんに入りました。ここは最近はやりの明太子食べ放題というサービスがあり、これは贅沢な気分にさせてもらえますね。てんぷらも揚げたての熱々が来るので、とてもおいしくいただきました。

51gi3j7kbpl__sx329_bo1204203200_

百田尚樹 錨を上げよ 四 抜錨編 幻冬舎文庫/読了・・・・・・・・・一連の錨を上げよの最終編です。とても無鉄砲でやることすべてが他人とぶつかってきた主人公が何もかも無くしてしまうストーリーですが、不死身の呈でふたたび再生してきます。その中には著者の人生との重なりもあるといわれていますが、単に読み物としても、とてもスピード感があり密度の濃い文章の印象深い作品群でした。これが、別に小説家を目指しわけではない時代の処女作品と言うのには驚くばかりですが。

2018年11月 7日 (水)

鉄道展2つ たつの市と堺市

181020_tatsuno_museum鉄道に関する展覧会が2つほど報道されていました。

 

ひとつは、兵庫県たつの市のたつの市立龍野歴史文化資料館で開かれている明治維新150年/開館30年記念特別展「たつのに鉄道がやってきた~山陽鉄道 姫新線 そして幻の鉄道~」 です。たつの市における鉄道が果たした近代化の役割や移り変わる郷土の歴史を約500点の鉄道資料から紹介されています。

 

 

 

Lif18110400250001n1もう一つは、大阪府堺市における「堺の鉄道130年展」 と題して堺市立中央図書館で開かれている展覧会です。ここでは、明治29年に計画された堺市と大和高田の間を結ぶ路線の計画でが展示されているそうです。堺市は東西方向の交通が弱点と言われていましたから、こんな路線があれば地元の活性化にもつながったものと思われます。

 

いずれも11月25日までの開催という事です。

2018年9月18日 (火)

鉄道ジオラマと絵画展

Thumbnail_image1今朝がた、新聞の地域の催し欄の片隅に、フジワラマサヒコ展という鉄道と絵画の展示会があるのを見つけて、自転車で西宮の今津まで走ってきました。今日は気温は高めでしたが、湿度が少し下がったのか、汗をかくというほどではなかったですね。この場所は今津山中町の旧国道と名神の交差するあたりです。お店の表に、このような案内が出ているのですぐわかりました。

Thumbnail_image2この展覧会、というほど大がかりではないのですが、手作りの品を置いているお店の奥で展示されています。作者は支援学校を卒業された方でまだ26歳ということですから、若いですね。ジオラマにしても、絵画にしても、若い人の感性で選んだ車両や街並みの作り方になっています。それにしても、精巧な絵画、ジオラマをこつこつと仕上げた努力には脱帽です。いろいろとすごい人がいるものですね。

Thumbnail_image3Thumbnail_image4

2018年5月21日 (月)

武生行き 5/15-16

Dsc08120今週前半の15日から一泊で、母親を連れて福井県の武生へお墓参りに行って来ました。今はもう武生市ではなく越前市というのですね。いったいどこやろう?と思ってしまいますが。武生での用事を終わり、福井鉄道の北府(きたご)駅から電車に乗って移動です。

Dsc08128_2やってきたのは最新鋭のF1000系フクラムの赤い編成です。途中の駅で降りて撮影しました。いわゆる低床車で、乗りやすいですし、走り出しもスムーズ、車内の音も静かでよいことばかりです。かなりスピードも出るのではないでしょうか。乗り心地は良かったですね。

Dsc08127Dsc08133そのほか、駅での交換で、黄色編成とオレンジ編成にも会いました。写真は取れなかったけれど、青色編成にも会いましたから、在籍する4つの編成すべてと出会いました。また、えちぜん鉄道から乗り入れているL型ki-boもすれ違いましたよ。

Dsc08125新型車両が活躍する一方、かつての顔であった車両たちは北府駅の留置線で寂しく並べられていました。

2017年8月 7日 (月)

昭和32年の立花駅 荷物電車

Img_2666お知り合いからいただいた一枚の絵ハガキというか、写真ハガキです。昭和32年の国鉄立花駅の様子が写されています。この電車はどうも普通の電車と違うようですね。先ず、1両だけの運行です。さらに、どうも駅から荷物を積み込んでいるかのような作業員の様子が写っています。しかも、一番先頭、3つある扉の一番右側、三宮よりの扉が閉まったままになっています。

Pict0025ということで、この車両の形式は何だろうと、FBにアップしたら関東の鉄道のお仲間から即答をいただきました。クモニ13か旧形式でモニ53だろうという事です。それらについては、すぐに調べましたが、なかなか見分けがつきません。いずれにしろ、ひとつ問題が解決してよかったです。これは、1972年5月31日に武庫川の土手で当時高校生の私が撮影したもので、丸い荷物電車のプレートが見て取れます。

2014年11月 3日 (月)

スキャン鉄から

198203pict0032_711フィルムスキャナーを購入して暇な時間があれば、デジタル化していない画像を取り込んでる。鉄道関係はすでにそのほとんどをスキャンしていたはずだが、ときおり、記憶にない写真が出てくる。1982年3月27日に札幌駅で撮影した711系である。これを撮っていたとは思わなかった。

198210pict00241982月10日に富山地方鉄道で撮影した11号という記載のある14710系電車 。名鉄からやってきた車両で、もと3800系という。11号とあるのは、クハ11号であることらしい。見た目も電車らしい電車で素晴らしいが、この一枚しかなかった。このころは特段しつこく追いかけなかったようだ。夕暮れの撮影のようで粒子も粗い。

198307pict00011983年07月のころに大阪駅で撮影したEF61 である。EF61のまともな写真は多分これ一枚ではないだろうか。京都駅では正面から撮影した白黒写真があるくらい。このような写真も撮っていたとは思わなかった。

野暮用で、多くの時間、家におらねばならなかった3連休のご褒美かと。

41fmssmtvl__sl500_aa300_北杜夫 巴里茫々 新潮文庫/読了・・・・・・北杜夫が夢か現か、現が夢かという筆致で、航海記の途中にパリに立ち寄った印象と、カラコルムの登山の過去と現在を描いた2作。北杜夫の晩年の作品らしいが、初期の幽霊や木霊に通じる空気管があって、懐かしい雰囲気が伝わってくる。解説もなく、詳しいことはわからぬが。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー