グルメ

2024年3月31日 (日)

おもてなしは四ツ橋、新町の酒房「もだん」で 3/11

01_20240331062201

3月11日は、関東で長男がお世話になっている方がこちらへお見えになるというので、大阪新町にある酒房「もだん」さんでおもてなしです。

元厚生年金会館のオリックス劇場から南へすぐのところにひっそりある「もだん」さんです。

05_20240331062201

とりあえずのビールと、豪華な前菜です。

少しずつですが、手の込んだ逸品が並んでいます。

06_20240331062201

海鮮に強いお店なので、おまかせでお造りを出していただきました。

中トロに金目鯛、ブリ、モンゴイカ、ウニに、器に入っているのは何だっかなぁ、たぶんカワハギの肝醤油和えです。

07_20240331062201

季節のものとして、タケノコを焼いていただきました。

08_20240331062201

琵琶湖の小鮎のてんぷら、これも春のお料理ですね。

琵琶湖の小鮎は、大きくなっても10cmくらいにしかなりません、これで成魚なんです。

09_20240331062201

ビールのあとは日本酒に切り替えているので、このようなアンコウの肝もいただきました。

11_20240331062201

春のお料理と言うことで、ふきのとうやこごみ等、出盛りの野草のてんぷらを抹茶塩でいただきます。

10_20240331062201

日本酒から焼酎に変えようと思ったら、こんなのが出てきました。

オーク樽に長期貯蔵して、もうほとんどウィスキーになってしまった度数40度の焼酎、蘭引酒です。ご馳走様でした。

9784087446234_110

植松三十里 イザベラ・バードと侍ボーイ 集英社文庫/読了・・・・・・明治初期に日本を旅行し、その手記が「日本奥地紀行」として今も出版が続いているイギリスの女性旅行作家の東北、北海道への旅の様子とそれに付き添った通訳である伊東鶴吉の物語。バードは日本とアイヌほ深く理解し、鶴吉は差別と言うものに対する考え方を大きく呑みこんでいく、その流れが見事に描かれています、さすがの植松三十里さんの作品と言うところでしょうか。

2024年3月27日 (水)

淡路島の三年フグをいただきました 3/4

14_20240327052101

3月4日は家族で淡路島へ行き、三年フグのコースをいただきました。

通常、フグの養殖は2年ほどですが、淡路島ではもう一年養殖して大きなトラフグになるまで養殖を続けます。

かなり量が多いフグ皮ポン酢です。これにフグの身、カワハギの肝を入れて多めのポン酢と合えると新居浜名物、フグザクになります。

15_20240327052101

フグのコースですから、食前酒も当然ひれ酒です。

とりあえずビールのあと、早速ひれ酒をいただきました。

そして当然のようにつぎ酒もお願いしました。もう食前酒ではありませんね。

16_20240327052101

フグのお刺身、テッサです。

これで一人前、なんとも豪勢なことです。

18_20240327052101

これは欠かせないフグのから揚げです。

大振りのフグの身のから揚げをいただきました。

骨までしゃぶったことは否定しません。

19_20240327052101

淡路島ということで、地元の都美人の呑み比べにも挑戦しました。

それぞれの味わいを楽しみながら、フグのコースをいただきました。

17_20240327052101

フグのコースのメインはてっちりです。フグ一匹がここにあります。

安物のフグ料理ではアラばかりになりますが、さすがにフグ一匹分、分厚いフグの身が並んでいます。

20_20240327052101

フグのコースのシメはフグ雑炊です。

フグの雑炊には玉子たっぷりで、美味しくいただきました。

ご馳走様でした。

2024年3月12日 (火)

コンサートの後は、西九条のおでん屋さんへ 2/23

01_20240312062701

2月23日、天皇誕生日の日に西宮北口でコンサートを聴いた後はお知り合いのファゴット奏者さんと西九条へ流れて、以前から気になっていたおでん屋さんへ。

12_20240312062701

さて、とりあえずビールと言うことで、里芋のフライと大きな卵が載ったポテトサラダをいただきました。

11_20240312062701

おでん盛りです。大根、玉子、こんにゃく、糸こんにゃく、ちくわ、厚揚げ、牛スジなどなど。

06_20240312062701

アジだったかな?、なめろう、大好きです。

10_20240312062901

これは面白い。大根のおでんの上にブリのお刺身が載ったブリ大根です。

大根を割りながら、ブリのお刺身とあわせていただきます。

04_20240312062701

このお店の名物と言う出汁巻です。出汁が多めでトロトロです。

05_20240312062701

お酒も充実です。栃木のお酒、仙禽(せんきん)です。

すっきりとした飲み口がいいですね。

07_20240312062701

風の森があったので、当然いただきました。ALPHA1でした。

お店は大阪環状線西九条駅の高架下あたりです。

近い将来、高架の耐震工事化何かで立ち退かなければならないらしいですが、今のうちにと言うことで行きました。

00_20240312062701

山舩晃太郎 沈没船博士 海の底で歴史の謎を追う 新潮文庫/読了・・・・・・普通の大学を出たところで留学を思いつき、英語力ゼロからアメリカ留学というハチャメチャなスタートを切った著者が水中考古学者となるまでのストーリーと、水中考古学の現場の様子が細かく語られていて、吸い寄せられるように読み通しました。好きこそものの上手なれ、水中考古学への熱意が語られています。

2024年1月 2日 (火)

おせち料理は日本一のシェフの手で 1/2

01_20240102072001

もう数年前からになるでしょうか、おせち料理はお取り寄せに変えました。それだけ価値のあるおせち料理をいただけるご縁があったからです。

黒豆、海老、数の子、焼き豚、桃饅頭、ごまめ、酢大根、マグロの薬膳煮、大根餅

05_20240102072001

鶏のなんだろう?、薬膳風の味付けで焼いたもの、ふかひれ煮込み、パンダ饅頭(餡はカスタード風味で、これは特別美味かった)

04_20240102072001

陳麻婆豆腐、エビチリ、普通の麻婆豆腐、八宝菜

02_20240102072001

レンコン、イカの柔らか炒め、なんかわからない皮のようなもの(北京ダックではなさそう)、鴨の黒作り、いくら、鰻、アワビ、胡桃、クラゲ

03_20240102072001

韮饅頭、焼売二種類、カニの爪フライ

O0810108015272160083

おせち料理を作って届けていただいた愛媛県西予市の中国料理お店「舞華」さんです。

中華料理コンテストの二年連続日本一チャンピオンのシェフが手作りする本格的中国料理をいただくことができます。

2023年11月 5日 (日)

日本シリーズの作戦会議 西北の「夢源」で 10/21

02_20231105071001

10月21日は。友人で熱烈な阪神ファンの友人たちと日本シリーズの作戦会議と称して、西宮北口の「夢源」というお店に集いました。

以前にこのお店のご近所に住むお友達に紹介してもらって、たいへん好印象だったので予約して行きました。

03_20231105071001

付き出しの4品、とても手の込んだ、そして味わい深い小品が並びました。

付き出しは、本品が出てくるまでの時間つなぎのように思いますが、その店の顔でもあるので、とても重要です。

10_20231105072401

とても豪華な刺身盛りです。7種類ほどあるのかな。

カツオ、中トロ、生しらす、イカ、鯛、ハモ、シマアジ、舞い踊り状態です。

06_20231105071001

焼き物、揚げ物もいただきましたが、やはり海鮮を紹介しておきましょう。

以前は夏のものでしたが、今は旬がいつなのか、よくわからなくなってしまいましたが、ぷりぷりの岩牡蠣です。

04_20231105071001

そして、これは冬のもの、タラの白子です。かなり大ぶりなもので、そのクリーミーな味わいは最高でした。

08_20231105071001

そして、夢に見るようなかにの身が詰まった逸品です。何もつけずにいただきました。

ビールのほか、日本酒の揃えもよく、相応の費用は要しましたが、これだけの料理を出してくれるお店というのもありがたいですね。

西宮北口 夢源

2023年8月18日 (金)

はずれも当たりも BBプラザ美術館ビル内のお店 8/17

Dsc06629

昨日8月17日は神戸方面へ出かけようと思っていたので、ついでにJR灘駅近くにあるBBプラザ美術館を覗いてみました。(写真はネットから借りました)

そうすると、特に何も企画展とかの情報もないなぁと思っていたら作品入替のため閉館していました。ネットではこの情報はなかったなぁ。

Thumbnail_image6_20230818054401

ということでしかたなく、一つ上の階のお食事処でランチでもするしか仕方ありません。

「ふじやま」というお店、いつも階下でお弁当を売っているのですが、この日はそれもなくお休みかなと思ったけど、やってました。良かった!

Thumbnail_image7_20230818054401

頼んだカツとじ定食、みそ汁にサラダと小鉢が3つもついて、十分な厚みのあるカツが玉子でとじられています。これでなんと税込750円とは。

なんというコスパと思っていると、隣で唐揚げランチを頼まれたお客さんのもとへはマウンテンの唐揚げが届けられました。すごいお店です。

Thumbnail_image4_20230818054401

ランチをとった「ふじやま」というお店の隣りがなんと「神戸吉兆」です。

ランチのお値段もひと桁上です。敷居だけでなく、財布にも高いお店ですね。誰か、連れてってぇ。

Thumbnail_image3_20230818054401

同じフロアには、「芦屋コリアン亭」という韓国料理のお店もありました。

ここも気になりましたが、最初に物色したときにはお客さんがだれもおらず躊躇しました。帰りに覗くとほぼ満席になっていたので、そこそこ人気店のようですね。

2023年6月 5日 (月)

写真展に呑み会はつきものです 酒の肴 6/3

18_20230605055301

5月31日から大坂阿波座の音響珈琲「長楽庵」で始まった私の写真展「鉄道万葉集」、多くの方にお越しいただいており、その中にはぜひ夜にご一献という方も居られます。

ということで、新町のお店に伺いました。カウンター8席だけの小さなお店ですが、腕は確かなお店です。このお店のご主人も長楽庵のご常連さんなのです、そういうご縁。

17_20230605055301

16_20230605055301

昨日のブログ記事が日本酒ばかりだったので、肴はどうしたんというお声にお応えして、紹介します。

付き出しは、ブロッコリーのサラダ、ジュンサイが入ったとろろ、バイガイ、屑入りの自家製豆腐(旨し)、刺身盛りはマグロ、白身、鱧湯引き、鳥貝、ウニ、タイラギ貝

08_20230605055301

10_20230605055301

岩ガキ、稚アユと茄子のてんぷら

09_20230605055301

12_20230605055301

味噌漬け豆腐、ハマグリと分葱のヌタ、いずれも日本酒に合う逸品です。

05_20230605055301

04_20230605055301

九条ネギとアコウのホイル焼き、鱧と淡路島の玉ねぎの卵とじ

この日は、ご一緒した方の最近の変化についてお話を伺いながら、美味しい料理をいただきました。

2023年2月16日 (木)

堺東駅前ランチ 豚屋とん一 2/5

02_20230216062001

2月5日は、お昼時に堺東駅前にいました。駅前には、大きな「とんかつ」の暖簾があり、ここにとんかつ屋ありと強く主張しているお店がありました。神社や古墳をめぐったり、展望ロビーに上がったりした後だったので、吸い寄せられるように、その店内に入ってしまいました。

28565071

カウンターに座ると、得ランチタイムというメニューが置かれたていて、自然にこの中から選ぶように誘導されてしまいました。

堺市は滅多に来ないエリアなので、この際と思い、清水の舞台から飛び降りた決意をもって、3tというランチ(税込1419円)にしました。3tとは、とんかつtonkatsu、とんテキtonteki、玉子tamagoの頭文字をとったものらしいです。そのほかに卓上の生卵は無料のようで、卵かけごはんにして食べられるそうです。そうすると4tになるのですが、4tは別のメニューのようでした。

01_20230216061201

3tランチがドォーンと到着しました。めちゃくちゃデカイと思いました。とんかつ80g、とんテキは100gとあります。見た目はその重量をはるかに超えたボリウムに感じます。まぁとんかつは普通でしたが、とんテキは大変柔らかくこれは美味しかったですね。卵は別にいらなかったかも。ご飯は小にしていて良かったです。

とんかつとん一 ⇒ 

とんかつとん一店舗 ⇒   結構あっちこっちにありますね。トリドールのチェーン店なのですね。今度はとんテキ定食やなぁ

125948_xl

小泉武夫 魚は粗がいちばん旨い 粗屋繁盛記 新潮文庫/読了・・・・・・東京農業大学の名誉教授にして、発酵学の権威であるとともに、無類の食通である著者による小説。魚のアラを専門的に取り扱う居酒屋を開店した主人公によるさまざまなアラの料理を紹介するという趣向で展開するお話しです。これらの料理はおそらく著者が食したことがあるのでしょうし、その料理方法も記載されていて、とてもわかりやすかったです。

2022年10月14日 (金)

高槻のクラシック音楽バー&カフェ 華ノ音 9/22

Dsc07029

9月22日は高槻へ安満宮山古墳の見学に行った帰り、JR高槻駅から歩いて5分ほどのところにあるクラシック音楽バー&カフェの華ノ音へ向かいました。

地図を見ながら探すもののなかなかたどり着かず、ようやくこの看板、サンドウィツチハウスのお店の上に「入り口は裏です」というのを見つけました。

Dsc07033

ということで、裏へまわりました。そこには細い階段があり、疑心暗鬼になりながらもここを登っていきました。

Dsc07034

登った先には、長いカウンターと小さなテーブルを備えた本当に和む空間があり、意外にも、むさいおっさんではなく、おしゃれな女性がカウンターの中でにこやかに微笑んでおられました。

床に置かれていたタンノイのスピーカーです。もうこれだけでも、このお店のセンスが分かります。

Dsc07036

バー&カフェですが、まだお昼間ということで、珈琲をいただきました。珍しくネルドリップ、それも均等にお湯が注げるような装置が使われています。ネルコーヒーを出すお店は少ないので、それだけでも点数アップです。豆は有名な珈琲店サボローゾのものを使っているとか。

Dsc07038

珈琲をいただきます。カウンターの向こうには酒瓶が並んでいて、バーの雰囲気を醸し出しています。カウンターの中に女性は、クラシック音楽以外にはご興味のないという鉄壁なクラシック音楽ファンでした。濃い音楽談義を楽しませていただきました。

Dsc07042

リクエストがありますか?というのにお応えして、ヴァイオリンのローラ・ボベスコが弾くブラームスのソナタ集のレコードをかけていただきました。これがまた素晴らしい演奏で、音楽と珈琲に酔いしれた幸せな時間が流れていきました。

2022年8月24日 (水)

夏の実り イチヂクとぶどう

05_20220824053601

毎年のことですが、7月末にイチヂクの木にネット掛けをして今夏の収穫に備えていました。鳥からの攻撃に備えるとともに、きっちり光も入れないといけないので、目の細かいネットを使います。

04_20220824053601

8月初めから収穫が続いていましたが、そろそろ終わりを迎えました。例年、500~600個ほど採れるのですが、今年は150個ほどしか収穫がありません。木が弱っているのか、それとも天候によるものなのか。来年はいつもの収穫量に戻ってほしいものです。ただ、実の甘みは近年になく良かったように思います。

150個でも自宅で食するには余りますが、ご近所へのお配り、近くのお友達数人へのお渡しで終わってしまいそうです。お待ちいただいた方、そういうことでご容赦ください。

01_20220824053701

そして、これも毎年お願いしているのですが、愛媛県西予市のぶどう農園からぶどうが箱詰めで届きました。どんな種類のぶどうが来るのかは全てお任せしています。今回は、ブラックビート、ニューピオーネ、ロザリオ、ゴルビー、藤稔の5種類のぶどうが届きました。

02_20220824053601

ぶどうって、今までも食べていましたが、ここのぶどうを食したとき今まで食べてたぶどうってなにやろ‼と思うくらい別物の美味しさでした。西予市ではミカンもそれまで食したものとはレベルが違いましたが、ぶどうもまたしかりでした。兵頭農園さん、ありがとう。

03_20220824053601

空の様子にも変化、高い空にうろこ雲がみられるようになりました。秋を代表する雲ですね。いましばらくの辛抱で秋の風が吹くころも近いのでしょうか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー