国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

グルメ

2020年3月15日 (日)

淡路島 梅とフグとランの旅 2/25、26 その2

87161149_2592435577747434_39391270436182  88078894_2592435727747419_61708112233538

淡路島ではフグの養殖に3年間という期間を設けています。通常のフグの養殖期間は2年間だそうで、さらに1年延ばしてフグを大きくしているとのことです。とは言うものの、えさ代もかかることだろうし、生育率も下がるでしょうから、リスクもありそうです。とは言うものの、毎年これをいただきに来ています。八寸の脇には食前酒としてフグのひれ酒が用意されています。たまりませんね。

87270345_2592435614414097_92039820805794  85248675_2592435681080757_40244266918446

フグというと、てっさです。薄く切った透明なフグの身をいただきます。その横には、フグの皮も並びます。コリコリとした触感がたまりません。そして、太いフグの身は焼きフグ用のものです。

85224686_2592435771080748_20036951437266  87453441_2592435811080744_12020645032278

最後はフグの鍋、てっちりです。フグの身は火の通りを絶妙の加減、アルデンテにしていただくと、ぶちっとした触感とともに旨味の強い肉汁が口中に広がります。ペチャクチャおしゃべりをしながら鍋をしてはいけないのです。焼き肉と同じくらい、火加減に注意しなければならない料理なのです。デザートにマンゴープリンをいただきました。ご馳走様でした。

127374_2178_raw

葉室麟 古都再見 新潮文庫/読了・・・・・・・・・歴史小説作家の葉室麟のエッセイです。2017年に亡くなられていますので、多分最後の雑誌連載作品になるでしょうか。仕事場を京都市内に移してからの日々のうつろいを書かれています。分厚い歴史に包まれた京都での暮らしですから、次から次へと話題が飛び出してきます。この方の小説は今まで読んでいませんでしたが、ここはひとつ、これからのめり込んでみようかなと思う作家を知りました。

2019年12月26日 (木)

2019美味三昧 その3

46_20191226063001  47_20191226063001

四国美味ツアーの続きです。いつもお世話になっている愛媛県西予市の居酒屋さんですが、この写真は空前絶後のウニの食べ放題です。これはお店からのものではなくご常連の方が海に潜って(ちゃんと免許を持ってのことです)採ってこられたものです。板に並べたウニは一般的ですが、掬い放題のウニボウルというのはここでだけの経験でした。

Thumbnail_image3_20191226063001  Thumbnail_image4_20191226063001

この街には、中華料理のコンテストで連続してチャンピオン(今年、令和元年もチャンピオンに輝きました)になった若き料理人の方がおられます。お昼はいつもこのシェフの料理をいただくのが楽しみです。この日は四川料理のエビチリと麻婆豆腐のセットをいただきました。ほとんど生の大振りの海老、びりびりしびれるくらいの麻婆豆腐に圧倒されたランチでした。

Thumbnail_image5_20191226063001  Thumbnail_image6_20191226063001

地元でもある西宮北口界隈のお店、和食中心ですがよく通っているところです。全国で魚料理を食べましたが、何と言ってもこのお店が一番でした。料理の世界って、不思議なものですね。この秋から冬にかけて特筆すべきものは、松茸の土瓶蒸しと白子のゆず窯でした。今も脳細胞に鋭く記憶が残る味わいでした。来年はどんな美味に出会うのか、楽しみですね。

Dsc0

畠中恵 とるとだす 新潮文庫/読了・・・・・・・著者によるしゃばけシリーズという妖と人間が混在する江戸話しです。これが注目されてからでしょうか、妖が登場する小説が林立しています。このシリーズは、とるとだすで16作目という事ですからすごいことです。ただ、シリーズを重ねるごとに話の流れに必然性や意外性という話しの広がりにつながる材料が少なくなってきているのと、文章の集中力が盛り上がってこないのはどうしたものでしょうね。

2019年12月25日 (水)

2019美味三昧 その2

3_20191225062901  5_20191225062901

美味は四国にあり。今年も9月末に四国を経巡ってきました。

まず訪れた徳島駅前の居酒屋では名物の鳥肝煮です。見た目よりあっさりとした味わい、数年前からこのお店に行ってこれを食べてみたかった、そのことが今年実現しました。そしてこのお店でいただいたイワシの酢味噌が絶品。薄く酢でしめたイワシにかかった酢味噌とバランスが良く、忘れられない味となりました。

Thumbnail_image2_20191225062901  14_20191225062901  30

次は高知へ移ります。高知でいただくカツオのたたきは関西でいただくものとは別物の旨さです。今回、高知のお知り合いから紹介されたお店では過去最大級に旨いカツオのたたきに出会うことができました。そして、カツオのたたきを海苔巻きにした土佐巻きというのを初めていただきました。これはガツンと来る旨さでしたね。高知の夜の最後は屋台餃子です。小ぶりで薄皮の餃子をカリカリに焼いてます。

51_20191225062901  56_20191225062901

高松駅からすこし南へ下がると素敵なお店が並ぶ一帯があります。そのなかからビンビールという暖簾がかかるとてもユニークなお店。串カツがメインでしたが、お刺身もおいしいし、瓶ビールは安いし、とても気に入りました。さくさく串カツは大阪でも飛び切りのお店でいただくような味わいでした。続く

2019年12月24日 (火)

2019美味三昧 その1

01

今年も食った喰ったくった!というわけで、それを振り返ります。冬はまず、フグです。淡路島へ行って名物の3年フグをいただきました。養殖フグは普通2年で出荷されますが、淡路島では3年間の養殖を経て市場に出されます。それだけ大きくなり、身の大きさは半端ないです。フグはてっさでもてっちりでも美味いですが、うまみが凝縮する焼きフグに尽きると思います。値段はやはりそこそこ。

02  03

年明け早々に、青春18きっぷを利用して岡山県の津山へ一泊で出かけました。山の中でなにかうまいものがあるのかと思っていたら、なんと牛肉大国だったのです。また、日本海も比較的近いということで、付出しになんとカニみそが付きました。また、牛の背中にあるカッパと呼ばれる珍しい部位の焼き肉もいただきました。濃厚な味わいでした。飲んで喰って鍋まで頼んで4000円くらい。

04  

金沢では、駅前のもりもり寿司でカニがいっぱいの丼をいただきました。金沢でいうところの香箱カニ、勢子カニですね、その味噌汁もついて破格のお値段でした。同じものは全国のチェーン店で頂くことができます。もりもり寿司は金沢っ子が一番にあげるお寿司屋さんで、コストパフォーマンスはこの上なく素晴らしいものです。2000円でおつりがあります。

05

琵琶湖の西岸、山中を京都から福井へ走る朽木海道、いわゆる鯖街道の半ば、杤生梅竹というお店で素晴らしい鯖寿司に出会いました。ふつう、鯖寿司の鯖は酢でしめますが、此処は塩だけでしめます。やや強めの酢飯との相性は抜群で、私の鯖寿司史上最高位をつかみました。さすがに4500円くらい。

11_20191224062301

夏に訪れた信州小布施、そこにある栗菓子で有名な小布施堂の一角にあるモンブランの専門店。そこにはとても立派でおいしいモンブランがありました。かなり大きなモンブラン、ソフトボール大くらいでしょうか。甘さを控えめにして栗の香りを大切にした逸品でした。ドリンクがついて1500円くらい。続く

2019年12月11日 (水)

紙パック酒もいいんじゃないかな

Dsc06600_20191211070201  Dsc06602_20191211070201

この建物は神戸市にある菊正宗の本社ビルです。あたりは菊正宗の工場が林立しており、一大酒造産地である灘を象徴するような地域です。そこから東へ500メートルほど行ったところには菊正宗の記念館があり、平日、土日に関係なく多くの観光客が訪れています。

もう一昨年くらいになるでしょうか、その菊正宗から新しい紙パックのお酒、ギンパック(内容は本醸造酒)が発売されています。写真はいずれもネットからのものです。

Mainimg  Ogp_img

スーパーに並んでいるので目にすることが多いですが、1.8リットル、900ミリリットルのパックが地元のスーパーにも普通に売ってますね。この紙パックのお酒ですが、淡麗で軽い芳香臭が感じられ、さわやかな飲み口には驚かされます。菊正宗の記念館に行くと、ワンカップなどの少し小さなお手軽サイズのパックもありました。

Lineup_item03  

今年の9月に、銀パックの一段上のシリーズとしてキンパック(内容は純米酒)が発売されました。当初、1.8リットルのパックだけでしたが、最近900ミリリットルのパックも発売されたようです。このお酒は、開封時からその芳香臭が素晴らしいです。ただ、開けたときはすっとしたのどごしで、なんだか少し頼りなかったのですが、一日もするとコクが増してきて、濃厚な純米酒の味わいを感じられるようになりました。

Nk511_02

このような優れた味わいの紙パック酒を大メーカーが発売するなんて。地方の地酒ブームと言われていますが、正直、おいしいと思うのは10本に1本でしょうか。地酒で純米吟醸とうたっているものの、呑んでみると、香り、コクと言った深みのある味わいに欠けるものがほとんどです。それを思うとこの紙パック酒を上回る日本酒はなかなか見つからないように思います。キンパックは1.8リットルで実売価格税込1500円ほど、品質、価格を比較するとこのキンパックを上回る魅力あるお酒を探すのは至難のことでしょうね。

Trend_20191010_000

紙パックと言うお酒は一般には安酒(品質としてもイマイチ)とみられていると思いますが、お酒を密封して搬送するという観点からは重量のある瓶よりも有効ではないでしょうか。ガラス瓶は重いので輸送コスト、輸送にかかるCO2排出量や環境コストにも跳ね返ってくるので紙パックのほうが有利です。牛乳の紙パックはもうおなじみになりましたしね。

51mxkqtja7l__sx358_bo1204203200_

堀俊輔 こんな僕でも指揮者になれた ヤマハ/読了・・・・・・現在、中部フィルハーモニー交響楽団の指揮者である堀俊輔の指揮者武者修行の一冊です。実際、この方の演奏を聞いたことがないので、お名前も知れませんでしたが、東京交響楽団で秋山和慶さんについていた方のようです。クラシック音楽界のウラ話なども多く楽しく読めました。ヤマハの一冊でわかるポケット教養シリーズと言う文庫ですが、他にも面白そうな本があるような。普通の本屋では売ってないので楽器屋さんとかへ行ったときに物色しようと思います。

2019年11月26日 (火)

大感激の演奏会の後は美味と美酒で!

78538155_2498743330449993_69715495543321

11月23日は芸文オーケストラの素晴らしいコンサートを聴いた後、一緒に行っていた母親と晩御飯です。西宮北口の駅に差し掛かったところ、夕暮れを背景として神戸線の8000系が入線してきました。この季節、空がスカッと晴れてきれいです。

76227139_2498743360449990_80582534350126  76980245_2498743423783317_60558909595084  75553093_2498743460449980_46810172230603

このお店、最近は付きだしが出るようになりました。茄子の煮びたし、カレイの皮唐揚げ、サーモンのなかにチーズイン。早速お刺身をいただきます。秋刀魚の造りとシマアジ、鯛の炙りです。とりあえずのビールでのどを潤します。

76702327_2498743400449986_71311488382444  

この日は無理をお願いしてマツタケの土瓶蒸しを予約しておきました。もうマツタケの季節は過ぎてしまっていたのですが、おいしくいただきました。スダチを絞るとさらに風味が増しました。うらやましいでしょう。

75552824_2498743557116637_20607669698035  75394249_2498743597116633_22049233380258  78470612_2498743627116630_50323307946605

揚げ物ですが、カキフライ、サメのフライタルタル、白子てんぷらという素晴らしいトリオです。大振りのカキはフライにしてもぷりぷりでおいしかったです。サメは白身の上品な旨味の強い逸品でした。白子は言うまでもありません。

77422684_2498743523783307_26278725102421  76201454_2498743690449957_24258013298268  77014433_2498743730449953_66863813309486

日本酒もいただきます。奈良のお酒を選びました。春鹿の超辛口と嬉長の純米酒です。あっ、その前に土瓶蒸しと一緒に雨後の月をいただいていましたね。締めは海鮮巻きです。いずれも大変おいしくいただきました。

2019年2月26日 (火)

淡路島 三年フグ

52569275_2282734492050879_547271335淡路島へ行った目的は、一つは昨日のしだれ梅だったのですが、グルメのほうでは、淡路島だけで出荷されている3年フグをいただくことでした。普通の養殖フグは2年で出荷されますが、淡路島ではさらに一年養殖して大きく育ったフグを食することができます。フグのひれ酒と白子の茶わん蒸し

52815352_2282734525384209_250127204フグはやはりてっさ、フグのお刺身がいいですね。身が固いのでどうしても薄造りになりますが、そこが料理人の腕の見せ所というわけです。こんなに盛られたてっさが一人前です。中に盛られたアサツキを巻いて、ポン酢でいただきます。これはもうひれ酒をやるしかないですね。この組み合わせ、誰が考えたのでしょうかね。

52451615_2282734555384206_312071376そして、さっぱりとしたフグ皮です。これに紅葉おろしとポン酢を合わせて、和えていただきます。フグ皮はコラーゲンですね。もちもち、プッツンとした食感がたまりません。四国、新居浜では、フグ皮と身と皮ハギの肝を和えたフグザクがこの季節の名物です。

52633025_2282734592050869_918414093そしてフグといえば、焼きフグです。これは旨かった。フグの身の日の通し方は実に難しく、スパゲッティでいうところのアルデンテ、その一瞬のタイミングを逃すと水が出てしまって味が亡くなってしまいます。この後、もちろんフグ鍋⇒雑炊となりましたが、フグ鍋こそ、アルデンテの勝負ですから写真を撮っている暇もありませんでした。

あ~、フグのコースは疲れるなぁ。

2019年2月10日 (日)

伊丹 白雪蔵まつり

51708361_2272594653064863_620540631昨日の大阪天満宮梅酒まつりに続いて、今日は伊丹で開催されている白雪蔵まつりの会場付近を散策してきました。宮の前地区のひろばを中心として白雪の長寿蔵や老松酒造に附近は大勢のお客さんでしたね。JR伊丹駅から会場に入るところにはこんなゲートが。

51576577_2272594846398177_15493819451732391_2272595073064821_617606584老松酒造では、瓶詰のお酒の販売の他、いろいろな種類のお酒を紙コップ一杯、だいたい150ccですが、それを200円で売っているので長蛇の列です。初しぼりはこの前呑んだので今回はパスです。そして、白雪のほうでは振る舞い酒の列が凄かったです。

51705713_2272595019731493_42051344051752261_2272595153064813_348632417宮の前地区の岡田家住宅では、季節柄、お雛様の展示をしていて、多くの観光客でにぎわっていました。大きなひな壇が3基も展示されていて豪華なものでした。さて、我が家もそろそろお雛様を出すのか、もう出さないでおくのか、はてさて、どうするんだろうか?

41lmr5kwswl__sx310_bo1204203200__2門井慶喜 徳川家康の江戸プロジェクト 祥伝社新書/読了・・・・・・・・・著者による先の小説、家康、江戸を建てるの解説本というか、客観的に家康が目指した都市計画、そしてそれの実現が可能になった背景、さらに投資効果に対する効果といったものを詳しく述べている一冊で、大変面白い歴史感に基づいた考察ですね。江戸⇒東京の将来についても肯定的な述べている点では、同意できることも多く、この本は別の意味では面白い東京論かもしれませんね。

2019年2月 9日 (土)

大阪天満宮 世界一の梅酒まつり

52357791_2272064449784550_253629209今日は、昼から大阪へ出かけたついでに、大阪天満宮で開かれている世界一の梅酒まつりを覗いてきました。なにやら、一堂に集まっている梅酒の種類の多さが世界一だとかで、例のギネスの世界一に認定してもらったそうです。まぁ、日本で一番なら世界一なんやろうね。

世界一の梅酒まつり ⇒ 

51804070_2271948099796185_519722670会場となった大阪天満宮は三連休の初日という事もあって多くの人でにぎわっていました。会場では、10枚つづりのチケットを1000円で購入して、それをもって各ブースで試飲させてもらうようになっていました。地元からは、河内ワインが梅酒を出していました。お知り合いり方がおられるかと思いましたが、来られてなかったですね。

51417477_2271948106462851_241376272今日は夕方からジムへ行くつもりだったのと、チケットは今日のうちに使ってしまわないといかん、つまり試飲を10杯もしなければならないという事もあって、チケットは買わず、河内ワインの梅酒を一本いただいて帰りました。背景には、そろそろ花が咲き始めた梅が写っています。

2019年2月 2日 (土)

そうだ 奈良行ったら、春鹿に行こう!

Dsc03097奈良へ行ったら、行ってみたかったところがもう一つ、日本酒の酒蔵、春鹿の銘柄で有名な今西清兵衛商店ですね。ここは奈良町の東のはずれ、といっても、奈良町自体がそれほど広いエリアではないので、ぷらぷら歩いているうちに着いてしまいます。歴史を感じる春鹿の建物の前に来ました。

Dsc03099入り口の上には、青い?緑の杉玉がぶら下がっていました。よく見かける茶色の杉玉は嘘ですね。この緑色を残したものが本物です。元来、日本酒の絞りに使っていた袋、その絞りを終えた袋を剥がしやすくするために袋と袋の間に杉の葉を差し込んだものですが、絞った後はいらなくなる杉の葉を杉玉にしたんですね。つまり、新酒ができた印として掲げたものですから。

Dsc0309851231910_2266115837046078_344944179館内では、500円でチケットを買うと、小さなグラスにおすすめのお酒を1尺ずつ5杯いただけます。また、お好みをグラスを持ち帰ることができます。この日は、純米生原酒しぼりたてから始まり、本醸造活性にごり原酒まで5種類いただいた後、淡い白濁りの度数の低いお酒もいただきました。あとはほろ酔いで奈良町を抜けて近鉄奈良駅から帰りました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ