国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

グルメ

2017年10月31日 (火)

今年の干し柿つくり

1またまたFBにあげたお話で恐縮なのですが、庭にある柿の木から、渋柿を収穫して今年も干し柿つくりに励みました。この柿の木は高さが5メートル以上もあり、上の方の実は、高枝切りばさみで枝を切って収穫します。なかなか大変なのですよ。

2採った柿の実は、ピーラーで皮をむいて(これが一番早くてきれいにできます)、一度並べておきます。熟れ始めた柿は、もう甘いので、そういうのは先に鳥のえさになってしまいます。したがって、採れる柿は、みんなこんなまだ浅い色をしています。これをかぶったら、大層渋いでしょうね。

3皮を剥いた渋柿は、太陽の日の光が当たるところで干します。陰干しではいかんようで、これはご近所におられた方からの指導です。確かに、日の光に当たっていると、色もきれいだし、なんだか、早く甘くなるような気がします。これで一か月くらい干したら出来上がりです。

41fv2vkzzml髙松良晴 新幹線ネットワークはこうつくられた 技術の進化と現場力で築いた3000キロ 交通新聞社新書・・・・・・・・・国鉄の建設局、建設畑にいた人が書いた新幹線の着工から春光に至る過程の話しですね。東海道新幹線は耳にタコができるほど、いや、目には何ができるか知りませんが、幾度も語られた話がありますが、山陽、東北、長野、山形、北陸、九州、北海道については、その開通時に語られるだけで詳しくは知りませんでした。これはそういう意味では、新幹線を大きくとらえた建設噺として面白かったですね。

2017年10月30日 (月)

灯台下暗し ご近所は実は立飲み天国だった

2最近、FBで「大阪立飲み研究会」という集まりに入らせていただくという機会があり、立ち飲み屋に急に目覚めたという事でありますが、先日、梅田で飲んだ帰りにご近所をうろうろしていると、家から歩いて5分圏内に何と多くの立ち飲み屋があるのがわかりました。

3立飲みだと、大瓶ビールが370~400円くらいでしょうか、肴も100円、200円、300円のクラスになります。ご近所が、まさにセンベロ地帯だったことがわかりましたが、どうも自宅の近くでわざわざ飲まなくてもという気持ちがまだ強いです。

6なにかの機会に、これにのお店に立ち寄れるようなら、一軒ずつ一度は行ってみたいものですね。とは言うものの、どうも一人でふらっと立飲みに行くという勇気もなく、別に勇気はいらんのかもしれませんが、そこは一つの人生勉強で有るかもしれませんね。では、勉強と研究に励む日が来ることを祈って。
475









2017年10月14日 (土)

秋の四国詣で 卯之町でランチ

Img_3157まだ先月、9月26日の話しですみません。25日は新居浜で宿泊し、26日は松山へ立ち寄って伊予鉄道を撮影した後、特急宇和海で一時間、卯之町へ来ました。ここからタクシーに乗って、いつもの中国料理の舞華へ来ました。ちょうどお昼時でお客さんで一杯でした。

Img_3155何時ものことながら、カウンターのはしっこに予約席の札があり、マスター特製の前菜をいただきます。この中で、一番上の柿はデザートと思って最後に残していたら、これが柿の薄切りを老酒かブランデーに漬け込んでいたもので、びっくり。目が覚めました。

Img_3156メインの料理は陳麻婆豆腐をいただきました。これは、山椒とラー油が良く効いた逸品です。関西にも何店か、この辛旨い麻婆豆腐を出すお店がありますが、舞華のものもおいしいです。呑んだ次の日のお昼にはぴったりですね。今回もおいしくいただきました。

61ibcimpcol__sx338_bo1204203200_山本功次 阪堺電車177号の追憶 ハヤカワ文庫/読了・・・・・・・天王寺、恵美須町から浜寺公園に至る阪堺電車の電車を主人公にした物語で、電車を運転していた人、たまたま乗車したお客さん、その沿線の風物を電車の誕生のころ、昭和の初期から現代までを追って綴った著作で、登場人物もそれぞれ絡ませて面白かったですね。この作家さん、初めてでしたが、語り口も練られた文章なので読みやすく頭に入りやすいものでした。

但し、阪堺電車は176号まではありましたが、177号は実在していません。そのあたりも作者のこだわりでしょうか。

2017年10月 8日 (日)

秋の四国詣で 新居浜の夜

Img_3126新居浜について、夜の最初は河原での芋炊き会でしたが、その次は皆さんとは別講堂させてもらって、長い間通っていたなじみの居酒屋さんへ行って来ました。ここは企業関連の出張者も多く利用しているところで、出張時の夜はほとんどここで過ごした記憶があります。お通しは白じゃこと呼ばれる小魚の南蛮漬けです。

Img_3127この季節、ここへ行くと女将が私のために作ってくれるのが、この大きな茄子、米茄子でしょうか、ここでは口の悪い女将にボケナスと呼ばれているものですが、これを輪切りにしたフライです。フライの衣はパリパリで、中の茄子の実はトロトロになっている逸品です。これにチープなウスターソースが大変良く合います。この味を脳みそに叩きこむために、何回も秋の初めに新居浜に訪れているといっても過言ではありません。

81iq5qyvml__ac_ul320_sr198320_森彰英 少子高齢化時代の私鉄サバイバル 「選ばれる沿線」になるには 交通新聞社新書/読了・・・・・・・国内の人口減少、さらに東京一極集中という現象にはなかなか歯止めがかかりませんが、通勤者というカテゴリーで見た場合、その影響は全体的な流れよりもずっと早く鉄道利用者の減少として表れてきているそうです。そりゃ、高齢者が増えて通勤を辞め、子供が少なくなって通学者が減るという、負のスパイラルの二重現象ですから、顕著になりますね。ラッシュ時の混雑緩和が鉄道会社の様々な努力だけではなく、利用者の減少という根本的なところにもあるという事から派生する話題を取り上げた本書の慧眼に感服。これから鉄道は大変な時代を迎えることになりそうです。

2017年10月 6日 (金)

秋の四国詣で 新居浜の芋炊き

Img_3122先月25日からの四国詣で、何回も書いていますがまだ初日の分でようやく夜になりました。新居浜に到着してホテルで待っているとお知り合いが迎えに来てくれて、市内を流れる国領川の河川敷に連れていかれました。今夜はここで芋炊きです。

Img_3123新居浜の芋炊きは、山形の芋煮会のような感じですが、ここでは、事前に申し込んでおき、人数分の具材を受付でもらって銘々でテーブルで芋炊きをするのです。山形では多分完成品をいただくのではなかったでしょうか。お隣のテーブルはもうずいぶん盛り上がっています。

Img_3125芋炊きの中身は、里芋の他、練りてん、鶏肉だんご、もやしやシメジなどやさい、などなどで、味付けはみりんと醤油、砂糖でしょうか。出汁も受付でいただけるので、全部をぶち込んで煮るだけです。出来上がったら、ビール、ハイボール、その他手当たり次第に呑むのは、多分山形と一緒かと。但し、向こうは昼間にやってる感じですが、新居浜は夜のみですね。

2017年9月25日 (月)

阪神尼崎近くの立ち飲み屋探訪

Img_3013先週は、西宮市鳴尾図書館で開催中の写真展を、奈良からかぎろひ歴史探訪の皆さんがわざわざ見に来られるというので、それではと、甲子園界隈の文学散歩にご案内し、その後写真展を見ていただきました。

Img_3011当然、その後は懇親会という事ですので、何日か前になりますが、阪神尼崎駅近くで懇親会の場所を探してみました。甲子園駅近くでは、なかなか落ち着いたところってありませんからね。で、尼崎の商店会に入って5分ほどのところにある得一というお店をロケハンに行って来ました。

Img_3012このお店、午後3時からということでこの時は入れなかったのですが、なにやら安い値段ですね。ハイボールが190円、肴も150円くらいからありますよ。もうここが一番星ですよね。ということで、後日、ここへご案内した次第です。

さて、今日から二泊三日、久しぶりの四国行脚です。楽しんできますね。

2017年8月19日 (土)

西予市から届いたぶどう

Img_2705先日、庭のイチヂクとともにご紹介しました、愛媛県西予市宇和町から届いたぶどうについてですが、その後実食してみたら、期待にたがわず大変な美味でしたので、ネタもないことから、ここに紹介します。特に、シャインマスカットは今年のブームなのか、大変な高値での取引となっていますが、それに見合う美味しさでした。

他にも大変おいしいブドウがあるのですが、ピオーネや巨峰の名前は知っていましたが、あかり、ゴルビーというのは今回が初めてでした。

Img_2700Img_2701Img_2702Img_2703Img_2704













2017年8月17日 (木)

土手焼きを作る男

先日にも作ったのですが、今日もどて焼きを作りました。

Img_2732昼間に西宮北口へ行ったついでに、コープのビルの中にある山垣畜産に立ち寄ると、和牛のスジ肉が100グラム250円で売っていたので、これをだいたい500グラム買って帰りました。スジ肉は、沸騰したお湯に入れて、あくと脂を丁寧に取っていきます。時間は10分以上は必要ですね。

同時に、こんにゃく2枚を細かく切っていき、これをお湯で最低でも3分間は湯がいて、あくとりをします。

牛スジを細かく切ったものと、こんにゃくを合わせ、酒、しょうゆ、みりん、味噌、砂糖を大匙2杯、出汁の素少々、ショウガを数切れ、これを加えてことこと最低でも1時間は弱火で煮込んでいくと、どて焼きになります。出来たら一日置いた方がよさそうですね。

食べるときに、七味とネギをかけて、どうぞ。

2017年8月15日 (火)

夏のめぐみ

今日でお盆休みも終わりという方も多いことと思います。そうでなくて、まったくの暦通りですよとおっしゃる方もおられますが。

Img_2725さて、暑い日々が続いていますが、庭のイチヂクが実をつけてきました。毎年これが楽しみなのですが、カラスとの取り合いになるため、今年は木にネットをかけて、とられないようにしています。したがって、いつも完熟のイチヂクが採取できるようになりました。

Img_2705また、これは先々月くらいに頼んでいたのですが、四国は西予市宇和町の兵頭農園から大粒のブドウが届きました。去年このぶどうを送っていただき、そのあまりの美味しさに感激して今年は早めに頼んでおきました。

これからしばらくは、イチヂクとぶどうが毎朝の楽しみになってきますね。

2017年7月16日 (日)

居酒屋メニューとジャジーな夜

Img_2521さて、もう帰宅してはいるのですが、出かけていた最中の夜の様子です。最後の夜は、普通の居酒屋ですが、この居酒屋さんがある一帯がまさに居酒屋のユニバーサルスタジオ・ジャパンみたいで、多くの方が行きかいしていました。煮込みとビール。撮るのが遅れて、ビールも減ってしまいました。

Img_2522次に入ったところは、餃子という看板があった餃子専門店のようでしたが、入ってみると、そのほかにも数多くのメニューがあり、立派な中華屋さんでした。餃子は一押しメニューのようでしたが期待を裏切らない味でした。

Img_2526最後は、ジャズバーのようなところで、手作りのアンプと手作りの大きなスピーカーがどんと据えられているお店でした。大音量で鳴らすのではなく、適度な柔らかい音を楽しみました。もっとも、ジャズについてはよくわかっていないのですけれど。音源はもちろん、LPレコードでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ