国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

グルメ

2019年2月26日 (火)

淡路島 三年フグ

52569275_2282734492050879_547271335淡路島へ行った目的は、一つは昨日のしだれ梅だったのですが、グルメのほうでは、淡路島だけで出荷されている3年フグをいただくことでした。普通の養殖フグは2年で出荷されますが、淡路島ではさらに一年養殖して大きく育ったフグを食することができます。フグのひれ酒と白子の茶わん蒸し

52815352_2282734525384209_250127204フグはやはりてっさ、フグのお刺身がいいですね。身が固いのでどうしても薄造りになりますが、そこが料理人の腕の見せ所というわけです。こんなに盛られたてっさが一人前です。中に盛られたアサツキを巻いて、ポン酢でいただきます。これはもうひれ酒をやるしかないですね。この組み合わせ、誰が考えたのでしょうかね。

52451615_2282734555384206_312071376そして、さっぱりとしたフグ皮です。これに紅葉おろしとポン酢を合わせて、和えていただきます。フグ皮はコラーゲンですね。もちもち、プッツンとした食感がたまりません。四国、新居浜では、フグ皮と身と皮ハギの肝を和えたフグザクがこの季節の名物です。

52633025_2282734592050869_918414093そしてフグといえば、焼きフグです。これは旨かった。フグの身の日の通し方は実に難しく、スパゲッティでいうところのアルデンテ、その一瞬のタイミングを逃すと水が出てしまって味が亡くなってしまいます。この後、もちろんフグ鍋⇒雑炊となりましたが、フグ鍋こそ、アルデンテの勝負ですから写真を撮っている暇もありませんでした。

あ~、フグのコースは疲れるなぁ。

2019年2月10日 (日)

伊丹 白雪蔵まつり

51708361_2272594653064863_620540631昨日の大阪天満宮梅酒まつりに続いて、今日は伊丹で開催されている白雪蔵まつりの会場付近を散策してきました。宮の前地区のひろばを中心として白雪の長寿蔵や老松酒造に附近は大勢のお客さんでしたね。JR伊丹駅から会場に入るところにはこんなゲートが。

51576577_2272594846398177_15493819451732391_2272595073064821_617606584老松酒造では、瓶詰のお酒の販売の他、いろいろな種類のお酒を紙コップ一杯、だいたい150ccですが、それを200円で売っているので長蛇の列です。初しぼりはこの前呑んだので今回はパスです。そして、白雪のほうでは振る舞い酒の列が凄かったです。

51705713_2272595019731493_42051344051752261_2272595153064813_348632417宮の前地区の岡田家住宅では、季節柄、お雛様の展示をしていて、多くの観光客でにぎわっていました。大きなひな壇が3基も展示されていて豪華なものでした。さて、我が家もそろそろお雛様を出すのか、もう出さないでおくのか、はてさて、どうするんだろうか?

41lmr5kwswl__sx310_bo1204203200__2門井慶喜 徳川家康の江戸プロジェクト 祥伝社新書/読了・・・・・・・・・著者による先の小説、家康、江戸を建てるの解説本というか、客観的に家康が目指した都市計画、そしてそれの実現が可能になった背景、さらに投資効果に対する効果といったものを詳しく述べている一冊で、大変面白い歴史感に基づいた考察ですね。江戸⇒東京の将来についても肯定的な述べている点では、同意できることも多く、この本は別の意味では面白い東京論かもしれませんね。

2019年2月 9日 (土)

大阪天満宮 世界一の梅酒まつり

52357791_2272064449784550_253629209今日は、昼から大阪へ出かけたついでに、大阪天満宮で開かれている世界一の梅酒まつりを覗いてきました。なにやら、一堂に集まっている梅酒の種類の多さが世界一だとかで、例のギネスの世界一に認定してもらったそうです。まぁ、日本で一番なら世界一なんやろうね。

世界一の梅酒まつり ⇒ 

51804070_2271948099796185_519722670会場となった大阪天満宮は三連休の初日という事もあって多くの人でにぎわっていました。会場では、10枚つづりのチケットを1000円で購入して、それをもって各ブースで試飲させてもらうようになっていました。地元からは、河内ワインが梅酒を出していました。お知り合いり方がおられるかと思いましたが、来られてなかったですね。

51417477_2271948106462851_241376272今日は夕方からジムへ行くつもりだったのと、チケットは今日のうちに使ってしまわないといかん、つまり試飲を10杯もしなければならないという事もあって、チケットは買わず、河内ワインの梅酒を一本いただいて帰りました。背景には、そろそろ花が咲き始めた梅が写っています。

2019年2月 2日 (土)

そうだ 奈良行ったら、春鹿に行こう!

Dsc03097奈良へ行ったら、行ってみたかったところがもう一つ、日本酒の酒蔵、春鹿の銘柄で有名な今西清兵衛商店ですね。ここは奈良町の東のはずれ、といっても、奈良町自体がそれほど広いエリアではないので、ぷらぷら歩いているうちに着いてしまいます。歴史を感じる春鹿の建物の前に来ました。

Dsc03099入り口の上には、青い?緑の杉玉がぶら下がっていました。よく見かける茶色の杉玉は嘘ですね。この緑色を残したものが本物です。元来、日本酒の絞りに使っていた袋、その絞りを終えた袋を剥がしやすくするために袋と袋の間に杉の葉を差し込んだものですが、絞った後はいらなくなる杉の葉を杉玉にしたんですね。つまり、新酒ができた印として掲げたものですから。

Dsc0309851231910_2266115837046078_344944179館内では、500円でチケットを買うと、小さなグラスにおすすめのお酒を1尺ずつ5杯いただけます。また、お好みをグラスを持ち帰ることができます。この日は、純米生原酒しぼりたてから始まり、本醸造活性にごり原酒まで5種類いただいた後、淡い白濁りの度数の低いお酒もいただきました。あとはほろ酔いで奈良町を抜けて近鉄奈良駅から帰りました。

2019年1月25日 (金)

青春18きっぷの旅 津山で肉三昧

21月7日は図らずも、岡山県の北の町、津山にやってきましたが、この夜はホテルでの勧めもあって、近くにあった宝船という居酒屋さんに行きました。カウンターだけの小さなお店ですが、私が座るため?の端っこの席だけ空いていて、他は地元のおっさんが楽しそうに呑んでいました。

34お店に聞くと、海のない津山では昔から肉が食べられていて、名物はホルモンうどんという事です。最初からうどんも無いやろうと、ビールを頼むと付き出しにカニ味噌です。このあたり鳥取が近いという感じでしょうか。そして、牛筋の煮込みをいただきます。

67次に牛の背中にあるカッパという肉の炒め物をいただきます。ビールからお酒に変わります。この日がお店の今年の口開けという事もあり、振る舞い酒で、なんだかぐっと高価な翁の夢というお酒が私のところにも回ってきました。軽口で飲みやすいお酒でしたね。

811そして、メニューを見ると、「ずい茸入りました」とあります。なにやらキノコですが、試しにとその甘辛く炊いたものをいただきます。これはお酒ですね。岡山というと、この御前酒を外すわけにはいきません。もう勢いがついていますから、コップ酒です。ずい茸はアミタケとも言います。

1213そして、最後は鍋を頼みました。どうせ、そんなに量があるわけないと思っていたら、とても一人で食べられる分量ではありません。話し相手に残っていたお隣の方と分け合っていただきました。このお鍋はそずり鍋といって、牛の骨についている肉を削った部位という事です。

思いがけず、地元らしいローカルフードに出会い、また旨い酒にも出会い、満足の津山の夜となりました。

Bk4396344740_3l門井慶喜 家康、江戸を建てる 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・最近テレビドラマになった作品のようです。家康が江戸幕府を開いていくために基本的な都市インフラをどのような人々がかかわって進めていったかという筋立てですね。全五話あって、それぞれに主人公が立っています。最近の著者の作品は、以前のものに見られたすべてを語りつくすという姿勢から、読み手を引き付けるところに力を入れて、そうでないところは余白に充てるというか、読み手に創造的に想像させるという技で冴えてきているように思います。面白い一冊でした。

2018年11月13日 (火)

酒と肴 西宮北口だんらん処 心

Thumbnail_image1Thumbnail_image2西宮北口のだんらん処 真(しん) は、何回も利用しているお気に入りのお店ですが、この度、その近くのビルの2階に姉妹店となるだんらん処 心(こころ) を開店しました。正確には、駅の東側にあったお店をこちらに移したのですが、本店のマスターが心で包丁を握っています。先ずは、おじさんのポテトサラダを取って、ビールで流し込みます。やはり最初はとりあえずのビール、それも瓶ビールに限りますね。

Thumbnail_image3Thumbnail_image4ビールで喉の洗浄が終わると、次はお造りに行きたいところです。メニューの中から、今が旬の秋刀魚、ブリ、そしてキンメダイを選びました。いずれも軽く炙ってもらっています。魚に替えたので、ここはもう日本酒に行くしかありません。静岡は沼津の高嶋酒造、白隠正宗で流し込みます。

Thumbnail_image6Thumbnail_image8次は、鯛のかぶと焼き、それに鴨をいただきました。鯛は青森の八戸酒造、陸奥八仙 いさり火で流し込み、鴨は岩手の南部美人 特別純米酒を合わせました。いずれも辛口の日本酒で、料理を取りながら飲むのに最適なお酒です。

Thumbnail_image5Thumbnail_image7ここで、気分を取り直して、タコのてんぷらをいただきました。日本酒からまたまたビールに戻っています。揚げ物は、やはりビールのほうがマッチしますね。そして、お店のお薦めもあって海老のアヒージョをいただきました。これは白ワインですよね。

Thumbnail_image9そして、最後に、肉ずしをいただき、締めました。

松茸が終わっていたのが残念でしたが、本当にご馳走様でした。

2018年9月 1日 (土)

飲み会続き

今週は、いろいろな関係とタイミングで、連日飲み会が続きました。

Image1_jpeg水曜日は中学、高校の同窓生との飲み会で、阪神甲子園駅近くの居酒屋さんへ集合。初めてのお店でしたが、大将が高校の4期下級生という事もわかり、地元ならではの話しとなりました。近くの甲子園球場ではちょうどタイガースの試合をしているところでしたが、終わってからもこのお店は賑わう事でしょうね。

Image2_jpeg_2木曜日は、たまたま帰ってきた次男とご近所を飲み歩き。余っていた割引券をチェーン店の居酒屋で使った後は、駅近くの立ち飲み屋で、仕上げのビールです。この立ち飲み屋は初めてでしたが、駅の近くにはどうも立ち飲み屋が林立しているようで、昼間はわかりにくいのですが、夜に歩いてみると、あっちこっちで赤ちょうちんが揺れていました。

Image3_jpeg昨日、金曜日は音楽のお知り合いの方と、これまたローカルな西九条で待ち合わせしてビールです。目指したお店は最近テレビで紹介されたこともあって満席だったため、ミッションは完遂できませんでしたが、場所を野田阪神に移して、小生ご愛用の串カツ屋さんでまったりとしました。

三日間、ビールが続きましたので、今夜は自重して炭酸水のみで喉を潤しました。

2018年8月29日 (水)

困ったこと、採れすぎるイチヂク

Image1_jpeg庭にイチヂクの木があり、いつもの年は、自分ちで食べる以外は、ご近所配りをして、のこりをジャムにするくらいで終わりなのですが、今年はどうしたことか、次から次へとイチヂクの実がなって、大変なことになっています。毎朝、これくらいのイチヂクが収穫できます。

Image2_jpegImage3_jpeg_2すこしひねった措置として、干しイチヂクにしてみました。皮をむいて半分に切り、乾燥させます。4~5日すると、弾力のある干しイチヂクの出来上がりです。上品な甘さが味わえる逸品ですよ。

Image4_jpegImage5_jpegもうひとつは、ジャムです。イチヂク1キログラムに砂糖400グラム、檸檬ひとつです。それを焦がさないように、アクを取りながら煮詰めていき、ある程度粘り気が出たら完成です。

こうやって、毎日しのいでいますが、まだまだ毎朝の収穫が続きそうです。

これ、収穫しないと、鳥たちが食べ散らかすし、そのカスを蟻さんや虫がたかってしまうので、早めに取らないと、それはそれで大変なことになるんですよね。

2018年6月27日 (水)

奈良のクラシック喫茶 エル・ムンド

カテゴリーをグルメにしましたが、それは別として、いつもの生駒での野暮用を終えて、今日は近鉄に乗って奈良へ向かいました。ネットで検索して見つけたクラシック喫茶「エル・ムンド」を訪れるためです。昔は音楽喫茶、クラシック喫茶、あるいはジャズ喫茶などいろいろありましたが、いずれも絶滅危惧種になってしまいました。

Image1_jpegそのお店は、近鉄奈良駅を地上に出て、奈良町へ行く商店街とは反対に、広い通りを北上してすぐのところにありました。看板が出されているのでわかりましたが、ビルの2階なので、うっかりすると通り過ぎてしまうようなところです。入ると、しっかりとしたオーディオ装置が組まれていて、クラシックオンリーという雰囲気です。

Image2_jpegママと少し話をさせていただきましたが、クラシックのLPを中心に、CDもそれなりの枚数があり、自分の好みで次々かけているとのことです。しかし、こちらのリクエストも聞いていただき、フランクのヴァイオリンソナタ、チャイコフスキーの交響曲第1番を掛けてくれました。少々電車賃がかかりますが、良い隠れ家が見つかりました。

Image3_jpegスピーカーはイタリアのもう製造中止のもので、多分ソナス・ファベール、パワーアンプはマッキントッシュのMC-2000、コントロールアンプもマッキントッシュのC-40、CD2プレーヤーはフィリップスとスチューダー、LPプレーヤーはステレオ用とモノラル用の2種類がありました。

518n9hcl0cl__sx343_bo1204203200_門井慶喜 ホテル・コンシェルジュ 文春文庫/読了・・・・・・・・ここんとこ続いている門井慶喜の作品ですが、この作品のヒントは、都筑道夫のホテル・ディック ホテル探偵に有りますね。探偵がホテルに常駐していて、お客さんのトラブルや事件を解決していくストーリーですが、探偵を置くとするとなにやら面倒なので、コンシェルジェとは考えましたね。こちらの方がすんなりとします。ただ、発生させる事件の深みが出にくいという事にはなりますね。殺人事件なんて、起こせないですから。とにかくそういう設定でのユーモアある作品でした。

2018年6月26日 (火)

懐かしの名喫茶 ラ・パボーニ

Img20180626_18502478先々週、6月15日は、藤井貴宏さんから時間ができたとの連絡をいただき、それなら!と、北新地でお昼ご飯を頂くこととしました。ランチは、新地の中の割烹太田川という秀逸なお店でしたが、それはなかなか素晴らしい和食のコースでしたよ。座敷が埋まっていたので、カウンターでいただきましたが、八寸から造り、蒸し物から揚げ物、椀物、最後のごはんまで、さすが新地の味でした。

Img20180626_18492970_0001と、まあ、それはさておき、ごはんが終わったので、珈琲でも、と思って、太田川を出たところのビルにある珈琲屋さんへ何気にふらっと入りました。入った瞬間、そこがヨーロッパ、パリの雰囲気、空気感ですよ。実にゆったりする空間でしたが、ママと少し話をさせてもらっていたところ、ここが震災でつぶれた夙川のパボーニだというのがわかりました。阪急夙川のすこし南側にあった阪神間モダニズムを語るうえで外せない名店でした。また、行ってみようと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ