国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

JR西日本

2019年11月 1日 (金)

京都駅、山崎駅 10/4

Dsc08217  Dsc08218

今日から11月、しばらくの間2019四国旅のシリーズでお茶を濁していましたが、これはもうひと月ほど前の話題です。なぜ京都駅まで行ったのかという事も忘れましたが、この駅にやってくる電車は懐かしいものばかりです。かつて新快速として活躍した117系と快速として活躍した113系です。今は抹茶色に塗られてしまっています。

Dsc08221  Dsc08225  Dsc08226

奈良線のホームに行くと、まだ103形が元気にやってきました。多分、奈良線でも唯一の編成になってしまったのではないでしょうか。それを駆逐したのは青い帯を巻いた205系電車です。とはいうものの、彼らも阪和線を追われてやってきた電車です。奈良線に来たら緑の帯になるんちゃうかなと思っていましたが、青帯のままですね。

Dsc08228  Dsc08232  Dsc08234

この日は帰りに山崎駅で降りて撮影しています。サントリー山崎工場を背景して関空特急はるか、それも増殖中のキティちゃんはるかです。ほかにもサンダーバードやEF66の工臨がやってきたりと楽しめました。

2019年10月 3日 (木)

最後の和歌山線105系 かぎろひ歴史探訪で

Dsc07776  Dsc07796

先月9月26日のかぎろひ歴史探訪では、和歌山線御所駅から玉手駅に至る周辺を歩いていました。最後に玉手駅から電車で帰途に就いたのですが、なにせ1時間に1本の運行ですから、十分に暇もありました。ちょうど彼岸花が満開となった田圃越しに走る227系と105系です。

Dsc07800

幸いに玉手駅から王寺駅まで乗車したのも105系でした。揺れもひどいし、夏季にはクーラーの効きも甘いし、モーターの音も大きいし、乗り心地にはつらいものもありましたし、毎日利用している地域の方々には新車のほうが良いに決まってますね。ノスタルジーを感じるのは、たまにしかこの沿線に来ない鉄道ファンだけなのでしょう。

Dsc07802

王寺駅について跨線橋から見下ろすと105系が停車していました。これが和歌山線の105系の見納めとなりました。

Img_1468  Img_3710

これは2007年に撮影した105系です。いずれも旧塗装です。何でも撮っておくものですね。105系電車、御疲れさまでした。

2019年9月26日 (木)

和歌山線大和二見界隈 9月7日 青春18きっぷの旅

Dsc07515  Dsc07516   Dsc07525

まだ暑かった9月7日、関西線三郷駅界隈を歩いて後、今度は王寺駅から和歌山線で、その前の週にも行った大和二見駅を目指しました。どうしても撮影してみたいポイントがありそうでしたから。王寺駅の広い構内、吉野口駅での近鉄電車、下車した大和二見駅の案内看板。

Dsc07517 Img_1823  Img_1822

駅を出て、線路沿いに西の方向へ歩いていきます。この時期ですから、駅そばで撮影する105系狙いのご同業もおられましたが、ちょっと歩いただけで素敵な場所がありました。こちらの方が絶対景色いいのになぁ。でもまだ歩きます。10分ほど歩いた先に、疎水の通る高台があり、そこから撮りたかったのです。まだ熟する前のカラス瓜がありました。これはまさに瓜の姿ですね。

Dsc07526  Img_1831  Dsc07527

一枚目は駅から見えた紀ノ川です。この景色もいいですが、電車を合わせて撮ることがなかなか難しい。さて、目的としたポイントは真ん中の写真です。電線が少しうるさいですが広々とした景色の中で鉄橋を渡る105系が撮影できました。一時間に1本しか走らないし、さらに待っていると帰れなくなるのでこれで撤収です。和歌山周りの帰りは227系の乗りました。

51va2jxbiql__sx320_bo1204203200_

片山杜秀 革命と戦争のクラシック音楽史 NHK出版新書/読了・・・・・・モーツァルト、ベートーヴェンが生きた時代というのは、実はヨーロッパの戦争時代でもあるのですが、なかなかその歴史手的背景を書いた本がなかったので、調度タイムリーな一冊でした。ベートーヴェンの第3交響曲はナポレオンにささげられる予定だったとか、昔からよく聞いた話ですが、作曲家の日々の暮らし、さらに人生自体にも戦争の影が反映しているはずですが、なかなかそういう記述はなかったですね。そういう意味では、もっと時代背景を書き込んだ本を読んでみたいものです。大変興味深い一冊でした。

2019年9月25日 (水)

関西線三郷駅界隈 9月7日 青春18きっぷの旅

Dsc07476  Dsc07477  Dsc07478

まだまだ暑かった9月7日は、青春18きっぷの最終の回を使うべく、まずは関西線の三郷駅へ向かいました。大阪から大和路快速に乗り、久宝寺で乗り換えた205系の普通列車でやってきました。駅前には犬養孝先生の大きな万葉歌碑が建てられています。

Dsc07481  Dsc07479  Dsc07480

三郷駅を出て線路沿いに西へ向かうと、かぎろひ歴史探訪でも訪れた磐瀬の杜の跡があります。磐瀬の杜はもともとは別の場所にあったのですが、河川改修工事でここへ移転してきたという何ともはやというものではありますが。ここには磐瀬の杜を読み込んだ鏡王女の万葉歌碑がありました。

Dsc07486  Dsc07496  Dsc07497

さて、鉄道写真のほうですが、大和側の対岸へ渡り、三郷駅あたりを走る車輛を狙います。背景となる山が広がって緑の中を行く221系が撮れました。さて、撮影していて後ろを見上げると、崖の上に家々が並んでいるではないですか、あそこまで登ればとても素敵な俯瞰撮影が出来そうだと思って暑い中、必死で登りました。そこからは生駒山、矢田丘陵を眼下に配した素晴らしい展望が待っていました。

41vncp112l__sx351_bo1204203200_

吉田秀和 決定盤 マーラー 河出文庫/読了・・・・・・・・我が国の音楽評論を確立したともいえる著者によるマーラー論、論というほど重いものではありませんが、著者の高い視点からみたマーラーの音楽に対する解釈が述べられています。さらに、様々なレコード、CD、生演奏に接した経験から、マーラーの解釈についてどのような歴史的展開と高みに登る演奏がおこなわれていったかを概説しています。マーラーですから、私なりにも好みの演奏があったりしますが、さらに幅を広げて聴き比べしてみようと思いなおしました。

2019年9月22日 (日)

和歌山線の105系 9月2日 青春18きっぷの旅

Dsc07420  Dsc07432  Dsc07436

まだまだ暑かった9月2日は、青春18きっぷの消化もかねて、近々新車の227系1000番台に置き換えが予定されている105系を追って、飽きもせず和歌山線に行ってきました。関西線王寺駅から221系に乗って高田駅まで来ました。

Dsc07446  Dsc07426  

待つ間に、朝の通勤の関係でしょうか、4両編成という嬉しい列車がやってきました。編成が長いとすこし電車っぽくなった感じですね。なんだか、しばらくの間に105系が次々にやってきて、近々消えてしまうという感じがしません。

Dsc07433  Dsc07447  Dsc07449

駅を出て、橋の上からも撮影しました。お昼のことを考えてコンビニでおにぎりの調達に行きましたが、駅前にコンビニはなく、すこし西へ歩いた道沿いにローソンがありました。駅前よりも道路のほうが集客に良いのでしょうね。途中五条駅で停車時間があったので、対面の105系も撮影できました。

Dsc07453  Img_1716

ひとつ目指したところは大和二見駅です。簡素な建物の駅舎になってしまいました。そこから歩いて15分ほどのところにある高架橋から105系の通過を撮影しました。ほぼ、真上から照り付ける太陽の光にうんざりのポイントでしたが、思っていた風景の写真が撮れました。

2019年9月21日 (土)

青春18きっぷの旅 紀州岩代、紀伊宮原

Dsc07302  Dsc07314

まだまだ十分に暑かった9月2日は、10日に期限が迫っていた青春18きっぷの消化のため、和歌山で乗り換え、阪和線から紀勢線方面に向かい、岩代を目指しました。和歌山駅でみた227系1000番台の車両、和歌山線の車両更新のためですね。紀伊御坊で225系から不細工な113系に乗り換えです。

Dsc07344  Dsc07359  Dsc07353

岩代駅から歩いて5~6分のところのすこし高くて見通しのある場所に来ました。岩代のすこし湾になったところから熊野古道の方向を一望できます。岩代駅での特急くろしおの通過、岩代のあたりは現在の国道42号線に沿って熊野古道が通っています。

Img_1593  Img_1650  Img_1685_20190921095301

岩代での撮影を終えて、紀伊宮原まで戻ります。このあたりも熊野古道が通っています。駅を降りて行ったのはみかん畑のある山の上です。さすがにこの高さは歩いていくにはつらいのでタクシーでした。御坊駅での乗り換えで待っていると、紀州鉄道、私には昔の御坊臨港鉄道のほうが馴染みがあるのですが、そのディーゼルカーがやってきました。紀伊宮原近くからの超展望です。

51rr58ldnol__sx309_bo1204203200_

杉﨑行恭 あの駅の姿には、わけがある 路線別に探る、駅舎の謎 交通新聞社新書/読了・・・・・・・このタイトルと中身がどう関係づけられているのか、それが謎でした。正確にこの本の中身をタイトルにすると、古い駅舎を訪ねる旅 自分の好みに応じて となるんとちゃうかな。謎なんか何もなく、ただ、著者の好みとする目線で駅舎を紹介しているだけです。ところどころ太字で紹介されている駅舎の写真がありますが、必ずしも太字の駅舎の写真ががあるわけでもなく、思い付きのマーカーのようです。ひどいところでは、駅舎のコメントが一行のところもあり、何ともまとまりのない本でした。面白くなく、つまらない本でも、本に失礼なので読了することを信条としていますから、なんとか読み通しましたが、時間の無駄の一冊だったかもしれません。駅舎は全国を紹介してますが、259ページのうち近畿以西の西日本は50ページほどで、その偏りも甚だしいですね。

2019年8月10日 (土)

若狭、福井を行く その2

6_20190810064001

8月7日、8日は一泊で若狭から福井へかけて出かけていました。若狭の勢浜駅で列車を待っていると、駅舎の脇に面白い祠がありました。歯痛地蔵という珍しいお地蔵さんが鎮座していました。たまたまこの日に歯痛でお悩みの方がおられたので、お願いしておきました。

7_20190810064001  1_20190810064001

素晴らしい海の景色を見た後は、小浜線に乗って敦賀経由で北陸線を行きます。長い長い北陸トンネルを抜けて、南今庄駅で下車です。ここは、北陸トンネルのルートにあった木の芽峠を越えてきて谷あいに出たところです。そこには青々とした田圃が広がるとても落ち着いたところでした。つるし柿の里というのもいいですね。

3_20190810064001  4_20190810064001

福井で泊まったのは駅前の小さなホテルでしたが、なかなか細かな気遣いのあるよい所でした。しかも、622というわかる人にはわかるスワローエンジェルのナンバーでした。夜は今春から福井へ転勤されたお友達とビール三昧の時間を過ごしました。

2019年8月 9日 (金)

若狭、福井を行く その1

Dsc06815  Dsc06817  Dsc06820

8月7日から一泊で若狭から福井方面へ行ってきました。青春18きっぷを利用した乗り鉄旅行です。尼崎から福知山行の電車に乗ります。長距離の普通なので223系4両編成でした。車内は通勤のお客さんで一杯でしたが、伊丹、川西池田、宝塚とどんどん降りて空いていきます。そして、うとうとするうちに、福知山に到着しました。駅前には蒸気機関車のC11が置かれています。

Dsc06819  Dsc06821  Dsc06822

福知山駅では、京都丹後鉄道のあおまつの発車を見送りました。福知山からは舞鶴線に乗り換えですが、やってきたのは113系、しかも体質改善していない、昔ながらのボックス席の車両でした。これは懐かしかったですね。

Dsc06823  Img_1138  Img_1104

東舞鶴で今度は小浜線に乗り換えて、一つの目的地の駅で降りました。線路沿いに歩いていくと、素晴らしい景色のところへ出ました。この景色を見るだけでもう十分のような、夏の旅です。続く。

2019年8月 2日 (金)

東淀川駅で五目釣り

Dsc06693  Dsc06694

昨日の続き、7月26日は改装なった東淀川駅でしばらく撮影していました。ここは、JR京都線、おおさか東線、貨物線が並行しているところで、ひっきりなしに電車がやってくるので飽きることがありません。特急は、どれもこれも同じような白塗り電車で、最近はラインを強調するようになって少しは改善したのでしょうか。サンダーバード、これは回送ですけれど。

Dsc06709  Dsc06710  Dsc06714

同じような画像が並びますが、エメラルドグリーン?ラインのくろしお、赤いラインのこうのとりです。

Dsc06692  Dsc06695  Dsc06708

大阪環状線から201系は引退しましたが、おおさか東線の201系は元気です。そして、新快速に投入されたAシートの車両、初めて見ました。気が付いたのが遅かったので、乗車しているお客さんの様子とかまでは確認できませんでした。

Dsc06716  Dsc06712  Dsc06707

カモレもやってきます。大抵はEF210ですが、たまにEF66がやってきます。これらが1時間もしないうちにやってきますから、飽きることはありません。しかし、これといった目玉がないのが残念です。釣りでいえば、まぁ岸から近いところで簡単にできる五目釣りのようなものでしょうか。

2019年8月 1日 (木)

東淀川駅と関空特急キティちゃんはるか

Dsc06686  Dsc06687  Dsc06689

7月26日は、昨年11月に橋上駅に改装された東淀川駅へ向かいました。この駅は新大阪駅の京都寄りすぐのところにありますが、駅自体は昭和15年開設で新大阪よりも先輩になります。昨年の改装でプラットホームの北端にあった地下階段の入り口が取り払われてずいぶんと景色が広がりました。

Dsc06691  Dsc06700  Dsc06717

ここは京都線の他、おおさか東線、貨物線が一緒になっている為、電車が次から次へとやってきて飽きることがありません。そんな中、関空特急はるかもやってきます。そのうち、11時29分京都行、11時41分間空行、12時11分関空行がキティちゃんはるかでした。そんなにたくさんキティちゃんはるかがあったかいな??? と思って確認すると、なんと4編成に増えているのですね。また、11時41分の車両デザインが他とは違います。これはKanzashiという名前のデザインです。ほかにOri-Tsuru編成もあるようです。続く。

9784334787691

小澤幹雄 柔らかな兄 征爾 光文社知恵の森文庫/読了・・・・・小澤征爾の弟、小沢幹雄による兄、小澤征爾の少年時代からの足跡、家族でないと知ることができないような話題が満載の一冊です。いまや伝説化しているような日本クラシック音楽界の話題も語られていて、読み応え十分です。その中で、シャルル・ミュンシュへの傾倒が語られていますが、そういえば小沢の音楽の中にはミュンシュの音楽に通じるものがありますね。最近、体調不良でコンサートへの出演が減っている小澤征爾ですが、また元気な姿を見せてほしいものです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ