国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

阪急

2020年11月 6日 (金)

高槻方面の下見行で出会った電車たち

Dsc06097_20201106082301 Dsc06098

11月1日は、歴史探訪をするための下見でJR摂津富田駅で下車、線路沿いに高槻方面へ歩いていくと、川沿いになかなかの撮影ポイントを発見。時間がなかったのでこれくらいにとどめましたが、昼からは順光になって撮影しやすい場所になりますね。

Dsc06150 Dsc06147_20201106082301

一つ目の比較的長い下見(今城塚古墳⇒古代の官衙など)を終えて、阪急京都線の西向日駅に来ました。駅の北側に広がる桜の木々や楓の紅葉はこのときはまだまだでした。季節になると背景はとてもきれいな紅葉が見られます。

Dsc06161 Dsc06166

西向日駅から河原町方面へ歩き始めると、線路沿いの公園からインカーブする場所がありました。9300系特急のあとに、たまたま6300系京とれいんがやってきたので、ラッキーなことに撮影することが出来ました。

Dsc06183 Dsc06181

2つ目の下見(長岡京大極殿跡など)を終えて東向日駅にやってくると、今度は7000系雅洛がやってきて7300系特急との離合が撮れました。7000系雅洛のほうが車体幅が狭いのですが、写真からではわかりませんね。3300系も貼っておきます。

Dsc06185 Dsc06189

帰途につき、十三で乗り換えようとすると先ほどの雅洛とすれ違いました。さらに十三駅で神戸線に乗り換えたら、向かいのホームにすみっこぐらしがやってくるなど、イベント列車に恵まれた下見行となりました。

2020年10月27日 (火)

阪急宝塚線を雅洛が走る⇒能勢街道の古墳へ

Dsc05650

10月16日は、阪急宝塚線で京都線の観光特急雅洛が走るということで、あちこち場所は考えたものの石橋駅の南側にある踏切まで行って待ちかまえました。これは川西市の中学校の生徒が、このコロナ禍の影響で修学旅行が出来なくなった代わりに、この観光特急で京都へ遠足に行くために走るということらしいです。

Dsc05637 Dsc05652

雅洛のほかにも8000系のヘッドマークを付けた編成や9000系もやってきます。9000系が通過している踏切、実は能勢街道西国街道の交差点なのです。西国街道は左から右へ行くと京都へ、能勢街道は手前から向こう側へ行くと能勢へ向かいます。実は歴史的にすごい踏切なのです。

Dsc05665_20201027060801 Dsc05667

その能勢街道を歩いていきます。今は住宅街の中を通る普通の道ですが、昔のことを忘れないように今度はこんな標識と石柱がありました。ここは、能勢街道と有馬道の交差点です。左が大阪、右が有馬温泉へ向かう方向です。能勢街道は向こうからこちらへきて有馬道と一緒に進んでいき、さらにその先で分岐します。

Dsc05655 Dsc05656

その能勢街道の途中にあるのが二子山古墳、地元では墳丘頂に稲荷神社があることから稲荷山古墳と呼ばれている6世紀前半築造の古墳です。見えているのはこの前方後円墳の後円部にあたります。さて、早速上っていくことにしましょう。

Dsc05664 Dsc05660 Dsc05657

墳丘の上の神社の手前に石が露出した様子が見られます。全体は金網に囲まれていて入ることはできませんが、観察するには困りません。石室内が土砂で半分くらい埋もれています。もう少し丁寧にそのあたりを整備してほしいところです。簡易でよいので屋根もつけてほしいかな。さて、この能勢街道をさらに歩いていくこととしましょう。

51hal11hc2l__sx355_bo1204203200_

鞍馬良 秀長さん 文芸社文庫/読了・・・・・・・秀長、言わずと知れた秀吉の異父弟、豊臣秀長のことです。あまり歴史上では日の当たる存在ではないですが、とても重要な存在だと思っていました。この人のことが小説化されているので読んでみました。がっかり。文章が弱い、盛り上がりがない、日記を読んでいるみたい。使っている言葉が自由とか経済とか明治になって作られたことが多用されている、会話には出てこないが頭で考えたこととして、バックアップって、歴史小説になんなの?と読みづらい本でした。著者の技量の低さでしょうか、ざんねん。

2020年10月 9日 (金)

阪急沿線ぶらり撮影 9/27

Dsc04954  Dsc04955  Dsc04956

9月27日は、阪急曽根駅近くのアクア文化ホールでのコンサートへ行くために阪急神戸線武庫之荘駅から乗車しました。やってきた8120編成、この中間車に8620という番号の車両があります。鉄道ファンには何とも萌える番号ですね。⇒8620  7000系の更新車も貼っておきます。

Dsc04958  Dsc04959

乗車する普通がやってきましたが、8000系の記念ヘッドマークを付けています。十三駅でやり過ごすと反対側はデザインが異なるヘッドマークでした。細かな心遣い?ですね。

Dsc04960  Dsc04963  Dsc04964

曽根駅に着きました。予定よりも早く着いたのでホーム端で待っていると5100系がやってきました。阪急電車は最近どの編成も屋根が白くなって面白くないですが、オリジナルに近い一色の編成は落ち着いて見えます。最後に8000系を貼っておきます。これを撮ってコンサート会場へ向かいました。

一部9/28の重複記事ですが、その日の阪急電車をまとめて紹介しました。

2020年9月14日 (月)

阪急神戸線 神崎川駅から岡本へ

Dsc04531  Dsc04532

9月7日は阪急京都線南茨木へ行った後、今度は十三を経て神戸線に入りました。まずは、神崎川駅で下車してホーム端で撮影です。ちょうど神戸線100周年記念HMを付けた9000系がやってきました。さらに前パンの8020編成が来ました。これで切り上げです。

Dsc04543  Dsc04542  Dsc04541

次にやってきたのは岡本駅の東側にある踏切です。ここからは六甲山を背景にすっきりとしたアングルとなります。8000系でもナンバーの位置が異なります。さらに9000系です。

Dsc04540  Dsc04539  Dsc04538

次は7000系ですが、リニューアル車両とオリジナルとでは、8000系以上に形態が異なっています。そして、1000系に神戸線100周年記念HMを付けた編成が来ました。これでここを撤収しました。

Dsc04545

帰り際に線路沿いに歩いていると、今まで行ったことがないポイントへ出ました。線路レベルと目線がほぼ一緒になるようなところです。そこでは仰ぎ見るようなアングルでの撮影ができました。やってきた8000系です。この日はこれで終わりです。JR甲南山手駅まで歩いて帰宅しました。

2020年9月13日 (日)

阪急京都線 南茨木駅 9/7

Dsc04509  Dsc04510  

9月7日は、天気がイマイチだったのですが、久しぶりということもあって阪急京都線へ出かけてました。定番の南茨木駅です。この日は3300系、5300系の昔の阪急顔を残した車両の運用が多くありました。まずはホーム端からの撮影です。

Dsc04515  Dsc04516  Dsc04513

駅を出て、ホームの東側の陸橋にかかる階段からの撮影です。ホーム端よりもずいぶん見通しが良くなりました。真ん中の写真は一段高いところからの俯瞰撮影です。9300系でも、少し見た感じが変わっています。5300系が来ました。

Dsc04518  Dsc04520  Dsc04527

今度は陸橋の反対側で撮影しています。相変わらず、3300系、5300系と続いてやってきます。そして、この日狙っていたすみっこぐらしのラッピング列車がやってきたことと、ここで雨が落ちてきたので場所を移すこととしました。

本日から、年齢による各種割引がきくようになりました。とはいうものの、新たに介護保険料を納めんかい!との、国からのお達しも来ています。

2020年7月31日 (金)

阪急神戸線100周年記念 写真パネル

Dsc03940   Dsc03941

7月28日は、伊丹で熊谷守一展を見た後、阪急伊丹駅で掲示されている伊丹線100周年記念の写真パネルを見に行きました。その後、伊丹線の電車に乗って塚口から西宮北口駅へ向かいました。ここにも阪急神戸線100周年記念の写真パネルが掲示されています。場所は駅長室の壁になります。

Dsc03943  Dsc03942

まず1920年の開業のころの写真です。この時はまだ今津線はありません。今津線の開業はこの翌年、1921年に宝塚と西宮北口の間が結ばれました。その時の名前は西宝線でした。次はその今津線が1926年に今津まで延伸された時に設けられたダイヤモンドクロスです。

Dsc03945  Dsc03944

阪急電車に登場した黄色をベースに水色のラインが入ったカラー電車です。今では考えられないくらい派手な姿だったのでしょうね。そして、1984年にダイヤモンドクロスが廃止され、今津線が南北に分断されてしまいました。

Dsc03946  Dsc03947

阪急神戸線の歴史の中で一番被害が大きかったのはたぶん1995年1月17日の阪神淡路大震災による高架の崩落でしょう。梅田と西宮北口の間は翌18日に運転再開しましたが、その後西宮北口と夙川の間の高架部分が修復されるまでの間、全線での運航はできませんでした。そして、6月12日にようやく全線での運転ができるようになりました。

この崩落した線路の様子は毎日の通勤の時にずっと見ていました。橋脚は頑丈にするためにSRCで作られていましたね。

2020年7月30日 (木)

阪急伊丹線100周年記念 写真パネル

Dsc03933

7月28日は伊丹市立美術館で熊谷守一展を見た後、阪急伊丹駅に掲示されている伊丹線開通100周年記念の写真パネルを見に行ってきました。掲示されている場所は改札口手前の壁でした。思っていたより少し写真点数が少ないので残念でしたが、貴重な写真もありました。

Dsc03934  Dsc03935

左の写真は、伊丹線開通後の稲野駅付近です。背後に山が見えないので伊丹方面から南方向を見たところでしょうか。周りには田んぼが広がるばかりです。もう一枚は、1932年(昭和7年)の塚口駅、伊丹線ホームです。これを見ると伊丹線が塚口駅にまっすぐ進入している様子がわかります。その先には神戸線へ進入する分岐線が見えます。

Dsc03936_20200730053501  Dsc03937

次に1968年に高架化工事が竣工した伊丹駅の様子です。この駅舎は残念ながら1995年1月17日の阪神淡路大震災で崩落してしまいました。この時、駅員の方が二人亡くなったように記憶しています。

Dsc03938_20200730053501  Dsc03939

阪急伊丹駅へ来ました。屋根が白くない5100系が留まっていました。昔は屋根が白いのは京都線の6300系だけで、それは一つのステータスだったのになぁ、今じゃほとんどそのスタイルになってしもた。塚口行きの100周年記念ヘッドマークの編成がやってきました。

Mfawildw

皆川博子 写楽 角川文庫/読了・・・・・・・・・・手持ちの本が少し少なくなってきて、少し買い足した中に浮世絵師の写楽を扱った小説があったので買っておきました。著者は初めての方ですが、なんと1930年のお生まれ、其れだけでなく大家だったのですね。知らないということは恐ろしい。実に慣れた文章でぐいぐい引き込まれ、読んでいる時間が楽しくなる小説でした。写楽がだれかという論争もありますが、これは小説、その自由な発想の世界に遊んでいました。

2020年7月21日 (火)

阪急神戸線・伊丹線開業100周年記念HM 伊丹線 7/16

Dsc03649_20200721071301  Dsc03654_20200721071301

7月16日は、100年前に阪急神戸線と伊丹線が開業した日であるということで、その記念ヘッドマークを付けた編成を見に行きました。神戸線を終えて、今度は塚口から伊丹線稲野駅で下車して沿線を歩いてポイントへ向かいます。ファミリアとのコラボHMの編成の後、伊丹線開業100周年記念HMを付けた編成が通過しました。ただし、回送車両でした。ちと残念。

Dsc03665_20200721071301  Dsc03669_20200721071301

その後、新伊丹駅まで歩き、駅のそばの踏切で撮影しました。これでファミリアとのコラボHMはもういいでしょう。この後、伊丹駅まで歩きました。まぁ、月間200キロを目指すためには、少しの距離でも歩いて稼ぎたいところですから。

Dsc03670_20200721071301  Dsc03674_20200721071301

この日は阪神尼崎で用事があったので、伊丹中央というバス停から阪急バスに乗ります。伊丹から尼崎まで走る比較的長距離のバスがあるのですね。クーラーの効いたバスで30分ほど走ります。これで230円はかなりお得な移動でした。阪神尼崎に到着です。

Dsc03814  Dsc03817  Dsc03820

伊丹線開業100周年記念HMの編成をしっかり撮れなかったので、後日これだけ撮りに行きました。塚口駅近くの踏切で待ち受け、記録することができました。ちなみに、有馬箕面電鉄として阪急電車が開業したのはさらにその10年前。今年は阪急開業110周年でもあるのですね。

2020年7月20日 (月)

阪急神戸線・伊丹線開業100周年記念HM 7/16

Dsc03633  Dsc03636

この7月16日は、阪急神戸線と伊丹線が開業してからちょうど100周年の記念日でした。ということで、7月16日の朝から神戸線の武庫之荘駅近くへ出かけました。100周年を記念するヘッドマークを取り付けた編成が走っているとのことでその撮影です。そして、1000系にヘッドマークが取り付けられた編成が運よくすぐやってきました。梅田側と三宮側でそのデザインが異なっています。

07f96ea4c60d7f6aa7a31006ca5821adf42839af

阪急電車のサイトで示されているデザインはこの通りです。神戸線と伊丹線でそれぞれ少しずつ異なっています。神戸線の背景は六甲山ですが、伊丹線の背景はどこでしょう?北摂の山かな?

Dsc03643_20200720081901  Dsc03644_20200720081901

武庫之荘から塚口駅へやってきました。伊丹線の電車には、この100周年記念にちなんでファミリアがコラボしたヘッドマークが取り付けられています。

この時は気づかなかったのですが、ヘッドマークの文字が、KOBE-LINE Annivarsaryとなっているという指摘がネットで流れました。

995a7f383cfe77e3b6e5022891f1a8a74fcec275  F86640a9f148eb13b553e469c1cce54465db7b32

阪急のサイトで後日確認しました。おっ、修正されていますね。KOBE-LINE Anniversaryと直っていました。電車のヘッドマークもその後訂正されたようです。珍しいことですね。さて、伊丹線の沿線を歩きながらの撮影に映りましょうか。

Futi93txq405grzvggdqg1croubrnqp0a8lc9vdd

川上和人 鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。 新潮文庫/読了・・・・・・・・・・・・気鋭の鳥類学者さんと言うことですが、それ自体が地味ですね。そんなにいないでしょ、鳥類学者。という突っ込みをしたいところですが、それよりももっと面白い内容が本に詰め込まれています。コアな話題をさりげなくではなく、誇張とユーモアに満ちた文章で塗り込められています。西ノ島新島の話題はもっとたくさん話してほしかったなぁ。そやけど面白そうな人やなぁ。

2020年4月 7日 (火)

武庫之荘の桜

Dsc02174  Dsc02175

いよいよ緊急事態宣言がなされ、一か月間のより自粛生活を求められることになりましたね。とは言うものの、今までもそのような生活を送っているので、特に何が変わるかというとないのですけれど。

ということで昨日4月6日は所用のため自転車に乗って出かけたついでに、阪急武庫之荘の桜の様子を見に行ってきました。

Dsc02171  Dsc02172  Dsc02165

今年は4月に入っても最高でも15~17度程度の比較的低い気温が続いていることからなのか、武庫之荘の桜も枝の先まで咲ききっているとは言い難い状況です。とは言うものの、ボリウムのある桜の花を見ることができました。

Dsc02167  Dsc02178

やってくる阪急電車に特に変わったものもないのですが、自宅から最も近いさくら鉄の場所ですから、一度は挨拶に行かなければなりませんでした。来年はほかのさくら鉄の場所を気持ちよく回りたいものです。

D1675616802608060

伊東潤 走狗 中公文庫/読了・・・・・・・・・・・自粛生活ということで、自宅では読書に勤しもうと思っています。そうした中、559ページあるこの本を1日半で読み上げてしまいました。おもしろい! 幕末から維新にかけての混乱の中で、初代警視総監に上り詰めた川路良利の生涯ですが、いままでどちらかというと大久保利通同様、西郷の敵のように思われ人気がなかった人物であり、大きく取り上げられることは無かったように思います。その壮絶な人生には権力というものを追いかけた一人の人間の生き様が赤裸々につづられています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ