国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

指揮者

2017年8月24日 (木)

二人のペトレンコ

Migベルリンフィルは、来年のシーズンで今のサイモン・ラトルが首席指揮者を退いて、バイエルン州立歌劇場のキリル・ペトレンコを迎えることになっていますね。1972年生まれの、現在45歳という事で、世代交代も進んで、まずはめでたいことだと思います。ところがどんな指揮者なのか、まだCDも聞いたことないので、何ともですけれど。

Prof_img02ところで、実は最近大注目のペトレンコがもう一人います。ロイヤル・リバプールフィルを率いる、1976年生まれ、現在41歳のヴァシリー・ペトレンコです。今、この指揮者のショスタコーヴィチの交響曲の演奏をナクソスからのネットサービスで順番に聞いていますが、久しぶりにワクワクするような演奏にぞっこんです。

将来、この二人のペトレンコがクラシック音楽界を引っ張っていってくれるような予感がします。

2017年2月19日 (日)

気になる指揮者 ギュンター・ヘルビッヒ

Nso017 ネットからの音源を楽しんでいたところ、この指揮者と出会いました。
ギュンター・ヘルビッヒ、1931年チェコスロバキア出身のドイツの指揮者です。
アーベントロート、シェルヘン、ヤンソンスらに教えを請い、ドレスデンフィルやベルリン交響楽団の指揮者を経て、1979年に西側に出てきたようです。西側では、デトロイト響、トロント響などで活躍した後、ザール・ブリュッケン放送響のレベル向上に寄与したとあります。
 
D0170835_107599 まず聞いたのは、ベルリン交響楽団時代のブラームスの交響曲全集ですが、自然な音楽の流れとその中で決めるところがきっちりと決まっている、そういう印象の他に、ここにはまだ何かあるという直感が働きます。
自分の耳と音楽経験を信じて、もう少し聞きとおしたいと思う、そういう魅力を感じる指揮者との久しぶりの出会いです。

2016年12月27日 (火)

ベートーヴェン交響曲第9番はフルトヴェングラー

Img_9714_2 年末ですので、FMなんかでも、何かとベートーヴェンの交響曲第9番の話題になっていたり、その演奏が流れていたりしますが、やはり、フルトヴェングラー指揮の演奏には、引き込まれてしまいますね。その、最も有名な演奏は、1951年7月29日にバイロイト音楽祭で演奏されたものでしょう。
というわけで、家にあるCDを探してみたら、フルトヴェングラーが指揮したものだけで、これくらいになりました。
 
古い方から並べたら、こんな具合になっていました。
・1942年3月22~24日 ベルリンフィル
・1943年12月8日 ストックホルムフィル
・1951年7月29日 バイロイト祝祭管弦楽団  これが何と4枚も
・1951年8月31日 ウィーンフィル
・1953年5月30日 ウィーンフィル
・1953年5月31日 ウィーンフィル
 

2016年11月29日 (火)

~いま下野竜也が熱い~

Img_9456 先日、NHKの大河ドラマ「真田丸」を見ていると、真田信之(大泉洋)が小野のお通の家で、稲(吉田羊)に問い詰められているシーンで、次の間のお客として登場した人物を見て、あっと声を上げてしまいました。そこにはタイトルを指揮している指揮者の下野竜也さんが写っていたからです。なかなか、やりますね。
 
Img001 そして、下野竜也さんというと、広島交響楽団の音楽総監督に就任したという事で、来年4月14日にザ・シンフォニーホールで披露公演があるようです。曲目は、大曲、ブルックナーの交響曲第8番ハ短調です。今から楽しみですね。
また、なんでも、この公演の宣伝をするとチケットが1000円割引になるというらしいので、それにホイホイ乗って、本日のブログ更新といたします。
下野さんらしい重厚なブルックナーに期待大です。

2016年10月 3日 (月)

追悼 ネヴィル・マリナー

Img_8419 昨夜、指揮者のネヴィル・マリナーが亡くなったということを知りました。実は、今シーズンの兵庫芸術文化センター管弦楽団の第97回定期演奏会(2017.06.23~25)で、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスというドイツ・オーストリア系の王道を行くようなプログラムの演奏会が組まれていたものですから、残念で仕方ありません。芸文オケには過去2回出演していますね。
 
Img_8426 家にあるマリナー指揮アカデミーのモーツァルトの序曲集を聞いています。実に軽やかに音楽が流れていきます。この爽やかさこそ、マリナーの真骨頂だったと思います。
2015年の5月に芸文オケで聞いたメンデルスゾーンのスコットランド が忘れられません。芸文オケで聞いた最も緊密なアンサンブルもこの時披露されました。
92歳といえば、ずいぶんなお歳ですが、音楽は若々しいものでした。

2014年8月14日 (木)

追悼 フランス・ブリュッヘン

4943674124305お盆の夕刊に、フランス・ブリュッヘン が亡くなったとの報があった。79歳だったという。もうそんなお年だったのかと、改めて驚くとともに、いつまでも新鮮さを失わない音楽作りには、脱帽だ。音楽ファンの前には、涙のパヴァーヌというチャラチャラしたタイトルのアルバムで登場したのに、その後は学究的な古楽演奏主体の一徹なものだった。

Cdmoz40さて、ある日、家に帰り、NHKの第一ラジオをかけると聞きなれた曲が流れてきた。ただ、何の曲だったか、まったく思い出せない。ずいぶん馴染んでいる曲のはずなのに、一向にその名前が出てこない。ただ、躍動するリズムとやや強めのアタックにぐいぐい引き寄せられ、終わりまで聞きとおしてしまった。ベートーヴェンの交響曲第1番だった。な~んだと思うとともに、あまりに聞きなれたドイツ・オーストリア系指揮者の演奏とかけ離れていたので、指揮者は?と思っているとブリュッヘン、演奏は18世紀オーケストラだという。1985年5月のライブ録音、彼らのデビュー盤でもある。ご冥福を祈るばかりである。

2014年7月14日 (月)

追悼 ロリン・マゼール

Maazel1夕刊を開くと衝撃的なニュースが目に飛び込んだ。ロリン・マゼール が亡くなったという。1987年4月の大阪国際フェスティバルへの出演のため、ピッツバーグ交響楽団を率いて来日し、ちょうどFM大阪で放送中の「デーヤンの音楽横丁」の応募でコンサートチケットが小生に当たり、実演を聞くチャンスを得たことがある。バルトークの管弦楽のための協奏曲の快演が今も耳に焼き付いている。この人に死は似合わない。

51cqvewiepl__sl500_aa300_入江相政 城の中 中公文庫プレミアム/読了・・・・・・名著である。最初が昭和34年の出版というから、ずいぶんと前の話しが多い。今回はその何回目かの改訂発刊である。侍従長という職でないと書けないことばかりである。べらんめー侍従の自由闊達な文章に魅了された。そういえば、犬養孝先生も入江さんにはずいぶんとお世話になられたようで、入江さんが・・・・入江さんが・・・・・というお話を何回も聞いたような気がする。いずれにしても昔のことだ。

2014年2月 4日 (火)

アバド ミラノ・スカラ座での追悼演奏

Img0042 先月、イタリアの名指揮者クラウディオ・アバドが亡くなり、世界の音楽愛好家は深い悲しみに包まれたところですが、アバドの出身地、イタリアのミラノにあるスカラ座では、聴衆をホールに入れない形で追悼演奏会が開かれました。もちろん、ドアは開けっ放しにして、スピーカーで聞こえるようにしてのことですが、スカラ座の外には数万の人々が別れのひと時を演奏者と過ごしたようです。素晴らしい追悼ですね。

http://m.youtube.com/watch?feature=m-ch-fea&v=QIY-3-EjxtA

指揮はダニエル・バレンボイム、ミラノ・スカラ座の公式画像らしいです。

2014年1月21日 (火)

追悼 永遠の青年指揮者アバド

Abbado1_2 クラウディオ・アバドが亡くなった。今世紀に入ってから重大な病気が見つかり、その治療に努めながら、却って精力的に活躍を続けていたのに残念だ。

我が家に、1983年5月19日にロンドン交響楽団と来日して東京文化会館で演奏されたマーラーの交響曲第5番の演奏のエアチェック録音がある。TDKオリジナルコンサートだ。当時はまだマーラー指揮者として名前が挙がっていなかった(・・・・・・と解説で言われている)とされるが、そのあまりの熱気に圧倒される演奏だ。これには頭をガツンとやられてしまった。

Uccg2070m01dl もう一つ、市販されているもので、同じロンドン交響楽団と録音したラヴェルのボレロが素晴らしい。どう素晴らしいかというと、盛り上がりに盛り上がったラストで、ロンドン響の楽員全員が雄叫びを上げているのだ。その声もしっかり録音されていて、そのままCD化されている。スタジオ録音で、そこまでオケマンを盛り上げる力、尋常の指揮者でなかった証である。ただただ、ご冥福を祈るばかりである。

51bir2r5oyl__sl500_aa300_ オットー・ビーバ、イングリート・フックス 小宮正安訳 ウィーン楽友協会二〇〇年の輝き 集英社新書ヴィジュアル版/読了・・・・・・・アバドの話題の日になんだが、ウィーン楽友協会って、知ってるようで知らなかった。毎年ニューイヤーコンサートが開かれる会場だけかと思っていたら、博物館はあるし、音楽院も併設していたしで、驚いたことに地下に小ホールがいくつもあるという。行けるかどうかはわからないが、ひと目見てみたい好奇心がわいてきた。

2013年2月25日 (月)

あぁぁ・・・追悼 ウォルフガンク・サヴァリッシュ

20110826_2152364NHK交響楽団を長らく指揮していたウォルフガンク・サヴァリッシュが22日、亡くなられたとの報に接した。クラシック音楽を聴き始めたころ、テレビで流れるN響アワーの指揮者は、日本人なら岩城であり、外国人ならサヴァリッシュだった。端正な指揮ぶりからは、正確にリズムを刻んだ、決してオーバーアクションにならない上質の音楽が聞こえてきた。

ひとり密かに思っていたのは、「巨人、大鵬、目玉焼き、C62、サヴァリッシュ」で、あまりに強すぎて却って面白みに欠けるというチョイス。目玉焼きが入っているのは、ご愛嬌。どちらかというと熱しない音楽だったのが、晩年、それが面白い音楽に変わってきたので、ずいぶんとCDも買い集めた。ご冥福を祈るばかりだ。

51segwsys7l__sl500_aa300_鯨統一郎 タイムスリップ釈迦如来 講談社文庫/読了・・・・・・出版後、時間が経っているため在庫がなく、長い間探し回っていた本書を神戸で入手した時は本当にうれしかった。タイムスリップした女子高生、麓麗(ふもとうらら)が釈迦を覚醒させ、世界の宗教の元を作るという設定だが、随所に凝った落とし穴があり、本物の宗教学者だと、全編抱腹絶倒だろうと思うが、そこまでの知識がないのが残念。言葉遊びの極地かもと思わせる一冊。こういう本こそ、読書の醍醐味。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ