国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

近鉄

2019年8月 4日 (日)

近鉄生駒線界隈を歩く 7/26 続き

Dsc06783  Dsc06785  Dsc06786

7月26日はいつもの生駒での野暮用を終えて、昼から生駒線方面に向かいました。東山駅から元山上口駅まで歩き、そろそろ帰ろうかと思って駅に向かっているときに目に飛び込んできたのは、「長屋王御墓⇒」の道標でした。これは行かねばなりませんね。ということで、まさに炎天下のなか、その方向へ足を向けました。まず、出会ったのは紀氏神社という、延喜式にも載った式内大社です。こんもりとした社叢が迎えてくれました。春日造の本殿がかわいい。

Dsc06789  Dsc06790  Dsc06791

次に向かったのは、吉備内親王のお墓です。目指した長屋王の奥さんです。このあたりは全くの住宅街となっており、良く残ったものだと思います。まさにひっそりという感じで古墳がありました。

Dsc06797  Dsc06799 Dsc06800

最後に向ったのは本命の長屋王のお墓です。長屋王は壬申の乱で活躍した高市皇子の長男で天武天皇の孫にあたります。しかし、権力争いの中、神亀6年に謀反の疑いを掛けられ奥さんの吉備内親王、子供たちとともに自害してしまいます。そんな悲しい歴史の舞台の結末がここにあります。こちらの古墳も住宅に取り囲まれたところにありました。

Dsc06806   Dsc06807

元山上口駅から歩いて、さらに一つ南側の平群駅に来ました。このあたりは、近年、駅前の道路が整備され、整然としたな街並みがこれから作られていこうとしていますが、残すべきところは残していただきたいと思います。終わり。

2019年8月 3日 (土)

近鉄生駒線界隈を歩く 7/26

Dsc06728  Dsc06730  Dsc06731

7月26日は、いつもの生駒での野暮用を終えて、昼から近鉄生駒線へ向かいました。生駒駅で生駒線へ乗り換えて数駅、京都でもないのに東山駅という駅で下車しました。駅前は典型的な新興住宅街、そこから南へ進むと、とてもきれいな平群北公園がありました。テニスコートもあって芝生もきれいで、こんな美しい公園は他では見たことがありません。そこから少し近鉄生駒線のほうへ向かうと、いきなりの渓谷風景となるギャップがありました。

Dsc06739  Dsc06744  Dsc06746

線路沿いに歩いていくと、生駒線と並行して流れる竜田川が大きく蛇行して、生駒線の鉄橋があるところに出ました。すぐに電車がやってきて、とてもきれいな風景の中でカメラに収めることができました。そこには川を渡るように綱が貼られていました。これは勧請綱と言われるもので、竜田川の龍神信仰と結びつき、集落の境界から悪霊や厄病などが侵入するのを阻止するとともに、五穀豊穣、子孫繁栄などの願いを込めて伝承されてきたものとのことです。

Dsc06760  Dsc06776  Dsc06782

東山駅から一つ南の元山上口駅まで歩きました。駅の西側の橋の上から鉄橋を渡る近鉄電車をちらっと見ることができます。川にはモミジカエデがありましたので、紅葉の時期には映えることでしょう。また、そのあたりには田圃が広がっていて、その向こうを走る近鉄電車を撮ることができました。さて、駅に戻ってそろそろ帰ろうかと思っていると、なかなか興味深いものを見つけてしまいました。続く。

2019年6月29日 (土)

梅雨の中休み?に近鉄南大阪線界隈へ

Img_0805  Img_0853

昨日6月28日は、梅雨の中休み、晴れ間は期待できないものの、雨降りが続くと家に閉じこもってばかりになるので、すこし意を決して近鉄南大阪線の当麻寺駅まで行きました。当麻寺駅からは二上神社口駅方面へ歩いて戻ります。このあたりは、東に大和盆地、西に二上山や金剛山、葛城山が間近に見えて、広々とした風景が広がります。

Img_0817  Img_0800

特急は一時間に上下一本ずつしか来ませんが、風景を楽しんでいたら時間が経つのも早く、あまり気になりませんでした。運よく、旧塗装の16000系や青の交響曲もやってきました。背景は金剛山です。晴れ間を期待しましたが、逆に雲がだんだん厚くなってくるだけで、雨の心配も出てきました。

Img_0915  Img_0901  Img_0888

山からの傾斜を利用した棚田が広がる辺りでは、二上山を背景として撮影していました。ちょうど田植えのシーズンで、田圃の水面に二上山が写り込んでいます。だんだん雲行きが怪しくなってきたので、15時前に撤収し、二上神社口駅に着いたとたんに大雨になりました。

Dsc06350

帰りに駒ヶ谷で下車、久しぶりに河内ワイン館を訪ね、お知り合いのK村さんと話し込みながら、一杯、いやいっぱいワインの試飲をさせていただき、幸せな気分で帰りました。K村さん、小布施の情報もいただき、ありがとうございました。

2019年6月 8日 (土)

近鉄大福駅近くの水鏡 近鉄

Dsc05883  Dsc05891

6月6日は、春のかぎろひ歴史探訪で奈良の磐余の里を歩きました。その集合場所は近鉄大阪線の大福駅でした。この駅近くの田圃のあたりは三輪山を背景として近鉄電車を撮影できるスポットなのです。そこで、集合時間の10時より1時間も早めに行って現場に立ちました。早速やってきた12200系の特急です。さらに、10連の超大編成の近鉄特急を撮影できました。

Dsc05920  Dsc05928

1時間の間には、アーバンライナーやビスタカー編成も通り過ぎていきました。もうそろそろ撤収しようと思ったときに、この12200系特急と伊勢志摩ライナーがほぼ同時にやってきました(当然、上り下りですが) 田植え前の水鏡に電車が写る風情、いいですね。

Dsc05902  Img_0555

この大福駅の近くはJRの万葉まほろば線も通っています。近鉄の様に何本もやってくるわけではありませんが、絶滅寸前の105系が走っています。この日も、なんとか一本だけ撮影しました。この大福駅近くの田圃は、春にはレンゲソウがさいてとてもきれいなところでもあるのです。今年の一枚から貼っておきます。

2019年6月 6日 (木)

近鉄鶴橋駅 暇つぶし鉄

Dsc05849  Dsc05860  Dsc05858

昨日の続き、近鉄での乗換駅が鶴橋駅になります。そのプラットホームの東端は、昼からは絶好の撮影地となります。この日ももうおひとりの方がおられましたが、やってくる車両のうち、特急を撮るでもなく、たまに来る急行を一枚撮ったあと、別の普通を後追いで撮られてましたね。他の方のとり方も気になるものです。

Dsc05854  Dsc05855 Dsc05857

さて、大阪線と奈良線の電車が次々とやってくる鶴橋駅ですが、阪神なんば線の阪神電車もやってきます。昨日はそんなにここでの暇つぶしをしませんでしたが、それでもいろいろな車種を楽しむことができました。

Dsc05856

さて、今日は暑い中、これから奈良歩き、かぎろひ歴史探訪です。集合場所が近鉄大阪線の大福駅です。少し早めに行っていつもの場所で撮影してこようと思います。

2019年6月 5日 (水)

近鉄西大寺駅の賑わい

Dsc05840  Dsc05839

今日はいつもの生駒での野暮用を終え、帰りに近鉄西大寺駅へ行きました。(ちゃんと近郊区間回り的な帰り方をしています)西大寺駅構内でランチをしてプラットホームに立つと、次から次へと電車がやってきます。ここではあまりお目にかかったことがない京都市営地下鉄の車両が来ていました。阪神間に住むものとしては、珍しい車両のひとつです。

Dsc05841  Dsc05842

さらに、近鉄と阪神が直通運転を開始して10周年の記念HMを付けた近鉄電車がやってきました。ちょうどやってきた阪神電車の1000系と並びます。阪神にも同じようなHMが ついていたら良かったのに。

Dsc05843  Dsc05844  Dsc05846

奈良方向から22600系の京都行特急がやってきました。これがなんと2両編成ではありませんか。なんぼ、昼までお客さんが少ないだろうと予測しても、なんと寂しい編成でしょうか。その次の京都行特急が4両ですから、やはり2両は見劣りがします。京都市営地下鉄と並んだところも一枚撮りました。

9784330962191_600

松本典久 どう変わったか?平成の鉄道 記録写真が語る30年の軌跡 交通新聞社新書/読了・・・・・・・平成樋う時代を鉄道を取り巻く環境から透視した一冊ですね。ちょうど国鉄がJRとして出発したころはダブっていますから、それが中心になりますが、私鉄もその影響を受けて様々に変わっていかざるを得ませんでした。多くのカラー写真を掲載し、平成という時代をこの一冊で総括していると思います。読みごたえがありました。

2019年5月 5日 (日)

レンゲ畑と近鉄特急 近鉄大阪線大福

Img_0516  Img_0660   Img_0590  Img_0582 5月2日のかぎろひ歴史探訪の行き帰り、近鉄大阪線の大福駅近くにれんげ畑が広がっている様子を確認しました。この場所は、正月3ヶ日当たりに出没したことはありますが、それ以外の季節は田圃でもあるので来たことはありませんでしたが、昨日、5月4日に訪れてみました。そこには、れんげ畑を手前に、新緑に萌える三輪山を背景とした絶景となっていました。12200系をはじめに並べます。最初の一枚は、赤い特急表示になっています。

Img_0563  Img_0496  Img_0614 ついで、いろいろとやってきましたので、次々に撮影していきます。レンゲソウは、花の後に田圃にすき込むと肥料としての効果があるという事で植えられますが、花を咲かすには毎年タネを蒔く必要があります。またその肥料効果について、あまり期待できないとも言われ出してから、レンゲ畑もだんだん少なくなってきていますね。

Img_0556  Img_0541  Img_0506 近くの田圃では、そろそろ田起こしの作業が始まっています。このレンゲ畑も今回の訪れが時期としてはギリギリだったのかもしれませんね。一日中快晴の空のもと、すこし暑いくらいでしたが、広々とした景色の中で撮影を続けることができました。来年もれんげ畑があれば、ぜひ再訪したいですね。近鉄大福駅から東へ歩いて5分ほど。

Img_0686  Img_0603 また近くをJRの万葉まほろば線が走っています。この路線も来年度には現在の105系が227系に置き換えられるとのことですから、このようなレンゲ畑を入れたカットも撮れなくなるかもしれません。ここも背景に音羽山がそびえていて、豪壮な景色の一部となっています。

 

2019年4月17日 (水)

近鉄からの贈り物 あおぞらⅡ

57402314_2316952458629082_34132872526068  57568454_2316952451962416_24162688861365  57226483_2316952468629081_17748265113002 今日は、いつもの生駒での野暮用を終えて、近鉄で遠回りをして帰ろうとすると、、、、、、平端の手前で近鉄の団体列車、あおぞらⅡが天理線に入線していくのを目撃、これが帰って来るのを待ち構えました。

天理線の平端駅ホームへの入線、天理線から橿原線への渡り、橿原線3番ホームへの入線です。

57358193_2316952471962414_40736291070431  57154271_2316952528629075_42653880452110 どこでどう、この列車の情報をキャッチして来るのか分かりませんが、ご同業が何人も周りにおられました。皆さん、すごいですね。電車は平端駅構内でスイッチバックした後、橿原神宮前方面へ消えて行きました。

橿原線3番ホーム、橿原神宮前方面への出発です。クリーム色に赤の塗装、この配色はもともと近鉄にはなく、国鉄の151系こだま等に由来する塗装色ですが、萌えますね!

2019年3月14日 (木)

薬師寺裏で近鉄撮影

Dsc03419薬師寺での拝観を終え、外へ出てみるとまだ日が高いです。春になりましたね。薬師寺の西隣には、近鉄の橿原線が南北に通っています。かつて、薬師寺の樹々がそれほど成長していなかったときは、線路越しに薬師寺の塔を一緒に写し込めたのですが、今ではうっそうと茂ってしまいました。

Thumbnail_image1とは言うものの、分厚い樹々の緑を背景とした写真が撮れる好適地であることには変わりありません。しばらく待っていると特急電車もやってきました。実は、ここで撮っているときに、以前から具合の悪かったレンズがとうとうおシャカになってしまいました。薬師寺のそばでお釈迦になる、、、、どこかのお堂に吸い込まれてしまったのかもしれませんね。

Dsc03417薬師寺の境内を出たところに早咲きの桜がありました。

その濃い色合いが、もう冬ではないことを伝えてくれています。

181218_9784415326238鶴通孝 整備新幹線 紆余曲折の半世紀 鉄道ジャーナル社新書/読了・・・・・・・・・新幹線というもののそもそもの設定は東海道に見られるように在来線の線路容量がパンクしそうだという考えから出たものですが、それがいつの間にか、新幹線を通すことが地域の活性化につながる、確かにそうなのですが、そのように目が向けられてきましたね。ここでは、そうした矛盾を踏まえたうえで、整備新幹線のあり方と現在、将来の展望が語られています。大変真面目な本です。

2018年11月 6日 (火)

近鉄12200系

Dsc01267昨日、11月5日は、いつもの野暮用で生駒へ行き、帰りに少し大回りをしてきました。生駒から西大寺、さらに橿原線のファミリー公園駅でこの特急列車を待ちました。数年後には入れ替えが予想される12200系です。橿原線の特急の多くは4連なので、こうしたすっきりとした編成がまだ見られます。

Dsc01285その後、大和八木まで来て今度は大阪線に乗り換えます。ちょうど同じ12200系の難波行き特急が来て、さらに、今度は鳥羽行きの12200系特急が到着しました。このように12200系が顔を並べるのも珍しいことではないでしょうか。古くからの近鉄特急のスタイルですから、ラッキーな瞬間でした。

Dsc01287鳥羽行の特急の後ろ2両は、22600系でした。汎用特急車としては一番新しい系列ですね。これは新しい塗装に替えられています。お知り合いにも、この塗装が似合っているという方とそうでもないという方、半々くらいの評価でしょうか。いずれ、汎用特急はすべてこの塗装に統一されるものと思います。左側の山は耳成山です。

31vedwbyvtl__sx323_bo1204203200_さくらももこ 焼きそばうえだ 小学館文庫/読了・・・・・・・・・著者の知り合いの植田さんという方について、そのグループで、まさに妄想した結果、バリ島に焼きそば屋さんを回転させるというバカ話、そしてそれが実現してしまうという、それは壮大なバカげた話ですが、登場する人々の個性が際立っていて、面白く読みました。著者は、目の前で展開されることをしっかりと把握して、簡易な言葉で伝えるという技術では非常に優れていますね。連続したさくらももこ作品、ここでしばらくお休みです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ