国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

近鉄

2020年11月 7日 (土)

歴史探訪で出会った近鉄車両たち

01-20201008

毎年、春と秋にお世話になっている奈良歩き、かぎろひ歴史探訪では近鉄電車を利用する機会が多く、集合場所へ早めに行って撮影するなど、かなりの記録があります。その中から今秋の写真を紹介します。10月8日に鶴橋駅で撮影したおさかな電車です。このときは行き先表示の枠が赤いのでびっくりしましたが、その後またまた白く塗りなおされています。これは貴重な記録となりました。

Dsc04584_20201107070701 Dsc05808

9月10には当麻寺あたりを歩いています。集合場所の当麻寺駅での南大阪線16000系です。さらに、10月18日の室生口大野駅、この日は室生寺まで行った帰りに駅ホームで撮影したひのとり80000系です。

Dsc04944 Dsc04949

9月24日は、やっても来ない台風を危惧されたのか、奈良歩きが中止になったため、集合場所へ顔を出した後、吉野へ向かいました。吉野駅の16600系Aceと壺阪山駅で交換した観光特急青の交響曲です。

Dsc04952 Dsc04953

吉野の帰りは、すんなり帰るのではなく田原本線へも立ち寄りながらでした。そこでは復刻塗装の2つの編成に出会うことができてラッキーでした。そういえば、田原本から西田原本⇒王子で乗り換えて生駒⇒新大宮というルートで、雨で中止の反省会へ行きましたね。

Dsc06067 Dsc06084 Dsc06091_20201107070701

つい最近、10月29日は、大和八木周辺でした。帰り道の耳成駅での名阪特急アーバンライナーnext、大和八木駅前にできた橿原市役所別館の展望室からの12200系、背景に二上山が生えています。そして、反省会のあとでみた西大寺駅での12200系です。これからもいろいろな近鉄電車に出会いたいものです。

61ddetsq5tl_ac_ul320_

伊藤雅文 日本書紀「神代」の真実 邪馬台国からヤマト政権への系譜 ワニブックスPLUS新書/読了・・・・・・・本の題名からついつい購入してしまいましたが、ずいぶん前に読んだ関某氏の歴史本みたいに、仮定の上に仮定を重ね、だからこう結論するという架空の話を面白おかしく展開していくだけで、読み進めるうちに興趣を欠く一冊でした。もう少ししっかり検証の上に検証し、慎重な本を読みたいところです。とはいうものの、買った私がばかだった。

2020年10月25日 (日)

近鉄南大阪線壺阪山のコスモスと市尾の風景

Dsc05549  Dsc05564  Dsc05607

昼酒A川氏から、近鉄南大阪線壺阪山駅近くで線路際のコスモスが綺麗に咲いているとのことを知らされ、それは行かねばならないと10月15日に出かけてきました。駅からすぐの場所で、田んぼの中なのですが地元の方にも快く受け入れていただきました。満開のコスモスを入れてやってくる近鉄電車を撮影できる絶好の場所です。

Dsc05569  Dsc05587

何本か列車がやってきましたが、その中で飛鳥のPR電車と観光特急青の交響曲(シンフォニー)はやはり白眉でしょうね。背景に木々があるので、青の交響曲はイマイチ映えませんが、何人かの方がこれを目当てに撮りに来られていました。

Dsc05612  Dsc05617

その後、壺阪山から一つ南の市尾駅までの間を歩いてみました。特に目的もなかったのですが、歩き始めてすぐに広がる雄大な風景に茫然となるばかりです。谷間が急に広がり、眼前に葛城山、金剛山が立ちはだかる絶景は息をのむばかりです。奈良はとかく箱庭的風景が多いのですが、この奈良ではないような雄大な景色の広がりに大満足の散策となりました。

Dsc05618  Dsc05622  Dsc05624

帰りに壺阪山駅で交換した16000系と橿原神宮駅で見たモト90型の電動貨車、それに京都行の12400系をおまけに貼っておきます。この後、新大宮まで行ってなじみのお店でランチというコースでした。

2020年10月18日 (日)

近鉄大福 実りの秋と近鉄特急 10/7

Dsc05229

10月7日は、いつもの生駒の野暮用(仕事なんですが)を終えて、新大宮の一条でランチ。天気がイマイチの日だったので遠出は辞めて、西大寺経由、大和八木乗換で大福駅近くの広々としたポイントへ行きました。西大寺駅でやってきた12200系吉野連絡特急。旧塗装の最後の活躍が続いています。

Dsc05231  Dsc05232

近鉄大福駅近くのポイントに着きました。着いた途端やってきたのが新しい名阪特急ひのとりでした。少しタイミングが合わず線路際の草がかぶってしまいました。さらに従来の名阪特急アーバンライナーがやってきました。実り多い稲穂が残っていて良かったです。

Dsc05236  Dsc05235

さらに30000系ビスタカー、22000系がやってきました。三輪山を背景として望んでいたカットが撮れました。ところがここで雨が降ってきて、残念ながら退散です。建物も何もないところでは雨宿りもできませんから。

Dsc05248_20201018054301  Dsc05252  Dsc05254

大福駅に戻ってきたらご褒美がありました。名古屋行き8連の特急に12200系が付いてやってきました。背景は大和三山のひとつも耳成山です。急行に乗り換える大和八木駅では名古屋行きのひのとりが通過していきました。どれだけのお客さんが名古屋を目指すんだろうか。

鶴橋へ到着すると、今度は海遊館ラッピングの電車が発車していきました。この日は天気は良くなかったですが、短時間で効率的に成果を上げることができました。

2020年9月23日 (水)

日本最古のケーブルカーで生駒山上へ 9/16

Dsc04724  Dsc04726  Dsc04729_20200923061801

9月16日は、いつもの生駒での野暮用を終え、昼食後たまたま生駒ケーブルの駅を覗いたら発車直前だったので迷わず乗車してしまいました。これも、近鉄のワンデイチケットを持っているからのことです。この日は1953年生まれ旧型のすずらん号と白樺号が稼働していました。ミケ号はお休みです。

Dsc04732  Dsc04734   Dsc04744_20200923061801

ケーブルカーで一つ上の宝山寺駅に到着しました。もうずいぶん登ってきた感じですが、ここで乗り換えです。宝山寺駅にはブル号が休んでました。宝山寺駅構内には、ケーブルカーの車輪が置かれています。一方はガイドをする溝車輪、もう一方は単に線路上を走る平車輪です。どう動いているかわかるでしょうか、外側の線路をガイドする溝車輪が走ります。

Dsc04735_20200923061801  Dsc04736  

宝山寺駅でもう一つ上まで行くケーブルカーに乗り換えます。少し派手な車両です。ここから先はさらに傾斜がきつくなります。途中ですれ違ったところでもずいぶん高く上がってきたことを実感できました。この線の途中には2か所、停車駅があるというケーブルカーとしては珍しい路線です。

Dsc04738  Dsc04742  

生駒山上へ到着しました。下界よりは5度くらい気温が低いようです。ここには入場料無料の生駒山上遊園があり、平日としてはそこそこ多くのお客さんでにぎわっていました。山の上ですが、意外に景色を楽しめるところがなく、そこは少し残念です。遊具に乗ると絶景を楽しめるのですが、そこまでしてという感じでしょうか。次のケーブルカーが下るまでの30分間、山上の散策を楽しみました。

2020年8月31日 (月)

三本松で秋の気配を感じて

Dsc04371  Dsc04388

8月26日は、いつもの生駒の野暮用を終えて午後から近鉄大阪線の三本松までやってきました。遠景の撮影ポイントから俯瞰撮影ができるポイントへ移動しました。ここで、新名阪特急のヒノトリを撮影できました。ヒノトリの塗装色は表現しにくいのですが、これらの写真はとても実際の色に近いものではないでしょうか。

Dsc04357  Dsc04359

待つうちに従来の近鉄特急の塗装のままの12200系が大阪方向からやってきました。このまま4連で来るかなと思っていたら、後ろに22000系がつながっていました。8連という長編成はうれしいけれど、ちょっと残念。

Dsc04399   Dsc04377_20200831072401

伊勢志摩ライナーのイエローがやってきました。黄色い車体が緑の背景にとても似合ってました。また、22000系が来ました。この三本松の景色にはヒノトリよりもこのような黄色の車両の方が綺麗に映えるようです。

Dsc04400  Dsc04354

通勤型も貼っておきます。この辺りはほとんどが急行の各駅停車運用です。たまに準急も走っているようですが、この時間帯には来ませんでした。ということで久しぶりの三本松での撮影を楽しみました。

Dsc04324  Dsc04411

撮影していた場所にはいろいろな木がありました。手前にあった木の中を見ると、なんとキーウィがたくさん成っていました。荒れた畑地だったのでほったらかしなんでしょうが、見事なものでした。また、少し下ったところには緑のイガを付けた栗の木がありました。イガの色が変わるころにはずいぶん涼しくなっていることでしょう。

2020年8月30日 (日)

近鉄三本松へ 近鉄おでかけ1dayきっぷを使って

118007207_2756246088033048_5186307919691  Dsc04315

8月26日は、いつもの生駒での野暮用を終えて、近鉄大阪線の三本松を目指しました。近鉄おでかけ1dayきっぷという事前に使用日を指定して購入という条件ながら、たいへんお得な切符を使って、奈良県で一番東の端の駅まで来ました。

Dsc04317  Dsc04322_20200830071401  Dsc04323_20200830071401

三本松駅から子安観音の方へ向かって15分ほど歩いた高台まで来ると、展望が開けた撮影ポイントがあります。到着した時は、曇っていて天気がどうなるかなぁという不安がありました。というのも前日の午後からこの辺りは爆雷状態だったからです。22000系、12400系、さらに2連の回送が通過していきました。

Dsc04326_20200830071401  Dsc04338  Dsc04350

しかし、天気はそのうちに晴れてきて、そして待っていた80000系新名阪特急ヒノトリがやってきました。続けて23000系伊勢志摩ライナー、従来の21000系名阪特急アーバンライナーが通過しました。

Dsc04346  Dsc04353

その他、ピスタカー30000系、そしてこの辺りは各駅停車運用になりますが、20分ヘッドで急行がやってきます。さて、線路に近いポイントへ移動することとしましょう。

41lnwj9ju5l__sx343_bo1204203200_

平岩弓枝 女櫛 花房一平捕物夜話 集英社文庫/読了・・・・・・・・・・著者による名作となったシリーズ御宿かわせみの前にシリーズ化された時代と場所を一緒にするいわば習作にあたる12作の連作です。これで終わりというのはあっけないですが、この世界観を持ったまま、御宿かわせみに移行したのでしょうね。未解決で気になることも多いまま、終わってしまったことが残念ですが、別シリーズで花が咲いたことにつながるのですから、仕方ないですね。

2020年7月27日 (月)

近鉄平城駅近くで 7/22

Dsc03868_20200727063101  Dsc03882  Dsc03893

7月22日は、いつもの生駒での野暮用を終え、西大寺で蓮を見たのち、歩いて一駅先の近鉄京都線平城駅を目指して歩き始めました。この駅の近くに開けた撮影ポイントがあるからです。この場所は知っていたのですが訪れるのは初めてのことです。青々と茂った稲の向こうを次々と近鉄電車が通過していきます。

Dsc03871_20200727063101  Dsc03902  Dsc03873

線路のそばまでやってきました。背の高い木々が並ぶ背景を入れて撮影しやすい場所でした。ただ、これからは日差しを遮るものがないので辛いかもしれませんね。12200系も通過していきました。

Dsc03905  Dsc03915

この日は気温が30度を超える暑い一日だったので、1時間ほどで平城駅に戻り帰途につきました。駅で電車を待っている間にも、次々と特急がやってきます。こうしてみると、今年度で引退が決まっている12200系もまだまだ活躍しているのかもしれないと思えるほど出会いが多い一日でした。

Dsc03921_20200727063101  Dsc03923_20200727063101

西大寺駅で乗り換えた難波行きの急行は、田原本線の赤塗装編成でした。内装には特に変わったところはありませんでした。鶴橋駅に到着したところでもう一枚撮影して、この日の打ち上げとしました。

2020年7月26日 (日)

近鉄西大寺駅 再び 7/22

Dsc03821  Dsc03827

7月22日は、いつもの生駒での野暮用を終えて西大寺へ向かいました。その前に生駒駅でみた大阪メトロの20系地下鉄電車です。西大寺駅に着いたら京都市営地下鉄の10系がいました。1115号という番号から4次車ということがわかります。登場時の1次車よりも少し丸みのある顔になっています。双方色合いがよく似てますね。

Dsc03829  Dsc03830

以前もそうでしたが、西大寺駅12時10分発の橿原神宮前行の吉野連絡特急は数少なくなった12200系で運用されているようです。吉野連絡の標識が誇らしげです。めちゃくちゃ線路が入り組んだ西大寺駅構内を進んでいきました。

Dsc03833  Dsc03834

待つほどに奈良方面から京都行の特急がやってきました。その傍らで、田原本線の塗装変更編成が車庫に引き上げていきました。この編成はまだ田原本線での撮影がないので、そのうちにきちんと撮影したいものです。

Dsc03840_20200726073001  Dsc03839

お昼は、西大寺駅近くにある少し変わった装飾を施したラーメン屋さんにしました。700円(税込)で、ラーメンと小ごはん、さらにおかず一品とは大変リーズナブルなものでした。この店からは窓越しに近鉄電車が通過する様子を見ることができました。

2020年7月10日 (金)

リニューアルした近鉄西大寺駅

Dsc03444  Dsc03443  Dsc03442

いつもの生駒の野暮用を終え、近鉄西大寺駅まで来ました。この駅はコロナ禍で自粛が続く4月19日に、駅を南北につなぐ連絡通路が開通するとともに、駅構内の一部がリニューアルされました。新しく出来た広い改札口とホームへのエスカレーター、さらに7月1日に就任した案内役AIロボット、新入社員のARISAちゃんです。日・英・中・韓の4か国語を操るそうですが、中・韓はしばらく活躍しそうにありませんね。

Dsc03435  Dsc03436

プラットホームへ降りました。ちょうど京都市営地下鉄の10系列1100系が来てました。貫通扉に窓がないタイプです。今ではこんな武骨な顔の電車も少なくなりましたね。近鉄電車との並びも貼っておきます。

Dsc03439  Dsc03440

西大寺へは阪神電車もやってきます。近鉄線乗り入れを機に登場した1000系とシリーズ21の並びです。奈良方面から京都行の特急がやってきました。西大寺駅の魅力はこの複雑なポイントです。近鉄奈良線と京都線、さらに車庫への引き込み線が何重にも絡んだ結果こうなりました。

Dsc03437  Dsc03438

今年度のうちには引退するといわれる12200系の橿原神宮前行の特急がやってきました。しかも、吉野行特急との連絡をする標識がついています。近鉄特急最大の車両数を誇ったグループですが、今では見かけることも少なくなりました。たまたま立ち寄った西大寺駅でしたが、貴重な出会いとなりました。

2020年6月 5日 (金)

KAIYUKAN TRAIN

Dsc02551_20200605062101  Dsc02558

一昨日はいつもの生駒の野暮用の帰りに新大宮へ立ち寄りました。その帰りに真っ白な近鉄電車がやってきました。この電車はKAIYUKAN TRAIN
というものらしく、「いつもの時間に 小さな発見と驚きを」をコンセプトとしているようです。車体にはこまごまとした魚のイラストなどが薄めのパステルカラーで描かれています。

Dsc02552   Dsc02554   Dsc02557

さて、その車内ですが、扉の内側にも魚がプリントされていますし、運転室の面にも大きなジンベエザメが描かれています。車内の天井には黄色や赤い、なんだろう?ビラビラとした物が下げられていたり、つり革の取っ手が透明になっていたりと、なんだか雰囲気を醸し出しています。車内は新型コロナウィルスにより影響か、ガラガラでしたけど。

Dsc02556   Dsc02555 

車内の床にもデザインされていて、Thank youやEnjoy the little thingsなどのメッセージが込められていました。

Dsc02561

梅田で下車したところ、駅前にゼブラバスがいました。バス好きの友人に写真を送ると、側窓にまで細かなバス窓のデザインが再現されていて、とても丁寧な仕上がりになっているとのこと。興味の薄いことには目が行き届かないものですね。

Yjimage_20200605062101

宮本昌孝 ふたり道三 下 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・司馬遼太郎の国盗り物語で語られた斉藤道三の一代記は実は親子による美濃支配だったという最近の説(とは言うもののその書簡が発見されたのは1960年とのこと)により、劇画タッチで語られた小説でした。本筋となる話の周りに忍者みたいな集団、さらに誇張された人物の描写などで面白く仕上がってました。しかし、今度はもう少し史実に忠実で、客観的な見方をしている小説が読みたいなぁ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ