国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

近鉄

2020年6月 5日 (金)

KAIYUKAN TRAIN

Dsc02551_20200605062101  Dsc02558

一昨日はいつもの生駒の野暮用の帰りに新大宮へ立ち寄りました。その帰りに真っ白な近鉄電車がやってきました。この電車はKAIYUKAN TRAIN
というものらしく、「いつもの時間に 小さな発見と驚きを」をコンセプトとしているようです。車体にはこまごまとした魚のイラストなどが薄めのパステルカラーで描かれています。

Dsc02552   Dsc02554   Dsc02557

さて、その車内ですが、扉の内側にも魚がプリントされていますし、運転室の面にも大きなジンベエザメが描かれています。車内の天井には黄色や赤い、なんだろう?ビラビラとした物が下げられていたり、つり革の取っ手が透明になっていたりと、なんだか雰囲気を醸し出しています。車内は新型コロナウィルスにより影響か、ガラガラでしたけど。

Dsc02556   Dsc02555 

車内の床にもデザインされていて、Thank youやEnjoy the little thingsなどのメッセージが込められていました。

Dsc02561

梅田で下車したところ、駅前にゼブラバスがいました。バス好きの友人に写真を送ると、側窓にまで細かなバス窓のデザインが再現されていて、とても丁寧な仕上がりになっているとのこと。興味の薄いことには目が行き届かないものですね。

Yjimage_20200605062101

宮本昌孝 ふたり道三 下 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・司馬遼太郎の国盗り物語で語られた斉藤道三の一代記は実は親子による美濃支配だったという最近の説(とは言うもののその書簡が発見されたのは1960年とのこと)により、劇画タッチで語られた小説でした。本筋となる話の周りに忍者みたいな集団、さらに誇張された人物の描写などで面白く仕上がってました。しかし、今度はもう少し史実に忠実で、客観的な見方をしている小説が読みたいなぁ。

2020年5月29日 (金)

近鉄東信貴鋼索線(ケーブル線)の車両

Dsc02454  Dsc02446

昨日5月28日は、緊急事態宣言解除に伴って再開された生駒の野暮用(一応、仕事なんですけれど、、、)の帰りに、近鉄生駒線の信貴山下駅に立ち寄りました。この駅前に、1983年8月末まで乗り入れていた近鉄東信貴鋼索線、鋼索線というのはケーブル線のことですが、そのケーブルカーが今年3月14日に展示されたとのことで訪れました。

Dsc02456_20200529063201  Dsc02457

ケーブルカーは、駅前のロータリーの目立つところに置かれていました。車両の塗装も新しく行われたようで、とてもきれいな状態でした。かつてはこの駅前にケーブルカーが乗り入れていました。このケーブルカーはもともと三郷町内の小学校に静態保存されていたものです。

Dsc02440  Dsc02441  Dsc02444

信貴山下駅の構内には、その近鉄東信貴鋼索線に関する資料の展示もされていました。東信貴ケーブルは、生駒ケーブル、箱根ケーブルに次ぐ日本で3番目に開通したケーブル線でした。

51xd9omgfnl__sx346_bo1204203200_

宮本昌孝 ふたり道三(上) 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・・最近、斉藤道三という人物が二人いたのではないかという話しを聞きましたが、さて、その真偽はどうなのでしょう。司馬遼太郎の「国盗り物語」では、油売りの松浪庄九郎が美濃で力を付けて城を乗っ取り、斉藤道三として君臨するみたいなことなのですが、この本ではどのような展開になるのでしょう。600ページほどの上中下3巻とかなりの長編ですが、書き方が劇画タッチなのでスイスイ読めてしまいます。いまのところ、松浪庄九郎という名前がストーリーの上で登場したところです。

2020年5月23日 (土)

久し振りの生駒の野暮用で 近鉄生駒駅

Dsc02400

緊急事態宣言が解除され、少しは日常が取り戻せるような動きになってきたかと思います。そういうことで、いつもの生駒の野暮用(とは言うもののお仕事なのですが)も復活し、昨日5月22日に久しぶりのことですが、近鉄電車に乗って府県境を越えて出かけてきました。

Dsc02404  Dsc02406  Dsc02408

野暮用を終え、生駒駅の近鉄百貨店で用事をすべく、ペデストリアンデッキを歩いていると、矢田丘陵を背景とした近鉄線を望めるところがありました。やってくる近鉄電車は通勤型ばかりですが、新しいポイントを見つけたうれしさもあり、しばらく撮影を続けていました。

Dsc02410  Dsc02409  Dsc02402

生駒駅には近鉄奈良線のほか、大阪メトロから延伸しているけいはんな線も並走しています。撮影したのは短い時間でしたが、たまたま3つの形式が続けてやってきました。

Dsc02413  Dsc02416

近鉄に乗りいれている阪神車もやってきました。またも近鉄のレトロ塗装車もやってきました。日曜日は昼間の時間帯も特急が走っているので、もう少しいろどりが増えるかと思います。

Dsc02418

お昼どきでしたが、撮影も終え少し時間帯をずらしていつもの絶品鶏料理「さわや」さんでランチです。この時期ですから、混雑時には入店制限しますとか、当面はランチ営業がメインですとか、ドリンク提供も90分が目安ですとか、いろいろとお店としての気遣いもされていましたね。

いつものおいしいランチでお腹いっぱいとなりました。思えば外食したのも、緊急事態宣言後初めてのことでした。

2020年3月28日 (土)

歴史探訪下見の前に近鉄

Dsc01920  Dsc01929

コロナコロナでワサワサしている世間ですが、外の空気も吸わなければ生きていられない!というわけで、3月26日はかぎろひ歴史探訪の下見に同行させていただくよう、集合場所の西大寺駅へ向かいました。とは言うものの、時間に余裕があったもので大和八木経由です。ちょうど、ひのとりとしまかぜがやってくるタイミングでした。

Dsc01926  Dsc01925  Dsc01928

その後も、短い時間のうちに、伊勢志摩ライナー23000系、アーバンライナー21020系、ピスタカー30000系なども次から次へやってきます。本当に飽きることが有りません。

Dsc01931  Dsc01933

今度は大和八木から西大寺へ向かって北上します。いつも先頭配置について、前方を注視していきます。大和八木を出たところでやってきた22600系特急、さらに田原本線の記念塗装車輛です。

Dsc01936  Dsc01943  Dsc01937

途中のファミリー公園でいったん下車し、このカーブで特急通過を待ちます。やってきたのは22600系の特急でした。この日、12200系は奈良-京都間の特急に入っていたようです。

毎年のように来ていた大和郡山城のしだれ桜、今年はもう満開となっていました。これからの天候がずっと雨か曇りということなので、今年はこの桜と近鉄特急のコラボ写真を撮影することは難しいですね。

51k8698rl5l__sx342_bo1204203200_

風野真知雄 喧嘩旗本 勝小吉事件帖 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・勝海舟の父親、勝小吉は生来の暴れん坊、問題児であり、そのまま大人になり、21歳から24歳までの3年間、家の座敷牢に閉じ込められていたという史実をもとに、彼がなじみの友達や岡っ引きから聞いた話だけで、事件を解決するという、ひとつの安楽椅子探偵のスタイルをとった作品。勝小吉は後日、自身の人生を基に「夢酔独言」を綴っている。これは一度読んでみたいものですね。

2020年3月19日 (木)

近鉄新大宮へ 3/1

Dsc01323  Dsc01328_20200319063601  Dsc01329

久しぶりに純正の鉄道ネタです。3月1日は思い立ち、奈良のひとつ手前の近鉄新大宮駅を目指して出かけました。

で、近鉄鶴橋駅に到着して奈良行きの急行を待つ間に、どんどん車両がやってきました。12200系特急とアーバンライナー。

Dsc01325  Dsc01327  Dsc01330

通勤型もそれぞれ特徴的な車両が続々やってきます。そして、奈良行き急行が到着しました。これに乗車です。

Dsc01331  Dsc01332  Dsc01333

急行は布施駅で特急の通過待ちをしますが、なんとなく期待して車外で待っていると12200系が通過していきました。

新大宮で下車して線路沿いを歩いていると先に追い抜いて行った特急が難波行きで折り返してやってきました。さらに、続いて奈良行きの特急も12200系という効率的な収穫を上げました。

2020年1月28日 (火)

雨が降る前に、奈良へ その3

Dsc00450  Dsc00451

1月22日は、そのあとしばらく雨模様が続くとの天気予報を受け、それでは雨の前にひと仕事と奈良方面に出かけました。まずは巻向へ行き大和盆地の空気を感じた後、大和朝倉で撮影し、今度は大福駅近くの開けた場所へやってきました。三輪山と初瀬谷方面が広々とした風景の中に入り込んだ様子を見ることができます。そして、田圃には秋に刈り取った稲わらが束ねられていて珍しい景色となっていました。

Dsc00456  Dsc00469  Dsc00455

三輪山を背景に入れたりしてしばらく通過する近鉄電車を撮影していました。冬景色なので緑が少なく、しかも曇りがちで寂しさが漂う冴えない写真になりましたが、滅多に足を運ばない場所ですから仕方ないですね。

Dsc00466  Dsc00458

来年度には姿を消す12200系も快走していきます。最近、さすがに以前ほどの本数を見ることが無くなりましたが、まだまだ現役で活躍しています。南側に並走するJRの万葉まほろば線にはいち早く227系が配置されて活躍しています。大和盆地の古代の道、横大路に沿って走る2本の鉄道の様子をアップしました。

2019年12月27日 (金)

近鉄鶴橋駅での新特急ひのとり

Dsc00023  Dsc00025

12月24日は、いつもの生駒での野暮用(今年最後の野暮用でした)を終えて、近鉄鶴橋駅へ向かいました。時間に余裕があれば他の場所も考えられたのですが、試運転列車のダイヤから考えてギリギリだったのです。ところが、新特急ひのとりがやってきたのは20分遅れの到着でした。

Dsc00033  Dsc00036

試運転列車は、鶴橋駅のひとつ西側の上本町駅にいったん入線した後、すぐに折り返してきます。待つうちにやってきました。そのうち、こういう風景が日常になるのでしょうね。列車は再び東進していきました。まだ新しい車両ですから足回りもきれいなままですね。

Dsc00016  Dsc00019

新特急ひのとりに取って代わられるのが、これらの名阪特急アーバンライナーです。何回もお世話になっていて、車両の感じも古さを感じさせるものではありませんが、左のネクストが27年くらい、右のプラスが30年くらいの車齢となっていてそろそろ交代時期なのでしょうね。

Dsc00014  Dsc00013 

その他にも近鉄特急が続々とやってきます。彼らは既に新塗装に変わっていて、これからも沿線を走り続けることでしょう。この日は残念ながら旧塗装の12200系はやってきませんでした。

9784309417233

吉田秀和 ブラームス 河出文庫/読了・・・・・・ベートーヴェンの生涯というのは、ロマン・ロランの小説をはじめ、また映画にもなって紹介されたりしていますが、ブラームスの生涯というのはあまり伝わっていませんね。それも、子供のころの貧しい生活などは特にです。この本はそういう伝記ではありませんが、すこしそういう生い立ちにも触れていて、そこから派生する将来のクララ・シューマンとの邂逅にも影響がみられるのでしょうか。とにかくクラシック音楽の重鎮であるブラームスを多角的に語った本書は、知っておいて損はない話しばかりでしたね。

2019年12月20日 (金)

近鉄、新しい名阪特急ひのとりの試運転列車

Dsc09935  Dsc09929  Dsc09967

来春3月から近鉄の名阪特急としてデビューする新特急ひのとりの試運転が始まっているとのこと、また、お知り合いの方々が次々へ撮影に行かれるものですから、昨日12月19日に大阪線の恩智駅近くと河内国分駅近くの大和川橋梁へ行ってきました。曇天で色は冴えないですが、とりあえず走行する姿を撮ることができました。

Dsc09914  Dsc09915

恩智駅近くでは、近鉄のイベント列車TSUDOIがやってきました。この列車、見たことはあったのですが撮影は初めてです。主に名古屋と湯の山温泉の間を走っているので、思わぬ拾い物という感じです。中間の車両には、なんと足湯があるそうで、一度乗ってみたいですね。

Dsc09943  Dsc09912

今の名阪特急、アーバンライナー・nextとアーバンライナー・plusです。東への旅の場合、急がないときはお世話になっています。新幹線よりも時間はかかりますが、初瀬谷を走る列車からの景色の美しさは近鉄ならではのものですね。

Dsc09918  Dsc09924  Dsc09951

その他の特急列車もやってきたので撮影しています。名古屋行の8連の特急、さすがに長編成となりますから見事です。ほかにダブルパンタの12400系、ひのとりの登場で引退に拍車がかかる12200系特急です。とはいうものの、12200系は車両数が多いので、それほど急速に減ることはないでしょう。

2019年12月 5日 (木)

近鉄恩智界隈 11/27

Dsc09448  Dsc09443   Dsc09491

11月27日は八尾の恩智にある茶吉庵で鉄道写真展を見た後、恩智駅と法善寺駅の間にある撮影スポットで久しぶりに撮影しました。ここは大阪府内の近鉄沿線で唯一畑などが広がり大きな障害物無しで撮影できるところです。塗装変更されないまま近い将来に廃止されるであろう12200系です。

まだまだ車両数が多いものの近鉄サイトの主な特急からすでに外されている12200系 とりあえず特急全体の内容⇒ 

Dsc09435  Dsc09470

伊勢志摩観光の切り札として投入された伊勢志摩ライナーレッドとイエローです。ゴレンジャーみたいにどんどん色が増えるのかと思いきや、この2色にとどまりました。

伊勢志摩ライナー ⇒ 

Dsc09453  Dsc09434

名阪特急として専属的に利用されているアーバンライナープラスとアーバンライナーネクストです。名古屋方面に行くときはわざわざこれを利用することもあります。でもネクストにはまだ乗車したことが有りません。

アーバンライナー ⇒ 

Dsc09438  Dsc09483  Dsc09455

塗装変更されたグループです。2階建て車両を挟み込んだピスタカーは近鉄の伝統です。新しい塗装にも今ではすっかなじんでしまいましたね。

ピスタカー ⇒   その他はスタンダードタイプとしてひとくくりにされてしまっています ⇒ 

近くに畑を管理されている方がおられ、同年輩なのか、修学旅行であおぞら号に乗ったとか、それが近鉄八尾駅から発車したとか、昔話に花が咲きました。地元民でもないのに押しかけてずっと居座っての撮影、ご迷惑をかけているようでもなかったので安心しました。まずはご挨拶が大切ですね。

51jsgts9d0l__sx334_bo1204203200_

野村萬斎 萬斎でござる 朝日文庫/読了・・・・・・・・・最近、その舞台に接することが多くなった野村萬斎が2000年ころに上梓した自分の生い立ちからのその時点に至るまでのことが書かれた一冊。また、狂言と言う世界に生まれ、育ち、その世界に入っていったことに対する葛藤なども詳しく書かれていて、なかなか思い話題もあったりと中身の濃い本でした。巻末に代表的な、と言っても数多くの狂言のあらすじが書かれていて、これはとても役に立ちそうですね。

2019年12月 4日 (水)

近鉄高安車庫 新特急ヒノトリ 12/1

Dsc09560  Dsc09572

12月1日は、八尾で開催されたコンサートに行きましたが、その前に近鉄高安駅に隣接している高安車庫へ行ってみました。以前、この駅を急行で通り過ぎたときに近鉄の新特急ヒノトリを見かけたものですから。で、高安車庫の周りをぐるっと歩きます⇒居た!  赤いピカピカの車両が奥の方にいました。南側へ回ると、あおぞらの隣にいました。初めてヒノトリを撮影することができました。

Dsc09562  Dsc09573  Dsc09575

近鉄高安車庫の南側のヤードではその先端に各種特急が顔をそろえることは知っていましたが、改めてその姿を見ると何とも壮観です。あおぞら、12200系、楽が並んでいる姿は本線では見ることができませんから。

Dsc09578

高安車庫にはもうひとつ、北側にも広いヤードがあります。まだ時間がありましたから、そちらへもまわってみました。薬局の駐車場?の奥の方に車庫の一部の敷地があり、そこにもいました!なんだか、ゴジラが突然顔を出したような感じ。

Dsc09579  Dsc09584  Dsc09585

さらにその先へ進むと、車庫の塀越しに車体を撮影することができました。この先頭車はスペシャルな座席になるはずです。シートにはまだビニルカバーがかけられていて、ドキドキするような新車の姿を見ることができました。これは走り始めたら早速乗車しなければなりませんね。楽しみが増えました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ