国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

阪神

2017年8月18日 (金)

阪神武庫川駅の木造屋根

Dsc06394阪神電車は、芦屋-香枦園間のみ高架工事が未施工で、多くの駅舎は高架化や震災復興に伴い新築されていますが、武庫川駅の駅舎の中心部分は、いまだに木造屋根を残しています。過日、武庫川駅の東側の踏切から撮影してきました。

Dsc06412この駅舎の広告の掲示も以前から変わらず、電車側に斜めに張り出しており、向かいのホームへのアピールも大きなものとなっています。駅の改札口の位置は変わりましたが、ここは高架化の予定もないでしょうから、ずっとこの昔ながらの風情を楽しめるものと思います。

2017年6月29日 (木)

模型 阪神電車3011系

Img_2350先月上京した折、お見舞いに伺ったのに逆に大変お世話になったモハシさんから、さらに阪神電車のかつての特急電車3011系の模型をいただきました。しばらくケースに入れたまま置いていたのですが、ここはケースに入れて飾ろうと模型屋さんに行って話を聞くと、アクリルケースは大変高価なので、百均ストアで300円でケースがあるので、とうれしいお知らせ。

Img_2351早速、近くの百均へ行くと、ちょうど2両分がきっちり入るケースがあり、これを購入しました。さらに、レールがないと締まらないので、話を聞いた模型屋さんでレールを100円で購入し、ケースに収めると、びしっと? 決まりました。

2017年6月15日 (木)

阪神電車は名前も言いたくないあの球団の色、ですか。

Dsc05878なにやら株主総会で、「阪神電車の8000系やら9300系の色は、名前も言いたくないあの球団のシンボルカラーやないか!」と糾弾する意見があったようですね。今更という事ですが、いままで、そういうことを言う株主がいなかったのが不思議なくらいです。私が株主だったら、塗装変更された時点で、撤回を申し入れていましたね。

Dsc05905とは言うものの、これも阪神タイガースが先頭を突っ走っていたら、そういう意見も出なかったかもしれませんが、どうにも、目の上の赤いたんこぶのようなチームが煩わしいですね。でも、この9300系はスタイルも良いし、転換クロスシートの車両が4両も入っているので好きですよ。

Dsc05901これらは先日、暇つぶし鉄に阪神電車の打出付近へ行ったときのものです。ここは、よほど線路側にカメラを入れないと撮れないので、そんな危ないことはやめて、フェンスの外からカメラを高く掲げて撮るようにしました。これもカメラの液晶モニターが可動式で角度を付けられるからですね。いろいろと便利な機能がついているソニーのα6000です。

2016年12月21日 (水)

阪神電車を俯瞰

Dsc03936 12月初めに、西宮北口界隈の昔の様子を写真で展示していたのを、西北のアクタ東館でみた後、今度は市役所の東館の観光関係のセクションでさらに様々な資料を見せてもらいました。その時、市役所東館の8階から阪神電車の通過を俯瞰撮影することができました。
 
Dsc03950 六甲山を背景に、近景は阪神西宮駅付近で、震災から復興計画で林立したマンション群などです。阪神西宮駅も震災後高架化されたので、このように俯瞰撮影するポイントというのも限られ、ここはなかなか良いスポットでした。
 
さぁ、今日はこれから忘年会です。
現役時代と違って、特に忘れなければならないようなこともあまりないのですけれどね。

2016年10月22日 (土)

阪神5700系を追って

Img_6759先日のことですが。
このところ、朝のうちは良い天気だけど、昼から曇ってくるという感じの毎日だったので、晴れているうちにと、阪神電車の新車、5700系がしかもブルーリボン賞受賞のデコレーションをしているというので撮影に行きました。まず撮影に行った出屋敷駅で、梅田方面からやってきました。
 
Img_6812 ここから西へ行かれたら、なかなか撮影ポイントがないので、じっくり待ちながら帰ってくるのを今津駅で待ちました。時刻はもうお昼に近く、光線の関係から、住吉駅か今津駅くらいしか撮影できるところは残っていませんでした。で、なんとか順光での撮影ができました。
 
Img_6829 お昼は西宮駅まで行って駅前の海鮮屋で穴子天丼にしましたが、以前受けた印象通り、おいしいけど店員のマナーは最低でしたね。
さて、その帰り、今度は阪急を目指すべく今津駅で乗り換えることとしましたが、ここで、8502編成をゲットできました。阪神淡路大震災の申し子(2つの編成を一つにまとめています。)ですが、今も元気に活躍していましたね。

2016年6月29日 (水)

阪神大物駅 9300系

Img_5606阪急伊丹線を撮影した後は、昼からコンサートが行われる阪神尼崎駅に自転車を置いて、一駅だけど、大物駅を往復して撮影した。この日は、阪神電車の中でも最も好みの9300系が2編成やってきて、自分としては短時間の割りに収穫となった。

Img_56349300系は、山陽電車との直通特急の運転本数増加と、山陽特急のクロスシート車両に負けないグレードということで、阪神としては名車3011系以来となる転換クロスシート車両として2002年に登場した電車です。前面のすその欠きとりでスピード感のある形態となり、ほかに似たような顔が見当たらないだけに、特徴的ですね。

2016年1月25日 (月)

阪神電車5700系

Img_3744昨年の夏の登場した阪神電車の5700系をようやくとらえた。普通車のステンレスカーとしては50年ぶりの登場となる。かつての車両はジェットシルバーという名称だったが、これはその新型。ただし、顔が黒いので、シルバーと呼べるかどうかは疑問だなぁ。まだ乗ったことがないのでどんな感じかはわからないが、1000系と変わらないのではないだろうか。

Img_3738この5700系の登場は、5001系をはじめとする青胴車の交代を意味するもので、増備に連れて廃車が進むものと思われる。ただし、阪神は阪急みたいにどんどん新車を投入する感じじゃないので、しばらくはまだ青胴車の、昔の阪神顔の車両も走り続けることだろう。

51o4zbqocpl__sx317_bo1204203200_渡辺史絵 首都東京 地下鉄の秘密を探る 歴史・車両・駅から見た地下鉄路線網 交通新聞社新書/読了・・・・・・まさにこの本のタイトル、そして副題が内容のすべてを物語っている。そして、書かれたのがタレントで女性だということにも驚き。実に論理的な展開で東京の地下鉄を概説していて、である調の文章からは甘さが感じられない。可愛いだけの女性鉄タレントがぼつぼつと活躍しているけれど、この人はちょっと違いますね。どんな人かは見たことないけど。

2015年8月27日 (木)

阪神3011 車両アルバム

Img_4322以前から発売されているのは知っていたが、なかなか普通の本屋にはなくて、本日、難波へ行ったこともあり、旭屋の鉄道コーナーへ行ったところ置いてあるのを見つけ、即座に購入した次第である。わずかに記憶に残るこの車両の全貌が明らかになるという期待大である。開くと、湘南スタイルの3011系、この車両もこれだけまとめて見られるのも初めて。うれしいですね。また、貫通ロングシート化されたのちの写真も多く、これは楽しめそうです。

2015年8月26日 (水)

今も残る金魚鉢 阪神国道電車

Img_4053阪神出屋敷駅を北に上がったところ、川沿いの公園の中に、阪神国道線を走っていた、通称金魚鉢といわれる電車が保存されている。保存というと聞こえは良いが、柵の中に放置され、今は荷物置き場と化している。往時の色もハゲハゲになり、写真の撮影も満足なアングルが取れない。見てもらうということに配慮した感じが皆無なのは残念。

Img_4054実は、市内の別の公園にもう一体あるようです。その他では、非公開ですが、多分北陸方面に整備された車輛が1両残るのみ。これは写真集にそれらしい手がかりはあるのですが、きれいに整備された姿をそれなりの努力された方が独占されても仕方ないことかと思います。

2015年7月10日 (金)

阪神8502Fは頑張る

Img_1711_2昨日は所用もあったが、ルートの関係もあって、阪神電車の撮影に時間を割いた。初め、出屋敷駅で撮影していたが、8502Fが上ったので、急遽場所を大物駅に移動し、インカーブでの撮影。赤胴車が無くなっても、震災による臨時の組み合わせで生き残る8502Fにエールを送りたい。

51n0qndppml__sy344_bo1204203200_山内史子 ニッポン「酒」の旅 洋泉社の新書/読了・・・・・・今までお酒を飲んで、胃薬のお世話になったことがたった2回で、二日酔いも知らないと豪語する著者による日本全国の飲み歩きの手記。青森県ご出身ということで、弘前りんごさん地元の「土紋」なんかべたほめですね。また、りんごのお酒、シードルもお薦めらしいです。その他、地酒とその土地の名物の相性について、本当に良く呑みながら語られてますね。それにしても、このひと、強そうだ。・・・・・知らぬ地で 今宵は俺も 吉田類・・・・・・・旅に出たくなりました。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ