国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

JR東日本

2017年8月 9日 (水)

久しぶりの上野駅

Img_2518先月上京した時に久しぶりに上野駅へ行きました。昭和46年に初めて東京へ行ったときも、いろいろな列車がやってくるというので、ここへきています。その時の様子は、現在放送している朝ドラの「ひよっこ」で時々出てくる上野駅の様子そのままでした。この上野駅の正面も歩道橋側から近づいて見たのは初めてかもしれません。

Img_2519上野駅というと、この石川啄木の歌碑が忘れられません。

「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみのなかに そを聴きにゆく」

歌碑の背後に見える列車も、ずいぶんとその顔が変わりました。

2015年2月14日 (土)

伊豆へ伊豆へ、新子安駅撮影補遺

Img_0269新子安では、あまぎ色の185系を撮影できるというラッキーに巡り合えたが、そのほかでも成果を上げている。先ずは、スーパービュー踊り子号251系である。こんな豪華な観光列車は関西ではなかなかお目にかかれないので、素晴らしいと思う。関東の人たちはこの本数が多いのか、あまり見向きもしていなかったようであるけれど。

Img_0294次に、なぜか成田エキスプレスが踊り子号になってしまったというマリンエキスプレス踊り子号のNEXである。この車両には乗ったことがないけれど、この路線に駆り出されるということは、伊豆方面にかなりの需要があるということですね。関西だと、白浜、勝浦の紀勢線でしょうか。

Img_0306そして、伊豆急から、この2100系R-5編成アルファリゾート21の送り込みも撮影できました。一挙に伊豆方面の特急が撮影できて、これも満足の成果でした。これらすべて、新さんに暇つぶしにと連れられて、たまたまのことから撮影できたというところが面白いですね。感謝、感謝です。

2015年2月12日 (木)

新子安で・・・・・・

Img_0272先週の土曜日、新さんにお連れいただき高島貨物線を撮影した後、とりあえず暇つぶしということで、JR線に乗って定番の新子安へ移動した。駅に着いたところ、なんとこの盛況ぶり。さて、いったい何が来るのかなと思っていると、どうもこの日が最後の運用になる列車のようだ。

Img_0285しばらく待っていると、緑の斜めストライプが入った185系踊り子号がやってきた。185系は1981年にデビューしてすぐに伊豆の下田まで乗車したことがあるが、それ以来ご無沙汰である。しかし、新子安駅で待っているご同業はこれが目的ではなかったようだ。小生はこれでも満足なのだが。

Img_0320さて、さらに1時間ほど待ってようやくやってきたのが、あまぎ色の185系である。この車両は今まで見たことも撮ったこともなかったので、本当にラッキーだった。それにしても、電車の配色として、こんなに素晴らしいのは久しぶりでしたね、見たのは。この時は、もう30人は下らない数が集まっていました。

2014年7月19日 (土)

東京駅そしてブリジストン美術館

Img_8288さて、7月6日は長男と東京へ出て、まずは前年不覚にも見落としていた改築なった東京駅を拝んできた。双方のドームをはじめ、創業時のスタイルに戻った姿の全貌を初めて見ることができた。今では、さすがにこの駅の写真を珍しそうに見たり写真に撮っている人はほかにはいなかったけど。

そして、今度は八重洲口へ回り、そこから5分ほど歩いたところにあるブリジストン美術館を訪れた。ここは、西の大原美術館に対する東のブリジストンと言われるほど、印象派の作品が並んでいるとのことを聞いていた。そして噂にたがわず、モネ、マネ、セザンヌ、ルノワール、コーガン、ゴッホ、マティス、ルオー、ブラマンク、ピカソ、ピサロ、フジタ、ドガ、カンディンスキー、クレー、シスレー、ユトリロなどなど、その他彫刻や古くはエジプト美術まで、お宝の数々を眺めることができ、目の保養となった。

51fitf48hol__sl500_aa300_堀田善衛 司馬遼太郎 宮崎駿 時代の風音 朝日文庫/読了・・・・・20世紀とは、どういう時代だったのかというテーマで稀代の論客が顔を合わせて語り合った記録。深い内容を秘めた一冊というのは、まさにこういうものかと感心した。今まさに、21世紀が始まって、また世界が混とんとしてきたが、その予言はすべてこの中に示されていたといっても過言ではない。今に読み改めても、実感として各氏の意見が納得の世界として理解を深めることができる。これを読まないで、世論を語るべきでないかも。

2014年7月 9日 (水)

雨の新子安

Img_8031東急蒲田駅での撮影の後、今度はJR線に乗り換え、鉄道写真の有名撮影地でもある新子安駅へと向かった。特に何がという目的もなく、ここでは次から次へ通過する通勤型車両を撮影するしかない。しかし、関東の鉄道は何であっても非日常であり、楽しめる。横須賀線のE217系

Img_8044東海道線は、かつては113系の超大編成が見られたものだが、それも昔のはなし。今では、このような新しい車両が闊歩している。E231系というらしい。山手線車両との違いはどこか?、こんな車両を滅多に見ない小生にとっては決定的な違いが分かるはずもない。

Img_8039さて、今月の鉄道ファンにも特集されているE233系がやってきた。それなりに風格も感じるし、スピード感もありますね。まぁ、何より関西では見られないほどの超大編成です。それだけでも、実は楽しめるものです。さて、この後、あまぎが通過していったらしいが、な~ンにも情報を持たない小生にはご縁のない車両だった。

2014年3月16日 (日)

特急あけぼの廃止というけれど

Img_1028 先日のダイヤ改正で、特急あけぼのが定期運用から外れ、実質的に廃止となったようだ。あけぼの廃止とは言うけれど、小生とは縁遠い北国への足だったことを思うと、実は痛くもかゆくもないのだが。

Img_1029 2008年2月9日に東能代へ泊った時、たまたまやってきた特急あけぼの。駅付近も雪深く、これ以上近づくのは危険を伴う状況。あけぼのを見るのも撮るのも、これが初めてで最後になってしまった。特に感慨もないけれど。寝台特急が無くなっていくというのはさみしいが、別に関西では利用する機会自体が少なかったので、これもどうだかねぇ。

さて、それより、そろそろ四国詣での準備です。

2012年8月17日 (金)

鳥沢の珍客&待望のカモレ

Img_0337 鳥沢では、いよいよ関西では見られない珍客がやってきた。両端の車両以外はすべて2階建て電車のE215系である。関東でたまに見かけることはあるけれど、なかなか撮影の機会に恵まれない電車である。顔はいまひとつぱっとしないが、4編成しかないので出会えただけでめでたい。

Img_0371 さて、あまり本数のないカモレもやってきた。たまたま、スピードを落してやってきたので、何とか撮れたが、鉄橋の逆方向からジワリと姿を見せたEH200-16牽引のカモレの通過。逆光だが、顔が大きく斜めに傾いているため、日が当たっている。

Img_0403 そして、12時前にやってきたEH200-17が牽引するカモレ。これは何をけん引しているのかな?拡大するとエネオスとあるから石油だろうか。綺麗な編成となって通過していった。少し大きな画像です。

これで鳥沢を引き上げ、大月からかいじで甲府、あずさで塩尻、最後はしなのに乗って帰阪した次第である。塩尻から千種まで立ちんぼでした。

2012年8月15日 (水)

鳥沢を駆ける特急電車

Img_0342 鳥沢第2弾、この鉄橋を駆ける特急電車の代表は甲府行のE257系「かいじ」である。カラフルな塗装は関西ではお目にかかれないもの。近づいて見ないとその効果がはっきりしないものの、正直うらやましい。前面に貫通扉があるE257系100番台。

Img_0323 鳥沢から移動するために大月から甲府までこの特急かいじに乗ったが、快適な客室空間を満喫。近年の車両に見られるように遮音が行き届いていた車両だ。関西でも走ってほしいなあ。正面に扉のないE257系。

Img_0355 このほか、E351系の特急「あずさ」も走る。これは甲府から塩尻まで乗った。振り子感はあまり感じなかったけど、振れていたんだろうねぇ。これは少し塗装の色に不満があるなぁ。もう少しはっきりしたパステルカラーにならなかったか。

2012年8月14日 (火)

中央線鳥沢鉄橋の115系

Img_0317 行ってきました、鳥沢橋梁。7月の関東攻撃の3日目は2Aカレチさんと八王子で待ち合わせて、鳥沢へ行った。途中の線路端に多くの鉄道ファンがカメラを構えていたが、何を狙っていたのだろうか。その後確かなものはやってこなかったけど。長野色の115系。

Img_0321 ここで、これを撮りたいがために足を運んだスカ色の115系。色も懐かしいし、115系に似合った配色だ。中学生くらいの頃だったかな、関西でもこの色の113系が走り始めたときは目を見張ったものだ。雄大な景色のなかをやってきたスカ色。

Img_0352 ここは東京からやってきたE233系も通過する。この車両の軽やかな通過音を聞いていると、重々しい115系のモーター音が時代を感じさせる。とは言うものの、高尾から鳥沢まで115系に乗れたので満足。

これからしばらく鳥沢レポートが続きます。

2012年8月 9日 (木)

関東の新幹線たち 大宮

Img_0105 関東遠征の3日目はも小学校からのお友達の2Aカレチさんとともに行動。まずは新幹線の撮影に大宮駅へと足を運んだ。この駅のプラットホーム北端からの眺めは視界が開け、遠くからやってくる新幹線がかなり前から確認できる。待望のE5系がやってきた。

Img_0138 隣のホームに人が多くなってきたのでどうしたことかと思っていたら、今や初期新幹線のマスクを唯一残す200系新幹線電車のリバイバル塗装車がやってきた。過去も今もあまりお世話になっていないが、確かにこの顔を見るのは久しぶりだ。

Img_0126 関西には無いオール2階建て電車もやってきた。まずはE4系。これには一度乗ったことがある。宇都宮まで行って餃子を食べて帰ってきた。もちろん、お〇事もしての話しだけど。その時はグリーン車だったなぁ。かつての良い時代の名残の雰囲気だけ思い出した。

Img_0134 そして、近々廃車になってしまうE1系がやってきた。こちらのほうがスタイルが良いので新しいかと思っていたら、E4系のほうが新しい。車両番号から言うとそうだが、見た目はこちらが好きだなぁ。今や上越新幹線だけで使用されているらしい。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ