国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

六甲フィル

2017年9月 3日 (日)

六甲フィルハーモニー管弦楽団第44回定期演奏会

Img_2824鳴尾図書館で開催した写真展、懐かしの甲子園界隈~昭和28、29年頃の阪神電車沿線~に寄せて、本日地元のFM局であるさくらFMさんの生放送に出演、その後、朝日新聞、読売新聞の取材を受けました。そうこうしているうちに時間が無くなり、遠出は無理なので、神戸文化ホールで開催された六甲フィルハーモニー管弦楽団の第44回定期演奏会を聞きました。というと、失礼に当たるかもですね。

Img_2825曲目は、ワーグナーのタンホイザー序曲、ベートーヴェンの交響曲第8番、休憩をはさんでブラームスの交響曲第4番という重厚なドイツ音楽ばかりのプログラムです。

ワーグナーを聞くのも久しぶりでしたが、いいものですね。金管の分厚い響きが心にしみました。ちょっくらワーグナーにはまってみようかと思うくらいに。

ベートーヴェンの8番は、折り目正しさの中に熱いものを感じさせる熱演で、指揮者は汗がほとばしったのではないでしょうか。前半の指揮は団内の松井さんです。

Img_2827後半は、秋になって、ブラームスの交響曲第4番を聞ける幸せに埋没しました。私にとって、秋とは、このホ短調交響曲なのです。枯れ葉、黄葉、心地よく冷たい風、全てがこの音楽から感じられます。今日の演奏はどちらかというと骨太の演奏で、迫力に満ちたもの、これはこれで堪能させていただきました。後半の指揮者は森さんです。

アンコールもローエングリン第3幕への前奏曲という事で、今日はドイツ一色に染められた演奏会でした。

2017年3月20日 (月)

六甲フィルハーモニー管弦楽団第43回定期演奏会

Img_0595 吹く風も春めいてきた本日、昼から神戸文化大ホールで開催された六甲フィルハーモニー管弦楽団の第43回定期演奏会を聴きました。
指揮は、ロシアのヴィヤチェスラフ・プラソロフというひとで、六甲フィルへの客演は3回目という事です。
 
Img_0596 プログラムは、プロコフィエフの交響曲第7番とショスタコーヴィチの交響曲第10番という重量級のラインナップでした。
プロコフィエフは、軽快なテンポで進められ、ショスタコーヴィチは緊張感を切らすことなく、全曲が様々な側面を展開しながら進められました。いずれも比較的派手な音楽ではありましたが、どこか醒めた指揮者の視点があって、熱い音楽ながら涼しい風が流れているという落ち着いた感じを受けました。
 
Img_0597 いずれも久しぶりに聞く音楽で、曲目の並びからしても、どうしても完璧な演奏を頭の中で反すうしてしまうのですが、それを望んでしまうのは、やはり高い技術レベルがある六甲フィルならではの無理な注文でしょうね。
帰りに元町の赤萬で餃子をお土産にしました。

2016年9月18日 (日)

六甲フィルハーモニー管弦楽団第42回定期演奏会

Img_8207 本日は、台風の影響からか、時折雨が降る中、神戸文化大ホールで開催された六甲フィルハーモニー管弦楽団の第42回定期演奏会を聞いた。保科洋の風紋、伊福部昭のシンフォニア・タプカーラ、そして田園である。キョネンの暮れから春ごろまではラフマニノフの2番ばかり当たっていたが、それ以降、急に田園と出会うことが多くなった。楠通りの楠の並木から神戸文化ホールを見たところ。
 
Img_8210 風紋はもともと吹奏楽で演奏されるものをオーケストラバージョンに編曲したということだが、弦楽器からも柔らかい響きが届き、どこか懐かしさを感じ、ほっとさせられる。
シンフォニア・タプカーラは熱演でした。第1楽章が畳みかけるようなリズムのままコーダに突入して終わった瞬間、かなり拍手をもらっていました。ただ、幾分鋭角的な鋭い音が聞こえ、そこまで力を入れなくてもというところは少し気になりましたね。
 
Img_8212 最後の田園は比較的早いテンポで始まり、しばらくはそれにオーケストラがついていくのが精いっぱいという感じでしたが、後半は立ち直りましたね。スムーズな流れになりました。全体的に、どちらかというと、線の細い演奏になりましたが、だれでも知っている曲なので演奏するほうもかえってしんどいでしょうね。天気の悪い割りには多くのお客さんでした。
 
91y6nbqdbml 畠山健二 下町呑んだくれグルメ道 河出文庫/読了・・・・・・・本所おけら長屋のシリーズで有名になった著者が子供のころから過ごす東京の下町の風情をいろいろなたべものを通じて紹介する一冊だが、文章がうまいので、思わず乗せられてしまい、捧腹絶倒という場面もある。ちょうど連載が終わったこち亀の下町の様子と重なると思えばいいんじゃないかな。かなり、面白い。

2013年9月 1日 (日)

六甲フィルハーモニー管弦楽団第36回定期演奏会

Img_5685雨の合間を縫って神戸文化ホールへ駆けつけ、六甲フィルハーモニー管弦楽団の第36回定期演奏会を聞いた。本日は団内指揮者の松井さんと森さんの指揮で、先ずは松井さんの指揮、ショスタコーヴィチの祝典序曲で始まった。ステージの両袖に金管を10名も配して盛り上げた。

この曲、小生15歳の砌(みぎりと読む)に、今津中学のブラバンが演奏しているのを聞いてシビれた曲である。

Img_4997さて、次いで森さんの指揮で演奏されたのは、アッテルベリというスウェーデンの作曲家の交響曲第6番である。なんでも、シューベルトの没後100周年作曲コンクールで優勝した作品ということらしく、メロディーが一杯あって、いや、ありすぎて、それがいくつも重なるものだから、少し印象はぼやけるけれど、聴きなれたらそれなりの味わいがあるかもしれない。演奏は木管楽器の頑張りで雰囲気はそれなりに伝わった。

休憩の後、松井さんの指揮でカリンニコフの交響曲第1番が演奏された。本日はこれを聞きに来たわけだが、結論としては、豊かにあるメロディーラインの輪郭が多くの箇所でぼやけてしまい、もう少し弦楽器がきれいにそろえば美しさを前面に出した演奏になったのにと、少し残念な気分になった。(大好きな曲やから辛口かなぁ)

カリンニコフについては後日書いてみようかな。

Img_4994アマオケの演奏会では、ボロディンの交響曲第2番が良くかかる。ところが先日センチュリーの定期で(プロの演奏で)聞いたら、全く別物の生き生きとした柔軟なリズム感を感じる素晴らしい楽曲として聞こえてきた。カリンニコフもプロがやると別物に聞こえるのだろうか。そこんところが知りたいし、わからない。

帰りに撮ったEF65-2087がけん引するカモレ、さくら夙川。

2013年4月 7日 (日)

六甲フィルハーモニー管弦楽団第35回定期演奏会

Img_3861阪神間では大したことはなかったが、神戸市内も三ノ宮を回ると普通の風が暴風になった。神鉄長田のホーム端で吹き飛ばされそうになりながらも、長田の散り残りの桜を背景に1000系車両を狙って決死の撮影に挑んだ。飛ばされる方向に金網があったからまだ助かったが、線路側だと命の危険があるくらいの暴風に見舞われ続けた。

Img20120326214938606昼からは神戸文化大ホールで開催された六甲フィルハーモニー管弦楽団の第35回定期演奏会を聞いた。本日は、オール・レスピーキプログラム、それもリュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲の後は、ローマ三部作、ローマの祭、ローマの噴水、ローマの松という無謀なラインナップである。指揮は井村正治。同じプログラムは次シーズンの兵庫芸術文化センター管弦楽団の第66回定期でも取り上げられるが、六甲フィルが先に制覇した。

Img_3923演奏はさすがに六甲フィルの実力を感じさせるもので、演奏するほうもしんどいだろうが、聞くほうも聞きごたえを通り越して、修練の場と化した。いずれも壮麗な建築美を見るような大きく華やかな音楽が展開された。出来栄えとして、好みの順番では、祭、松、噴水かな。本日は会場の外でも、中でも暴風が吹き荒れたかのようなインパクトのあるコンサートだった。

本日は図らずも会場でみっきいfgさんとお会いし、ご一緒させていただいた。多謝です。

2012年4月 1日 (日)

六甲フィルハーモニー管弦楽団第33回定期演奏会

Img_7898

4月になった。淡路島の電車小僧さんからご案内をいただいた神戸電鉄の「ハッピートレイン☆」の撮影に神鉄長田を訪れた。運よくすぐに赤い顔の新開地行きがやってきた。

Img_7927

当然、その折り返しを待って反対側の黄色い顔も撮ることができた。このあと、車庫に入ったのでラッキーなタイミングだった。神鉄長田の桜はようやくつぼみが膨らみ始めたくらい。開花、満開まではまだまだの様子。

Img_7948

さて、新年度最初のコンサートということで、昼からは大倉山の神戸文化大ホールで開かれた六甲フィルハーモニー管弦楽団の第33回定期演奏会を聴いた。本日は井崎正治の指揮でヴェルディの歌劇「ナブッコ」序曲で始まった。次いで、メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」が演奏された。比較的落ち着いたテンポで滔々と流れる音楽は大人の味わい。

Img_7951

後半はブラームスの交響曲第2番が演奏された。イタリア同様、ゆったりと構えた音楽づくりでしっかりと抑えるところは厳しく決めていく。いぶし銀の輝きを感じる。井崎氏はこういう指揮をする人かと思ったら、アンコールの電光と雷鳴ではクライバー張りのハチャメチャな展開で楽しませてくれた。

2011年9月11日 (日)

六甲フィル第32回定期演奏会

Img_5340 朝から良いお天気だったので、宝塚から三田、そして神戸電鉄を目指した後、午後から神戸文化大ホールで行われた六甲フィルハーモニー管弦楽団の第32回定期演奏会を聞いた。写真は新装なった宝塚駅。かつての地平から入っていた改札口は橋上駅となり、新しくショップもできて駅が明るくなっていた。

Img_5441 本日は団内指揮者の松井真之介により、メンデルスゾーンの序曲「ルイ・ブラス」で始まった。出だしから金管が順調だ。最初の曲は松井氏が手堅くまとめ、ついで、同じく団内指揮者の森康一によるヤナーチェクの狂詩曲「タリス・ブーリバ」である。これも金管、木管ともに快調。大きな傷もなくしっかりとした音楽になっていた。

Img_5444 休憩の後、再び松井氏の指揮によりチャイコフスキーの交響曲第4番が演奏された。これが実に面白い演奏となった。松井氏のダイナミックな指揮ぶりに反応し、オーケストラも十分に答えた。また、随所(というか好みの場所)でテンポを大きく動かし効果をあげた。大興奮の終楽章にはブラボーが飛び、アマオケとしては、久しぶりに鳥肌ものの演奏となった。アンコールに、チャイコフスキーの劇音楽「雪娘」から「道化師の踊り」とは珍しい。

2011年3月 6日 (日)

六甲フィルハーモニー管弦楽団第31回定期演奏会

Img_2557 3月になったというのに、一向に春の気配が感じられない曇りがちで寒い日曜日、事前の撮影を阪急神戸線で行い、昼から神戸文化大ホールで開催された六甲フィルハーモニー管弦楽団の第31回定期演奏会に出かけた。

Img46fd4b88zik9zj Img20080615233150793 コンサートは、まずシベリウスの4つの伝説からレミンカイネンの帰郷で始まった。指揮は団内のトロンボーン奏者、大谷泰昭という方。次いで、グリーグのペール・ギュント第1組曲を団長の森康一が指揮した。いずれも手堅く音楽が進み、この楽団の乗りの良さが現れた。

2005111800000072jijentview000 北欧の作曲家が続いたのに、休憩の後はベートーヴェンの交響曲第3番となった。指揮は引き続き、森康一。こういう曲は、いろいろと手を尽くしたくなるものだが、今回は本当に手堅くまとめ、インテンポを貫いた演奏となった。それがまた、一種の爽やかさを育んでなんとも新鮮な感じをもたらしてくれた。よく、楽譜に忠実にというが、なかなかそうはいかないもの。この演奏はひょっとすると無欲の勝利となった典型かも知れない。印象に残るベートーヴェンだった。

Img_2580 六甲フィルは9月11日にも神戸文化大ホールでチャイコフスキーの交響曲第4番をメインに置いた定期演奏会をするという。ますますの発展を祈るばかりである。

2010年10月31日 (日)

六甲フィル第30回記念定期演奏会

Img_1459 まだ雨が降り出す前に家を出て、神戸へ向かった。本日は午後から神戸で六甲フィルの第30回記念定期演奏会がある。阪急三宮駅でしばらく撮影していて、やってきたのは7000系7000、縁起の良い(?)切り番である。

Img_1460 高速神戸駅を降りるちょっと雨が降ってきた。「アホに雨先に当たる」というが、本当だろうか?昼飯を食ったラーメン屋から覗くと、すぐ近くにある神戸文化大ホールほかへの案内矢印があった。なんとなく神戸らしい。

Img_1463 コンサートはまず、リヒャルト・シュトラウスの「最後の4つの歌」で始まった。簡単な曲ではない。内藤里美という国内外で活躍しているというソプラノ。2階の上のほうで聞いていたので、ソプラノの細かなニュアンスまで十分把握できなかったが、無理に声を張り上げるものではなく、詩を伝えようとする姿勢での丁寧な歌いぶりは好感を持てた。

Mahler35755lf 休憩を挟んでマーラーの交響曲第6番が演奏された。大曲である。一時に比べると、マーラーの交響曲の演奏回数というのも減っているのではないかな。しかし、アマチュアがこういう大曲、難曲にチャレンジする姿は素晴らしい。人数だって半端じゃないし、楽器の種類もたくさん必要、特にドカンと一発のハンマーまで置かなければならないから。

Img_1464 指揮は井崎正裕、この人の指揮ぶりは堂々としていて、そして細かな感情表現も的確に表現して伝えるなかなかのものだ。好みとは若干早めのテンポで、ズン、ズン、ズンが始まり、1時間半近くの曲を飽かさずに聞かせてくれた。打楽器群は出入りが多く大変だっただろう。トランペットは随分の頑張りがあった。こういう曲を生で聴くと、CDでは気がつかない音が、演奏していることで見えてくる楽しみがある。記念演奏会にふさわしい熱演だった。

ハープの佐々木千恵さん、先週のフォルツァ・伊福部でも出演されていた。前回の六甲フィルのゴジラのとき、ハープのヘッドが割れたとか、藤井さんのサロンコンサートのとき言われていたけれど、今回は大丈夫だったでしょうか。

2010年3月 7日 (日)

六甲フィル第29回定期演奏会

冷たくそぼ降る雨の中、尼崎市のアルカイックホールで開かれた六甲フィルハーモニー管弦楽団の第29回定期演奏会へ出かけた。今日の指揮者は井崎正裕。なかなかの実力者らしい。

まずエネスコのルーマニア狂詩曲の分厚い表現に圧倒された。ジプシーオーケストラなんかだったら、もっと粘った演奏になるのだろうが、曲全体の構成を意識した内容だったか。面白く聴けた。

次いで、モーツァルトの交響曲第39番だ。どうしても最近買ったスイトナー・ベルリンシュターツカペレの演奏とダブって聞こえてくるけれど、音色に配慮した暖かい演奏で好感が持てた。特に第1、第3楽章の充実は最近のアマオケの中でも特筆すべき出来だったろう。

休憩を挟んで、アマチュアとしては冒険的なバルトークの管弦楽の為の協奏曲が演奏された。オーケストラのメンバーを見るとブログでお世話になっているみっきいfgさんhttp://plaza.rakuten.co.jp/mikkiewelt/がコントラに付いておられる。ずっと休みで最終楽章の前半で15秒ほど吹かれた。結局それだけだったようだ。この演奏は曲が難しいこともあって、みなさん真剣にがんばっておられましたね。そこそこ上手いオケだからこそチャレンジできたのでしょう。アンコールにブラームスのハンガリー舞曲第5番。会場を出るとまだ雨が降っていた。

六甲フイルさん、ご招待いただきありがとうございました。ここ2週間ほどいろいろあって計4回演奏会をキャンセルしてしまい、これが復帰のコンサートでした。

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ