国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

オーディオ

2017年5月20日 (土)

オープンリールテープのデジタル化終了

Img_1608先月初めに、オープンリールデッキを購入し、手持ちのテープをデジタル化する作業をしていましたが、本日めでたく音源をCDに落とし終わることができました。なんと、10枚ひと箱のセットが6つ、CD60枚のクラシック音楽ボックスが出来上がりました。

Img_1607カラヤン、ベーム、その他、バーンスタイン、小澤征爾、スイトナー マタチッチ、ブーレーズ、ショルティ、ロストロポーヴィチ、バレンボイム、ケンペ、サヴァリッシュ、ギレリス、朝比奈隆、マズア、中村紘子、チェリビダッケ、岩城宏之などなどの指揮、演奏がよみがえりました。

ただ、思うに、小澤征爾とバレンボイム以外はすべて鬼籍に入られてしまいましたね。

2017年5月11日 (木)

新車導入 オーディオテクニカ AT-LP5

Img_49180 4月に入ってすぐのオープンリールテープデッキ、月末のSACDデッキに続いて、今回、レコードプレーヤーとして、オーディオテクニカのAT-LP5を導入しました。
これまで、パイオニアのDD(ダイレクトドライブ)タイプのプレーヤーを運転していましたが、老朽化によるハム音の発生により、廃車を決定したところでした。
 
今回導入した機種は、前車と同じDDタイプで、同じメーカーのカートリッジ付き、レコードをかけると音源をパソコンに取り込んで、デジタル化を即座にしてくれるという機能がついています。これは別に今の機器のシステムで何とかなるのですが、何とかならんようになった時の予備ですね。今のところ、快調な運転が続いています。

2017年4月25日 (火)

新車導入 マランツ SA8005

Xl_sa8005_f_sg_34 本日は生駒へ行った帰りに日本橋のシマムセンに行って、マランツのCDデッキ、SA8005を購入してきました。オーディオ装置はいつもシマムセンです。
本当は、パソコンからオーディオにつなぐDACを買いに行ったのですが、CDの調子もイマイチの中で、SA8005は一挙に解決してくれる機能を持っている為、即決定でした。
 
これで、マランツのアンプ、PM8005とペアーになって快適なオーディオ環境が確立できるでしょう。因みにスピーカーはダリのメントール・メヌエットです。

2017年4月 5日 (水)

TASCAM DR-40 新しいハンディレコーダー導入

Img_0796 先日購入したオープンリールデッキの音を採録するために、本格的なハンディレコーダーを導入しました。TASCAMのDR-40という機種で、相当良いレベルの音が録れるようですね(実際は勧められて買っただけで、よくわかっていないのですけれど)
これで、カラヤンやベーム、バーンスタインといった往年の名指揮者の演奏をデジタル化して記録していきたいと思っています。
 
 
Img_0787 再生するオープンリールテープは、20数本ですが、お知り合いの方が所有しているという1200本の中から少し借りられるかどうか相談してみようと思っています。
当初、このTEACのX-10Rというデッキは用が終わったら売却するつもりでしたが、置いておくこともありそうです。
だんだん昔やっていたアナログのオーディオの深みにはまってしまいそうです。
 

2017年4月 3日 (月)

オープンデッキ導入しました。

Img_0787 先週、突然お知り合いになった方が、実は、オープンリールテープデッキの修理というかメンテナンスというか、すごいプロだとわかり、その方を通じて、オープンリールテープデッキを購入しました。
TEACのX-10Rという機種で、入門機では上位というところらしく、自分にちょうどあっていますね。大切なヘッドの傷みも無いようで、昨日いただいて帰ってきました。
家にオープンリールテープデッキがあるのは30年ぶりくらいになるでしょうか。
 
Img_0786 早速、貯まっているオープンリールテープを再生したところ、分厚く、幅が広く、豊かなオープンリールテープの音がステレオから響いてきました。
いつも聞いているCDの音とは隔絶した世界が広がるのがわかります。
これを利用して、テープの中から目ぼしい録音のデジタル化を目指します。
 
ブルーノ・ワルター生誕100周年記念コンサート、ベーム ベルリンフィルによるモーツァルト後期三大交響曲や、1976年のザルツブルグ音楽祭、カラヤン、ベームが元気だったころの演奏が今日は部屋に満たされていました。

2014年4月29日 (火)

復活! オープンリールテープ音源

Img_2075 手持ちのまま、お蔵入りになっていたオープンリールテープの音源がよみがえった。実は昨年の夏、Trazomさんのお宅へ伺ったとき、その見事なオーディオ装置群の中にオープンリールデッキを発見し、小生のオープンリールテープのD化についてご相談申し上げたところご快諾をいただき、今回、大変なご苦労をおかけしながら、可能な限り復活していただいた次第である。

音源は主には1970年代中ごろのエアチェックからで、カラヤン、ベーム、スイトナー、朝比奈、ショルティなどの名指揮者による演奏ばかりである。今後、宝物として大切にしたいと心に誓った今日この頃である。Trazomさん、多謝です。その内容は以下の通り。音楽以外も若干あり。

ベートーヴェン 交響曲第4番、第7番 ベーム VPO 1975 東京

モーツァルト 交響曲第41番、ベートーヴェン 交響曲第6番 ベーム VPO 1975 ウィーン、ザルツブルグ

ベートーヴェン 交響曲第8番 ブラームス 交響曲第3番 ハイティンク コンセルトヘボウ管

ブラームス 交響曲第1番 スイトナー ベルリン国立歌劇場管 これがすごい

ブラームス 交響曲第1番 マイスタージンガー前奏曲 他 ベーム VPO 1975年 東京

ブラームス 交響曲第2番 ほか 朝比奈 大阪フィル 

ブラームス 交響曲第2番 ウィンナワルツ集 ベーム BPO VPO ザルツブルグ 東京

ドヴォルザーク 交響曲第9番 魔弾の射手序曲 ベーム VPO 1978年 ザルツブルグ

シューベルト 交響曲第5番 ブラームス 交響曲第4番 ベーム VPO 1978年 ザルツブルグ

ブルックナー 交響曲第4番 カラヤン BPO 1975  ベルリン

ドヴォルザーク 交響曲第8番 スイトナー シュターツカペレ・ベルリン

ドヴォルザーク 交響曲第9番 カラヤン BPO 1975年 ベルリン

モーツァルト 交響曲第35番、第39番、第40番 ショルティ VPO

ベートーヴェン レオノーレ第3番 シューベルト グレート ベーム VPO 1975年 東京

ストラヴィンスキー 春の祭典 ブーレーズ シュトゥットガルト放送響 

ストラヴィンスキー 春の祭典 牧神の午後への前奏曲 ボレロ カラヤン BPO 1978年 ザルツブルグ

その他、こまごまです。

2014年1月24日 (金)

衝動買い カセットデッキ

Main帰りに ヨドバシで予約してしまいました。

さすがにカセットデッキの売り場は小さかったですが、数台の商品が並んでました。

ただ、単にカセットテープの再生だけを行う機種はほとんどなくて、何らかの複合的な機能を持ち合わせている、そういう機器が大半でしたね。

在庫がなかったので、日曜か月曜に受取りに行く予定です。以下、機器の説明です。実際、カセットテープに録音はしませんね。

『AD-RW900』は、カセットレコーダーとCDレコーダーを中心に、様々なメディアをデジタル化またはカセットへ録音することができるコンビネーションレコーダーです。録りためたカセットテープを音楽用CD-R/RWに録音することが可能なほか、USBメモリーにMP3フォーマットで録音することもできます。

再生可能なディスクはCD-DAフォーマットで記録された音楽用CD、CD-R、CD-RWに加え、MP3およびWMAファイルの記録されたCD-R、CD-RWの再生が可能となっています。そのほかカセットテープの録音/再生、USBメモリーの音楽ファイル(MP3/WMA)再生に対応。アナログライン入力のほか、レコードプレーヤーを接続することができるフォノ入力端子を装備。デジタル入力は光デジタル入力端子を備え、オーディオCDフォーマットである44.1kHzのほか、32kHz/48kHzのデジタル信号も直接入力し記録することができます。
音楽用CD-R/RWだけでなく、USBメモリーやカセットテープへの録音も可能となっており、本体背面に装備されたUSB端子を使って、デジタル化されたオーディオデータをパソコンに転送することも可能です。

『AD-RW900』は高機能なマルチメディアプレーヤーとして、また、懐かしいアナログ音源のデジタル音源化を助けるアーカイブレコーダーとして活躍する多機能なコンビネーションレコーダーです。

2014年1月23日 (木)

ピンチ カセットデッキ壊れた・・・

T333r 昨日カセットテープの復権について書いたが、何とその直後カセットデッキが壊れてしまった・・・・・ようだ。ギィーッという音がして、動かなくなり、テープが入ったままになってしまった。その後、うんともすんとも言わなくなり、テープを救うべく、ふたを外してテープを出した。

せっかくカセットを聞けるようになったと喜んだのに残念だ。ということで、急告。

急告 

どなたか、カセットデッキを譲ってやろうという奇特なお方、おられるでしょうか?

お近くの方は受け取りに上がりますし、ご遠方の方は、送料負担いたします。ご連絡お待ちしています。

51isbvf11bl__sl500_aa300_ 赤川次郎 鼠、危地に立つ 角川文庫/読了・・・・・・・ちょうど今(木曜の夜8時からであるが)、NHKで放送されている時代劇の原作である。このモデルは、同じ作者の夫は「泥棒、妻は刑事」シリーズの時代劇版と言える。軽やかなストーリーの展開と後味の爽やかさは逸品。赤川次郎が、男性の正義の味方を力強いモデルとして書くのは、多分この2シリーズだけではないだろうか。

2014年1月22日 (水)

カセットテープ 復権

Img_1682 ほんの出来心(?)で、カセットデッキを現在のオーディオ・システムにつないでみた。カセットなんて、CDに比べたら、音も悪くて、楽しめないと思っていたが、これが実はそうでもなかった。高音の伸びは少ししんどいところもあるけれど、思ったより温かみのある良い音で懐かしい音源が次々と再生されていった。この写真はカセットテープ群である。ナンバーを打って整理したものが514本ある。その他にも、特集の録音をしたものなどがだいたい100本ほどある。昨日書いたアバドのマーラー交響曲第5番も№69のテープに入っている。

T333r デッキはパイオニアのT-333Rという至って平凡な機械だが、いまでも安定して動いている。最初に再生したのは、30年ほど前にFM大阪の深夜に放送されていたデーヤンの音楽横丁だ。評論家の出谷啓が吉川某と音楽夜話を進めていく番組だ。その最終回のひとつ前の録音だ。実に懐かしく聞いた。しばらく、カセット音源で楽しめそうだ。

41pcxwyidjl__sl500_aa300_ 鶴我裕子 バイオリニストに花束を 中公文庫/読了・・・・・・元N響のヴァイオリニストにしてエッセイストの著者の音楽界裏話である。天衣無縫な文章が呼んでいて快感を誘う。タンノイのスピーカーをドライブしてくれる真空管アンプのセッティングを専門としている人がいるとか、マタチッチがいかにN響の面々に愛されていたとか、武田百合子の本が面白いとか、ベルギーの大人のチョコの話とか、コンマスの左隣はしんどいとか、様々なおもろい話のおもちゃ箱だった。

2013年8月10日 (土)

Traさんへ、 リスニングルーム公開

Img_1051音楽をCDやLPレコードで聞くためには、優秀なオーディオ装置が必要だが、突き詰めれば、それらの装置を鳴らす部屋がどうだということが一番の問題となってくる。現在、仮住まいの小生としては、その利点を生かし、従来のオーディオ装置をグレードアップしたこともあり、CDもLPレコードも聞くことができるシステムとした。これが、現在の主たるほうのリスニングルーム。12畳の応接においている。

Img_1050装置はDENONのプリメインアンプPMA-2000Ⅲ、CDが同じくDENONのDCD-1650G、LPのプレーヤーがパイオニアのダイレクトドライブのもの、スピーカーが最愛のダリのロイヤルタワー。

Img_1111なお、サブシステムは、ONKYOのCD/MD・TUNER・AMPのFR-N7Xに、ダリのメントール メヌエットをつないでいる。現在、バッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻、グレン・グールドの演奏が流れている。

Traさんへ・・・・・・・・オープンリール送るかもしれないので、その時はよろしく。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ