国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

大阪センチュリー交響楽団

2011年3月18日 (金)

大阪センチュリー交響楽団第159回定期演奏会

Img_1924 3月の追い込みのシーズンなので出遅れてしまい、1000円の席なのに1300円のタクシー代を支払ってまで、大阪センチュリー交響楽団の第159回定期演奏会に出かけた。前半のドヴォルザークのチェロ協奏曲(チェロ:堤剛)は聞き逃してしまった。残念。

1173480876 休憩の後、小泉和裕の指揮で演奏されたのは、小生と誕生日が同じのベラ・バルトークの管弦楽の為の協奏曲である。小泉=大阪センチュリーの組み合わせと思うと精緻の極みを聞けると思っていたが、想像以上の充実した演奏となった。そして演奏の開始から、プロの音だった。この音を出されたら、プロとアマチュアの歴然とした差はどうしようもない。今夜の小泉はどちらというと音量を抑えて効果的に旋律線を浮かび上がらせようとしているのか、曲の構造がよく把握できる仕上がりとなった。まるで細かな彫刻を施した銀細工の置物のような音楽だった。素晴らしいの一言に尽きる。

2011年2月10日 (木)

大阪センチュリー交響楽団第158回定期演奏会

Img_1890 今夜から雪が降るという予報のもと、福島のザ・シンフォニーホールへ大阪センチュリー交響楽団の第158回定期演奏会を聴きにいった。本日はアラン・ブリバエフの指揮、アブデル・ラーマン・エル=バシャのピアノによるフランス音楽の夕べである。

Img_1887_2 いつもは演奏順に概説するが、本日の白眉は2曲目のエル=バシャのピアノによるサン・サーンスのピアノ協奏曲第2番だった。この華麗にして独創的、今ここで音楽が作られたかのようなテンペラメントにあふれた音楽をエル=バシャは見事に再現した。いや、創造した。それを支える卓越した技術もあったが、演奏の中身に音楽があった。こんな見事なピアノはそうそう聴けるものではない。久しぶりに鳥肌ものの演奏だった。ピアノに集中するあまり、バックのオーケストラの出来なんか覚えていない。アンコールにラヴェルの「鏡」から悲しい小鳥たち。聴衆の興奮を静かな楽想が見事に押さえ込んだ。何から何まで、すべてにわたって完璧のストーリーが展開された。興奮してこんなに書いてしまった。

Img_1888 もう良いかなと思うけど、コンサートの1曲目はドビュッシーの牧神の午後への前奏曲、休憩後に同じく交響詩「海」、最後にラヴェルのラ・ヴァルスが演奏された。指揮のブリバエフもオーケストラを見事にドライブし、ラ・ヴァルスではアンニュイな雰囲気を芳醇な響きの中で再現し、思わず音楽に酔ってしまった。これも貴重な体験。この馥郁とした香りの音楽に接した結果、帰宅途中に赤ワインを購入してしまった次第である。

帰りにエントランスホールで第2Vnトップの池原衣美さんと少し会話が出来た。万葉集の黒牛潟で有名な海南市のご出身で、海南市役所に有る恩師犬養孝先生の巨大な歌碑とともに、海南には思い入れがあるので、入団されてから密かにファンを自認していたのであるが、そんな事は言えなかった。(ので、ここに書いた)・・・・・恥ずかしながらドキドキだった。

2010年12月10日 (金)

大阪センチュリー交響楽団第157回定期演奏会

Img_0076 本日は先週土曜日に出勤した振替休日を取って、みんなが行くもんだからということで、阪堺線に旧型路面電車を求めて出撃した。その後、夕方に再びワルティ堂島へ立ち寄り、そして大阪センチュリー交響楽団の第157回定期演奏会へと出向いた。

本日はレオシュ・スワロフスキーの指揮、アリョーナ・バーエワのヴァイオリンである。まずは快活なテンポでグリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲が演奏された。この短い曲だが、指揮のスワロフスキーは大きな指揮振りで、既に観客を魅了していた。

Img_0236 次いで、バーエワのヴァイオリンで小生大好きなハチャトゥリアンの協奏曲が奏された。このエキゾチックで濃厚な雰囲気をたたえる佳曲に対してバーエワは果敢にチャレンジする姿勢と演奏スタイルはもっていたものの、いかんせんヴァイオリンの線が細いわ。表情ものっぺりとして物足りなく、さらに経験を積むか、こういう曲は避けるか、どちらかかなぁ、ちょいと残念。

Img_0237 最後にマルティヌーの交響曲第3番というプログラムであったが、戦時中に書かれたというメッセージ性の強いこの曲にスワロフスキーはかなりの思いいれを込めて指揮していた。ただ、唐突に終わってしまった第1楽章、ロマンチックに傾きかけたかと思うとぶち壊す第2楽章、おだやかな終焉にピアノのフォルテッシモで3発の打撃と、曲自体に少し演出過多の感じもしないでもない楽曲だったなぁ。気分はわかるんだけど。この指揮者で、マジでドヴォルザークを聞いてみたいところだ。素晴らしく良い指揮者だと思う。

CD:ベートーヴェン 交響曲第4番、第6番 サー・チャールズ・マッケラス ロイヤル・リバプールフィル・・・・・マッケラスの溌剌としたモーツァルトから連想するとこの2曲はぴったりという感じがする。さて、どんな演奏になっているのか、楽しみである。

2010年11月18日 (木)

大阪センチュリー交響楽団第156回定期演奏会

Img_1605 秋風が冷たく吹く夕暮れ、大阪センチュリー交響楽団の第156回定期演奏会を聴きにザ・シンフォニーホールへ足を運んだ。本日は沼尻竜典の指揮、エヴァ・クピークのピアノで、武満、ショパン、シューマンのラインナップだ。

Photo まず武満の出世作となった弦楽のためのレクイエム。緊張感のある音が短い時間ながらホールを満たした。次いで、クピークの演奏でショパンのピアノ協奏曲第2番が演奏された。粒立ちの良いピアノで、しかもかなり自由な発想での演奏で十分にショパンの世界を堪能した。アンコールのノクターン第20番には酔いしれた。

Img20090819010952845 休憩の後、シューマンの交響曲第2番が演奏された。素晴らしく精緻なアンサンブルを駆使し、細かな表情も付けて、久しぶりに鳥肌物の演奏となった。特に第2楽章の後半は、これからどんな世界に引きづりこまれるのか、ドキドキしながら聴いていた。少し早めのテンポに演奏の柄が前半においてやや小さめになったというのは、贅沢なぼやきだろうか。

席を立って帰ろうとしたとき、たまたまロビーにいたエヴァ・クピークにサインを貰った。いい人だった。

2010年10月21日 (木)

大阪センチュリー交響楽団第155回定期演奏会

Img_1372 奈良県内での打ち合わせを終わり、福島のザ・シンフォニーホールで行われる大阪センチュリー交響楽団の第155回定期演奏会に大急ぎで駆けつけた。写真は本日の西大寺駅。

Img_1375 本日は小泉和裕の指揮で、まずモーツァルトのディヴェルティメントニ長調K.334が演奏された。45分にもなろうとする長い曲だが、小泉の指揮のもと、かっちりとした構成感をもって、全体を引き締めた。ディヴェルティメントだから、こういうアプローチが良いのかどうかは、聞く側の選択になるだろうが、もう少し軽く、たまにはウィットに富んだ演奏が出来ないものかとも思う。第1ヴァイオリンは頑張りもあったが、ところどころ、いつもの高い合奏能力が弱くなるところも見えた。

休憩を挟んで、ルトスワフスキの管弦楽の為の協奏曲が演奏された。20世紀を生きたポーランドの作曲家の代表作だが、演奏される機会は少ない。30分ほどの比較的短い曲だが、バルトークの同名曲のような親しみやすいメロディはなく、音量の強弱でひきつけようというところまでかな。良く聴いていないと、どの楽器が鳴っているのかわからないから、CDよりも生演奏向きではあるけれど。

133291 石井宏 反音楽史 さらば、ベートーヴェン 新潮文庫/読了・・・・・・読みきるのにかなり時間がかかってしまった一冊となったが、現在のバッハ、ベートーヴェン、ブラームスに至るドイツ音楽の係累を全ヨーロッパ、全世界の視点から見つめ直した力作。クラシック音楽の成り立ちから、今後の展望へと向かう中でゆがめられた音楽史が明らかになった。

2010年9月16日 (木)

大阪センチュリー交響楽団第154回定期演奏会

Img_154_l 季節が秋へと移行した本日、数日前に突然の訃報に接したコントラバス奏者の奥田一夫さんが所属する大阪センチュリー交響楽団の第154回定期演奏会へ行った。こんなに緊張してシンフォニーホールへ足を運んだことはかつて無かった。まぁ、一応会場のロビーでは特に奥田さんに関するものは目につかなかったけど。本日の指揮はアレクサンドル・ドミトリエフ。

Chopin 一曲目は中野翔太という今年26歳になる若手ピアニストによるショパンのピアノ協奏曲第1番である。若さ溌剌の清々しい演奏は、音の粒立ちもよく、キラキラ光るような音色もきれいで、素晴らしい出来だった。この人にグリーグを弾いて欲しいなぁ。きっといい演奏になるんじゃないだろうか。バックのオーケストラも非常に高いレベルで精密にピアノにつけていた。

B_new_0809_19_559729_01 休憩の後、ドミトリエフの指揮によるチャイコフスキーの交響曲第6番が演奏された。ドミトリエフの指揮はお世辞にもうまいものではないと思うが、オーケストラは柔らかくタクトに従っていた。弦と金管のバランスの調和を取ったなかなかいい演奏で、会場が明るくなっているのに拍手は鳴り続いていた。ただし、これは奥田さんを送る拍手だったかも知れない。

しかし、ステージの端っこに奏者のいないコントラバスがポツンとおかれている寂しさを埋めるにはどうしたらよいのだろう。

2010年9月13日 (月)

悲愴 大阪センチュリー響 コントラバスの奥田さん

B11 会社で夕刊をパラッとあけて仰天。大阪センチュリー交響楽団のコントラバス奏者の奥田一夫さんが兵庫県の氷ノ山からマウンテンバイクで下山中、転倒し亡くなられたという。

演奏会ではいつもやや黒い色合いのコントラバス(写真とは別)、それも元ベルリンフィルのコントラバス奏者ライナー・ツェパリッツ教授が使用していた楽器を携えて登場していた。

ちょうど今週の木曜日、9月16日に定期演奏会がある。指揮はアレクサンドル・ドミトリエフ。演奏されるのがチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」とは悲しすぎる。

奥田さんのブログhttp://prostfamil.exblog.jp/

一度だけコメントしたことがある。冴え渡った青空のようなサン・サーンスの交響曲第3番を聞いて思わず感想を入れてしまった。それに対して、実に丁寧なお返事をいただいたものだ。ご冥福をお祈りします。

2010年7月15日 (木)

大阪センチュリー交響楽団第153回定期演奏会

梅雨末期の豪雨が大阪の町を襲った本日、久しぶりにコンサートのはじめから聞けるタイミングでシンフォニーホールへ駆けつけ、大阪センチュリー交響楽団の第153回定期演奏会を聴いた。

本日は久しぶりの小泉和裕の指揮。まず、なじみの無いリストの交響詩「ハムレット」で幕を明けた。申し訳ないが、あまり演奏されない理由がわかるくらいつかみ所が無く、面白くない曲だった。

ついで、ブルッフのヴァイオリン協奏曲米元響子のヴァイオリンで演奏された。米元は、実に美音の持ち主で、深く掘り下げたり、美しく聞かせたりと場面によって音色を使い分けなければならないこの曲とは合っていなかったが、とにかくきれいな音だった。ところが、間奏のときに、ヴァイオリンを首に挟み込んだまま腕組みする姿はいただけない。美音の持ち主だけど、ステージの印象は「ガサツ」としか思えない。残念だが、この態度では聴衆をなめてるとしか言えないのでは。

休憩の後、ショスタコーヴィチの交響曲第5番が演奏された。本日のプログラムにこの曲の解釈に触れる部分があったので、なにかメッセージ性の強い演奏でも展開されるのかと思ったら、小泉のいつもの密度の高い、そして力でぐいぐい押していく「普通の直球勝負」の演奏だった。これでは、がっかり。金管群の不調もあって、傷の多い演奏だった。

高田郁 出世花 祥伝社文庫/読了・・・・・・みおつくし料理帖で既になじんでいた著者のデビュー作品と言う。デビューでこれなら天才だ。少しストーリーの展開に無理があるけれど、情感こもった話には、うっとりさせられる。簡単に言うと江戸時代の女納棺師の話だけど。

2010年6月17日 (木)

大阪センチュリー交響楽団第152回定期演奏会

夜になっても、蒸し風呂の中に入ったかのような本日、今回も途中からながら、大阪センチュリー交響楽団の第152回定期演奏会に行った。聴けなかった前半は、本日の指揮者が上海交響楽団の常任指揮者を務める張国勇ということで、中国民謡を編曲した序曲が演奏されたようだ。その後ディミトリ・アシュケナージのソロによるコープランドのクラリネット協奏曲だったようだ。

駆けつけた後の後半は、ドヴォルザークの交響曲第8番ト長調である。冒頭の低弦の響きからただならぬ気配が漂い、オーケストラの上手さが光った演奏となった。音色、音量、バランス、どれをとっても素晴らしい響きだ。こうなると、指揮者がどんな人とか関係ないんじゃないだろうか。ますますアンサンブルに磨きがかかるセンチュリー響の面目躍如といったところか。ヴァイオリン群の力強さも申し分ない。

写真は、↑とは何の関係もなく、近鉄布施駅のガード下で食べた本日のランチ。鳥の唐揚げ、小芋の煮っ転がし、鮭の薄塩焼き、豚の冷しゃぶ、ご飯と豚汁、香の物がついて800円。夜は目の前に並んでいた焼酎から好きなものがいただけるようだ。

2010年5月13日 (木)

大阪センチュリー交響楽団第151回定期演奏会

夕方からの会議は中止となったものの、やっぱりそんなに早めに会社を出られなかった本日、大阪センチュリー交響楽団の第151回定期演奏会の後半だけでも聴くために、会場のザ・シンフォニーホールへと急いだのである。写真はすっかり暮れてしまったプロムナード。

今夜の前半の曲目は前衛ピアニストの高橋悠治が芭蕉の俳句に小品をちりばめたという大阪1694年という曲だったらしい。聴いていないから、なんともいえない。

休憩を挟んだ後半は、メンデルスゾーンの交響曲第2番「神をたたえる歌」、一般には「賛歌」のほうが通りが良いだろう。指揮は沼尻竜典、ソプラノ、メゾ・ソプラノ、テノールを並べ、琵琶湖と大阪の合唱団が陣取った。

小生は、このなんとも明るい主題で始まる音楽が大好きなのだ。あまり演奏会にかからないこの曲をよくぞやってくれたものだと感謝している。演奏の出来映えも素晴らしく、弦楽器がいつもに加えて厚みを持って応えていた。金管がでしゃばりすぎず、木管との調和も絶妙。それより何より、沼尻の指揮に、オーケストラも合唱も、みんながぴったり合っていて大変気持ちの良いコンサートだった。こころが晴れるとは、こういうことかも知れない。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | あおなみ線 | かぎろひ歴史探訪 | その他 | みうらじゅん | やまとんくらぶ | アルテムジカ バロック アンサンブル | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | インターネット | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 保存車 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 地方私鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 映画 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 都筑道夫 | 鉄道 | 鉄道古地図 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR九州 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ