国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

その他

2018年7月11日 (水)

関東詣で1日目 旧友との再会

86日から9日まで関東詣でしていましたが、初日は大雨で新幹線のダイヤもズタズタです。東海道は平常通り運転のニュースを見て安心して新大阪駅に行ったのですが、すでに1時間の遅れが生じていました。それでも、予定より少し遅れただけで、目的地には到達できました。そして、小学校以来の友人とビールです。お互いビール過ぎとなっていてよかったです。

Dsc08866_2さて、新宿で呑んだわけですが、帰りに小田急のロマンスカーを使ったホームライナーという特急を予約したところ、なんと新車のGSE7000系に乗ることができました。前進赤いボディの大変斬新な車両がプラットホームに入ってきました。

Dsc08868指定された1号車に入って座席についてみると前から5番目で、残念ながら先頭ではなかったのですが、眺望の様子は大変良く観察できました。車窓からの様子はビデオでも撮ったのですが、それはFBでの公開としております。

51mewfi1ul__sx354_bo1204203200_門井慶喜 パラドックス実践 雄弁学園の教師たち 講談社文庫/読了・・・・・・・ずっとここのところ読み続けている門井慶喜の作品、今回は学園ものですが、これが少々賢すぎて手ごわい生徒を相手にしたという学園ものですね。生徒たちよりも教師が中心に描かれています。この著者独特のくどいほどの知識のばらまきがありますが、そこのところ、司馬遼太郎の様に飄々と知識を展開するのとは少し違って、物語と乖離しているような、そこまで言わんでもストーリーは進展するやろなという感じはしますね。

2018年7月 9日 (月)

大水害 愛媛県西予市野村

私が現役の頃から何回も訪れ、今も年に一度は訪れている愛媛県西予市では、今回の豪雨により大変な被害が発生しています。
日本中、このような甚大な被害が発生しているので、ここだけと言うことには当たらないかも知れませんが、ご縁のある土地ですので、ネットで流れてきた写真をご覧いただくようにしました。
一日も早く、普段の生活に戻られるよう祈念します。

36729955_1586783544783609_38892971136741728_1586783044783659_64763432236743625_1586798178115479_71499635736745293_1586783698116927_14706387836763025_1586783928116904_82508268936765626_1586783384783625_72352881536805448_1586783328116964_23242234836810586_1586798464782117_12615693636852928_1586783811450249_69881489536896914_1586783644783599_229048799




























2018年7月 5日 (木)

夜来風雨声

春眠不覚暁、処処聞啼鳥、夜来風雨声、花落知多少

Image1_jpeg孟浩然の春暁という詩ですが、春眠暁を覚えずだけが有名になっていますね。とは言うものの、昨夜から今まではずっと、夜来風雨の声 これがいよよ激しく なってきましたね。梅雨末期の大雨というにもほどがあるというところでしょうか。今日の気象レーダーに移された豪雨の様子です。

Img_4270奇しくも、今からちょうど80年前の1938年、昭和13年7月3日から5日まで、六甲山を中心とした阪神間に大雨が降り、その様子が谷崎潤一郎の細雪に記されています。有名な阪神大水害ですね。嫁の実家にある古いアルバムに、その当時の写真が何枚か残されていました。当時の国鉄の蒸気機関車C57と三気筒C53が立ち往生しています。

C5760号機は、後に小倉工場でいわゆる門デフに改造されたので、これは貴重な写真です。C5315はこの当時特急をけん引する機関車が集まる明石区に所属していたようです。

Img_4271もう一枚は、阪神国道線の電車です。手前に土砂が堆積しているように見えますから、奥が海側でしょうか。ポール集電の1型タイプの電車ですね。

まだ雨は週末まで降り続くようですが、大きな被害が出ないことを祈ります。

41hus57zccl__sx354_bo1204203200_門井慶喜 人形の部屋 創元推理文庫/読了・・・・・・・・家庭内ミステリーとでもいうのでしょうか。別に家庭内がもめているという事ではなく、勝手に事件が持ち込まれてくるだけなのですが、それを専業主婦の主人公が解決していくというストーリーです。全体に説明が多すぎるきらいはありますが、そこそこ読ませます。もう少しこの著者に付き合っていきます。

2018年6月25日 (月)

地震から1週間 高槻、茨木市内を歩く

Dsc08782Dsc08800大阪北部の地震から一週間が経ちました。
30度を超える暑さの中、高槻と茨木市内を歩いてきました。
高槻では、日曜日のアマオケ公演が中止となった現代劇場へ行きましたが、外観にはなんのさわりもありません。隣接する野見神社や永井神社では、瓦が落ちた様子もありません。近くのお寺でも平穏な時間が流れていました。

Dsc08797Dsc08795どちらかというと茨木市内の方が、屋根のブルーシートが目立ちました。
茨木神社では、宮司さんのお家でしょうか、塀が倒れかかっていたり、ビルの塗装がめくれたりという被害が散見されます。
いずれにしても、ガスも水道も戻り、平常の生活に落ち着いたという感じを受けました。被災地に日常が戻ってくることが一番大切ですから。

Image1_jpeg_2全国から地震の取材に来ていると思いますが、被災したという市民の声を捉えるのは、難しいかも。それほど、平常です。
お昼は久しぶりに、高槻のチャンチでスンドゥブランチをいただきました。辛いのなんのって、美味いのなんのって!

51qbibvrlol__sx342_bo1204203200_門井慶喜 天才までの距離 文春文庫/読了・・・・・・・・・・・今注目の作家、門井慶喜。その小説の面白さを堪能しています。これは前作、天才たちの値段に続く作品で、キャラが面白くもうとりこになってしまいました。これは良い作家に出会いましたね。ストーリーのわりに文章が多いというか、説明が少しくどいこともありますが、そのうちに慣れるでしょうね。今はシリーズ三作あるようなので、期待が持てます。

2018年6月18日 (月)

朝から地震

6いやぁ~、朝からびっくりしましたね。突然の轟音が響いてきたかと思うと足元からガツンとやられてしまいました。その後に大きな横揺れが来ましたね。

7_2小生が住んでいるところは震度5強という事でしたが、もっと強い揺れの地域は大変なことだったと思います。

被害というと、2階に飾ってある阪神電車3011系2両編成が脱線、転覆しているくらいかと思っていましたが、庭に出て確認すると、灯ろうが倒れていました。

5昼から近くに買い物に行ったとき、JRの駅まで行くと、まだほとんどの線区で運転見合わせの情報がそのままでしたし、何と言っても驚いたのは、駅に新快速が停車しており、まだ数多くの乗客が車内におられたことです。

4_3もちろん、多くの方はいったん下車したでしょうが、どちらへ行くこともできない人は乗ったままとなっているのでしょうね。お疲れ様です。

2018年6月16日 (土)

適塾

Dsc084766月8日は、弊方写真展の会場へ向かう前に、大阪・淀屋橋駅近くにある適塾へ立ち寄りました。10日までの予定で、大鳥圭介をはじめとする軍政と医療からみた適塾関係者の展示会があったからです。特に大鳥圭介はその伝記を読んだところだったので興味がありました。

Dsc08477適塾は幕末に緒方洪庵が拓いた蘭学の塾ですが、蘭学に限らず、医学、軍学、特に種痘の実施は広く知られていますね。塾生も、大鳥のほか、大村益次郎、福沢諭吉、長与専斉、佐野常民などその後の時代に大きく活躍した才能を輩出しています。

Dsc08475当時の塾生は畳一枚に一人の割合で寝起き寄食していたという事で、実に熱い場所だったことが伺えます。適塾には何回も来ていますが、改めて150年以上前の時代の熱気を感じることができました。ここへ来たついでに、今も続く緒方病院の中にある種痘の資料館も初めて訪れてみました。

写真は緒方洪庵の像です。

2018年6月 2日 (土)

写真展~トラムの世界~ 開催中です

Dsc08185Image1_jpeg先日お知らせしました弊方の写真展~トラムの世界~ ニュージーランド、ドイツの街から を大阪・阿波座にある音響珈琲長楽庵で開催中です。これは、2010年11月に行ったニュージーランド、クライストチャーチのトラム、路面電車とニュージーランドの観光鉄道に加え、昨年11月に行ってきたドイツのトラムの写真を展示しているものです。長楽庵には、計23枚の写真を展示して、皆様のお越しをお待ちしております。

Image2_jpegImage3_jpeg長楽庵の内部はこのような感じで、オーディオ装置が数システム置かれていて、好きな音楽を聴くことができます。また、庵主が凝った珈琲を提供してくださいます。お時間があればぜひ一度足をお運び願います。

126172_l伊東潤 維新と戦った男 大鳥圭介 新潮文庫/読了・・・・・・・・維新の際に幕府方に参加し、戊辰戦争、函館戦争と渡り歩いた大鳥圭介の生涯を描いた力作です。先に読んだ門井慶喜の新撰組颯爽録と同様、司馬遼太郎の歴史小説にその発端があり、違う角度から幕末のひとりの人間を浮かび上がらせています。ところが本書は綿密な歴史考証、資料の調査をされているのでしょうが、全体としては小説というより、歴史調査報告書の感が否めません。数値とか具体的なものが出てくるのですが、司馬遼太郎や門井慶喜の作品のような人物の息遣い、体温、その周りの空気感、緊張感といった人間を取り巻いているもやもやとした大気が感じられないのです。期待していたのですが、少し残念な一冊でした。

Img20180501_20473455写真展のご案内です。

2018年5月20日 (日)

線路は続く 兵庫県立歴史博物館

Dsc08250毎日拝見しているサイト の情報から、姫路にある兵庫県立歴史博物館 で、特別企画展「線路は続く」-レールでたどる兵庫五国の鉄道史-が開かれているとのこと、また、調べると本日午後から関連する講演会が開かれる事がわかりましたので、早速出かけた次第です。

Dsc08254企画展は、古レールを中心に、山陽鉄道、阪鶴鉄道、播電鉄道、山陽電鉄、阪神電鉄、阪急電鉄、播州鉄道、赤穂鉄道、淡路鉄道、と言った歴史上の鉄道を含む資料が並べられ、様々な形状、大きさのレールが披露されていて、なかなか見ごたえのある展示内容でした。

Image1_jpeg講演会は、「明治期における兵庫県下の鉄道会社の経営と利害関係者の思惑について」と題して近畿大学の先生のお話しでした。少し聞きづらい発音をされる講師の方でしたが、熱のこもったスピーチで時間をオーバーしても講演が進められました。

たまには、こんなお勉強もいいかも、でした。

27220858_1門井慶喜 新撰組颯爽録 光文社文庫/読了・・・・・・・・最近、直木賞をとった著者、それもずいぶんと著作の多い方ですが、この題名からもう司馬遼太郎の新選組疾風録を意識した作品であることは間違いないと思って読み始めました。実に練られた文体、文章にぐんぐん引き込まれ、あっという間に読み通してしまいました。ただ、ところどころ、司馬の文章の癖が出てくるところなんか、今一つ自分の殻が破られていないなと思いますね。でも、この著者の作品、すこし読んでみようかという気持ちですよ。

2018年5月16日 (水)

写真展のご案内 in 長楽庵

Img20180501_20473455昨年開催して多くの方々にお越しいただきました写真展を、今年も同じ場所、阿波座の長楽庵で開催することとなりました。

開催期間は、5月30日から6月10日まで、12時から18時まで。ただし、6月4、5日はお休みです。

皆さま、ご多忙のこととは存じますが、お運びいただければ幸いです。

2018年5月11日 (金)

突然の法隆寺訪問でした

Dsc08062お昼過ぎに東京のお知り合いからメールがあり、来阪しているけれど、昼から時間ができたので、どこか大阪の名勝、お寺とか知らないか?とのこと。さて、取りあえず顔を見てから決めましょうと、南海電車でやってくるという友人と新今宮駅で待ち合わせとしました。

Dsc08068さて、どこへ行こうかという事になり、法隆寺という希望が出ました。ちょうどホームに大和路快速が到着し、これはもう乗るしかありませんね。法隆寺は、大和路線の王寺の次ですから、案外違い物でした。法隆寺の訪問も久しぶりのことでした。

Dsc08073法隆寺の夢殿では、救世観音の拝観がこの18日までです、次は秋のシーズンまで拝観ができません。少し時間が余ったので、隣の中宮寺へ行き、ここで、印象的な微笑みをたたえる有名な弥勒菩薩さんに会ってきました。突然のことでしたが、まさに癒しの時間を過ごすことができました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京都工芸繊維大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 寝屋川市民管弦楽団 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ