国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

その他

2019年8月16日 (金)

イチヂクの季節です

Thumbnail_image1_20190816061601

昨年もそうでしたが、今年もイチヂクが豊作の気配がありました。柿は、成り年とそうでない年が交互にやってくるよですが、庭のイチヂクは連続で豊作のようです。これは今月初めころのイチヂクの様子です。東北地方では、この青い実を甘煮にするようですが、何だかもったいない感じがしますね。

Thumbnail_image2_20190816061601

ここ数日は、毎日20個ほどが収穫できるようになっています。ほっておくと熟した実にアリがたかったり、鳥に食べられたり、散らかされたりと、庭が汚れるので、毎日収穫しないといけません。これが結構大変なんですよね。そして、自宅で食べるのにも大変な量になりますので、ご近所、親戚などへ配ったりしますが、そのうち限界がやってきます。

Thumbnail_image3_20190816061601

一番大量に処理できるのが、干しイチヂクです。皮をむいて、半分に切って、日光にあてて干していきます。だいたい、5日もあれば弾力のある干しイチヂクになります。これは保存もききますから、とても便利な方法です。成城石井などへ行くとこの干しイチヂクを売ってますが、どうもシルクロード沿いにあっちこっちで作られているようで、異国の味でもあるのですね。

さて、台風も去りましたので、本日からしばらく旅に出ます。

2019年7月31日 (水)

男山ケーブルで行く石清水八幡宮 7/25

Dsc06671  Dsc06670  Dsc06674

7月25日は、京阪の男山ケーブルが新車に変わったという事もあり、これに乗って石清水八幡宮へお参りしてきました。先ずはケーブルの山上駅の近くにある展望台へ行きます。ここからは、京都市内の南部、京都競馬場や京阪の淀車庫などを見ることができます。桂川、淀川、木津川の三川合流地点を行く京阪特急と京都競馬場です。石清水八幡宮の門は台風被害で痛々しい感じです。

Dsc06676  Dsc06675  Dsc06678

これは拝殿になるのでしょうか、ここだけ修復が進んでいましたね。去年の台風と大阪北部地震の被害をまだあちらこちらで見ることがあります。写真に撮ってはないですが、社務所の屋根もひどいことになっていました。

Dsc06683  Dsc06684  Dsc06685

山から歩いて降りてくると、八幡宮の頓宮と一の鳥居がありました。この鳥居の前で、大津が有名だと思っていたのですが、ここが発祥のひとつという走井餅を売っていました。こし餡を餅で包んで細長い形にしたものでした。八幡市駅からは京阪の各停で爆睡して帰りました。

9784330971193_600

青田孝 鉄道を支える匠の技 訪ね歩いた、ものづくりの現場 交通新聞社新書/読了・・・・・鉄道という大きな交通組織を支えるためには、日立製作所や川崎重工業のような大メーカーも必要でしょうが、自動車と違った多品種少量生産の世界では、なかなかその道の熟練工でないと対応出来ないことがまだまだ多く、そこは独自の進化を遂げた工場がいくつもあるのですね。縁の下の力持ち、たとえ小さな会社であっても、その技術がなかったら電車を走らせることができない、そういう稀有な技術の紹介で、大変面白く読みました。

2019年7月27日 (土)

梅雨の中休みに摩耶から住吉へ歩く 後半

Dsc06597  Dsc06601  Dsc06602

7月20日は梅雨の中休みで、JR摩耶駅から住吉まで歩きました。昨日の記事の様に、摩耶駅から二つの古墳などを巡り、おもに海に近い方を歩いてきました。さらに東へ向かうと、このあたりの特徴である酒蔵がいくつもあります。福寿の酒心館、白鶴記念館、菊正宗の記念館です。平日の午後でしたが、多くのお客さんでにぎわっていました。特に外国からのお客さんが多かったですね。

Dsc06600  Dsc06599  

これは菊正宗酒造の本社建物です。そのわきに昨年末に立てられた加納治五郎生誕地の碑です。今年の大河ドラマ、いだてんで有名な加納治五郎が生まれたところですね。治五郎の母親が菊正宗の本家の出なのですね。タイミングを見ての建立だったのかもしれません。

Dsc06603  Dsc06604

住吉川まで出て、北上します。川の右岸には六甲ライナーが通っていて、時々ゴロゴロとしたタイヤの走行音が上から聞こえてきます。その高架下に谷崎潤一郎が夫人の松子と暮らしていた倚松庵があります。この建物で、名作「細雪」が執筆されています。但し、もともと建っていた場所はもう少し南側で、六甲ライナーの敷設に合わせて移転してきたものです。

Dsc06606  Dsc06607  Dsc06608

さて、さらに、川に沿って上がっていくと東灘図書館があり、その中に住吉だんじり資料館があります。早速、覗いてみるととても大きく立派なだんじりが展示されていました。住吉の祭りの話しは聞いたことはありましたが、実際には見たことはありません。ビデオでの紹介もされていて、すこしだけ雰囲気を味わうことができました。JRを越える陸橋から住吉駅が見えてきました。この後、ちょいと買い物して帰りました。

9784334778644

鯨統一郎 ベルサイユの秘密 女子大生桜川東子の推理 光文社文庫/読了・・・・・・バーのカウンターで語られる推理話で事件を解決していくというお決まりのストーリー。安楽椅子探偵のバーカウンターバージョンでしょうか。今回は宝塚歌劇をモチーフにした4つのストーリーです。ここに、久しぶりに読んだ絶好調の鯨くんの本がありました。

2019年7月26日 (金)

梅雨の中休みに摩耶から住吉へ歩く 前半

Dsc06584  Dsc06588  Dsc06589

ようやく梅雨明けした関西ですが、7月20日の空はまだずっぼりと雲の中にありました。それでも、月間200km歩くことを目指している小生としては、梅雨の中休みとなったその日は、JR摩耶駅まで行き、プラプラと歩き出しました。摩耶駅は2015年10月に開業した新しい駅で、マリーホールへ行くために駅の北側へ下りたことはありましたが南側は初めてです。そして、そこから5分ほどのところに阪神電車西灘駅があります。阪神電車の普通車、何と旧塗装の素晴らしい事でしょう。

Dsc06590  Dsc06591  Dsc06593

西灘駅の東側には、西求女塚古墳があります。今やほぼ公園化してしまっていますが、発掘調査によって、長さ98mの古墳時代前期における最大級の前方後方墳である事がわかっています。周りは高速道路やマンションに取り囲まれていて、昔をしのぶ雰囲気にはありませんが。歩いていると甲南漬がありました。お店に入ってしばしクーラーの風に当たりました。甲南漬けは興味なかったけど、白菜の漬物は持ち帰りました、旨し!

Dsc06592  Dsc06594  Dsc06595  

さらに東へ歩いていくと、阪神電車の線路沿いに船寺神社がありました。かつては海岸線に近い所だったようで、船の航行安全を祈願した神社のようです。社殿が東を向いているのは、京都の石清水八幡宮から分霊したとのことで、災難除けを祈願したようです。さらに東へ進むと阪神電車と阪神高速道路に挟まれて処女塚古墳があります。全長70mの前方後円墳で、ここへは奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の方々をご案内したことがありました。さらに東へ歩きます。

51euqmrvakl__sx339_bo1204203200_

畠中恵 まことの華姫 角川文庫/読了・・・・・・しゃばけシリーズの著者による作品、腹話術の芸人が操る人形が、真実を語るという設定で、興行主の娘、娘といっても13歳、そして周りの人たちを巻き込んだ悲喜こもごものストーリー。何ですが、最初その設定がかなり分かりにくかったですね、人形がしゃべるといっても、腹話術士がしゃべっているので、そこに何かが憑依してしまっているとなると、それは少しホラーだけど、そういう設定でもなかったし。なんとなく中途半端な感じで始まった話ですけれど、だんだんなじんでいくと畠中ワールドが見えてきました。

2019年7月25日 (木)

7月大歌舞伎 難波松竹座

67075961_2390388387952155_84711428575188  67401882_2390388497952144_86734801755827  67403312_2390388437952150_58443337983590

昨日7月24日は、なんばにある松竹座で興業が打たれている7月大歌舞伎を見に行って来ました。歌舞伎、久しぶりです。なんでも、近年関西で歌舞伎を盛り上げるために尽力してきた関西・歌舞伎を愛する会の結成40周年記念公演とのことです。多くのお客さんが松竹座を埋めました。

67519299_2390388544618806_35444693492616  67848849_2390388481285479_38320651697651

昨日は、夜の部で16時半からの開演です。まず、芦屋道満大内鑑 葛の葉の子別れの舞台です。先日、大阪文学散歩で、和泉市にある葛の葉神社を訪れるなど、この話の故地を巡ってきましたので、親しみがわきました。助けた狐が化けて嫁入りするものの、数年後に狐と知れて子供を置いて信太の森へ帰っていくという、そしてその子が、実は、後の安倍晴明であるというストーリーです。時蔵が狐の嫁、葛の葉を演じました。

3_20190725101601  4_20190725101601

休憩の後、出演者総出の弥栄芝居賑という口上、挨拶があり、後半は、上州土産百両首という昭和になってからの話しが芝翫の芝居で演じられました。ストーリーは、歌舞伎というよりも人情話し、剣劇芝居のような感じ。

終演後、道頓堀からにぎやかなお囃子の音が聞こえてきました。天神祭りの船渡御でしょうか、これは初めて目にしました。

 

 

2019年7月21日 (日)

百舌鳥・古市古墳群マップアプリとか

Dsc00933  Dsc00929  Dsc00986

今年、百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されて、一気に古墳ブームが来そうな感じですね。たしかに、いわゆる仁徳天皇陵や応神天皇陵などの巨大古墳もあれば、街中の家々の間にぽつんと開発から取り残された古墳まで、この地域には多くの古墳が点在していますね。

百舌鳥・古市古墳群マップアプリ 

関西大学は以前から古墳研究というか日本の考古学のひとつの拠点としての活動をしていますが、今般とても価値の高いアプリをネット上で公開しています。それが新聞に載っていたので、早速検索してみました。これは面白い。古墳を回る前に絶対これで予備知識を入れておきたいですね。また、スマホで検索しながら現地で実物を見るというのにも役立ちそうです。これはすごい!

321809000173

宮部みゆき 三鬼 三島屋変調百物語四之続 角川文庫/読了・・・・・・・・・・三島屋の一室で語られる百物語のシリーズ。この一連の作品は、著者がストーリーテラーとして最も優れた資質を展開できる場所かもしれません。読ませながら、読み手の頭の中で自由に想像できる部分、それの余している空白の部分の残し方とか絶妙なので、読んでいて自由に頭の中で展開できる部分と相まって、自然と物語の中に吸い込まれてしまいます。今回も、語り手がいるものの、読み手も三島屋さんの中にいるような不思議な感覚を味わいました。最後の章で今までにない展開もありましたが、今後も話しが続いていくことを願います。

2019年7月13日 (土)

パソコンが・・・・・

Thumbnail_image1_20190713102701 

昨日7月12日の夜、パソコンの電源が急に落ちたかと思うと、それっきり、これっきりとなってしまいました。うんともスンとも言いません。そんなら、それまでパソコンがうんとかすんとかいうのを聞いたことが有るかと突っ込まれても、そんなことは無いのですが。

2012年秋・冬モデルですので、もう7年近く使ってきたことになります。と言うことで、実は、このパソコンを買った時期に2つの家に分けて住んでいたことが有る(別に世間を騒がせるほどのことではありません)ので、すでにお蔵入りしていたひとつ前の世代のパソコンを引っ張り出してきて活用を開始しました。なんと6年ぶりくらいの現役復帰です。復活をなしたパソコンで早速本日のブログを書いております。

ただ、プリンターとどうしたらつながるんやったかなぁ? ファイルの取捨選択とか、久しぶりのことなので、やらなあかんなぁ、とか、梅雨の野暮用が増えそうです。

2019年7月 6日 (土)

高師浜から浜寺公園へ

Img_0992  Img_0999

昨日は、南海電車の盲腸線、高師浜線の終着駅まで行き、そこからプラプラと歩いて北上していきました。高師浜駅の裏手には、延喜式にも記載されている古社、高石神社があります。本殿は昨年の台風被害でしょうか、屋根が大きく傷ついていました。神社の背後には、もともとこのあたりが浜だったことの名残りでしょうか、松林が広がっていました。

Img_1000  Img_1002  Img_1001

高石神社から少し西へ歩くと、すぐ漁港に出ます。高石漁港です。たまにフリーマーケットなどのイベントもあるようです。泉佐野のような常設の魚市場はなさそうです。そこから少し歩くと、南海電車の研修センターがありました。こういう場所には古い電車が保存されていることがあるのですが、見た範囲では認められませんでした。台車FS376が置かれていましたが廃車になった車両からの記念品ですね。

Img_1004  Img_1008

研修センターの北側には広い浜寺公園が広がっています。ここにはD51469と阪堺電車の130号が保存されています。野天での保存ですが、いずれもきれいな外観を保っていました。ところが、浜寺公園内を周回していたSL(駆動はディーゼルエンジンですが)列車は、駅舎の回収工事中で運転されていませんでした。この駅舎も昨年の台風被害で倒壊したとのことです。9月30日まで運休です。これ、なかなか本格的な鉄道なので、大人でも楽しめますよ。

2019年7月 3日 (水)

段ボール製 1号蒸気機関車

Dsc06353  Dsc06351  Dsc06354

大阪梅田にある大阪工業大学のビルの一階ロビーで、段ボール製の1号蒸気機関車が展示されているとのことだったので、いつもの生駒の野暮用を終えてから早速見に行って来ました。場所は、阪急梅田駅のすぐ東側、ヤンマービルのひとつ東側のビルです。大学というものの、学生と一般の人が立ち入れるところはシッカリ区分されています。

Dsc06357  Dsc06352

さて、段ボールで再現された1号機関車は、現在埼玉の鉄道博物館に保存されている機関車を実際に採寸し、製造当時の図面をもとに原形を再現したもので、その姿が明治5年に新橋-品川間を走った1号蒸気機関車の姿に戻されているとのことです。機関車の側面には製造銘板も取り付けられていて、雰囲気は出ています。

Dsc06356   Dsc06355

すぐ隣にエスカレーターがあったので階上から見下ろした様子なども撮影し、その姿を堪能しました。実機と同じというのが、単に模型という以上の迫力を感じさせます。また、作った人が、新幹線の父である島秀雄さんと一字違いの島英雄さんというのが泣かせますね。

Img_4097-200711  Sany0037-20031103

1号機関車は上にも書いたように、現在埼玉で静態保存されています。また、同じ頃輸入され明治7年に阪神間を走っていた120型機関車というのが、京都にある加悦鉄道博物館に保存されています。それらを並べておきます。当時の姿との違いも少しわかりますから。

51n33dj4mcl__sx329_bo1204203200_

小川糸 たそがれビール 幻冬舎文庫/読了・・・・・・お知り合いのオーボエ工務店からお薦めの一冊という事で、この本をいただきました。初めて読む作者の方ですね。流行っているのかな? 2012年の1月から12月まで、1年間の日記風エッセイで、ブログ記事のような文章が並んでいます。言葉の使い方が面白く、文章を読んでいるような、詩を読んでいるような、調度その中間のような語り口ですかね。夏はベルリンに2カ月滞在という、とてもうらやましいせい月に少し憧れてしまいますね。ちょいと年齢不詳のような存在感もいいですね。

2019年6月16日 (日)

第8回K.G.R鉄路写真展

64474670_2360673894256938_84436469879909  62962336_2360673944256933_24724892693068

昨日、6月15日は、西宮北口の市民ギャラリーで開かれている関西学院大学鉄道研究会のOBの皆さんが主催されている鉄道写真展を見に行ってきました。お昼前に行く予定が、突然の豪雨で遅くなりお昼時間になりましたが、お知り合いの方々にお会いできて良かったです。


64469512_2360673937590267_40309153308669  64743976_2360673997590261_59779264711785

今年のテーマは、平成を駆けた昭和の雄姿、ということで、昭和、平成、そして令和でも走り続ける元気な電車たちの写真に出会いました。
お知り合いのN村さんが随分前に撮影された室木線のハチロク、8620型蒸気機関車の写真が、静かな雰囲気を漂わせていて、とても気に入りました。

62523169_2360673884256939_32424996261330

会期は本日6月16日までとのこと、お近くにお越しの方は立ち寄られてはどうでしょうか。アクタ西宮東館6階の西宮北口ギャラリー、本日は10時から17時までです。

さて、本日は春のかぎろひ歴史探訪の最終回、朝10時に近鉄西大寺駅に集合です。そろそろ顔を洗って準備かかろうかな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ