国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

その他

2018年11月 5日 (月)

曽根の町を歩けば

Dsc0121811月3日は、阪急曽根駅で下車、歩いてオオサカンの音楽会がある服部緑地へ行きました。曽根から服部緑地までの道は、街路樹が続いて歩いていても気持ちの良いところで、いろいろとウォッチングしてきました。ここは、駅から東進してすぐの交差点を北へ曲がったところにあるステーキ屋さん、680円税込で120グラムのステーキランチとは太っ腹ですね。

Dsc01219しばらく歩いていると、見ただけで引き込まれる急行銀河のヘッドマークがかかるビルがありました。ここは、鉄道部品販売を生業としている「銀河」という会社でした。ビルの一階に倉庫と受付があって、一人のお客さんが持ち込んだ写真などを見せて商談しているところでした。そういう光景が、外からばっちり見えるのは、う~ん、微妙な感じでしたが。ちなみに金がのヘッドマークは手作りでしたよ。(株)銀河

Dsc01220もう少し行くと、ブーランジェリーTRAMという、まぁ、いわばパン屋さんがありました。TRAMというので、路面電車のようなものが店内にあるかどうか、サクっと見たのですが、どうもなかったようですね。TRAM  ネットでも検索してみましたが、なぜ、トラムなのかはわかりませんでしたね。機会があればパンを買うついでに聞いてみようと思います。

Dsc01221さらに行くと、高校野球で有名な履正社高校がありました。高校野球の泥臭い雰囲気は皆無で、どこかセレブの宮殿かと思わせるような上品な建物でした。こんなところで青春している高校生がうらやましくなりましたね。

以上、曽根散歩でした。

41wfdpmt5yl__sx330_bo1204203200_さくらももこ さくらえび 新潮文庫/読了・・・・・・・・・・一連のさくらももこの作品のひとつですが、家族を中心に使えるネタは使い倒すという感じでしょうか。いずれも、アニメで有名になった家族、さらに仕事のお付き合いの方々もネタにされてしまうという、そういうものに巻き込んでしまうさくらももこ台風、さすがです。ちびまる子ちゃん風のイラストがたくさん入って、楽しめますね。

2018年11月 1日 (木)

尼崎城絵図の世界

Dsc01111Dsc01112来春、江戸時代に尼崎城があった跡地に、当時の天守を模したお城が再建されます。それを見据えて、現在「尼崎城絵図の世界」と題する展示会が尼信会館で開かれています。尼崎城は、大阪城の西の構えとして江戸期を通じて置かれていました。絵図は実に丁寧な敷地の様子や建物の詳細な設計がわかる資料など、多数展示されていました。

Dsc01113Dsc01114尼信会館の隣には、世界の貯金箱博物館があり、現在は乗り物の貯金箱を集めた展示会が開かれていました。ここも尼信の施設ですね。この建物の1階だけでなく2階にも、デーンと並ぶ貯金箱の多さには本当にびっくりです。乗り物の貯金箱など、さらっと見て失礼しました。

41o9vfpxnl__sx347_bo1204203200_さくらももこ もものかんづめ 集英社文庫/読了・・・・・・・・・・どうもこの著者の作品は読みやすいこともあって、一日一冊のペースになりますね。これは、漫画を描いていた著者が1991年に出した初めてのエッセイ集です。今だと、ちょっと長めのブログ記事、そんな感じでしょうか。巻末にお楽しみ対談と題して、いろいろな方との会談が載っているのは、このシリーズの決まりなんでしょうね。

2018年10月24日 (水)

現代能楽集「竹取」 観劇

44789032_2183854651938864_677159833昨夜、10月23日の夜は、小生としては大変珍しく、西北の芸文ホールで観劇していました。
小林聡美、貫地谷しほりの主演による現代能楽集「竹取」です。企画監修は、先日狂言でその舞台に接した野村萬斎さんです。
現代的な闇をベースにした舞台と、台詞を絞って、踊りを中心にした舞台で、大変印象的な公演でした。

44740294_2183854658605530_5856464_2舞台のあとは、演出の小野寺修二さんを主演2人に交えてのトークショーも開かれ、舞台の苦労話しなどを披露されました。
今日24日は昼公演、その後、九州方面へ回られるようです。

小林聡美さん、映画「転校生」での新鮮な演技が忘れられませんね。

61y1jz3kgol__sx345_bo1204203200_万城目学 門井慶喜 ぼくらの近代建築デラックス! 文春文庫/読了・・・・・・・・・若手作家二人による近代建築巡りで、大阪、京都、神戸に続き、東京、さらに台湾まで足を延ばしています。門井慶喜の博学もびっくりですが、万城目学の反応の良さと思いがけないアイデアだしはさすがというほかありません。いとうせいこう、みうらじゅんの見仏記に匹敵する路傍探検の旅ですね。

2018年10月12日 (金)

万作萬斎狂言 萩大名ほか

43717958_2176594672664862_164345035今日は昼から少し変わった舞台で、狂言を見に行ってきました。
兵庫芸術文化センター中ホールで開かれた万作萬斎狂言、上演されたのは、萩大名、柑子、鈍太郎の三本でした。

先に野村萬斎さんによる解説が25分もあって、これから見る狂言のおおまかな内容が把握できました。萬斎さん、声が素晴らしいですね。

43684169_2176594665998196_153648966萩大名は、確か教科書で習ったか、文化鑑賞会で見たような記憶があります。この歌は覚えていました。

七重八重、九重とおもひしに、 十重咲き出ずる、萩の花かな

613zrrvau5l__sx352_bo1204203200_畠中恵 若様とロマン 講談社文庫/読了・・・・・・・・・この著者によるしゃばけシリーズとかは楽しく読んでいたのですが、この明治期に舞台を移した若様シリーズとでもいうのでしょうか、背景となる時代が、江戸期に比べると即物的なものが多くなって、背景自体にロマンが少なく感じます。それに比例して登場人物の描写も薄れがちかと。平易な文章でつづられているのに、頭に全然入ってこなくて、ずいぶんと日数がかかりました。

2018年9月19日 (水)

初めての宝塚歌劇 エリザベート

3先日、9月16日は、生涯初めての宝塚歌劇を体験しました。ずっと西宮住まいでしたから、宝塚は隣の町、そこで歌劇をやっていることはひとつの常識でしたから、機会はいつもあったわけですけれど、今回が初めての体験、初めての宝塚歌劇場でした。

8この舞台は、エリザベートというテーマの内容で、ちょうどハプスブルグ家の没落のころの話のようでした。歌劇が終わり、もう終了かと思っているとそこから、ずいぶんと長いラインダンスやら主演者の意匠替えの登場があったりと、3時間たっぷり豪勢な舞台を味わいました。

51d7ilbykfl__sx349_bo1204203200_植松三十里 リタとまっさん 国産ウィスキーをはぐくんだ夫婦愛 集英社文庫/読了・・・・・・・・・朝ドラで好評だった作品の原作、だと思います。今更という感じですが、この作者に興味があって、何冊か続けて購入してため込んでいます。この作品もずいぶんと平易な文章で登場人物をくっきりと描いていて、なかなかいいですね。ニッカウヰスキーの創業物語で、朝ドラはいろいろとごちゃごちゃ話をくっつけて膨らませていたようですね。原作はかなりすっきりしています。

2018年9月10日 (月)

台風21号 塩害

40790440_2154869688170694_594645387先日の台風21号では、ものすごい風が吹きましたが、その時、風の中に海の匂いを感じました。明らかに海水が巻き上げられ、それがふりそそいでいたのですね。台風が去った後、車を見ると、白い斑点、塩が付着していました。又、家の窓にも塩のついた跡が見られ、いずれも急いで洗い流しました。

5051さて、台風前のことですが、秋の花はまだ咲きそろわないものの、いち早くムラサキシキブの実が鮮やかな紫色を呈して、目立つようになってきました。これは毎年、小さな秋を見つける最初の出来事になっています。

41168138_2156174381373558_22568778341222121_2156174441373552_245066235ところが、今回の台風が去って、このムラサキシノブを見ると、葉が落ち、実は色を失ってしまいました。これも塩害だろうと思います。すぐに庭の草木も洗い流す必要があったのですね。聞くところによると、塩害によって今年の周辺の紅葉は色がすぐれないだろうという事です。台風の被害はそんなところにも表れてくるのですね。

今夜は、マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」を大阪フェスティバルホールへ聴きに行ってきます。初めて接する超大曲に期待が膨らみます。

2018年9月 7日 (金)

台風21号 大停電

40778375_2154732774851052_53287339640858897_2155311834793146_511745813今回の台風21号は、風雨もすごかったですが、何より周辺で大規模な停電に見舞われたのが一番の痛手でした。4日の台風来週の夜と、次の5日の夜まで復帰はしませんでした。結局、5日の22時53分に復電しましたが、33時間の長時間停電を体験しました。4日、5日の街の様子です。

14日の夜は、幾分涼しくなったこともあり、また冷蔵庫の開け閉めを最低限の回数にする必要があったりで、今秋初めての鍋となりました。電気はないですがガスが通じているので、ガスコンロでの調理しかありません。ライトもないので、ろうそくを何本も立てての鍋料理というのも、これはこれで、なかなか乙な感じで良かったです。電気がないと風呂も沸かせないので、水シャワーとか、これも厳しい生活環境ではありましたが。

40833757_2155311788126484_45844149940922961_2155311828126480_899143604さて、そうした停電の復旧には、関西電力の関係会社、きんでんの作業員でしょうか。夜遅くまで、それもおそらくは徹夜の連続で復旧作業に当たられている姿を見かけました。またその周りでは付近の住民が見守ってもいましたね。皆さん、電気が待ち遠しいようです。

ともかく、電気が通じて普段の生活に戻ることができ、ひと段落着いた次第です。

51vsihjg62l__sx350_bo1204203200_井口直司 縄文土器・土偶 角川ソフィア文庫/読了・・・・・・・・・今夏、東京で開かれていた縄文展に合わせて出版された本なのでしょうね、大変興味深く縄文時代とそこに現れた土器、土偶の不思議な世界を味わいました。1万年という気の遠くなる時間の中での偶然性、不思議な継続性、地域性といったものが、これらの土で作られたものからにじみ出てくるように感じ取れます。この展覧会の巡回がないのは本当に残念ですね。

2018年9月 6日 (木)

台風21号被害

40652251_2154372144887115_275370126一昨日、9月4日に来襲した台風21号、風と雨がすさまじかったですね。我が家は木造2階建て、地震や風雨には強いというツーバイフォー住宅なのですが、さすがに揺れました。また、風雨が突然強くなったものですから、慌てましたね。このくらいの時は、実際、雨が強くなりかけた程度で油断していました。

340684979_2154371791553817_477880067被害としては、屋根瓦が一部で浮きました。また、門は古い建物なのですが、端っこの瓦が何枚か飛んで落ちましたね。もう昔から何回も台風は経験した門なのですが、今回の強い風には耐えられなかったようです。

明日から秋雨前線がかかってきてしばらく雨続きというのが心配です。あの懐かしい雨漏りを経験するのでしょうか。

40680705_2154371894887140_358533884また、駐車場の屋根の波板も一部がはがれてしまいました。これは、つい先日修理して直してもらったところなので、がっかりです。ほかに庭木が一本倒れてしまったので、これはもう伐採するしかありませんでした。そして、そして、もう何年振りかになる大停電に見舞われるという、思いもよらなかった事態になってしまったのでした。

それで、9月4日、5日のブログ更新ができませんでした。

61hfbqfc5cl川上和人 鳥類学者無謀にも恐竜を語る 新潮文庫/読了・・・・・・・・鳥が恐竜から進化していったというのは、子供のころには聞いたこともない荒唐無稽な話なのですが、最近ではすっかり通説になってしまったようですね。ですから、鳥類学者は、いわば恐竜学者になるという発想で書かれた一冊で、数年前のベストセラーだったとか。柔らかい語り口、面白いフレーズを入れた文章にはついつい引き込まれてしまいました。専門的な内容もあるのですが、そういうところは実に丁寧な説明と解説が付けられています。じゃ、今まで一杯聞かされた「恐竜が絶滅した」という、そっちの話しはどうなったんでしょうね。

2018年8月31日 (金)

血圧の話し

Image1_jpeg最近、同年齢の方々との飲み会の話題と言えば、ずはり健康ですね。最近調子どう?から始まり、小生にはないのですが、夜中に何回起きてトイレに行く?などの質問が飛び交うようになりました。かくいう小生も、現役時代に血圧が高めという指摘を医者から受けていたものの、ほったらかしでした。

Image2_jpegグラフは、投薬前のレベルから、昨年末の投薬後、朝の血圧を自分で図って記録しているものです。当初140-90くらいのレベルのものが、だんだん下がってきて、現在は120-75に近いところまで下がってきました。医者の言う事も、たまには聞くものですね。薬は、アムロジピン5㎎というものですが、血圧検査の結果でも、副作用はなさそうです。

9784582858785加藤浩子 バッハ 「音楽の父」の素顔と生涯 平凡社新書/読了・・・・・・・・・・・・バッハの生涯を転居を繰り返した街を基盤としてとらえ、それぞれの土地での活動と創作を紹介するとともに、豊富な知識に基づいた内容でバッハの人となりを広く知ることができました。実に丁寧な書き方でしたね。昨年行った来たドイツのライプチヒも、この本を読んでいれば、さらにバッハを近くに感じることができたかもしれません。しばらく、バッハの作品をメインに聞くことになりそうです。

2018年8月27日 (月)

生駒聖天 宝山寺

Dsc09400今からひと月ほど前の7月26日は、いつものように生駒での野暮用を終え、開業100周年を迎えた生駒ケーブルに乗るというミッションを自分で実行していました。その帰り、山から下りてきて、宝山寺駅で下車し、初めて生駒聖天 宝山寺へ行ってきました。宝山寺と書いて、ほうざんじと読みます。駅から宝山寺へ続く階段。

Dsc09409この日は、高温注意報が出ている暑い日で、この階段がめちゃくちゃきついです。かつて登った金毘羅山ではそんなにきつく感じませんでしたが、この日は身体に応えました。宝山寺にたどり着くと、狭い境内に建物がびっしりと建て込んでいます。この日はお参りの日ではなかったので、比較的閑散としていました。

Dsc09408月に2回あるというお参りの日は結構混雑するようで、年間の参拝者は300万人にもなるそうです。なにせ、現世御利益を掲げているお寺なので、このように、ご利益に対する寄進も半端ないです。その額も、いくつかの数千万円の数字で驚いていましたが、なんと、桁が一つ上の寄進もあり本当にびっくりです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アミーキティア管弦楽団 | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | シンフォニア・スピカ | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | ファゴット・フェスティバル | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京都工芸繊維大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 千里フィルハーモニア・大阪 | 南海 | 卯之町 | 叡山電車 | 合唱団 | 名鉄 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪メトロ | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 寝屋川市民管弦楽団 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相愛フィルハーモニア | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 西武 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 阪神フィル | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ