国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

その他

2019年4月22日 (月)

写真展開催のお知らせ

写真展開催のお知らせThumbnail_image1_1

一昨年、昨年に続いて、今年も大阪、阿波座にある音響珈琲 長楽庵さんで写真展をさせていただくこととなりました。
5月22日火曜日から6月2日、お昼12時から18時の予定です。なお、5月27日、28日はお店がお休みですのでご注意ください。

事前にご連絡をいただきましたら、なるべくお店に居るようにいたしますが、用事で不在の時はご容赦ください。

2019年4月11日 (木)

近江舞子で桜と雪

Dsc04697  Dsc04702 母親の希望もあって、4月9日から一泊で、近江舞子にあるヴィラへ行ってきました。そこへ行くまでの途中、いわゆる滋賀県の鯖街道にある鯖寿司の名店、栃生梅竹で鯖寿司をいただきました。鯖寿司は一般には、鯖をひと塩してから酢締めしますが、ここの鯖寿司は塩だけで仕込んだものです。とても上品な味わいで、ネットで日本一の鯖寿司という評判も、さもありなんでした。

56414121_2311577559166572_63152811370736  56596574_2311577579166570_76160745002112  57012490_2311577535833241_89486933090191 鯖寿司も食ったので、今度は琵琶湖の北端にある海津大崎という桜の名所へ行ってきました。ここは、琵琶湖に突き出した半島の周囲をぐるっと桜の木が取り巻いているところです。そして、ちょうど満開になったタイミングで訪れることができました。約4kmある道路に沿って800本とも900本ともいわれる桜が出迎えてくれました。こんなにたくさんの桜を見たことはありませんでしたから、大感激です。

Thumbnail_image1  Thumbnail_image2  Dsc04704 一夜明けて、ヴィラから見える湖西の山々は今度は前夜降った雪で白くなっていました。車で訪れた山里は、家々の屋根が真っ白になるほどの積雪でした。満開の桜と雪化粧を一緒に見るなんて、凄い小旅行でした。

※ブログもようやく書き込みや写真の貼り付けができるようになったみたいです。昨日は書き込みもできませんでしたが、これからは安定して運用してほしいものです。

2019年3月27日 (水)

生駒山系 八尾辺りを歩く 3

昨日の続き


Dsc03663  Dsc03668  Dsc03667 八尾市内の生駒山系を南下しています。佐麻多度神社からさらに南へ下った道沿いに、岩が露出した古墳がありました。俊徳丸鏡塚古墳です。これは、6世紀ころの古墳ですが、その後の地元の伝承と相まって、俊徳丸鏡塚と呼ばれるようになりました。そのあたりは解説をごらんください。それにしても、弱法師とは、どうしても桂吉朝の最後の高座を思わざるを得ませんね。古墳の石室の中には入ることができませんが、かがんでその手前までは行くことができます。


Dsc03672  Dsc03675  Dsc03676 さて、さらに南へ住宅街を抜けると、近鉄信貴線の終点、信貴山口駅へ出てきます。ここから、近鉄西信貴ケーブルが信貴山へといざなうのですが、この日はここでおしまい、次の機会には、ここから高安山を経て、三郷町のほうに抜けてみたいと思います。


さて、今日からちょいと旅に出ます。帰ってからふんだんの報告ができると思います。


321712000415 谷川流 涼宮ハルヒの溜息 角川文庫/読了・・・・・・・・・・涼宮ハルヒシリーズとして再刊されている2冊目です。今回は、高校文化祭での映画作成の巻です。単なる学生生活かと思いきや、さすがハルヒでしたね。このあたりの展開は、アニメで知っているので先の先までわかるのですが、読みながら頭の中で映像を反芻するという、他ではない読書体験でした。


 

2019年3月26日 (火)

生駒山系 八尾辺りを歩く 2

昨日の記事の続き


Dsc03647  Dsc03648 生駒山系の八尾辺り、山ろくを歩いています。このあたりは豪族物部氏の勢力範囲でしたので、その由来の古い神社がいくつか残されています。この都夫久美神社もその一つです。解説によると物部氏の祖神宇摩志摩治命(うましまじのみこと)を祭神とし、 社名は、物部氏の一族積組連(つぶくみのむらじ)に由来するとのことです。いずれにしても勢力を誇示するためのものなのでしょう。


Dsc03659  Dsc03660 さらに行くと、佐麻多度神社があります。ここは、このあたりの山畑という地域の産土社ですが、明治31年に別の場所から現在のところへ移されたとのことです。上の都夫久美神社もそうですが、式内社ということで古格の社ですね。現在はともに地元の太鼓台の倉庫が置かれ、信仰が息づいているのが感じられます。


Dsc03652  Dsc03653 このあたりを歩いたのは3月18日のことで、桃の花が春霞がたなびく景色と相まって、まさに桃源郷の様相となっていました。八尾にこんなに景色の良いところがあるとは思いませんでした。

2019年3月25日 (月)

生駒山系 八尾辺りを歩く 1

Dsc03629 Dsc036343月18日は、いつもの生駒市での野暮用を終えて、昼から生駒山系のすこしみなみがわを歩いてみようかと足を延ばしました。先日、東大阪の枚岡神社から南へ歩いてみた時、一番南は二本松古墳で下からそこから南となるわけです。とはいっても、八尾の心合山寺(しおんじやま)古墳までは何もないので、近鉄瓢箪山駅からバスでその最寄りの停留所までワープ移動です。着いたところにある心合寺山古墳、築造時の様子に復元された古墳です。

Dsc03639 Dsc03641さらに山ろくを南下して、向山古墳を探します。場所はわかりましたが、道はあるものの、草木が繁茂して入れる状態ではありません。こういうものは、市できちんと管理して誰でも見学できるようでなければ困りますね。さらに進むと、大きな古墳、愛宕山古墳があります。ここは昨年の台風で古墳を覆う木々が倒れたままで、それをちょうど伐採しているところでしたから、内部の見学は出来ませんでした。年度末の余った予算でようやく手当てしているのでしょうね。

Dsc03643 Dsc03644次に向かったのは、十三仏があるという薗光寺です。小さなお寺の境内に、ひっそりとそれはありました。奈良にもありますが、生駒山系にはこのような十三仏がいくつもあるようですね。ひとつひとつの仏を刻むことが難しい上に、これだけ集合していると、却って霊験あらたかな印象を受けますね。

生駒山系、八尾辺りにはまだ見どころがありますので、また次回に続きを書きます。

415cwf9ul__sx350_bo1204203200_谷川流 涼宮ハルヒの憂鬱 角川文庫/読了・・・・・・・・角川スニーカー文庫でシリーズ累計2000万部という空前絶後の発行部数を記録した最初の一冊が角川文庫になって戻ってきました。アニメをすべて見たので、本を読んでいてもその情景、登場人物の所作、声色、感情の揺らめき、全てが頭の中でクロスしていきます。舞台となった地域が長い間住んでいたところですから、ぐっと本の中に入り込んでしまいます。これから毎月どんどん刊行されるようなので、楽しみです。

2019年3月13日 (水)

薬師寺の伽藍

Dsc034053月6日は、久しぶりに薬師寺へ行ったのですが、目的の水煙の見学を終えて境内を散策していました。薬師寺は、8世紀前半の建立なのですが、今も残る古い建物は白鳳時代の東塔(解体修理中)と鎌倉時代に再建された東院堂だけです。東院堂の中には、白鳳時代の国宝・聖観世音菩薩像が安置されています。これは均整の取れた実に見事な仏像でした。

Dsc03409Dsc03410さて、その他の建物は、かつての管主高田好胤さんによって発願された伽藍配置の建物となります。先ずは金堂です、大空に翼を広げたかのような美しい姿です。金堂には薬師三尊像が安置されています。そして、大講堂です。ここには弥勒三尊像もそして仏足石が安置されています。

Dsc03413Dsc03408さて、奥へ進むと玄奘三蔵院伽藍とその背後に平山郁夫による大唐西域壁画殿があり、シルクロードの様子を詩情豊かに描かれた壁画を見ることができます。

あっ、西の塔を忘れていましたね。東塔に対峙するように置かれた西塔です。建てられてから1000年ほどすると、反った屋根も東塔の様に少しはなだらかになるだろうという気の遠い建築です。

薬師寺紹介⇒

2019年3月12日 (火)

薬師寺東塔の水煙公開

Dsc03392Dsc033963月8日は、いつもの生駒市での野暮用を終えて、昼から近鉄西ノ京駅近くにある薬師寺を訪ねました。かぎろひ歴史探訪ではこの門前まで来ましたが、中には入りませんでした。今月初めから、解体修理中の東塔の水煙が公開されているのです。手前が白鳳時代の水煙、向こう側が新しく造られた水煙、今しか見ることができません。正面からの写真は白鳳時代の水煙です。

Dsc03399Dsc03400水煙の中には、音楽を奏でる飛天が表現されていて、これらは美術の教科書レベルのものですね。当日は平日にも関わらず大変多くの人出で、この水煙の前も賑わっていました。なんだか良いもの見させてもらったという、ひしひしとした満足感が得られた水煙の公開でした。

公開は残念ながら10日で終了しています。

2019年3月 8日 (金)

同志社大学 森浩一の考古学

Dsc03365Dsc033683月2日は、京都でのコンサートの前に、まずは京都大学総合博物館で写真展を見た後、今度はコンサート会場に近い同志社大学の中で開かれている「考古学は地域に勇気を与える」と題する同大名誉教授の森浩一さんの資料展示を見ました。

Dsc03369森浩一さん、大変有名な先生でしたね。古墳に対する研究熱意は尋常なものではなかったと記憶しています。真偽がわからない天皇陵を地域の名称で呼ぶよう提唱し、仁徳陵を大仙古墳と呼ぶべしとの考えは今や一般化してしまいました。

Dsc03370Dsc03371色々な資料の中には、氏の手書きのものや、交流があった司馬遼太郎の色紙など、氏の興隆の広さを示すものもあり、その人柄が偲ばれました。ほっこりする、とても良い資料展示でしたね。

2019年3月 7日 (木)

京都大学総合博物館 続き

昨日の京都総合博物館の続きです。

Dsc03341開催中の華北交通写真の展示を見終わって館内をまわりました。階段を下りて行った先にあったのは大きな長持型石棺、その他家形石棺を中心とした古代の遺物の展示です。その他キリシタンに関する遺物も多くあり、その全てがすごい迫力でした。これはいいものがありそうだという予感がします。

Dsc03351その次に入ったところは、旧石器時代から近代にかけての遺物の展示です。特に重要なのは藤井寺の石川と大和川が合流するところにある国府遺跡で出土した旧石器時代の石器でしょうか。奈良の唐子遺跡の遺物も多く展示されていました。

Dsc03357そして、大きな埴輪、鉄製の甲冑、縄文時代の土偶も展示されていました。そして、回ってきた最後に巨大なアンモナイトがありました。

それほど大きな博物館ではないのですが、中味充実の施設でした。

Dsc03345Dsc03347Dsc03352Dsc03356Dsc03358Dsc03359











2019年3月 6日 (水)

京都大学総合博物館 華北交通写真

Dsc03360Dsc033233月2日は、京都でコンサートだったのですが、その前に京都大学の総合博物館へ行き、そこで開かれている「カメラが写した80年前の中国 京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真」展を見てきました。

Dsc03330Dsc03331華北交通とは、南満州鉄道の関係会社で戦前戦中の華北地方の鉄道輸送を中心に活動していた国策会社でした。そこでは、単にモノを運ぶだけでなく、教育や習慣の伝搬も担って中国の日本化制作に寄与していました。

Dsc03332Dsc03333Dsc03335数多くの写真が展示されていましたが、鉄道に関係する写真だけ、取りあえず並べてみました。珍しいマレー型の蒸気機関車も走っていたようです。

京都大学総合博物館 華北交通写真⇒

9784330920184西森聡 そうだったのか、路面電車 知られざる軌道系交通の世界 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・路面電車の定義から始まり、歴史、紆余曲折、さらにこれからの展望とLRTの可能性など、路面電車全般にわたって語った後、全国に残る路面電車を紹介しています。特に知られざるというほどの目を見張るような話はなかったですけれど。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ