国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

その他

2021年3月 1日 (月)

豊原国周・浮世絵と明治三陸沖地震・津波の新聞記事公開

Dsc08388_20210301084701 Dsc08389_20210301084701 Kunichika_20210301084701

昨日、2月28日の記事にありますように、納屋から見つかった豊原国周の浮世絵とその裏打ちされていた明治時代の新聞に書かれた明治三陸沖地震・津波の現地ルポの記事を大阪で公開します。

1_20210301084901

場所は、ここ数年続けて写真展を開催してきた阿波座の音響珈琲「長楽庵」です。大阪メトロ阿波座駅2号出口から信号を渡って1分ほどです。

長楽庵 - 阿波座/カフェ [食べログ] (tabelog.com)

Thumbnail_image0_20210301084701 15_20210301084901

会期は、3月3日から3月28日(月曜日、火曜日は休み)、営業は午前10時から午後6時までとなっています。また、長楽庵は、新型コロナウイルス対策のため、事前予約・貸切制としております。事前に電話(080-7009-8739)で予約してください。貸切料金は1時間500円です。

なお、訪問される日時をお知らせいただければ、都合のつく限り小生も長楽庵へ伺います。

2021年2月28日 (日)

豊原国周(くにちか)の浮世絵と明治三陸沖地震・津波の新聞記事

Image

もう数年前のこと、納屋の整理をしていたら古い包みが見つかり、中を開けると浮世絵が出てきました。調べてみると、幕末から明治初めに活躍し、役者絵を得意とした豊原国周(くにちか)の作品のほか、明治10年に起こった西南戦争勝利の祝賀の図などでした。

Kunichika

豊原国周18351900)は、明治期を代表する最後の浮世絵師の一人で、「役者絵の国周」として知られ、後年「明治の写楽」と呼ばれました。歌川派ながら、師の豊原周信の画姓を継いでいます。自ら認める変わった性格で、住いと妻を変えることが癖とも言ったそうです。転居は117回で、同じく転居の多かった葛飾北斎と比べ「絵は北斎には及ばないが、転居数では勝っている」と誇っていたといいます。妻も40人余り替え、長続きすることは無かったそうです。酒と遊びが大好きで、画料が入っても宵越しの金は持たないとばかりにすぐ使ってしまうが、困っている人を見ると助けずにはいられず、時には来客のものまで与えてしまうという非常識ぶりを発揮しました。

Dsc08388 Danjuro_ichikawa_ix_cropped

浮世絵の中に、九代目市川団十郎を描いた作品がありました。五代目 尾上菊五郎、初代 市川左團次とともに、いわゆる「團菊左時代」を築きました。写実的な演出や史実に則した時代考証などで歌舞伎の近代化を図る一方、伝統的な江戸歌舞伎の荒事を整理して今日にまで伝わる多くの形を決定、歌舞伎を下世話な町人の娯楽から日本文化を代表する高尚な芸術の域にまで高めることに尽力しました。その数多い功績から「劇聖」(げきせい)と謳われ、歌舞伎の世界で単に「九代目」(くだいめ)というと、通常はこの九代目 市川團十郎のことをさすとのことです。

Dsc08389 Dsc08437

そして、それらの浮世絵の裏打ちした新聞の中から、とんでもない記事が出てきました。明治29年に起こった明治三陸沖地震と津波の被害を伝える現地ルポです。記者は遠野から釜石へ入って現地の様子を伝えています。

これらの浮世絵と明治の新聞記事を今回、東日本大地震から10年の節目となる来月、大阪で公開することとしました。その案内はまた明日のブログとします。

51n2wlhlull_sx341_bo1204203200_

門井慶喜 新選組の料理人 光文社文庫/読了・・・・・・・・ひょんなことから新選組の賄いを任された主人公(たぶん架空の人なんだろうけど)が新選組の変遷の中で翻弄しながらも時代の波の中で生きていく姿、そして、次第に新選組とともに運命をたどって行ってしまう人生を描いています。題材が面白いので、引き込まれてしまいました。門井慶喜、上手いですね。

2021年2月26日 (金)

また、庭の鳥

Dsc08376 Dsc08379 Hanafuda_uguisu_2

先月も庭にやってくる鳥を紹介しましたが、冬場ですからメジロが多くやってきます。ちょうど紅梅が咲いているので、枝にミカンを刺してメジロを呼び込んでみました。梅に鶯と言いますが、思い出すのは花札でしょうか。描かれたのはメジロみたいな色だけど、鶯でもないですね。

Dsc08374 Dsc08385

メジロはミカンが大好きなようで、ミカンを枝にさしておくと、ヒヨドリの攻撃を避けつつ、頻繁にやってきます。ヒヨドリがやってくると、すぐに近くの木の中へ逃げ込んでしまいますけれど。

Dsc08544 Dsc08548_20210226060901 Dsc08373

メジロ以外でやってくるのは、ジョービタキ、ツグミです。そして、それらを狙っているわけではないでしょうが、猫もやってきます。やってくるのは三毛のこの子以外に、パンダ柄の猫、茶トラ、彼らは自由に出入りしてのんびりしていきます。別に飼ってるわけでもないのに、我が物顔でのさばる猫族です。

516rs3hovjl_sx348_bo1204203200_

高井忍 新説 東洲斎写楽 浮世絵師の遊戯 文芸社文庫/読了・・・・・・・・・江戸時代後期に突如現れ、わずか10か月の活動で姿を消した浮世絵師、写楽。その正体を明らかにすべく4編の小説で真実に迫った作品。とはいうものの、小説ですからそこはお話しです。しかし作品の中で、写楽についての基本的なことは述べられています。今の研究では、写楽本人の素性はほぼ明らかになっていますし、作られた人気の理由もわかっています。今や謎でもなんでもない写楽なのですね。

2021年1月27日 (水)

庭へやって来る鳥たち

Dsc07684 Dsc07686 Dsc07670

庭のイチヂクの木に半分に切ったミカンを差し込んでいると、いろいろな小鳥がやってきます。よくやってくるのは、メジロです。メジロはほかの鳥よりは警戒心が大きくないので、比較的近寄っての撮影がしやすいですね。

Dsc07682 Dsc07681 Dsc07667_20210127061101

冬ですから、季節の渡り鳥として、ツグミもやってきます。「ぼくはここにはいませんよ」という知らんぷりの顔で佇んでいます。そんな感じが伝わってくる表情の鳥です。毎年3月ころまで庭へやってくるのが常です。

Dsc07658 Dsc07676

ちょいとお邪魔虫なのは、ヒヨドリです。ギャーギャーという騒がしい声と、他の鳥を蹴散らしてしまうので、困ったものです。なるべくヒヨドリが停まりにくい枝を選んでミカンを刺すのですが、器用についばんでいることがあります。黄水仙も花をつけ、春の足音が少しだけ聞こえてきました。

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年 2021

Dsc07452 Thumbnail_image1_20210101073701

新年あけましておめでとうございます。

同級生が描いて地元の神社に奉納した絵馬です。おっぱいがあるので雌牛だというのが分かります。牡牛なら、何を描いたの?と聞いたら「アッホ!」としか返ってきませんでした、笑。初日を拝むことが出来ました。

Dsc07454 Dsc07459 Img20201224_09032614_20210101074101

皆様には、今年一年のご健勝とご多幸をお祈りいたします。

阪急梅田駅での初詣HM電車、奈良・御所のお酒「風の森」笑う門には福来たる、そしてコロナの禍いが避けられるように西宮・廣田神社のアマビエを貼っておきます。

今年一年、ほぼ毎日更新の弊方ブログをできる限り続けていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

Img_66330761f2b92da3a6d64b6a9fcd46c64368

平岩弓枝 花影の花 大石内蔵助の妻 文春文庫/読了・・・・・・・昨年のうちに読み終えた平岩弓枝の重厚な一冊でした。豊岡から赤穂へ嫁いだりくが平凡な人生と思っていたところ、吉良邸への討ち入りで激動の後半生となった長いストーリーでした。また、大石の家がその後再興されたもののなかなか思うようにいかないジレンマも語られ、まさにその後の忠臣蔵の只中で翻弄された一生のようでした。昨年一年間で、146冊を読み通しました。今年はどんな本と出会えるか、楽しみにしたいと思います。

2020年12月31日 (木)

2020年総決算 何をしたか、しなかったか

10_20200607090701_20201231085901 Thumbnail_image3_20200927065301_20201231085901 Dsc07018_20201231085901

今年は何と言っても新型コロナウィルスによる影響で、世界中の人たちが大きく予定を狂わされてしまいました。小生が年間70~80公演ほど通っていたクラシック音楽のコンサートもその多くが開催中止に追い込まれ、結局行くことが出来たコンサートは20公演にとどまりました。兵庫芸術文化センターの佐渡さんからのメッセージ、入場の際にいろいろチェックされるザ・シンフォニーホール、屋外でのコンサートも増えました。

Dsc02081 Dsc05774

そんな中、救いだったのは外を歩くこと、特に奈良歩き、かぎろひ歴史探訪に参加させていただいて気持ちのリラックスが出来ました。さすがに緊急事態宣言下の春の会は参加回数が減りましたが、秋の会はすべて参加することが出来ました。初めての室生寺へも連れて行っていただきました。

Dsc06220_20201231085901 Dsc06475_20201129062301_20201231085901 Dsc06427_20201231085901

また、その歴史的なものを求めるという点では、特に京阪神間にある古墳の多くを巡ったことです。その中には途轍もない大きさのものや、特異な形状の古墳もあり、いよいよ興味を持つに至りました。

Dsc02009 Dsc07080_20201231090501

鉄道では、姿を消したのが阪神電車の武庫川線に残っていた赤胴車が引退しました。長年、阪神電車の顔として活躍していただけに残念でなりません。一方、近鉄の新しい名阪特急としてヒノトリがデビューしました。年末にふさわしく、行く年くる年のように、鉄道の話題で締めくくることとしましょう。来たる年はコロナ禍も収まり、楽しい一年となるよう祈るばかりです。

2020年8月22日 (土)

西元町のクラシック喫茶 アマデウス

Thumbnail_image3_20200822062201  Thumbnail_image2_20200822062201

CDを2000枚ほど、LPを1000枚ほど所有していますが、新規に買ったものを家に持って帰り、さて棚の収めようとした段階で、なんや持ってたやん!となることもかなりあります。好みのものがある程度限られているからでしょうね。そんなものを引き取ってもらえるところを探していました。

ハチャトゥリアンの自作自演、アバドの春の祭典、モントゥーのラヴェル、ライナーのバルトーク、ストコフスキーの惑星、カラヤンの家庭交響曲、ターリッヒのイギリス、等々

パヴァロッティのアリア、カークパトリックのゴルトベルク、グールドのインヴェンション、ロッシーニの管楽四重奏、フランソワのショパン、セヴラツクの作品集、アラウのべートーヴェン、等々

Thumbnail_image1_20200822062201

これらのレコードを袋に入れて運びます。全部で21枚になりましたが、暑い中、両手で持てるのはせいぜいこれくらいですよね。

Dsc04198  Dsc04199

届けた先は、友人の息子さんが店長?をしている西元町のクラシック喫茶のアマデウスです。阪神電車西元町駅から南へすぐ、元町商店街の中にあります。お渡ししたレコードが、何かのお役にたってもらえれば、何よりですね。

51xcudsgl  Hh280_as20190216002631_comm

直木孝次郎 奈良 -古代史への旅- 岩波新書/読了・・・・・・・・・・・昨年2月に100歳で亡くなられた日本古代史の第一人者による、今から50年ほど前に書かれた奈良、その時代も神話時代から長岡京へ遷都される前までの、正に奈良に政権があった時代を総括した一冊です。この本は奈良の書店の奈良コーナーにあったものです。いわば奈良の地元愛が私の所へ届いたようなものです。多く掲載されている写真もその当時のもの、とても時代が進んだことが感じられますが、変わらないものがたくさんあるんだと、あらためて認識させられた一冊でした。丁寧な見学案内にも心遣いが感じられます。

2020年8月 5日 (水)

パイナップルはすごい

116799400_2735027703488220_6683634561640  117098842_2735027790154878_1676564502967

なにやらパイナップルのヘタを植えておくと根付くらしいということを聞き、それではと試しに植木鉢に刺してみました。しばらくほったらかしにしていたのですが、気が付くと少し枯れた葉の中心から新しい葉が出てくるではありませんか。これはもうしっかりと根が張ったということなのでしょうね。

116789085_2735027726821551_4424304428404  116209455_2735027816821542_2210065052785  

左がその中心から葉が出てきたころです。これのほかにもパイナップルのヘタを植え続けました。それから2週間ほどたつと、最初に植えたものはもう立派な観葉植物のようになりました。ますます元気になってきましたね。

116581052_2735027766821547_1809667506326  116440709_2735027833488207_3827590902134

あとで植えた少し種類が違うパイナップルもすくすく育っています。脇芽のように小さな葉が2つ出てきたり、ギザギザの葉のパイナップルも中心から新しい葉が出てきました。これは小学生の夏休みの自由研究に良いのではないでしょうか。ちなみにパイナップルが結実するとしても、それは2年後くらいのことらしいですけれど。

Ujftnpyt

桂米朝 上方落語ノート 第四集 岩波現代文庫/読了・・・・・・・・・米朝さんの覚書をまとめたシリーズの一冊。これで完結です。ほかにもこのような著作があったと思いますし、米朝さんは、まさに上方落語や芸能史の生き字引でした。後半には元吉本興業社長との会談も載せられていて、たいへん面白く読みました。久しぶりに米朝さんの落語を聞いてみたくなりました。

2020年8月 4日 (火)

セミが元気な季節です

107802005_2715769928747331_4544698629648

この季節、庭の地面にぼこぼこ穴が開いています。セミが長い地下生活を終えて地上に出てきた穴ですね。本当にあっちこっちに穴があります。地中にどれだけのセミの幼虫がおるねん! と思います。

108035760_2720997944891196_3354217710597  109684203_2720998091557848_5671871113368  109760612_2720997978224526_6154248061705

出てきた幼虫も必死で羽化しようとするのですね。木の幹に着いたのならばまだラッキーな方だと思いますが、不安定な花や葉にしがみついて羽化した後の抜け殻を朝に見ることが有ります。

115254506_2729983340659323_8936230245453  115927735_2729983330659324_1500850028837

そんな中ある日の夕方、玄関を出たところでセミの羽化が始まっていました。殻から出てきたところです。テレビの映像などで見たことはありますが、実際にこの様子を見たのは初めてです。

116008817_2729990323991958_4566086576869  116289964_2729990330658624_8051841271209

30分ほどして、また見に行ったら、今度は体をひっくり返して殻にしがみついています。羽を乾かしているのかもしれません。羽もずいぶん伸びてきました。

109327277_2721108404880150_6187442966022

庭にあるセミが成る?木です。木の根元にクマゼミがびっしりと付いています。昨夜羽化したセミもこの中にいるのでしょうか。

2020年6月 3日 (水)

母校の建て替え

1_20200603062001  3_20200603062001

母親を接骨院?マッサージ?へ連れて行き、その待ち時間があったので、久しぶりに卒業した小学校の様子を見に行ってきました。母校は、現在新校舎の建設中で、大きなタワークレーンが稼働していました。自分の教室があった鉄筋校舎です。この建物は昭和30年代に建設されたようです。

4_20200603062001  5_20200603062001

南側に回りました。この鉄筋校舎は小生が卒業した後の昭和40年代中ごろから建設された模様です。通っていたころは木造校舎がありました。西宮市では当時ランドセル廃止とかで、教科書は教室のロッカーにおいて帰るということになってました。夏休みの宿題も無くなり、それぞれ自由研究をしましょうとかだったと思います。その緩い学習環境が、こんな小生を形成する一因になったのかなぁ。

2_20200603062001  7_20200603062001

とにかく、小学校は今年の12月には新校舎になるようで、ずっとずっと後輩となる諸君には、コロナ禍も関係のない、楽しい学校生活を送ってほしいものです。ただ、この建替えのためにプールの外壁に貼られていた小生たちの卒業記念タイルが壊されてしまったのは残念です。とは言うものの、もう半世紀以上前のことですが、

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

無料ブログはココログ