国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

南海

2016年12月11日 (日)

南海 浜寺公園駅の今

Img_9474 先日、阪堺線、南海線を訪ねた時、南海本線の浜寺公園駅を久しぶりに訪れました。この駅は、明治40年に建設されたもので、平成10年に国の重要文化財の指定も受けています。
現在は、付近の高架化工事の為立ち入りもできませんが、保存して活用する計画のようです。
 
Img_9473 現在の浜寺公園駅は、隣接したところに仮駅が作られていて、ここから入りいったん地下通路を通らなければ上りも下りもホームに行けないようになっています。何とも味気ない建物になってしまいましたが、高架化の後、旧駅舎が復活することを祈るばかりです。
 
 
51yhm0ynhjl_sx309_bo1204203200_ 加藤佳一 そうだったのか、都バス 懐かしの車両から最新システムまで 交通新聞社新書/読了・・・・・・都バスには何回か乗ったことがあるけれど、特に印象があるわけでは名ですが、ここに都バスの歴史から現在の様子まで一望できる一冊ができたようだ。著者はバスジャパンの創設者という事で、一層の力が入っているようです。バス運転手に密着した記述は大変面白いものでした。

2016年12月10日 (土)

南海電車 8300系

Dsc03720Dsc03737 阪堺線ばかりでは面白くないので、浜寺公園まで乗った後、そこで南海線に乗り換えて、住吉大社まで引き返しています。浜寺公園では、しばらく撮影していて、やたらに新車の8300系がやってくるのに驚きました。知らないうちにずいぶん増備されていたのですね。
 
Dsc03764Dsc03802 8300系は、去年の10月から運行されていて、南海では一番新しい車両群になります。乗ってみると、まだ新車の匂いがしますよ。住吉大社の駅でも一本補足しました。和歌山側にパンタが立っています。
 

2016年8月23日 (火)

南海 ラピート 人気回復

Img_6161 南海の空港特急はラピートである。6両の編成だが、JRのはるかのように増結をして編成の両数を増やすことはできない。まぁ、両数を増やさなければならないほど、乗客の利用が多くないのが実情ではあるけれど。ラピート、新今宮で。
 
Img_6163 ところが、最近韓国のメディアでラピートのピーチ仕様やスターウォーズのダースベーダ―仕様があったことが報じられると、にわかにその人気に火がついて、ラピートを利用する韓国人来日者が急増し、乗車率のアップにつながっているとのことである。南海本線の最古参7100系と並ぶラピート、新今宮。
 
Img_6179 そうして、実際にラピートのなかを覗いてみると、確かに以前はガラガラでの運行が普通だったのに、この日のラピートは、概ね5割以上の座席が埋まっているように見えた。今までのことを思うと、かなりの乗車率になっているでしょう。最新鋭の8300系と並ぶラピート、新今宮。
 

2016年7月26日 (火)

特急こうや 2態

Dsc02223 日曜日に久しぶりに南海高野線を撮りに行ったのだが、高野線は本線と違い、特急列車の運用が随分少ないものです。沿線の特急は高野山極楽寺を目指す「こうや」と、橋本までの通勤の色合いが濃い「りんかん」の2種類になっている。まぁ、泉北ライナーというもっと通勤色が濃いのもできましたけど。今回、特急こうやを2本とらえたものの、待っていたホーム側を通過したので、こんな写真しかない。30000系。
 
Dsc02132 もう一つの種類が、31000系で、本線の10000系に酷似したスタイルとなっている。登場した時、この車両は特急りんかんのイメージが強かったのを覚えている。これは一見、新車のようにみえるが、制御機器は21000系のものを、主電動機は本線の7100系のものを流用しているため、移植手術を受けたようなものですね。
 
どちらの車両も高野山開創1200年の塗装から元に戻ったようです。
やはりこちらの方がいいですね。
 
9784334773021 鯨藤一郎 冷たい太陽 光文社文庫/読了・・・・・・・・・鯨くんの久しぶりの本格的ミステリーと思って全体の5分の4ほど読み進めたところで、この小説の種明かしが始まった。途中から、どうも様子が変わってきたなぁと思っていたら、パラレルワールドがだんだんシフトダウンしてくるように、展開のステージがどんどん変わってきて、最後はどういう結末なのか、これで本当にこの小説が終わったことになるのか、読み終わった後も不思議な気分の一冊。

2016年7月25日 (月)

南海6000系 高野線

Dsc02229 昨日は大阪狭山市駅近くのホールでコンサートだったので、朝から出かけて久しぶりに南海高野線の電車を撮影していた。やってくる電車はほとんどがこの昭和40年代生まれの6000系乃至その継続系列の6300系である。2両の組み合わせが2編成くっついて4両編成を組んでいるところもほかの私鉄と比べると今では珍しい。大阪狭山市駅。
 
Dsc02182 走っているところを確認すると、6000系はほとんどが普通での運用であったが、たまには、このように堂々の8両編成での区間急行での運用にも充てられていた。1969年までに72両が製造され、まだ一両も廃車になっていないというのは、丈夫で長持ちの証拠と見るべきだろう。
 
27806593_1 群ようこ おとこのるつぼ 新潮文庫/読了・・・・・・・小生より一つ年上のおばさんというと怒られるかもしれないが、同年代の女性が見るオッサンの情けない言動、行動を小気味よくバッサリと切り落としてくれている。こちらとしては、ふ~んとためいきと頬づえをついているしかない次第であるが、著者は先に、自身が女性一般に対して物申すという「おんなのるつぼ」を書いたおられるので、まぁ、同志打ちというところか。これ、だけど、やり玉に挙げられたひと、著者の業界のだれそれさんのことって、その人たちにはわかるんじゃないだろうか。

2016年3月 7日 (月)

黒いラピート

Img_38762月28日はコンサート鉄で南海他を回っていたが、うわさに聞いていた黒いラピートは最初、住之江車庫に眠ったままだったので、撮影できないものと思っていた。ところが、浜寺公園で撮影を終えて移動しようと住之江車庫で再び探すとその姿は無い。ということは、車庫を出て運用に着いたものと思い、住吉大社駅で待っていると姿を現した。

車輛はスターウォーズとコラボしているというものの、ほぼ正面から見るとただの黒い電車だった。撮影には工夫を要する車体ですね。

51dnt2dfdl__ac_ul320_sr224320_平岩弓枝 はやぶさ新八御用旅 六 紅花染め秘帳 講談社文庫/読了・・・・・・シリーズものだが、ずいぶんと間が空いたのではないだろうか。平岩弓枝はほかに御宿かわせみを読んでいるが、どちらとも最近はペースがゆっくりしているんじゃないかな。面白いシリーズなので、出たら即買いですね。今回も江戸を離れた御用旅、ここにある身分とか立場とかをわきまえた言葉と所作が美しい。

2016年3月 3日 (木)

浜寺公園駅

Img_38442月28日は、コンサート鉄として南海電車に出撃。先日、旧駅舎が営業を辞めてしまった浜寺公園駅へと向かった。改札口は既に閉鎖されており、工事関係者がホームを行き来する中、撮影を続行。下りホームにある待合室もレトロな雰囲気を残したままです。

Img_3843この駅舎のプラットへホームの屋根を支えるのは19世紀末のアメリカ・カーネギー社の古レールです。まだ随所にその刻印を見ることができます。南海の駅舎には案外古レールが使われている姿を見ることができますね。これは高野線側でも多くありますよ。

Img_3853南海の7100系も今では貴重な電車顔ですが、徐々にその数を減らしていくでしょう。撮影中はこの1本だけしか姿を現しませんでしたが、浜寺公園駅を後にしたとたん、すれ違う電車は7100系ばかりでした。そういうめぐりあわせだったのでしょうか。

では、そろそろいつもの四国詣でに出かけてきます。

2015年9月30日 (水)

南海復活塗装車両

Dsc00323本日9月30日をもって、南海電車の7000系が引退した。阪神の関本みたいや。これを記念して7000系及び10000系サザンを旧塗装にして走らせていた。これは一度撮影に行ったものの、天候が優れず、再度の挑戦と、昨日、朝から今宮戎駅でこれを待った撮影した。天候は良かったが、その分、顔がつぶれてしまったのは残念。

Dsc00367折り返しは、二つ進んで、萩ノ茶屋駅での撮影とした。ちょうど光が当たってきれいに撮れましたよ。このサザンにはあまり印象が残っていないので、乗ったこともなかったでしょうね。でも、今の10000系サザンよりもこちらの方がぐっと来ますね。

Dsc00429さて、これらの編成が行ってしまった後も少し残って撮影していると、新車の8300系が回送でやってきました。この秋から営業運転を開始するとのことなので、その走行写真は珍しいでしょう。しかし、8000系に比べて、どうやというと微妙なところですけどね。

これらは新規導入機のSONYのα6000の画像です。

2015年6月11日 (木)

10年前の南海

005南海電車では、13日から懐かし塗装の深緑の車両が走り始めるそうですが、10年前には赤い電車がデビューしています。2005年6月北野田駅。今では、橋本から南、高野線に隠遁しています。まるで大坂夏の陣を前にした真田幸村のようですね。また、本線復帰するでしょうか?

今夜は帰りが遅くなりそうなので早朝からの更新です。

2015年6月 1日 (月)

本日の移動鉄 浜寺公園から住吉大社

Img_3792本日は、午前中から昼間にかけては気温が高い割には乾いた空気で、日陰に入るとひんやりしていたが、夕方からは湿った空気が支配するようになった。飛行機雲も長い尾を引いていた。本日の移動鉄は、午前中から、南海電車で浜寺公園まで行き、その後住吉大社を回ったものである。浜寺公園を通過するラピート。

Img_3794浜寺公園の駅舎はまだ取り壊されておらず、(取り壊されるのかどうかも知らないが)赤い屋根は健在だった。それでも周りではコンクリートを砕く音、何か建築物でも建てるかのような地下の基礎工事が行われていた。照り付ける日差しが、ここは暑かった。

Img_3798さて、住吉大社前までくると、もうおなじみの場所である。今年の正月は旧型車両少なしの報に足が向かなかったが、今後活動が減っていくであろうことを考えるといった置くべきだったかもしれない。それでも、この炎天下、さわやかなライトグリーンの300系が走り去った。

61iolbl8bil__sy344_bo1204203200_谷川一巳 世界の駅に行ってみる ビジュアルだいわ文庫/読了・・・・・・世界と言っても鉄道なので、やっぱりヨーロッパが多くなりますね。次いで、アジア、アフリカ、オセアニア、アメリカという順番に並んでいる。豊富なカラー写真だけでも贅沢で、ただ眺めるだけでも楽しい。著者はこれらの駅のすべてに行ったのだろうか。そうするとそれだけでも大変な力作である。ちなみに、日本の駅は無いけれど、載せるとしたら東京駅と門司港駅くらいらしい。そういった傾向でまとめられている。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ