国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

南海

2019年11月30日 (土)

南海浜寺公園駅

Dsc09398  Dsc09400

11月26日は阪堺電車の旧型車164号を撮影したのち、南海本線の浜寺公園駅でしばらく撮影を続けました。付近は高架化工事の準備に入っていますが、駅構内は以前のままでした。数を減らしつつあるようですがまだまだ頑張っている本線の古参車両7100系です。

Dsc09393  Dsc09404

特急を2本、和歌山市行きのサザンと関空特急ラピートです。ラピートはふるさと納税で悪名が立ってしまった泉佐野市の市制70周年記念キン肉マンラッピング車両です。この費用もふるさと納税から?

Dsc09397  Dsc09407  Dsc09408

その他、普通車両ですが8300系、8000系、9000系です。南海電車は結構さまざまな車両が活躍しています。このほかにも高野線を走る車輛もありますし、頻繁にやってくるので撮影していても飽きることが有りませんね。

2019年7月12日 (金)

南海汐見橋線

Img_1068_20190712093801  Img_1069

7月5日は、南海高師浜線を訪れ、浜寺公園から粉浜、岸里玉出まで来ました。ここで、南海の汐見橋線へ乗り換えです。今でこそ支線のような扱いですが、南海電車の高野線はもともとこの線を発着の起点としていました。ここでも走っている車両は高師浜線と同様2両連結の2200系列の車両です。

Img_1071

この線は大阪の中心から少し西側の、それもひと気の少ない街を走るため、なんともうら寂れた雰囲気が漂います。それはそれで、この線の魅力でもあり、かつて友人の2Aカレチさんがほれ込んだ線区でもあります。ごとごと走って終点の汐見橋駅に到着しました。このホームの屋根を支えるのは、19世紀末に製造されたカーネギースチールの古レールです。

Img_1073  Img_1075

汐見橋駅自体も、なんばの中心部から外れた場所、すこし遠くに京セラドームが見えるところですが、大正とも距離を置いていて、近辺の繁華な所へは環状線や地下鉄、阪神なんば線などのほうが利便性に優れています。汐見橋駅は何とも中途半端なところに位置してしまいましたね。

Img_1079

乗ってきた電車は、静かにまた岸里玉出へ向かって出ていきました。大阪の街中を走る新線、なにわ筋線のルートとなるかと思われた汐見橋線でしたが、結局そのルートからも外れ、将来の存続まで危ぶまれるようになってしまいました。廃線になると二度と復活はありませんから、少しでも長く残ってもらいたいものです。

2019年7月11日 (木)

南海電鉄 岸里玉出駅

Img_1057  Img_1065

7月5日は南海高師浜線に乗車し、浜寺公園、住吉大社と移動、さらに南海本線で粉浜から一つ難波寄りの岸里玉出まで移動してきました。南海電車の本線と高野線はなんばで発着しますが、すこし南下した岸里玉出駅でそれぞれ分岐して和歌山・関西空港方面と高野山方面を目指します。岸里玉出での撮影、和歌山市行きとなんば行きの2000系です。

Img_1063  Img_1066

岸里玉出駅の中にある汐見橋線のホームは本線ホームの西側に独立して配置されていて、そこからは本線を通過する電車をゆるいカーブをもって撮影できます。列車編成を眺めるにもいい場所ですね。 8300系と3000系です。3000系は改造車で ライトの形が四角くなっています。

Img_1060  Img_1062  Img_1068

本線のスターは、関西空港へお客さんを運ぶラピートです。最初にキン肉マンを配した編成が通過していきました。これもそのうちにちゃんと撮りたいですね。そして、なんばから関空に向けて2025年の大阪万博をアピールするラッピングのラピートが行きました。ここからだと書いてあることが良くわかります。そうするうちに汐見橋線の2200系がやってきました。さて、先を急ぐこととしましょう。

9784041074237_1l

谷川流 涼宮ハルヒの驚愕 角川文庫/読了・・・・・ハルヒのシリーズの最新刊、それも元々は2011年5月に刊行された本ですから、そこからさらに話は進んでいないことになります。登場人物たちも高校1年から2年に進級し、さらに将来の姿も見え隠れしてきたころなので、ぜひその後のハルヒと仲間たちの様子も知りたいものです。今回は、前作の涼宮ハルヒの分裂を受けてパラレルワールドの進行と新たな圧力からの脱却なのですが、意外にハルヒの活躍は少なく、きょんが中心となって話しが進められたことになります。そして、すこしだけ垣間見た未来では、ハルヒもきょんも、どうやら関西学院大学をモデルにしたキャンパスにいるようなので、そこを舞台とした新しい展開も読んでみたいものです。

2019年7月10日 (水)

粉浜駅の南海電車

Img_1037 Img_1039

7月5日は、南海高師浜線に乗車のあと、浜寺駅前から阪堺電車に乗って住吉大社前で下車、そこからプラプラ歩いて粉浜へ来ました。その間に恵美須町からの阪堺電車は来ませんでしたが、下町の雰囲気を残す粉浜界隈の様子を楽しみました。粉浜では南海電車のプラットホームに上がってしばし撮影です。南海電車も新旧、いろいろな車両がやってきます。7100系と2000系ズームカーです。

Img_1055  Img_1052  Img_1044

南海電車は本線と高野線にそれぞれ特急を走らせています。和歌山行の特急はサザンですが、もうひとつプレミアムサザンも走っています。本音としては10000系の旧塗装がなつかいのですけれど。10000系と11000系プレミアム。おっと、関空特急ラピートを忘れるところでした。

Img_1045  Img_1047

本線の一番新顔はこの8300系ですね。実にすっきりとした顔立ちです。走行音も静かで、いいですね。そしてこれも良く見かける1000系です。ざっと、一通り撮影したと思いますので、先を急ぐこととしましょう。

2019年7月 5日 (金)

南海高師浜線

Img_0934

梅雨の晴れ間という事で、今日は思い立って南海電車の高師浜線を訪ねました。大阪環状線の新今宮で南海の本線に乗り換えです。向かいのホームには、なんばへ向かうラピートが停まっています。最近のインバウンド効果でしょうか、乗車率は上々ですね。かつてのようないつも空気を運んでいるような状態とは大きく違っています。

Img_0944  Img_0946  Img_0950

さて、羽衣駅で高師浜線に乗り換えです。高師浜線と難波方面の上り線はまだ地上ホームでしたが、関空・和歌山方面の下り線は高架化されていました。このあたりの様子もこれからどんどん変わっていくでしょうね。高師浜線の電車がやってきました。2200系列の車両で、昭和45年の製造です。

Img_0952  Img_0953  Img_0990

高師浜駅に到着しました。線路は羽衣駅を出てすぐに高架線路を走りだし、途中の伽羅橋駅に停車した後、少し走れば終点の高師浜駅です。ここも高架の駅ですが、駅舎は高架化前の建物が遺されていて、雰囲気十分です。

2019年4月26日 (金)

遅くなりましたが、南海さくら鉄

Dsc04729  Dsc04744 もう2週間前の話になりますが、今年の桜の開花、満開の時期が遅くなったため、4月11日に南海高野線の狭山駅近くのポイントへ行ってきました。この駅は現役時代に近くの現場へ通うためによく利用したものです。春になると駅近くで満開の桜が見られましたが、撮影にやってきたのはこれが初めてです。駅の桜、駅近くのポイントの桜の様子、満開です。遠方の山は金剛山。

Dsc04757  Dsc04771 ここは高野山方面はすっきりと見通しが効きますが、手前の難波方面の線路は少し離れて撮る必要があります。特急こうやと6000系です。こうや号の赤い色がいいですね。このようなわかりやすい配色が少なくなってきているのは残念です。

Dsc04784  Dsc04801  Dsc04806 さて、手前の線路、なんば方面の特急こうやがやってきました。編成全体は撮りづらいですが、桜並木を突き抜けてきた感じがしていいですね。また、踏切を渡り反対側でも、桜を入れたカットを撮影することができます。そして、すこし高野山川へ歩くと西宮市内などでみられるマンボウがありました。ここのマンボウは少し大きいかもしれませんが、煉瓦造りでした。

510sr3kdd3l__sx343_bo1204203200_ 太田和彦 おいしい旅 昼の牡蠣そば、夜の渡り蟹 集英社文庫/読了・・・・・・・全国食べ歩き、呑み歩きの旅の本で、これで4冊目でこのタイトルの本はシリーズ完結となります。今回は、倉敷、岡山、松本、横浜、京都、鎌倉、ニューヨーク、東京へそれぞれ向かった旅。読みながら、自分も各地を訪れて、あっちこっちで、一杯くいっとやってる、、、、、、そういう感じにはなりませんわな、読んでるだけじゃね。

2018年8月 4日 (土)

南海萩ノ茶屋駅 特急各種

Dsc09268阪堺電車を撮影した後は、南海電車の萩ノ茶屋駅へ移動して、本線と高野線の電車の撮影をしていました。定番の撮影地ですね。ここでは、二つの線を走る電車が次から次にやってきます。赤い車体の高野線の特急こうや号です。

Dsc09243Dsc09246和歌山行は、特急サザンで、和歌山側4両が有料座席となっています。なんば側4両は、料金不要の通勤型の車両となっていて、使い分けができますね。近鉄だと特急はすべて有料座席ですからこのような選択は出来ません。

Dsc09220_2Dsc09231_2関空特急のラピートですが、少し前は白いのやら、赤いのやらが走っていましたが少し落ち着いたようです。ただ、現在は、このように台湾の観光をアピールするのと、2025年の大阪万博誘致を応援するラッピングを施した車両が走っています。

この撮影時、あまりの暑さのせいでしょうか、気分が悪くなってきて日陰で休むことしばし、午後3時から天下茶屋で開催されたファゴットフェスティバルでは、猛烈な眠気に襲われ、体調の異変を感じました。多分、熱中症だったのでしょう、自分は大丈夫と思っていましたが、過信はいけませんね。反省、反省です。

2016年12月11日 (日)

南海 浜寺公園駅の今

Img_9474 先日、阪堺線、南海線を訪ねた時、南海本線の浜寺公園駅を久しぶりに訪れました。この駅は、明治40年に建設されたもので、平成10年に国の重要文化財の指定も受けています。
現在は、付近の高架化工事の為立ち入りもできませんが、保存して活用する計画のようです。
 
Img_9473 現在の浜寺公園駅は、隣接したところに仮駅が作られていて、ここから入りいったん地下通路を通らなければ上りも下りもホームに行けないようになっています。何とも味気ない建物になってしまいましたが、高架化の後、旧駅舎が復活することを祈るばかりです。
 
 
51yhm0ynhjl_sx309_bo1204203200_ 加藤佳一 そうだったのか、都バス 懐かしの車両から最新システムまで 交通新聞社新書/読了・・・・・・都バスには何回か乗ったことがあるけれど、特に印象があるわけでは名ですが、ここに都バスの歴史から現在の様子まで一望できる一冊ができたようだ。著者はバスジャパンの創設者という事で、一層の力が入っているようです。バス運転手に密着した記述は大変面白いものでした。

2016年12月10日 (土)

南海電車 8300系

Dsc03720Dsc03737 阪堺線ばかりでは面白くないので、浜寺公園まで乗った後、そこで南海線に乗り換えて、住吉大社まで引き返しています。浜寺公園では、しばらく撮影していて、やたらに新車の8300系がやってくるのに驚きました。知らないうちにずいぶん増備されていたのですね。
 
Dsc03764Dsc03802 8300系は、去年の10月から運行されていて、南海では一番新しい車両群になります。乗ってみると、まだ新車の匂いがしますよ。住吉大社の駅でも一本補足しました。和歌山側にパンタが立っています。
 

2016年8月23日 (火)

南海 ラピート 人気回復

Img_6161 南海の空港特急はラピートである。6両の編成だが、JRのはるかのように増結をして編成の両数を増やすことはできない。まぁ、両数を増やさなければならないほど、乗客の利用が多くないのが実情ではあるけれど。ラピート、新今宮で。
 
Img_6163 ところが、最近韓国のメディアでラピートのピーチ仕様やスターウォーズのダースベーダ―仕様があったことが報じられると、にわかにその人気に火がついて、ラピートを利用する韓国人来日者が急増し、乗車率のアップにつながっているとのことである。南海本線の最古参7100系と並ぶラピート、新今宮。
 
Img_6179 そうして、実際にラピートのなかを覗いてみると、確かに以前はガラガラでの運行が普通だったのに、この日のラピートは、概ね5割以上の座席が埋まっているように見えた。今までのことを思うと、かなりの乗車率になっているでしょう。最新鋭の8300系と並ぶラピート、新今宮。
 

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ