国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団

2020年2月16日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第121回定期演奏会

86283905_2582863848704607_73613469777972  86716759_2582863662037959_25559109688528  86273366_2582863675371291_91101803083674

昨日2月15日は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第121回定期演奏会を聞きました。もう6回目の客演になるロッセン・ミラノフの指揮、児玉桃さんのピアノでチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、後半がマンフレッド交響曲というプログラムです。

ピアノ協奏曲はゆったりとしたテンポで第1楽章が始まり、雄大な音楽が流れました。穏やかで華麗な第2楽章に続いて、第3楽章は暴れ狂う舞曲そのものとなりコーダへ突入していきました。とても、音楽にのめり込める熱い時間となりました。アンコールに月の光、今度は心を落ち着けることができました。

86220219_2582863742037951_67994174312960  86491800_2582863765371282_41655244463517

後半のマンフレッド交響曲。あまり人気がない音楽ですが、やはり派手な効果を狙ったというところがあるからでしょうか。ストーリーをしっかりとらえて、旋律を頭の中に入れたら却って面白い曲かもしれません。これはこれで、好きになるかも。ロッセン・ミラノフの巧みで華麗な棒さばきによって、楽しめた1時間でした。アンコールに白鳥の湖から情景、これも静かに終わって余韻を残しました。

86290955_2582863818704610_56386901070965

コンサートの前に入った芸文ホール近くのひばり珈琲、とても落ち着くお店でファンになりそうです。これからしばしば通うことになりそうです。甲子園口から箕面に移転した廣屋さんの豆を使っています。店内もかつての甲子園口にあった店の内装に似ています。

2020年2月15日 (土)

芸文オーケストラのリハーサルから

84343545_2581152808875711_29883648865153  86269103_2581152815542377_46902442559212

一昨日2月13日は、定期会員でもある兵庫芸術文化センター管弦楽団のリハーサルを聞きました。指揮はこのオーケストラの客演回数も6回に及ぶロッセン・ミラノフです。10時半から始まったチャイコフスキーのマンフレッド交響曲のリハーサルは、第4楽章の冒頭部分のリズムの刻み方を確認しただけで、ほぼ通しで演奏されました。なんだか、一曲聞いた気分になりました。ミラノフ、とても華麗なタクトさばきでした。

本日、2月15日、この本番を聞いてきます。合わせて、児玉桃さんのピアノでチャイコフスキーの協奏曲第1番も演奏されます。

86347908_2581152875542371_38790672903978  86274461_2581152892209036_66663156216988

一緒に聴きに行った友人とランチでもということになり、いくつかお店を回ってみましたが、結局、安定的に美味しいところへ落ち着きました。小生は前から食べたかったカキフライ定食にしましたが、友人は写真付きのメニューを見たとたん、これ!と言ってソースかつ丼の並を注文しました。やってきたソースかつ丼は大振り(ほんまに大きい)カツが3枚乗ったヘビー級でした。ようこんなん喰うわ!  とは言うものの、小生も今度ご飯を減らしてもらって挑戦してみようかと。

61ily7nmojl__sx339_bo1204203200_

風野真知雄 奇策 北の関ヶ原・福島城松川の合戦 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・何冊か小品を読んで、その切れ味に感心していた著者の本格的な歴史小説に挑戦してみました。関ヶ原の戦いの間隙を縫うようにして行われた松川の合戦、東北の雄、伊達正宗軍2万が福島城を守る上杉軍4千に挑んだ戦を小説仕立てにしたもり。上杉方の大将、本庄繁長を中心とした物語。このような実在の人物を題材にした歴史小説、好みです。

2020年1月19日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第120回定期演奏会

83079556_2558426167815042_66092942528977  83305393_2558426177815041_32525909567377

昨日1月18日は昼から西宮北口の芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第120回定期演奏会を聞きました。芸文前の高松公園の樹々もすっかり葉を落としていますね。夕暮れからはルミナリエみたいに電飾?(古いか)がされますよ。

82508413_2558426227815036_72992316360491  82934717_2558426297815029_19708462331194

昨日は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のピアノ編曲版とフォーレのレクイエムでした。阪神淡路大震災から25年という事もあり、一昨日17日は午後5時46分からの開演だったようです。昨日は午後3時から。ゲストトッププレーヤーの中にバイエルン放送響のコンマス、アントン・バラコフスキーの名前も。

83013244_2558426234481702_77482525396524  82289960_2558426291148363_73049728949273

年明け初めの指揮はいつも佐渡さんです。今回、ピアノは菊池洋子さん、長身の美人ピアニストさんですね。フォーレのソプラノには、これまた美人歌手の幸田浩子さん。ベートーヴェンはリハでも通しで聞きましたがそれを上回る熱演、フォーレは清澄な音楽が流れました。

513q1sf3qal__sx326_bo1204203200_

小泉武夫 食に知恵あり 日経ビジネス人文庫/読了・・・・・・・先に読んだ「食あれば楽あり」の前編だったようですが、ショートコラムの連続なので、特に違和感なく読み通せました。それにしても、食欲だけでなく学に裏付けされた食べ物の話し、さらに発酵食品に特化した解説が面白く、読み終えるのがもったいないくらいです。味覚人飛行物体と称する小泉教授の本は一杯出ているようですが、文庫のものはもう古本屋さんで探すくらいしか仕方がないのが残念です。この本もそうした古本市で見つけた一冊です。

2020年1月17日 (金)

芸文オケリハーサル ベートーヴェン ピアノ協奏曲ニ長調

1月17日、阪神淡路大震災から25年目の朝を迎えました。あの日のことは忘れません。

82361861_2556332941357698_58808215598782  82380099_2556332994691026_90411022362219  82196396_2556332951357697_13364206322539

さて、昨日1月16日は午後から西宮北口の芸文ホールで兵庫芸術文化センター管弦楽団のリハーサルを見学しました。曲目はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をベートーヴェン自身が編曲したピアノ版のものです。滅多にコンサートに掛けられることのない珍しい楽曲です。

指揮は佐渡裕さん、ピアノは菊池洋子さんです。リハーサルは午後3時から開始され、途中20分の休憩をはさんで午後5時前まで続けられました。いつもよりずいぶん長い時間の公開リハーサルでした。

82036412_2556635127994146_12425733591583

確か、この演奏はレコードで持っていたはずと、家に帰って調べてみたらダニエル・バレンボイムがイギリス室内管弦楽団を弾き振り、ピアノを演奏しながら指揮するものですが、そういう一枚がありました。タイトルにはベートーヴェンのピアノ協奏曲第6番と題されています。

82203589_2556636344660691_20017374718632  82283755_2556637041327288_35274303979546

この協奏曲のカデンツァはヴァイオリン協奏曲のものの転用ではなく、ベートーヴェンが独自に作ったものです。それがティンパニとの協調があったりして、とてもユニークでおもしろかったです。

佐渡さんから、ヴァイオリニストのクレーメルがヴァイオリン協奏曲を演奏するときはこのピアノ協奏曲版のカデンツァを使うという話しがありましたので、家に帰って手持ちのカセットテープの録音を調べると、1987年のベルリン芸術週間の演奏がありました。聞いてみるとさらにクレーメルが編曲したカデンツァが用いられていました。(指揮はなんとアルノンクール)もう一枚、1975年にクレーメルが弾いた演奏がありましたが、これは後日聞いて確かめたいと思います。

2020年1月12日 (日)

PACオーケストラ リサイタルシリーズ コントラバスとオーボエ

82790819_2551706791820313_56413640893105

昨日1月11日は昼から芸文小ホールで開かれた芸文オーケストラのメンバーによるリサイタルシリーズ、コントラバスのコーディ・ローズブームさんとオーボエの上品綾香さんによる演奏を聞きました。楽団内オーディションで選ばれたメンバーによる特別リサイタルと冠してあって、何だか大層なことですが。ピアノ、弦楽がソロを支えての演奏です。

81874671_2550742161916776_80112672701834  82210777_2550742138583445_70450072518739

演奏は前半がコントラバスをメインにしたもの、後半はオーボエをメインにしたもので、両者による競演はなかったです。プログラムに並ぶ楽曲はあまり知らない作曲家、曲目でしたが、とても印象的なメロディが多くたいへん品の良いコンサートでした。アンコールにエンニオ・モリコーネのガブリエルのオーボエ、これは知ってましたね。

83020880_2550742211916771_19490155714838

小ホールの前は屋上緑化になっていて、ビル街の中にわずかですが緑のやすらぎを与えています。以前にも見かけたのですが、ツワブキが増えてきているような気がします。

2019年11月24日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第119回定期演奏会

77393648_2498481263809533_10498191739888  74421098_2498481277142865_42861115029323

昨日11月23日は、待ちに待ったカーチュン・ウォンが振る兵庫芸術文化センター管弦楽団の第119回定期演奏会でした。昨年、東京佼成ウィンドオーケストラに来演し、空前絶後の展覧会の絵を指揮したことは生々しく記憶に残っています。この芸文オーケストラの定期に登場するとあって、その発表からこの日を待ちに待っていたのです。

76638515_2498481323809527_34374537966308 

指揮のカーチュン・ウォンは1986年シンガポールの生まれ、現地の音楽大学で作曲を学んだ後、ドイツの音楽大学で指揮を学んでいます。クルト・マズアに師事して活動の幅を広げています。この日は、アントニオ・メネセスを迎えてショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番で始まりました。メネセスは素晴らしいテクニックと豪快な演奏でこの難曲をこなしていました。また、オーケストラが実に柔らかくチェロを支えていました。

78294786_2498481343809525_83042926165439  74350320_2498481390476187_32721750927794

後半はマーラーの交響曲第1番「巨人」です。第一楽章の出だしの指揮、右手のタクトを左から空中に向けて波打つようにゆっくりと振り上げていきます。もうそこからカーチュン・ウォンの世界でした。各パートのフレーズのつなぎに細かく配慮し、音楽の流れ、内にある音楽の呼吸、どちらかと言うとゆっくりとしている部分はよりゆっくりと歌わせながら、過度な表現はとりません。それでも音楽がどんどん分厚くなっていきます。

最終楽章でホルンが立った頃には、全身に入ってきた音楽で身体が震えだし、なんだか感極まって泣きそうになってしまいました。こんなすさまじい体験ができるので、音楽を聞くことがやめられません。定期演奏会は今日24日もあります。時間があれば聞かれることをお勧めします。そこには未知の音楽体験が待っていることでしょう。

76642436_2498481420476184_90073000662133  77340054_2498481460476180_64921997434630

芸文ホールの近くの木々もすっかり色づきが進み、もう散ってしまった葉も多くなりました。秋から冬への移行が風景にも感じられました。

2019年10月20日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第118回定期演奏会

73151919_2462471520743841_89566493622728  72853442_2462471474077179_14495945495119  74393057_2462471500743843_48175858057048

昨日10月19日は、定期会員になっている兵庫芸術文化センター管弦楽団の第118回定期演奏会を聞きました。秋から新しいシーズンが始まって2回目のコンサートです。席はインターネットで取るため、ここ数年は同じ席を確保しています。これは便利ですね。

73404067_2462471537410506_44494547914409  73475112_2462471590743834_18544261323345

さて、昨日はロシアの指揮者アレクサンドル・ヴェデルニコフと韓国系ドイツ人のクララ=ジュミ・カンの出演で、ロシアもののプログラムとなりました。先ずはチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です。とても透き通った弦楽器の調べで始まった音楽がだんだん熱を帯びて進んでいきます。ところがヴァイオリンが音楽のうわべだけなぞるような展開でちっとも音楽の深い所へ入っていこうとしません。第一楽章の後半はオーケストラとのずれがだんだん大きくなっていき、もう形を成さなくなりました。第2楽章以降はすこし持ち直しましたが、???のチャイコフスキーでした。

73033770_2462471610743832_74814934222729  73306918_2462471670743826_36552558788833

休憩のあとは、大好きなプロコフィエフの交響曲第5番です。ヴェデルニコフはNHK交響楽団もよく指揮していて時々その姿を見かけていました。堂々とした体躯を使った豪快でありながら、細かな指示が好ましいスタイルですね。この難曲を非常に丁寧にドライブして感動的な演奏となりました。久しぶりに演奏終了とともに鳥肌が立ちました。

ゲストトッププレーヤーの古部賢一さんの所属が日本フィルになっていますが、新日本フィルであるとの訂正の小さな紙がチラシと共に袋に入っていました。もう少し大きな紙で、パンフレットに挟んでもらわないとわからないですよ。

2019年9月15日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第117回定期演奏会

70044884_2429606847363642_24315288147449  70827714_2429606864030307_72707117217637  69972835_2429606917363635_83441542123130

昨日9月14日は、西宮北口の芸文ホールで、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第117回定期演奏会を聞きました。今シーズンの開幕という事で芸術監督の佐渡裕さんの指揮で大曲、ブルックナーの交響曲第8番 (ハース版)が演奏されました。

70009371_2429606960696964_72867811142685  69930942_2429606910696969_24383059037708  70995275_2429606977363629_53206707354279

以前の佐渡さんの印象がいろいろあったので、多少危惧はしていたのですが、これがどっこい、腰を据えた重量感たっぷりの演奏で大満足。ブルックナーのここでこういう重厚な音が欲しいとか、木管のフレーズでこの色が出てほしいとか、そういう壺がきっちりとはまっていきました。これは好みの問題でもあるのでしょうが、長年ブルックナーを聞いていて、自分自身がそういう傾向になっているものですから仕方がないですね。という事で、大変満足と納得のブルックナーを堪能しつくしました。

71342574_2429607020696958_22798700577795  20090712a

演奏会の前に、西宮北口にある喫茶店ドリームへ立ち寄りました。ここはアニメ涼宮ハルヒの憂鬱で、メンバーがよく集っていたという設定になっているお店です。アニメに出てくるお店は実はもう閉店していて、同じオーナーが今のところに新規開店したのですが、雰囲気はそのままですね。おいしいコーヒーをいただいた後、アニメを作った京都アニメーションの募金箱へ少しながら寄付もさせていただきました。

51tcdtqxsfl__ac_ul320_sr228320_  1010

梶ようこ 北斎まんだら 講談社時代文庫/読了・・・・・・この春訪れた信州長野の小布施に北斎館があることを知り、その時は時間が無かったので、今夏再訪して、小布施の北斎の肉筆画を穴が開くほど見てきました。小布施での北斎のパトロンがこの話の主人公でもある高井三九郎こと高井鴻山です。話は江戸の町が舞台となっていて、残念ながら小布施で多くの作品を残したその後の活躍のことは出てきませんが、当時の雰囲気、北斎とその娘 応為との掛け合い、弟子や不肖の孫、登場人物が生き生きと描かれています。東京にも北斎館があるようで、一度行ってみたいところがひとつ増えました。小布施の有名な天井画も貼っておきます。写真では、実物の迫力には及びませんが。

2019年6月23日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第116回定期演奏会

64974292_2366159580375036_34084440670952  65233667_2366159643708363_12570745173694

昨日6月22日は、西宮北口の芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第116回定期演奏会を聞きました。下野竜也さんの指揮、池田香織さんのメゾ・ソプラノで、ワーグナーのヴェーゼンドンクの歌曲集から、後半は大曲、ブルックナーの交響曲第5番という重厚なプログラムでした。

64660941_2366159603708367_39010064171375  64720432_2366159720375022_64724980498715

池田さんの歌声はとても柔らかく、音楽を包み込むような情感に満ちたもので、大変心地よい時間となりました。歌曲は余り得意ではないのですが、とても親しみやすい感じでワーグナーの世界に浸りました。ハンス・ウェルナー・ヘンツェによる編曲という事で、その改変によって音楽の印象が少し変わったものとなっているとのことですが、そのあたりはよくわかりません。

64955063_2366159650375029_40855081404753

後半のブルックナー、リハーサルの時の下野さんのお話しでも、ずっと同じ音楽、フレーズという指摘がありましたが、まさに、大海を行く船の様に、ゆったりとした音楽が流れ続きました。ブルックナーというと、関西人にとっては、朝比奈隆と大阪フィルのコンビでという事になりますが、比較的若い下野さんと、ぐっと若いPACオケのよる新鮮なブルックナーが聞けました。

64749361_2366265697031091_53070348756881  64830114_2366266290364365_48766487399655

終演後、楽員の皆さんにお見送りをいただきました。今回の公演で、今期のシーズンも終わりとなります。また9月から新しいシーズンが始まりますが、その中にもいろいろと期待のコンサートが目白押しです。

2019年5月26日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第115回定期演奏会 5月25日

60883040_2344315752559419_73815326197138

昨日、5月25日は、昼過ぎから写真展を開催している大阪、阿波座の長楽庵へ顔を出し、小一時間ほどで失礼して、西宮北口の芸文ホールに向いました。
長楽庵では、短い時間ながら、4名ものお知り合いの方に来ていただき、大変恐縮です。もっと時間があれば色々とお話しできたものを。申し訳ないことです。

60958469_2344315675892760_12385571481248  61202793_2344315682559426_12891139125406

さて、昨日は兵庫芸術文化センター管弦楽団の第115回定期演奏会でした。指揮は、井上道義さんで、アメリカとメキシコの音楽のプログラムです。マルケスというメキシコの現代作曲家の作品が2つ、ダンソン第2番という10分ほどの曲と、パーチョ・フローレスのトランペットで、「秋のコンツェルト」という日本初演がなされました。トランペットの超絶技巧が楽しめました。現代音楽といっても、親しみやすい音楽でした。

61049398_2344316112559383_40778178426180  61382332_2344315725892755_10443266108969

休憩の後は、アーロン・コープランドの組曲「ロデオ」から2曲、同じく「ビリー・ザ・キッド」組曲が演奏されました。いずれも西部劇を想起させる音楽ですね。馬が走ったり、拳銃の音がしたりと盛り上がりました。アンコールに、ルロイ・アンダーソンのプリンク・プランク・プルンクが演奏され、5月としては記録的な暑さとなっている本日ですが、ホールの中はもっと熱い音楽で満たされました。

51gr6q4y7l

磯田道史 無私の日本人 文春文庫/読了・・・・・・・・2015年に出た文庫ですが、読んでいたつもりがそうでなかったです。穀田屋十三郎中根東里大田垣蓮月というあまり日本史にも出てこない人たちの無私、無欲、もっとすごく無に徹した人生が描かれています。蓮月の名前くらいは知っていましたが、他の方は知りませんでした。無私、無欲になるためにはなんと壮絶な人生を送らなければならない事でしょう。そして、この人たちは、本物の幸せを手に入れていることができたことでもありますね。人間の幸福とは?、そういうものを考えさせてくれる一冊でした。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ