兵庫芸術文化センター管弦楽団

2024年5月11日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第150回定期演奏会 5/10

2024051012_teiki150

昨日5月10日は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第150回定期演奏会を聞きました。

指揮は角田鋼亮、初めて聞く指揮者さんです。そして和太鼓の第一人者、林英哲が登場です。

04_20240511060301

兵庫芸術文化センター管弦楽団は、本拠地の兵庫県立芸術文化センター開設と共に誕生した劇場付きのオーケストラですが、団員は最長3年間の在籍、その後世界各地のオーケストラへのチャレンジなどを目指して巣立っていく若手育成を目的としたオーケストラです。

05_20240511060301

昨日は太鼓つながりでハイドンの「太鼓連打」に始まり、続いて演奏されたのが、松下功の和太鼓協奏曲「飛天遊」です。

林英哲が演奏する和太鼓演奏は圧倒的でした。和太鼓は、日本語で、本当に「どん」と鳴っていました。

06_20240511060301

昨日のゲストトッププレーヤーを見てびっくり。

いつも追っかけをしているNHK交響楽団首席チェリストの辻本玲さんのほか、芸文オーケストラから巣立ってNHK交響楽団の首席オーボエに就いた吉村結実さん、その他日本で活躍する名手が参加されていました。

彼らはオーケストラに参加するだけではなく、若手の団員へのアドバイスやレッスンも行っているので、大きな勉強の機会も生んでいるのです。

03_20240511060301

最後のリヒャルト・シュトラウスの「英雄の生涯」はまさに音の洪水という演奏でした。

芸文センター前の高松公園も新緑に包まれていて、良い季節になりました。

4166607626

小川三夫 宮大工と歩く奈良の古寺 文春新書/読了・・・・・・・法隆寺宮大工の宮本常一さんに弟子入りし、その後日本を代表する宮大工となった小川三夫さんの語りによる奈良の古寺の建築に関する解説、その素晴らしさを写真や図でわかりやすく述べられています。斑鳩の法隆寺、法輪寺、法起寺、西ノ京の薬師寺、唐招提寺、奈良公園周辺の東大寺、興福寺、元興寺、十輪院、さらに室生寺と北奈良の秋篠寺と長弓寺が取り上げられています。これらの古寺はそれぞれ何度も足を運んだところですが、次から見どころが増えてうれしいです。

2024年3月23日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第149回定期演奏会 3/22

07_20240323062601

昨日3月22日は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第149回定期演奏会を聞きました。

今シーズンはC席に座っています。3階になりますが、なかなか快適な場所です。

01_20240323062601

昨日は、シルヴァン・カンブルランの指揮、ピアノに中川優芽花さんが登場されました。

曲目は、チャイコフスキーの協奏曲第1番と、幻想交響曲というプログラムです。

05_20240323062601

中川優芽花さんは現在21歳、10代でクララ・ハスキル国際コンクールをはじめ、すでにいくつかの国際コンクールで優勝している才能です。

チャイコフスキーの演奏が始まった瞬間、あふれる詩情、いや零れ落ちるくらいかな、とてもウェットな感情がピアノから届きました。この人にはチャイコフスキーではないですね、シューマンの協奏曲を聞きたかった。モーツァルトの24番でもいいなぁ。

とすると、アンコールにシューマン(リスト編曲)の献呈が演奏されました。こちらはとてもしっくりきた演奏でした、そうそう、この人にはシューマンをはじめとするドイツ・オーストリア系のピアノがいいだろうなぁ、また聞いてみたいピアニストさん登場です。

04_20240323062601

幻想交響曲を指揮したのは、読売日本交響楽団を長年指揮していたフランスの指揮者、シルヴァン・ガンブルランさんでした。

ナイーブな感触で始まった幻想ですが、なんともリズムが重い。そのまま演奏が続き、50分以上もかかって演奏が終了しました。

それにしても、この幻想交響曲の作曲されたが1830年、ベートーヴェンが歿した3年後とは驚きの新鮮さです。

06_20240323062601

ゲスト・トッププレーヤー、コンマスにバイエルン放送響の第1コンマスのバラコフスキーとは。

団内でのレクチャーもあるようで、芸文オケの若い演奏家には大変刺激になるでしょうね。

2024年2月24日 (土)

ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会 2/23

02_20240224065901

昨日2月23日は前から期待大だったバッハのブランデクブルク協奏曲全曲演奏会を聞きました。

演奏は、堀米ゆず子withPACオーケストラとされています。PACオーケストラは兵庫芸術文化センター管弦楽団のことですね。

04_20240224065901

オーケストラを率いたのは、ベテランのヴァイオリニスト、堀米ゆず子さんです。

山形にあるベニバナ農家堀米家の見学に行ったときに、堀米ゆず子さんの大きなポスターを見たことがあるので、なにか関係があるのでしょうね。

03_20240224065901

堀米ゆず子さんを支えたメンバーがすごかったです。

NHK交響楽団のゲストコンサートマスター白井圭さん、同じく首席チェリストの辻本玲さん、東京都交響楽団ヴィオラ首席奏者鈴木学さん、そしてチェンバロに第一人者の曽根麻矢子さんが並びました。

01_20240224065901

その凄いメンバーによるプランデンブルク協奏曲のきれいなこと、抜群でした。

PACオーケストラのメンバーも頑張っていました。

芸文ホール前ではもう菜の花が黄色い花をつけていました。

2024年2月11日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第148回定期演奏会 2/9

Thumbnail_image3_20240211063101

一昨日2月9日は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第148回定期演奏会を聞きました。

その前にこのオーケストラの第一期生、オーボエ奏者のF井さんとゆっくりとランチをして、いろいろな今の音楽界の環境についてお話を伺いました。

Thumbnail_image2_20240211063101

この日はF井さんの師匠でもあるオーボエ奏者のシェレンベルガーの自らの演奏と指揮で、モーツァルトのフルート⇒オーボエとハープのための協奏曲がまず演奏されました。

ハープは奥様のマルギット、二人の掛け合いがそれは美しく、この上ない愉悦の時間と音楽が流れました。アンコールにシューマンの「月夜」。

Thumbnail_image0_20240211063101

後半はベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調、テンポの良い第一楽章、隅々まで考え抜かれた印象。

第2楽章はなんだか止まってしまうのでは?と思われるゆったりとしたテンポ、なぜなんだろう。

その後は雄大な音楽がうねりました。アンコールにコリオラン序曲。

Thumbnail_image1_20240211063101

バスーンにウィーンフィルのトゥルノフスキーが入るという豪華なゲストをいただき、オケのメンバーも張り切らざるを得なかったのでは。

01_20240211063201

片倉佳史 鉄道の音を楽しむ 音鉄という名の鉄道趣味 交通新聞社新書/読了・・・・・・・昔々、蒸気機関車の音を録るのに、デンスケという名前の大きなカセットレコーダーが発売されていたのを思い出しました。ビデオテープみたいな大きさのカセットを入れていましたね。今では、小さなICレコーダーなどでリニアPCM録音が手軽に楽しめるのは隔世の感です。そんな録音装置の発達によって手軽に楽しめるようになった鉄道録音の世界の紹介です。音の記憶というのは、年数が経っても聞き直すと生々しくその記憶が蘇るものですね。

2024年1月13日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第147回定期演奏会 1/12

05_20240113063801

昨日1月12日は今年のコンサート始め、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第147回定期演奏会を聞きました。

曲目は前日にそのリハーサルを聞いたマーラーの最後の交響曲第9番ニ長調です。

02_20240113063801

指揮は佐渡さん、マーラーは彼の得意とする作曲家ですが、さすがに交響曲第9番というと力が入っていたようです。

佐渡さん、ここ兵庫のほか、東京の新日本フィル、シエナ・ウィンド・オーケストラ、さらにウィーンのトーン・キュンストラー管弦楽団の指揮者を務めるなど八面六臂の活躍です。

03_20240113063801

この深淵な交響曲を聞いた後は、積極的に拍手とかしたくなくなります。

また、終わった後に友人とわちゃわちゃ話しとかもしたくなくなります。

何なんでしょうね、とても大きな音楽体験でした。

01_20240113063801

昨日のゲスト・トップ・プレーヤー、スペシャル・プレーヤーの面々です。

リハーサルの際して、若いメンバーはベテランのプレーヤーからレッスンを受けることもあるそうです。

04_20240113063801

来月に聞く予定のコンサートです。既にチケットが完売したようです。

そりゃ、堀米さんのほかに辻本玲さん始めすごい面々が入り込んでのブランデンブルグ全曲演奏会ならそうなるでしょうね、楽しみです。

2023年11月18日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第146回定期演奏会 11/17

04_20231118053101

昨日11月17日は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第146回定期演奏会を聞きました。

指揮者がコロナに罹患したとかで来日がかなわず、急遽代役の指揮者と、それでも間に合わず、ポーメ・メイエの吹き振りなど、かえって興味深々のコンサートとなりました。

03_20231118053101

前半はクラリネットの曲、特にエスケシュの曲はポール・メイエに捧げられた曲で日本初演でした。

クラリネットのアンコールの曲、柔らかい響きでホールに満ちて、空気の中に音が溶けていきました。いいものを聞きました。

05_20231118053101

後半のアルルの女、ボレロは聞きなれた音楽なのですが、生で聞くことは珍しいですね。

ポール・メイエの指揮で、決して大音響で鳴らすことなく、たいへん柔らかくしっとりとした味わいの音楽に仕上げられました。これは良かったですね。ボレロの最後はやはり盛り上がりましたけど。

02_20231118053101

今回のゲストトッププレーヤーの方々です。

アルルの女やボレロでは、元読売日響の菅原さんが気持ちよさそうにティンパニを鳴らしておられました。

06_20231118053101

今年の芸文オケの定期演奏会もこれで終わり、次は1月に佐渡さんの指揮でマーラーの交響曲第9番という演奏会になります。

2023年10月28日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第145回定期演奏会 10/27

07_20231028055501

昨日10月27日は、芸文ホールでの兵庫芸術文化センター管弦楽団の第145回定期演奏会を聞きました。

先日の今峰由香さんのピアノリサイタルに続いて、今年の忘れられないコンサートになりました。

05_20231028055501

演奏されたのは、まずジャズピアニストの小曽根真のピアノによるショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番です。

ピアノ協奏曲とはいえ、ほぼ、ピアノとトランペットの協奏交響曲なのですが、尖ったトランペットのサウンドに負けないピアノが欲しかったのですね。小曽根のピアノに少々甘さを感じてしまいました。角野隼人のようなピアノが欲しいところですね、願わくば。

04_20231028055501

後半は期待のカーチュン・ウォンの指揮でマーラーの交響曲第5番です。ゆったり目の第1楽章、しっかり葬送行進曲のリズムを刻むのは深い印象を与えます。第2、3楽章の混沌としたカオスも見通しの良い演奏となりました。

静かに第4楽章を終えて、最終楽章では爆発しました。コーダに向けての圧倒的なテンポアップは見事でした。各所で欲しいところでの音色、表現の妙、音楽を堪能するばかりでなく、鳥肌ものの演奏でした。もう一度聞きたい。

01_20231028055501

演奏は、この曲の構成に則って、第1、2楽章 第3楽章、第4、5楽章に区分して演奏されました。

今回もゲスト・トップ・プレーヤーに多くの方が参加されていました。

08_20231028055501

芸文ホール前の高松公園、木々も少し色づいてきました。

2023年9月 9日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団リハーサルを聴く 9/7

03_20230909062801

9月7日は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会に向けたリハーサルを聴きに行きました。

木曜日の午後の芸文ホール、平日ですから年配者が中心のお客さんです。

06_20230909062801

リハーサルの曲目は定期演奏会の曲目からチャイコフスキーの交響曲第4番でした。

この楽曲が定期演奏会で取り上げられるのは、オーケストラの創立シーズン以来とのことでした。

05_20230909062801

事前に淡路島での演奏会などもあり十分に練習を重ねていたとのことで、この日は指揮者の佐渡さんの解説によるレクチャーコンサートのような感じで楽章ごとにリハーサルが進められました。結果として、全曲聞いたというところでしょうか。

02_20230909062801

本番は、その他にソリストの反田恭平を迎えてブリテンのピアノ協奏曲が演奏されます。

残念ながら、9月8日の演奏会当日は先に予定が入っていて、本番を聴くことがかないませんでした。

01_20230909062801

さて、特筆すべきは、チャイコフスキーの演奏でオーボエのトップを吹いていたコアメンバーの山田涼子さんです。芸大の器楽科を首席で卒業した逸材ですが、交響曲第4番第2楽章の冒頭のソロには舌を巻きました。

このオーケストラからは、現在NHK交響楽団の首席をしている吉村結実さんを輩出していますが、吉村さんの柔らかく包み込まれるような音色に対して、この山田さんはきりっとした気品にあふれ透明感のある素晴らしい音色です。今後の活躍が期待されます。

2023年8月 6日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第143回定期演奏会 8/5

02_20230806053701

昨日8月5日は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第143回定期演奏会を聞きました。

2022-2023シーズンの最後を飾る演奏会です。コロナ禍もまぁまぁ気にしなくなって、ほぼ満席のお客さんでホールが埋まりました。

03_20230806053701

まず演奏されたのは、不思議な音色が魅力のブリテンの歌劇「ピーター・クライムズ」から「4つの海の間奏曲」です。

これはいい曲ですね、またの機会に聞いてみたい魅力にあふれた音楽でした。

04_20230806053701

次いで、管楽器群とチェロ、コントラバスという珍しいアンサンブルとヴィオラによるヒンデミットの室内音楽第5番です。

指揮の佐渡さんがイチオシする今年20歳のヴィオラ奏者谷口朱佳さんによる演奏、ヴィオラの音が思いのほか華やかで、いわゆる映える音色でしょうか。緊張感が走る音楽でしたが、面白い体験でした。

06_20230806053701

プログラムの後半はブラームスの交響曲第2番、佐渡さんはゆったり目のテンポで展開して大きな音楽となりました。

最後はオーケストラを見事にコントロールして大盛り上がりでコーダを迎えました。ブラームスの2番は本当に素晴らしい楽曲ですね。アンコールはこのような曲。

01_20230806053701

コンサート前のホールのカフェの様子。涼しい空間に逃げ込んでみなさんほっとされているのでしょう、思いのほか、多くのお客さんがコンサート前の時間を楽しんでおられました。

2023年5月28日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第141回定期演奏会 5/27

04_20230528055401

昨日5月27日は、西北の芸文ホールで兵庫芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会を聞きました。

今シーズンは、6月、8月まで定期が続くので、まだ2回残っています。いつもは6月頃で終わるのですが。

02_20230528055401

指揮はご常連の下野竜也さん、ヴァイオリンに三浦文彰さん。以前この組み合わせであったときは、当時の大河ドラマ、真田丸のテーマがアンコールされたのを思い出しました。共演はそれ以来になるのではないでしょうか。

03_20230528055401

さて、プログラムは、ウォルトンの「スピットファイア」前奏曲とフーガ、イギリスの戦闘機スピットファイア、その設計者のミッチェルを主人公にした映画音楽のなかの作品です。華やかなオープニングの曲としてはうってつけでした。

その後はエルガーの長い長いヴァイオリン協奏曲と「エニグマ」です。最近、エルガーが注目されていて、コンサートで取り上げられる機会が多くなっています。近時では西宮交響楽団や宝塚市交響楽団でも取り上げられる予定です。

01_20230528055401

昨日のゲストトッププレーヤーさんたちです。チェロの西谷さんは芸文オーケストラの初期のメンバーですね。

05_20230528055401

芸文ホール前の高松公園です。多くの方が木陰で休んでおられました。梅雨の前ではあるけれど、いい季節になったものです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー