国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団

2017年6月25日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団 神尾真由子のチャイコフスキー

Img_2154神尾真由子は、2007年度のチャイコフスキーコンクールに優勝しているが、子供のころからその神童ぶりが評判でした。事実、彼女が12歳のころに聞いたラロのスペイン交響曲の演奏(1998年11月20日ウリ・マイヤー指揮関西フィル)では、度肝を抜かれた経験があります。これは五嶋みどり以来の天才が現れたのではないかと、正直思いました。

次に聞いたのは、2007年10月の兵庫芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会で、いわばチャイコフスキーコンクール優勝の凱旋公演ですね。この時は当初シベリウスだったプログラムが急遽チャイコフスキーに変更になったくらいですから。指揮はオッコ・カム。

それで、この時の演奏がひどかった。音程もとれていないし、テンポもズタズタで、音楽の呈をなさないものでした。当時のブログにこれでは金をとれないとまで書きました。

その次は、2012年6月21日の大阪センチュリー交響楽団の第172回い定期演奏会で、この時はラロのスペイン交響曲でしたが、これは素晴らしい演奏でした。その時のことをこのようにプログに書いています。「天才が戻ってきた!」とまで書いています。・・・・・・・

Img_2156そして、昨日が4回目となる神尾真由子との遭遇でした。チャイコフスキーの協奏曲でしたが、第一楽章の第一音からもう駄目です。感情移入しようとしたのか必要以上のヴィヴラート、音程がしっかりとれていない、オーケストラと合わせるなんて考えていないのか、音楽の輪郭が見えてこない、何と言っても乱暴な弾き方なのでヴァイオリンの音が美しくない、第3楽章に入って、少しは良いところを聴こうと思う気持ちまで働き聞いていましたが、ここは少しましかなと思える程度の箇所が散見したくらい。アンコールにパガニーニの難曲を演奏したけれど、ただただ甘いテクニックの披露になってしまいました。

それでもあえて擁護するような見方をすると、好不調の波が極端な方なんでしょうかね。昨日の演奏はやはり、これではお金がとれませんね。

調べたら、もう一回聞いたいましたね。2011年2月15日の関西フィル定期演奏会。ブラームスの協奏曲です。この日も散々だったようです。・・・・・・・

2017年6月24日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第97回定期演奏会

Img_2152蒸し暑く風がまったりと淀んで絡まってくる季節になりました。そうした中、自転車を走らせて西宮北口の芸文センターで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第97回定期演奏会を聴きました。指揮は、名チェリストのポール・トルトゥリエの息子、息子と言っても70歳くらいですが、ヤン・パスカル・トルトゥリエ、ヴァイオリンに神尾真由子です。

まず、モーツァルトの歌劇「後宮への誘拐」序曲が快活に演奏され、コンサートが始まりました。リハーサルでも、一発でオーケーでしたね。次いで、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が演奏されましたが、これは明日の話題とします。

Img_2155そして、休憩の後はブラームスの交響曲第4番が演奏されました。両端楽章はじっくりと構え、大きな音楽に、第2、第3楽章は、歌いに歌い、明確な音楽の表現がされました。最終楽章はゆったりとしたテンポで進められ、実に大きな音楽になりました。このようなブラームスの演奏がまだこの時代にされるんだと感心しきり、久しぶりに鳥肌が立ちました。

リハーサルでは各楽章の入り方を入念に整理されていて、それがスムーズな音楽への導きになりました。アンコールにハンガリー舞曲第5番。実はリハーサルで最も入念に練習していたのがこの曲でした。

2017年6月22日 (木)

芸文オケのリハーサル ブラームス4番

Img_2148今日は朝から西宮北口に出かけ、この土曜日に聞く予定の兵庫県立芸術文化センター管弦楽団のリハーサルを聞いてきました。芸文オケでは、3日間の定期演奏会の前に、定期会員を対象としたリハーサル公開をしています。こういうことはファンとしては大変うれしい企画ですね。

Img_2149今日は、指揮がヤン・パスカル・トゥルトリエ、名チェリストのポール・トゥルトリエの息子で、もう御年70歳くらいですが。リハーサルの曲はまずモーツァルトの歌劇「後宮への誘拐」、そしてブラームスの交響曲第4番でした。各楽章の出だしに気を使い、大きな音楽を作っていく過程が良くわかりました。最後に、多分アンコールになる曲も演奏されましたが、種明かしはやめておきましょう。

リハーサルを聞いた後、写真展をしている長楽庵に行きましたが、いろいろとお時間を工面してお越しいただきました皆さん、ありがとうございました。

2017年5月27日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第96回定期演奏会

Img_1869爽やかな風が流れた本日、昼から芸文センターで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第96回定期演奏会を聴きました。芸文センター前の木々も新緑が目にまぶしいですね。本日は、吉野直子のハープ、指揮は下野竜也というなかなかのお二人の出演です。

Img_1870まず、吉野直子のハープで、ロドリーゴのアランフェスの協奏曲です。普通はギターですから珍しい演奏ですね。特に誰が編曲したとかは解説にも書いてありません。そして、ギターよりもハープのほうが音色が華やかな分、曲も映えましたね。これはなかなか拾い物の演奏でした。それにしても、ハープという優雅に見える楽器は大股開きで、指で弦をはじく以外にペダル操作もあって。なかなか大変な操作を必要とする楽器のようですね。

Img_1871休憩の後、下野竜也の指揮でブルックナーの交響曲第6番が演奏されました。先日、下野さんの指揮で第8番を聞いたところですが、下野さんはどっしりと音楽と対峙して進める風格が出てきましたね。それでいて、このリズミカルな楽曲を若々しい表情で進められたことは大変印象的でした。さらに第2楽章は何とも優美な音楽になりました。

81cifngrlil荒木源 オケ老人! 小学館文庫/読了・・・・・・・・映画にもなったこの作品を本で読みました。映画になるくらいですから、読んでいて、映像が見えるような展開でした。そして、アマチュアオーケストラの抱える問題点や、老人の日ごろのうっぷん、主人公の学校での生活など、なかなかキャラクターがしっかり書き分けられていましたね。並行して進むお話しもありますが、あまり必要ではなかったかも。ネタとしての重要性は余りありませんでしたね。ということで、この著者の本は少し読んでみようかと思います。

2017年4月22日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第95回定期演奏会

Img_1162 暖かくなり、アスパラガスが伸び、ゴーヤの植え付けが終わった午後、西宮北口で開催された兵庫芸術文化センター管弦楽団の第95回定期演奏会を聴きました。
今日は、ジョセフ・ウォルフの指揮、漆原朝子のヴァイオリンで、エルガーの協奏曲と交響曲第1番です。
 
Img_1165 エルガーのヴァイオリン協奏曲の実演はこれが2回目ですが、前回も漆原朝子がソロでした。十数年前の演奏は、豊かな響きと大きな音楽が聞こえてきて非常に印象的でしたが、今回聞いて、前の印象がさらに強くなるとともに、そのつややかな美音に引き込まれ、エルガーの世界を堪能しました。
ひとつもふたつも高いレベルの演奏家にあがった感じですね、素晴らしい音楽でした。
 
Img_1163 休憩の後、交響曲第1番が演奏されました。この曲を生で聴くのは初めてでしたが、オーケストラの響きが下から上まで音色がそろい、最近にない分厚くて心地よいオーケストラの音が聞こえてきました。
この指揮者、あごひげを伸ばし、まるでシノーポリのようです。また、長い指揮棒を使っていて、ひと時代前の指揮者の風貌でしたが、出てくる音楽は新鮮で、ゆったりしたテンポに載せて安心感のある音楽が展開しました。
 

2017年1月14日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第94回定期演奏会

Img_9886 寒風の中、母親を連れて芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第94回定期演奏会を聴きました。ともに定期会員なのです。
年初という事もあって、指揮は佐渡裕、チェロに大御所の藤原真理という面々です。
 
Img_9884 まず、ドビュッシーの小組曲が演奏され、いつになくオーケストラの響きがナイーブな感じでびっくり。コンマスにバイエルン放送響のバラコフスキーが入ったからでしょうか。
ついで、藤原真理のチェロでハイドンの第2番の協奏曲です。第一楽章は、藤原真理の独特の世界観でしょうか、そういうものが広がりました。ただ、それ以降は、技術、音色、音量とも秀でた印象がなく、最終楽章はただ音符を頑固に弾くだけに終わったのは残念。足がお悪いようで、歩きづらそうにされていたのも気になりますね。
 
Img_9885 最後にベートーヴェンの田園が演奏されましたが、実に雄大でゆったりしたテンポの音楽に酔いしれました。これは素晴らしい演奏でしたね。特に気を配っていたのが低弦部分で、その支えに乗ってメロディーが自由に飛翔していました。こういうベートーヴェン、好きです。
オーボエ2ndにベルリンフィルのクリストフ・ハルトマンが入るというぜいたくも味わいました。

2016年12月17日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第93回定期演奏会

Img_9659 寒いけれど、晴れていたのでほぼほぼ快適な昼間となった本日、西宮北口の芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第93回定期演奏会を聴きました。
指揮は、芸文オケに3度目となるクリスティアン・アルミンク、ピアノは韓国のクンウー・パイク。
 
Img_9660 まずハイドンの交響曲第70番というレアな曲で始まりましたが、何とも繊細で簡単に壊れそうな音楽がある意味痛い気に築かれていました。
ついで、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番が演奏されました。パイクのピアノは、今の時代から数十年前の音楽を思わせる重厚で音楽の形がしっかりとしたものでしたが、さて、それが未熟な聴衆に容易に受け入れられるかどうかはわかりません。過去何十年にもわたって、音楽を聴いてきた身としては、懐かしささえ覚えたベートーヴェンでした。
 
C2016121601 最後に、ブラームスの交響曲第3番が演奏されました。これは、アルミンクのすっきりした演奏スタイルでまとめられていて、楽しめました。すっきりしながらも、音楽の場面場面での強弱や節回しはひとつひとつ納得させられるもので、充実した音楽体験となりました。ただ、アンコールにハンガリー舞曲第5番とは、、、最近、アマオケでもあまり聞かないだけに少しがっかりだったかも。それも特に際立った特徴を持った内容でもなかったし。

2016年11月19日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第92回定期演奏会

Img_9327 朝から出かけ、昼は夙川の江坂でランチをして、西宮っ子還暦式の協賛の御願いもちゃっかりしてまいりましたよ。ここは、夙川のお店の中でも大変レベルが高く、好みのイタリアンですね。今日はあまり時間もなかったので、イノシシの肉を使ったカレーでしたが、これが大正解でした。江坂の近くの阪急電車の様子、季節柄、モミジのHMが掲げられていました。
 
Img_9335 さて、芸文オケのプログラムは、ライネッケのフルート協奏曲と、シューベルトのグレート交響曲です。指揮は、クラウス・ペーター・フロール、フルートは、マチルド・カルデリーニ。ライネッケの曲は、前世紀的ロマンを十二分に含ませたメロディで、その甘さが、フルートにも、いわばテクニックの甘さも招いてしまったかのようで、平板な演奏になったのが残念でした。
 
Img_9343 休憩のあと、シューベルトのグレートが演奏されましたが、この青春の輝きを残した楽曲をそのように展開していたのが好印象です。
それだけに、最終楽章、コーダの最後の一音のみ、きわめて珍しく、弱音で終息するという表見にしたことが、まだ違和感として残っています。
その必然性、感触の上での表現方法、その他、わからないことばかりが残ったコンサートでした。

2016年10月29日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第91回定期演奏会

Img_8871 木枯らし一番が吹いたという今日、昼から西宮北口の芸文ホールで開催された兵庫芸術文化センター管弦楽団の第91回定期演奏会を聴きました。指揮は、アレクサンドル・ヴェデルニコフ、チェロは、アレクサンドル・クニャーゼフというメンバーです。
 
Img_8872 プログラムは、まず、チャイコフスキーのロココ風の主題による変奏曲、チェロは実に豊かな音響でホールを埋め尽くし、甘いメロディーは滔々と流すという素晴らしい出来でした。
ただ、しつこく拍手が続いたことで、ホンマに聴衆はそこまでわかってるんかという気分になり、最後はしらけましたけどね。
そこまで、素晴らしいチェロとは思えへんでぇ。
アンコールにパガニーニのカプリースから、さらにロココ風の最終楽章というサービスでした。
 
 
Img_8873 後半はショスタコーヴィチの交響曲第10番です。
この大変な緊張感に満ちた楽曲を、指揮者は実に丁寧に進めていくものですから、1時間近くの時間、身体が固まってしまったかのような印象で聴き続けました。
芸文オケでこれだけ集中して聞いたのも珍しいかもしれません。
素晴らしい時間を過ごすことができました。
アンコールに、チャイコフスキーの雪娘からのロマンティックな一曲。
 

2016年9月17日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第90回定期演奏会

Img_8194 本日は、昼から西宮北口の芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第90回定期演奏会を聞いた。今回からまた新たなシーズンである。シーズン初めの指揮はずっと佐渡裕である。今日は、70分にわたる大曲の、ブルックナーの交響曲第9番ニ短調のみである。
 
Img_8195 さて、この深遠な楽曲は、小生が初めてブルックナーにはまってそればかり聴くことになってしまったのが交響曲第9番である。本当に隅々まで知り尽くしているといっても過言ではないと自負している。それだけに楽しみにしていた。第一楽章のトレモロからもうブルックナーの世界である。重厚なサウンドがホールに満ちている。もうそれだけで聴く側としては満足感に浸ってしまう。やっぱり、ブルックナーはいいなぁ。特にこの曲は特別だ。
 
ところが、今日は、弦楽器の配置が16+14+12+10+8と大変な奏者がステージに並んでいる。管楽器は三管編成、ホルンは9本並んでいる。ステージに並ぶこと自体がもう限界というほどの人数なのだ。
で、全奏でのフォルデでは、ホールの音響のキャパを越えてしまい、音が割れる事態となってしまい、特に弦楽器の美観が損なわれてしまう。
 
Img_8196 とにかく大きな音を出さないという思想は、佐渡裕の指揮者としての、どの時代に入り込んだものだろう。この曲で弦楽器の美観が損なわれてしまったら価値がないに等しい。佐渡の指揮も、以前の様に音楽の殻は大きいけれど中身がない演奏から少しは脱却しつつあるように思っていたが、少しは中身が入るようになっていただけに、客席で聴いている立場での演奏の組み立てができないことに気が付いてほしいところだ。自分が酔うような指揮は、聴衆には必要ないのだから。
 
しかも、これ一曲でコンサートが終わったから、16時半にはホールを出ていた。まあ、おかげで、次のコンサートにスムーズに駆け付けることができたわけではあるけれど。何とも、ため息の出るコンサートであった。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 鉄道古地図 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ