国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団

2018年6月23日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第107回定期演奏会

Image1_jpeg雨の午後、西宮北口で開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第107回定期演奏会を聞きました。今日は、「ロシア音楽の真髄ここにあり」という事で、ロシア音楽ばかりが集められました。指揮は、ブルガリア出身のロッセン・ミラノフ、ピアノは、イスラエル生まれのイノン・バルナタンです。ミラノフはもう5回目くらいの芸文オケへの来演とか、しかし、楽員はその都度入れ替わっていますけど。

Photoさて、プログラムの初めは、リムスキー・コルサコフの序曲「ロシアの復活祭」です。ロシア音楽というと、金管楽器の重厚な感じを抱きますが、この演奏では過度の表現を押さえてメロディーラインをうたうきれいな出来でした。

次に、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ですが、オーケストラは濃厚な音楽の色を出していましたが、ピアノは、あくまで機能に徹したというか、テクニックはすごいですが、冷めた印象を持ちました。それも、協奏曲という形式の中では、有りだと思います。

1最後は、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」です。先日、リハーサルで聞いた音楽ですが、本番はぐっと演奏者の気持ちが入ったというか、色彩感が数倍にも増したようなきらびやかな演奏で、そうはいっても、細部まで響きを大切にしているのがビンビン伝わってきます。少し早めのテンポで、一切重たさを感じさせない、素晴らしい演奏となりました。

終演後、楽員がロビーに出てこられ、今シーズンを感謝していただきました。

2018年6月21日 (木)

芸文オーケストラ リハーサル

Image1_jpeg明日6月22日から24日まで、3日間の予定で開催される兵庫芸術文化センター管弦楽団のリハーサルの見学に行って来ました。これは、定期会員の特権なのですが、現役時代は、平日という事もあって、一度も見ることが出来なかったものです。もう何回も見ていますが、独特の緊張感がいいですね。

Image2_jpegさて、今回は、ロッセン・ミラノフの指揮で、ストラヴィンスキーの組曲「ペトルーシュカ」の練習を見学しました。最初に一度、通しで全曲を演奏し、その後に細かなニュアンス、アタック、リズム、そして何度も繰り返し練習していたのが、響きでした。金管と木管が同時にアンサンブルするところは特に念入りに確認が続きました。

Image3_jpeg指揮者の熱気がだんだんと上がってきて、なかなかリハーサルが終わりません。今日は、開始は10時半、終了が11時45分の予定でしたが、12時を回って、さらに最後のアタック、そして終了となりました。23日、土曜日に本番を聞きますが、さて、どんな仕上がりになっているでしょうか。

51cqnnzojvl__sx350_bo1204203200_門井慶喜 マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代 角川文庫/読了・・・・・・・新撰組颯爽録やシュンスケ!を読んで感心し、読むぞ!という気持ちになった著者の一冊ですが、何と小説ではなくて、評論でした。しかも、ミステリの誕生と、美術との関わり、そして、産業革命とミステリの発展の同時性など、とても情報量が多く、読むのがしんどかったですけれど、文章はさすが、上手いなと思いました。これから読む小説に美術品を扱ったものもあるので、著者の視点というものが少しは感じ取れて、最初に読んでいて良かったかもしれません。

2018年5月26日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第106回定期演奏会

Image1_jpeg朝のうちは曇っていましたが、すこしずつ雲が晴れてくるという本日、西宮北口の芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第106回定期演奏会を聞きました。指揮は油ベール・スダーン、ウィーンフィルのソロ・フルート奏者のカール=ハインツ・シュッツを迎えてのコンサートです。

Image2_jpegザンドナーイという人のフルートと管弦楽のための夜想曲は、20世紀の音楽としては意外にメロディアスな音楽で、懐かしささえ感じるものでした。モーツァルトの協奏曲では、フルートの音色がきらびやかに響き、もう贅沢の極みのような典雅な音楽になりました。

Image3_jpeg休憩の後は、ブラームスの交響曲第2番でしたが、最近この曲はあまり演奏されないのか、生では久しぶりでした。スダーンはどこにも力を入れていない感じの、伸びやかでゆったりとした展開を示し、一つも作為的なところがなく、慌てててんぽをいじるようなことは一切ありませんでした。悠々とした流れに身を任せ、その安らぎにみを置いた聞き入りました。このような安定した音楽の世界は、実に久しぶりの感動でした。

715zgcdprel太田和彦 老舗になる居酒屋 東京・第三世代の22軒 光文社新書/読了・・・・・・・・・著者が東京で比較的近時に開店したお店の中で、将来的に老舗になるようなところをピックアップして一冊にしています。とはいっても、なんの保証もありませんし、先に書いたように、こんな顔を知られている居酒屋ライターがお店に現れたら、お店もよいしょのひとつふたつするだろうし、どこまで信用できるかはわかりませんね。

この著者が、何度も絶賛してやまない地方の居酒屋へ行ったことがありますが、予約した席にはすでにラップをかけられ室温になってしまった刺身がテーブルにデンと置かれていました。空前絶後の店の振る舞いに、声も出ない驚きと、やはり自分で行ってみないとわからないものだという認識を新たにしたことがあります。この店がはじめたと名物とされている塩たたきも、なんだか端っこの身ばかりで、がっかりでしたよ。

2018年4月21日 (土)

兵庫県芸術文化センター管弦楽団第105回定期演奏会

Image1_jpeg午前中は、JRや阪急の電車を撮影し、昼から西宮北口で、兵庫県芸術文化センター管弦楽団の第105回定期演奏会を聞きました。今日は、井上道義さんの指揮、オリヴィエ・シャルリエのヴァイオリンという組み合わせです。芸文ホールには、今年のオペラ、魔弾の射手の幟が立ち並んでいます。

Image2_jpeg今日のプログラムは、大変珍しくヒンデミットが2曲です。先ずは、序曲「エロスとプシュケ」ですが、さすがにこんなの聞いたことがありません。ところがなかなか中身の入った充実した音楽でしたね。ついで、有名な交響曲「画家マティス」が演奏されました。繰り返す音型を追いながら、この音楽の構成感と内省する感情を味わいました。いずれも、じっくりとした音楽への取り組みが感じられました。

Image3_jpeg休憩の後、非常に特異な演奏となったのがベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲です。何ともゆったりとしたテンポで始まった音楽が、指揮者の感情も入ったのか、いろいろな側面を見せながら前奏が終わって、ソロに入ります。痩身のシャルリエをそのまま体現するかのような、か細いもの音がヴァイオリンから響いてきます。ところが芯がしっかりしているので音楽の構成感はあるのですね。美的ではないけれど、音楽としては構成感は感じられるという、最近あまり接したことがない音楽でした。このような音楽は好きではないけれど、聞いた後の満足感もそれなりにあるという意味では記憶に残る不思議な演奏でした。

2018年3月10日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第104回定期演奏会

Image1_jpeg甲子園球場では、星野監督の追悼試合が行われているとか、そういう今日の午後、西宮北口の芸文ホールで行われる兵庫芸術文化センター管弦楽団の第104回定期演奏会を聴きました。当初、ヘスス・ロペス=コボスの指揮が予定されていましたが、今月2日に急逝されたという事で、代役にマティアス・バーメルトが出演です。本当に残念なことですね。

Image2_jpegさて、指揮者は変わりましたが、プログラムの変更はなく、マスネ、サン=サーンス、レスピーギの曲が並べられました。マスネの組曲「絵のような風景」は、小生はCDでもレコードでも持っていますが生演奏でというのは珍しいですね。とてもシャイな演奏で大満足です。続いて、サン=サーンスのチェロ協奏曲第1番ですが、何回か聞いているのか、フレーズの記憶があり、展開とかもわかっていたので楽しめました。チェロはルイジ・ピオヴァノ、とても優雅に響くチェロでした。

Image3_jpeg後半は、レスピーギの交響詩「ローマの噴水」、「ローマの祭り」でした。いずれも色彩感に富んでいる一方、指揮者は決して熱くならないという感じで、オーケストラもそれにこたえて、美しい音を出すことに集中しているかのようでした。バーメルト、CDも大変多く出しているのですが、ほとんどの作品は知られざる作曲家の作品というパターンで、商業主義的な場面への登場がない人のようです。まだまだ、未知の音楽家がたくさんいるものだと感心しきりの午後でした。

2018年2月17日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第103回定期演奏会

Image3_jpeg羽生が勝って、羽生が負けた日の昼から、西宮北口の芸文センターで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第103回定期演奏会を聴きました。指揮は、下野竜也、ヴァイオリンが三浦文彰、このコンビというと2年前の、あの大河ドラマのテーマ音楽の演奏を思い出しますね。

Image1_jpegさて、本日は、スコットランドというテーマでしょうか、1959年スコットランド生まれのジェームス・マクミランという人のブリタニアという、町中の音を集めて構成するとこういう音楽になるのではという、面白い曲でした。

次いで、三浦文彰のヴァイオリンで、ブルッフのスコットランド幻想曲が演奏されました。確かな技術の裏付けに、構成感のあるオーケストラがバックについて、揺るぎのない穏やかな音楽の流れを作っていました。音は温かで、大変気持ちの良い演奏です。

Image2_jpeg休憩のあと、メンデルスゾーンの交響曲第3番です。下野さんはいつものように、音楽の一点に重心を置いて、あとは音楽の隅っこをしっかり押さえて、他は自由にさせているような、そして、大変音色に配慮された演奏でした。ここでこういう音が欲しいなぁと思うとそれが届きました。

アンコールは、期待通りに真田丸のメイン・テーマ、さらに今年の西郷どんのメイン・テーマも演奏され、会場を沸かせました。

2018年1月20日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第102回定期演奏会

Image1_jpeg来週は、週半ばから今冬一番の寒気に包まれるようですが、本日は何とも穏やかな陽日があふれる穏やかな一日でした。そんな中、昼から西宮北口の芸文センターに出かけ、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第102回定期演奏会を聴きました。

Image2_jpeg今日の演奏会の指揮は、年頭という事もあり佐渡裕、曲目はなかなか凝っていて、ハイドンの交響曲第44番という珍しい曲から始まりました。

演奏は、本日合同演奏するオーケストラ・アンサンブル・金沢、このデリケートの音楽を、佐渡は見事にコントロールし、仕上げました。もう何十年も前からの印象ですが、佐渡のハイドンは、生き生きとした生命感があり、好みの演奏が展開されます。ハイドンの演奏は難しく、実は稀有なことなのですね。

Image3_jpeg次に2つのオケが合わさって、フォーレのペリアスとメリザンドの組曲です。これも実に繊細な音楽が奏でられ、ソロの実力が問われたものですが、見事な空気感がホールに漂いました。

休憩をはさんだ後半は、チャイコフスキーのフランチェスカ・ダ・リミニと序曲1812年です。前半と全く違う迫力で迫る2曲ですが、1812年は、大砲も登場するなど、意外な演出もあり、楽しめました。アンコールに、年初にワシントンナショナル響(アメリカのオケで初めて)振った佐渡が、何とも深い意味を込めてかの、「星条旗よ永遠なれ」が演奏されました。

2017年11月19日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第101回定期演奏会

Image_1_jpeg金曜日の夜からの雨も上がり、昨日、11月18日土曜日の午後から、西宮北口の芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第101回定期演奏会を聞きました。

今回は、ボストン・ポップスのキース・ロックハートの指揮、最近売り出し中の反田恭平のピアノという組み合わせで、ガーシュインはじめ、アメリカ音楽の特集です。

Image2_jpegまず、軽快にガーシュインのパリのアメリカ人が演奏されました。ロックハートの流麗な指揮に、気持ちよくオーケストラが鳴っているのがわかります。次いで、ピアノが入って同じくガーシュインのラプソディ・イン・ブルーが演奏されました。少し固い感じのピアノでしたが、着実な演奏で締めくくられました。音が明確できれいなピアノですね。

Image3_jpeg後半は、コープランドの交響曲第3番でしたが、初めて聞く曲でもあり、どのような構成なのか、また、新しい音が次々飛び出してくるので、わくわくしながら聞いていました。

ホールを出ると、広場のイルミネーションの点灯式が行われていました。寒くなってきましたし、いよいよ冬本番なのでしょうね。

2017年10月 7日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第100回定期演奏会

Image1_jpegようやく雨も上がり、昼から西宮北口の兵庫県立芸術文化センターに出かけました。このホールのオーケストラである兵庫芸術文化センター管弦楽団が第100回の定期演奏会を迎えたからです。第100回と言っても、特に気張った内容になっていないところがまたいいですね。

Image3_jpeg今日は、指揮がヨエル・レヴィ、ピアノがピョートル・アンデルジェフスキーということで、バルトーク、プロコフィエフの曲というラインナップです。先ず、バルトークのガランタ舞曲が演奏されましたが、きびきびとしてリズム感と切れの良い表現で、同曲の演奏で聞いた中で最も印象的な出来栄えでした。

Image2_jpegついで、アンデルジェフスキーのピアノでバルトークのピアノ協奏曲第3番が演奏されました。独特の美音を持つアンデルジェフスキーは特に第2楽章で美しさの極致を示しました。とはいっても、両端楽章での大きな音楽も冴えていました。

最後のプロコフィエフのロメオとジュリエットでは、レヴィの棒のもと、オーケストラが決してマックスの音量になることなく、透明感を保ったままダイナミズムを表現していて、こちらも美音を聞かせてくれました。

2017年9月16日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第99回定期演奏会

Img_2993今日は昼一番から中崎町のアクトリーというビルで開かれていたレコード、CDのバーゲンセールに行った後、西宮北口の芸文ホールでの兵庫芸術文化センター管弦楽団の第99回定期演奏会を聞きました。芸文オケの新しいシーズンが始まりましたね。

Img_2995今日は佐渡裕の指揮、ロジエ・ムラノのピアノ、原田節のオンド・マルトノで、メシアンのトゥーランガリラ交響曲です。この曲は、クラシック音楽ファンなら、一生に一度は聞いておかなくてはならないとおもう曲だと思います。私は今回で2度目ですけれど。

Img_2996演奏はまさに音の洪水でしたね、しかし一方ピアノをはじめとしたそれぞれの楽器の透明感が素晴らしく、いかにもメシアンの音というものを意識した演奏ではなかったでしょうか。我らがオーボイスト、藤井貴宏さんがトップゲストプレーヤーとして入っていましたね。終演後、ちょこっとご挨拶して次へと移動しました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京都工芸繊維大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 寝屋川市民管弦楽団 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ