国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団

2019年9月15日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第117回定期演奏会

70044884_2429606847363642_24315288147449  70827714_2429606864030307_72707117217637  69972835_2429606917363635_83441542123130

昨日9月14日は、西宮北口の芸文ホールで、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第117回定期演奏会を聞きました。今シーズンの開幕という事で芸術監督の佐渡裕さんの指揮で大曲、ブルックナーの交響曲第8番 (ハース版)が演奏されました。

70009371_2429606960696964_72867811142685  69930942_2429606910696969_24383059037708  70995275_2429606977363629_53206707354279

以前の佐渡さんの印象がいろいろあったので、多少危惧はしていたのですが、これがどっこい、腰を据えた重量感たっぷりの演奏で大満足。ブルックナーのここでこういう重厚な音が欲しいとか、木管のフレーズでこの色が出てほしいとか、そういう壺がきっちりとはまっていきました。これは好みの問題でもあるのでしょうが、長年ブルックナーを聞いていて、自分自身がそういう傾向になっているものですから仕方がないですね。という事で、大変満足と納得のブルックナーを堪能しつくしました。

71342574_2429607020696958_22798700577795  20090712a

演奏会の前に、西宮北口にある喫茶店ドリームへ立ち寄りました。ここはアニメ涼宮ハルヒの憂鬱で、メンバーがよく集っていたという設定になっているお店です。アニメに出てくるお店は実はもう閉店していて、同じオーナーが今のところに新規開店したのですが、雰囲気はそのままですね。おいしいコーヒーをいただいた後、アニメを作った京都アニメーションの募金箱へ少しながら寄付もさせていただきました。

51tcdtqxsfl__ac_ul320_sr228320_  1010

梶ようこ 北斎まんだら 講談社時代文庫/読了・・・・・・この春訪れた信州長野の小布施に北斎館があることを知り、その時は時間が無かったので、今夏再訪して、小布施の北斎の肉筆画を穴が開くほど見てきました。小布施での北斎のパトロンがこの話の主人公でもある高井三九郎こと高井鴻山です。話は江戸の町が舞台となっていて、残念ながら小布施で多くの作品を残したその後の活躍のことは出てきませんが、当時の雰囲気、北斎とその娘 応為との掛け合い、弟子や不肖の孫、登場人物が生き生きと描かれています。東京にも北斎館があるようで、一度行ってみたいところがひとつ増えました。小布施の有名な天井画も貼っておきます。写真では、実物の迫力には及びませんが。

2019年6月23日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第116回定期演奏会

64974292_2366159580375036_34084440670952  65233667_2366159643708363_12570745173694

昨日6月22日は、西宮北口の芸文ホールで開かれた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第116回定期演奏会を聞きました。下野竜也さんの指揮、池田香織さんのメゾ・ソプラノで、ワーグナーのヴェーゼンドンクの歌曲集から、後半は大曲、ブルックナーの交響曲第5番という重厚なプログラムでした。

64660941_2366159603708367_39010064171375  64720432_2366159720375022_64724980498715

池田さんの歌声はとても柔らかく、音楽を包み込むような情感に満ちたもので、大変心地よい時間となりました。歌曲は余り得意ではないのですが、とても親しみやすい感じでワーグナーの世界に浸りました。ハンス・ウェルナー・ヘンツェによる編曲という事で、その改変によって音楽の印象が少し変わったものとなっているとのことですが、そのあたりはよくわかりません。

64955063_2366159650375029_40855081404753

後半のブルックナー、リハーサルの時の下野さんのお話しでも、ずっと同じ音楽、フレーズという指摘がありましたが、まさに、大海を行く船の様に、ゆったりとした音楽が流れ続きました。ブルックナーというと、関西人にとっては、朝比奈隆と大阪フィルのコンビでという事になりますが、比較的若い下野さんと、ぐっと若いPACオケのよる新鮮なブルックナーが聞けました。

64749361_2366265697031091_53070348756881  64830114_2366266290364365_48766487399655

終演後、楽員の皆さんにお見送りをいただきました。今回の公演で、今期のシーズンも終わりとなります。また9月から新しいシーズンが始まりますが、その中にもいろいろと期待のコンサートが目白押しです。

2019年5月26日 (日)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第115回定期演奏会 5月25日

60883040_2344315752559419_73815326197138

昨日、5月25日は、昼過ぎから写真展を開催している大阪、阿波座の長楽庵へ顔を出し、小一時間ほどで失礼して、西宮北口の芸文ホールに向いました。
長楽庵では、短い時間ながら、4名ものお知り合いの方に来ていただき、大変恐縮です。もっと時間があれば色々とお話しできたものを。申し訳ないことです。

60958469_2344315675892760_12385571481248  61202793_2344315682559426_12891139125406

さて、昨日は兵庫芸術文化センター管弦楽団の第115回定期演奏会でした。指揮は、井上道義さんで、アメリカとメキシコの音楽のプログラムです。マルケスというメキシコの現代作曲家の作品が2つ、ダンソン第2番という10分ほどの曲と、パーチョ・フローレスのトランペットで、「秋のコンツェルト」という日本初演がなされました。トランペットの超絶技巧が楽しめました。現代音楽といっても、親しみやすい音楽でした。

61049398_2344316112559383_40778178426180  61382332_2344315725892755_10443266108969

休憩の後は、アーロン・コープランドの組曲「ロデオ」から2曲、同じく「ビリー・ザ・キッド」組曲が演奏されました。いずれも西部劇を想起させる音楽ですね。馬が走ったり、拳銃の音がしたりと盛り上がりました。アンコールに、ルロイ・アンダーソンのプリンク・プランク・プルンクが演奏され、5月としては記録的な暑さとなっている本日ですが、ホールの中はもっと熱い音楽で満たされました。

51gr6q4y7l

磯田道史 無私の日本人 文春文庫/読了・・・・・・・・2015年に出た文庫ですが、読んでいたつもりがそうでなかったです。穀田屋十三郎中根東里大田垣蓮月というあまり日本史にも出てこない人たちの無私、無欲、もっとすごく無に徹した人生が描かれています。蓮月の名前くらいは知っていましたが、他の方は知りませんでした。無私、無欲になるためにはなんと壮絶な人生を送らなければならない事でしょう。そして、この人たちは、本物の幸せを手に入れていることができたことでもありますね。人間の幸福とは?、そういうものを考えさせてくれる一冊でした。

 

2019年4月20日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第114回定期演奏会

57333587_2319013701756291_87945314579985  57578675_2319013755089619_75429667694895 爽やかな春の午後、西宮北口の兵庫県立芸術文化センターである芸文オーケストラの定期演奏会に行きました。今日はパリ生まれのパスカル・ロフェの指揮、工藤重典のフルートによるコンサートです。プログラムは、ストラヴィンスキーのプルチネルラ、イベールのフルート協奏曲、後半にデュカスの魔法使いの弟子、ドビュッシーの海というロシア、フランスものですね。

57423105_2319013731756288_66218704411264  57286183_2319013775089617_85411483934921 ストラヴィンスキー自身もパリと深い縁があることから、たまたまでしょうが、パリのノートルダル寺院のことを思い浮かべてしまいます。コンミスに四方恭子さん。吉村結実さんがNHK交響楽団に行かれたこともパンフレットにありました。もう少し、吉村さんのふっくらとしたオーボエの音色を聞きたかったものですが、新しい環境でのご活躍を祈念いたします。

57674235_2319013828422945_17813116628091  57325266_2319013835089611_50759439112187 さすがにフランスの指揮者という事もあり、繊細な音楽が形成されていきましたが、フルートの工藤さんは、スタイルとしては繊細な音楽なのですが、音量が少なく、これでは主張する音楽が伝わりません。このオーケストラでフルートとの共演というと、新村理々愛さんの演奏を思い起こさせずにはいられません。それと比べると、線の細い演奏になってしまったかと思います。

2019年3月16日 (土)

兵庫県立芸術文化センター管弦楽団第113回定期演奏会

53248468_2295624004095261_831257269本日は、昼から西宮北口の芸文ホールで開催される兵庫芸術文化センター管弦楽団の第113回定期演奏会を聞きました。
今日はクラウス・ペーター・フロールの指揮、クレア・フランチのピアノで、エグモント序曲、シューマンのピアノ協奏曲、ブラームスの交響曲第1番です。
木曜日にブラ1のリハーサルを聞きましたがフロールのすごい気迫での指導にびっくり、楽員も熱が入っていることが期待できました。

53904550_2295624037428591_763517590エグモント序曲から、もうこれは大人の音楽です。どっしりと構えてベートーヴェンの音楽と対峙した音楽づくりが感じられます。シューマンは、ものすごく腕が達者なフランチに対して、フロールはあくまでシューマンの音の感触をオーケストラから引き出そうとした分、若干お互いの乖離が見られましたが、全体としては高いレベルでのことです。そして演奏されるピアノに、久しぶりに知性というものを感じました、これも素晴らしい。

54798613_2295623987428596_837614494とっても良かったのは、木曜日のリハーサルでも聞いたブラームスでした。芸文オケでこれだけナイーブで抑制のきいた綺麗な響きを引き出した指揮者があったでしょうか。リハでも感じましたが、音の調和を求めて繰り返し厳しい内容で進められていました。また、音楽がそこで息づいている実在感に満ちた演奏であったことも追記しておきます。

オーボエの吉村結美さんは、今回の定期演奏会をもってNHK交響楽団に移籍されるようです。もう少し、このオーケストラで聞きたかったのですが、新天地でも頑張ってほしいと思います。

Thumbnail_image1辻邦生 地中海幻想の旅から 中公文庫/読了・・・・・・・・・・・久しぶりに読んだ辻邦生の文章に癒されました。辻の文章の奥には確実に死と向き合った思想が絡んでいるのですが、今回の様に旅というテーマの中では、何かさらに求めていく姿勢が見られます。あきらめてはいないのだと思います。特に、フランスに対しての思いが重要な辻の世界では、旅という概念も時間空間を彷徨います。場所を移動するというより、その場所の歴史的時間と空間を同時に肌に感じながら、呼吸を繰り返すような感覚でしょうか。読んでいて、文章の方から直截的に思いが頭に入り込んでくる感覚も久しぶりのものでした。これは相性かもしれませんね。

2019年3月 9日 (土)

PAC・ウィンズ with 古部賢一

53349958_2291165077874487_51488179153392873_2291165067874488_799552577雲一つない好天の本日、西宮北口の芸文ホールで開かれたPAC・ウィンズ、兵庫芸文オーケストラの管楽アンサンブル、ゲストにオーボエの古部賢一さんを迎えての演奏会を聞きました。これは今週初めにネットで検索していたら、小ホールの絶好の席が一つだけ空いていたもので、本当に奇蹟的なチャンスをものにした次第です。

53510684_2291165131207815_15828755754521324_2291165124541149_698017740プログラムは、前半はモーツァルト、ベートーヴェンという古典派もの、後半はリゲティとグノーというグッと現代の音楽に近いところの作品が並びました。本日のメンバーで、オーボエの上品綾香さんが急に出演できなくなったとのことで、イヴォンの作品はパスとなりました。上品さん、最近個人的にイチ押しなのに、残念。

53817634_2291213827869612_936795404演奏会終了後、古部さんのサイン会があり、厚かましくもパンフレットにサインしていただきました。大変お疲れのところ、すこしお話までさせていただき、感謝、感謝です。それにしても、若いメンバーが中心でしたが、高いレベルの音楽を聴くことができ、大変素晴らしいコンサートでした。

Duwx4cpu8aal9dr伊原薫 「技あり!」の京阪電車 創意工夫のチャレンジ鉄道 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・・関西でも阪急、阪神の陰に隠れてあまり目立たない京阪電車を取れ上げた稀有な一冊でしょう。確かに京都-大阪を結ぶ路線としては速達という事では後塵を拝していますし、大阪の始発地点も淀屋橋というターミナルとしては地味ですね。その分、テレビカー、8000系2階建て車両、プレミアムカー、など、長く乗ることを逆手にとってサービスの向上を図るチャレンジ精神は豊富ですね。面白い一冊でした。

2019年2月16日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第112回定期演奏会

51989151_2276937665963895_328610732一昨日、そのリハーサルを聞いた兵庫芸術文化センター管弦楽団の第112回定期演奏会を聞きに、西宮北口の芸文センターへ行きました。リハーサルで、実に伸びやかな音を聞かせてくれたアン・アキコ・マイヤースの演奏に期待大です。芸文センターの大ホール側を外から撮影しました。

52498793_2276937735963888_234700415今日は、兵庫県にゆかりの深い大澤壽人の交響組曲「路地よりの断章」で始まりました。初めての音楽で、なんだかまとまりも感じられなく、ただ通り過ぎる音の羅列でしたが、作曲者の意図としては、どうもそんな感じで良かったようです。

ついで、アン・アキコ・マイヤースの登場で、ラウラヴァーラの「ファンタジア」とラヴェルのツィガーヌが演奏されました。伸びやかで艶やかな音色が魅力のヴァイオリンで、本当に魅了されました。あまりの感激に、彼女の6枚組のCDセットを買いましたよ。

51960902_2276937672630561_163224890さて、休憩の後のリムスキー・コルサコフのシェヘラザードは、幾分雑い演奏で音の美観があまり感じられなかったのは残念でした。この曲の演奏、そこそこの上手いオーケストラならそこそこの出来に仕上げてしまうので、CD、レコードでも決定盤はこれだ!とか昔から言われていませんね。その中で、私的にはチェクナボリアン指揮アルメニアフィルの演奏が一押しなのですが、なにが凄いか、改めて聞きなおしてみようと思った次第です。

2019年2月14日 (木)

芸文オーケストラ リハーサル見学

51464721_2275428042781524_399671251朝から寒空の中、西宮北口の兵庫芸術文化センター(堺市に新しくできるホールも芸術文化センターというらしいですね、せっかく豊中市がひねって、文化芸術センターにしたのになぁ)で開かれた芸文オーケストラのリハーサルを聞きました。指揮は岩村力さん。

52417059_2275428026114859_812716101今日は定期演奏会メインのシェヘラザードではなく、ヴァイオリンのアン・アキコ・マイヤースが登場して、ラヴェルのツィガーヌと、ラウタヴァーラのファンタジアのリハでした。いずれも、マイヤースの素晴らしく艶やかで豊かな音に魅了されました。これは本番で楽しみですね。

51771317_2275452712779057_474355520リハがお昼前に終わったので、いつもお世話になっているだんらん処 心 でランチです。外はカリカリ中はふわっとした魚フライとピッカピカのお刺身の定食、刺身はマグロ、ヒラメ、ブリ、シマアジなどいくつも種類があって楽しめました。誰かさんみたいに、昼酒はしませんが。

2019年1月19日 (土)

兵庫芸術文化センター管弦楽団第111回定期演奏会

50452770_2257390121251983_650578805今日は、今年になって初めての兵庫芸術文化センター管弦楽団の演奏会です。
年初めですから、指揮は佐渡裕です。
前半は、イディッシュ・ラプソディというユダヤ音楽を現代風にアレンジしたとのことで、ジャズやロック、サルサまでごちゃ混ぜになった音楽らしいです。
後半は、幻想交響曲。佐渡さんの得意とするタイプの音楽ですね。

50414354_2257390167918645_9032432_2それにしても、ゲストプレイヤーの顔ぶれがすごい。パリ管弦楽団はもちろん、フランス国立管、ロンドン響、バイエルン放送響など、、、、、いつものことながら、このような客演メンバーの演奏から楽員が学ぶものは大きいのでしょうね。今回も素晴らしい体験をしていることと思います。

50927174_2257390137918648_895647264さて、演奏は前半のイディッシュ・ラプソディは、歌や踊り、ジプシー音楽みたいなのがスピーカーを通して大音量で鳴り響き、まったくごちゃ混ぜの世界でした。演奏は70分ほどもあって、これだけで心身ともに疲れ果てました。これは、佐渡さん、シエナのほうでやってほしかったかなぁ。PACオケでやる意味が解らんです。

幻想交響曲は、佐渡さんの自家薬籠中の音楽なんでしょうね、ゆったりとして落ち着いた音楽が流れ、最後の最後にエネルギーが爆発しました。大変素晴らしい演奏でしたね。

2019年1月17日 (木)

兵庫芸術文化センター管弦楽団リハーサルを聴く

50005008_2255897311401264_886805157今日、1月17日は特別な日ですね。大震災から24年が経ちました。
震災後10年の節目に建てられた兵庫県立芸術文化センター、その専属オーケストラであるPACオケのリハーサルを見学してきました。
ホールの一階では、震災関連の行事でしょうか、コーラスが演奏していました。

49946994_2255897314734597_8266137_2今日は佐渡裕の指揮で、ベルリオーズの幻想交響曲のリハーサルでした。...
時折演奏を止めて、入念な指示を出していました。
今回の定期演奏会には、パリ管弦楽団のメンバーが多く参加していて、十八番の幻想交響曲ですから、土曜日に聞く本番が楽しみです。

1先ごろもNHK交響楽団に客演していたオーボエの吉村さんは、今回は2ndです。1stに入ったショートカットの美人は誰だろうか?    気になります!
2ndですが、そのかわり吉村さんのアングレを聞くことができます、これも楽しみ!  写真の吉村さんは、先日放送のテレビを撮ったものです。柔らかい響きが魅力です。

51cf8scqpxl__sx306_bo1204203200_J.ウォーリー・ヒギンズ 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 光文社新書/読了・・・・・・・・・・・本屋で気になった分厚い新書、カラー写真満載でおもしろそうでしたし、何と言っても鉄道写真がその大半を占めていました。1927年アメリカ生まれのヒギンズさん、国鉄の顧問を務められ、現在のJR東日本の顧問とか。昭和30年代に貴重なコダックのカラーフィルムを使って記録した日本の姿がこの一冊に凝縮されています。鉄道の様子にも興味津々ですが、ともに撮られた町の様子に感激です。カラー写真は白黒写真に比べて情報量が多いですし、これはもう文化財と言っても良い一冊でした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ