国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

旅行

2017年7月 2日 (日)

四国詣で 高知のまちぶらり

Img_2188さて、丸亀から高知へ特急南風で約2時間ですが、到着しました。大橋通りのホテルに荷物を置いて、ホテルにおいてある自転車で高知のまちめぐりです。まず、武市瑞山、武市半平太が最後切腹をして果てたところです。これは、高知の人気スポットのひろめ市場からすぐのところにあります。なんだか生々しいですね。

Img_2189自転車を走らせると、武市半平太の一派によって暗殺されたといわれる吉田東洋が藩主の命により作ったといわれる到道館、幕末の学校ですね。単に学ぶだけでなく武術も鍛えるという文武両道の場所です。今も学生が行き来する建物の門となっています。

Img_2193高知の電車通りから一本南に入ると、道路の真中に水路があって水が流れています。このような風景は最近、大和郡山でも見ました。かつてはもっときれいな水が流れ、水道の役割をしていたものです。したがって水の管理に厳しい規則があったとする看板がありました。

Img_2196電車通りの南側一帯は、坂本龍馬が生まれたところや実家の才谷家があったりしますが、その一角に近藤長次郎の家の跡があります。テレビの龍馬伝では大泉洋が演じた饅頭屋の長次郎ですね。今は広い道路に面しています。

このように自転車があると短時間に効率的に高知の街のあっちこっちを回ることができました。

2017年7月 1日 (土)

四国詣で 丸亀下車⇒一鶴へ

Img_2174四国詣での最初の立寄り地は丸亀です。ここで下車して駅の北側へ抜けて線路沿いへ少し歩くと、香川の名物として最近は讃岐うどんを押しぬける人気となっている骨付き鳥の元祖、一鶴の本店があります。この堂々とした店構えはさすがです。もう何回も通っているおなじみのお店です。

Img_2175さて、今回は、小ぶりで柔らかいひな鳥にしました。ごはんも鳥めしではなく、おにぎりにしました。3個も付いてくるとは思ってなかったので、何とも。それでも、なんとか胃袋に収めて、四国最初のご飯を頂きました。お昼なので、ビールは我慢です。一鶴さん、ご馳走様でした。

2017年5月 8日 (月)

四国詣での帰りは倉敷へ

Img_1435 先月の四国詣でで、3年半も続いた仕事が一応終わったので、これからはなかなかそちらの方に出向くことは少なくなるだろうと思っています。
ということで、帰りの乗り換えを利用して、岡山から倉敷へ足を運びました。
倉敷駅から美観地区までは歩いても10分ほどですが、そこをわざと遠回りして商店街から地区の南側へ回りました。
 
Img_1446 いわゆる倉敷の美観地区の真中はすっかり観光化していますが、商店街から続く道、さらに東町といわれるあたりは、観光客の姿もまばらで、ひっそりとしています。
そこにある街並みは美観地区となんら変わることなく倉敷らしい風情を醸し出しています。
 
Img_1447 さて、そちらを回って、中心部にやってきました。水郷のような地帯や大原美術館もあって観光客はそちらに目が向きますが、こちらは大原家の本宅になります。
大変大きな邸宅があるのですが、一般公開していないため、その重厚な空気感はかえって伝わってきますね。
 
0000000020912 泉和夫 駅弁掛紙の旅 掛紙から読む明治~昭和の駅と町  交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・・・コレクターというものはとにかく何でも集めたいというものらしく、この方は駅弁の掛け紙を集めて、それを年代別に整理して、さらにその駅弁の歴史についてまとめてしまったというから、なかなかのものですね。掛け紙には、その地域の様子、時代の反映、そういったものがあるようで、面白く読ませていただきました。とはいっても、これから駅弁の掛け紙を集めようとまでは思いません。小生は、駅弁の掛け紙はこれを集めているはずの関東の友人に送っているのですから。
 

2017年5月 3日 (水)

金沢から白川郷へ

Img_1306 金沢に一泊した翌日は、朝のバスで白川郷まで行ってしまうという離れ業、バスで1時間半くらいでしたかね。途中の山々はまだ雪を抱いていて、絶景のところを通ったはずですが、ほとんど寝てました。着いたところは白川郷、早速展望台まで登って、そこから見下ろす絶景を楽しみました。
 
Img_1322 さて、白川郷は初めての訪問でしたが、広々としたエリアを散策するだけでも、さらに天気が良かったことも幸いして、大変清々しいものでした。ところどころに見学できる民家があって、合掌造りの家の内部を見ることができました。そして、その家の窓からは雪が残る山々を見ることができるのです。
 
Img_1345 さて、白川郷は高地にあり、しかも谷あいの場所なので、結構寒いのでしょうね、平地ではとっくに終わった桜がちょうど満開を迎えていました。雪山と満開の桜と合掌造りの白川郷の家々を一緒に見ることができて、満足の旅行となりました。

2017年5月 2日 (火)

金沢めぐり その4

金沢の夜も更けて、ということで、金沢というと香林坊かと思って、夕方から徘徊していましたが、なんと日曜日の香林坊は大抵のお店はお休みでした。
そんな心の隙間を狙って客引きに合い、不覚にも知らないというか情報のないお店に入ったのですが、料理人が若くて未熟で、チェーン店で習った料理しか出てきません。
 
Img_1268 ということで、夜になって世間と家族が寝静まったのを幸いに、第2部を始めました。
とはいっても金沢駅前に泊まっていたので、そのあたりは近代的なビルばかり、ようやくちょいと離れたところに一軒の赤ちょうちん風家庭料理の「赤とんぼ」というお店(新宿駅裏紅とんぼ、ではありませんが)というのを見つけることができました。
 
Img_1269 このお店に入ったら、なんとお客は誰もいません、アチャー、やってしまったかと思いましたが、取りあえず何かとビールをやってという思いに。
お品書きを見ると、なにやらメニューも多いし、そんなに高い値段設定はありませんね。
これならまぁまぁ大丈夫かと胸をなでおろしました。
 
Img_1271 ところが、陽気な酒好きの女将と話しているうちに盛り上がり、べちゃくちゃとしゃべっている間に、だんだんお客が増えてきて、大変陽気なお店になりました。
料理も、これは鯖と鰆の昆布締めですが、まったりとした旨みに、もうビールじゃなくて日本酒が進むくんです。これは良いお店にやってきましたね。
香林坊を見て金沢も寂れたなぁと思いましたが、ここへ来たおかげで、金沢の夜も万歳!
 

2017年5月 1日 (月)

金沢めぐり その3

Img_1255 金沢の街歩きですが、これだけ観光客がやってくるのは、小京都、あるいはそのような雰囲気を色濃く残すエリアがあるからですね。
ということで、まずは川沿いの主計町(かずえまち)のお茶街へ行ってみました。
エリアはそれほど広くはないのですが、すこぶる濃厚な色気を漂わせる建物が並び、今も現役であることがわかりますね。
 
 
Img_1262 道を挟んで東町のお茶街があります。この通りはつい最近もテレビで見ましたね。
それほど頻繁に旅番組や雑誌に取り上げられている金沢随一の有名ところです。
ところで、タクシーの運転手に聞くと、観光客が曳けた夜になると、しーんとした街中に三味線の音が聞こえてきたりして、情緒たっぷりらしいです。
残念ながら、観光できた身分としては、その気分は味わえませんでした。

2017年4月30日 (日)

金沢めぐり その2

Img_1228 金沢めぐりの続きです。
近年有名になった金沢の美術館に行って来ました。こういう施設で観光客も含めて来場者が多いというのはいいですね、活気あふれる美術館でした。
これは有名な水槽を下からも上からも見られる作品ですね。こういう空間をうまく切り取った施設、作品がいくつかありました。
 
Img_1235 ついで、これは有名な兼六園に行きました。美術館の斜め向かいですから、これは近い。
写真は、兼六園のなかでもとくに有名な琴柱灯ろうから池を眺めたもので、絵葉書の定番カットです。
以前にも兼六園には何回も行ったのですが、早春という事もあったのでしょうか、今回が一番良かったですね。
 
Img_1243 さて、今度は兼六園のお隣りの金沢城です。堀跡を国道が通ったいるのをまたいで城内に入りますが、もともと金沢大学があったのが移動したので、跡地は広々としていました。平成13年に改装が終わった櫓がきれいでしたね。きれいすぎて、かえってありがたみが薄いくらいでしたけど。
 
91jqqdqu5l_ac_ul320_sr226320_ 手塚治虫 手塚治虫シナリオ集成1981-1989 立東舎文庫/読了・・・・・・・・・・本書は前作の1980年までの集成に続く一冊で、ブレーメン、ユニコ、プライムローズ、ネオ・ファウスト、三つ目が通る、青いブリンク、火の鳥に関するシナリオやあらすじ、キャラクターが紹介されています。読んでいるだけで漫画、アニメの世界が広がるようで、そのスピーディな展開に手塚漫画の真骨頂が出ているかのようです。キャラクターの名前には、クラシック音楽でおなじみの曲名のもじりや演奏家の名前がバンジン出てきますが、わかる人にしかわからないでしょうね。

2017年4月28日 (金)

金沢めぐり その1

3年半通っていた四国、愛媛県西予市での案件が無事終了し、本日帰宅しました。
それについてはまた詳しく。
 
Img_1189 ということで、金沢めぐりの続きですが、まずは誰でも行く近江町市場ですね。
越前の海の幸(だろうと思いますけれど)が、所せましに並んでいる風情は非常に活気があってよいものでした。一軒のすし屋に入って、名物の海鮮丼をいただきました。
 
Img_1211 食事が終わった後は散策です。市内めぐりの方法は、タクシーもあれば、レンタサイクルもありますが、中心部はそれほど広くないので徒歩でも十分です。そこで、近江町市場からほど近い武家屋敷群を見に行きました。
そして、ここでお茶の千玄室さんにばったり出会うという幸運がありました。もちろん、向こうは当方を知るわけはありませんけれど。
 
Img_1214 次いで向かったのは、近年有名な美術館ですが、そこに至る途中に旧制第四高等学校、四高の煉瓦造りの校舎がありました。こういう校舎は、京大や熊本大にもありましたね。
今は公園となった場所に建っていて、街の雰囲気にぴったり合っていました。
さて、では美術館に向かいます。

2017年4月26日 (水)

いざ、金沢へ

Img_1166 思い立ち、家族で22日から一泊、金沢方面へ行って来ました。
特急サンダーバードはいつも見ているか撮影しているだけで、なかなか乗車することはなかったですが、シートも良いし、なにせ揺れが少ないので、快適です。
いつも乗っている四国の特急に比べると、揺れは極めて少ないですね。
 
Img_1167 さて、沿線にもいろいろ見どころがありますが、武生では、福井鉄道の駅のそばを通りますね。そこでカメラを用意していると、乗り入れしているえちぜん鉄道の黄色い新車ki-boが停車しているのを見つけました。
まだ、彼らの走行写真を撮っていませんが、そのうちに武生にも再訪したいですね。
 
Img_1176 さて、真っ白な山容を誇る白山山系の姿を見ているうちに、金沢駅に到着です。
金沢へは何回も来ていますが、新幹線がやってきてからは初めてです。
早速、東口の櫓を見に行きました。天気も上々、なかなかよいスタートでした。
 
さて、金沢訪問の記載ですが、今日から2泊3日でいつもの四国詣で、オフィシャルな訪問はこれで最後です。そして、「四国くるり切符」という極めて安価な切符があって、それを利用します。岡山までの新幹線こだまと四国内の特急自由席乗り放題がついていて、格安です。
 

2016年12月30日 (金)

今年の遠征を振り返り

Dsc01541 今年は、一年を通じて自分の時間ができて、いろいろと遠征ができるかなと思っていたら、なかなかそういう十分な時間が取れず、また、月一で四国詣であるものですから、それでガス抜きもできている為、予想していたほどの回数が稼げませんでしたね。
4月の母親を連れて行った富士山と河口湖から、見事な芝桜と富士山のカップリングです。
 
Dsc01394 次いで、四国詣での前の寄り道ですが、初めて呉という町を歩き、前々から気になっていた大和ミュージアムを見学できました。1/10模型の戦艦大和の他、貴重な展示に圧倒されました。こういうのを見ると改めて平和の尊さを感じます。隣接する鉄のくじら館も良かったです。
 
Img_4415 そして、4月の初めにRREさんと訪れた大井川鉄道では久しぶりに蒸気機関車が走る風景に出会いました。これが、毎日走っているのかと思うと沿線に住んでも良いかと思ってしまいます。特別なダイヤで走っていたシーズンだったので、この遠征も楽しかったです。RREさんにはお世話になりました。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ