国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

旅行

2020年7月 5日 (日)

球磨川の洪水に思う 1983年の夏

Pict0058  Pict0061

昨日は熊本県を流れる球磨川で洪水が発生し、大きな氾濫の被害をもたらしているようです。1983年の7月に関東の友人と九州旅行に出かけ、鹿児島から肥薩線を利用して熊本へ向いました。吉都線との分岐である吉松駅では、オハユニ61という郵便車と荷物車の機能を併せ持った珍しい客車をみるなどしました。そうするうちに、スイッチバックで有名な真幸駅へやってきました。ここで急行同士の交換です。

Pict0066  Pict0065  Pict0067

さて、人吉駅から熊本へ向かう道筋は球磨川に沿ったものとなります。この前日に降った雨の影響でしょうか、球磨川は土砂が混じった濁流となり、かなりの水量となっています。昨日はこんなものじゃなかったのでしょうね。

Pict0068  Pict0069  Pict0071

熊本駅に入る前に当時の鹿児島本線の鉄橋とクロスするところで583系の特急と離合しました。ぴったりと決定的瞬間!熊本駅構内ではあまり見かけたことがなかったDD16というディーゼル機関車がいました。熊本に着いて、熊本電鉄などの撮影もしているので、この時の雨では周辺に被害が出るほどのことは無かったようです。今回の豪雨被害の一日も早い回復を祈るばかりです。

81gjjpzxjdl

山本博文 「関ヶ原」の決算書 新潮新書/読了・・・・・・・・・・先の忠臣蔵の決算書に続く、歴史をお金で再検証するという一冊。忠臣蔵よりももっとすごいお金が動いたであろう大きな戦いをお金という全く客観的な指標で突いています。とは言うものの、歴史学者らしく、関ヶ原の戦いが起こるまでの推移を細かく追いながらなので、なぜこのような展開になったのかということを読ませます。そのうえで、いかにお金が使われていったかということが解説されます。こんな面白い著書を書いた山本博文さんはこの本の校正を終えられてすぐに亡くなられたとのことです。残念ですね。

 

2020年5月25日 (月)

30年前の越前大野と越美北線九頭竜湖駅

Pict0006_20200525070801  Pict0007

福井市へ単身赴任中のお知り合いの方が、この週末に越美北線のDCに乗って、九頭竜湖駅まで行かれたとのことで、ちょうど30年前の1990年にここを訪れていたことを思い出しました。

この時は福井の小京都と言われる越前大野で一泊していました。写真は、朝市と御清水(おしょうず)という湧水の場所です。越前大野は四方を山に囲まれた盆地で、水が豊かで、とても潤いのある町でした。

Pict0009  Pict0010  Pict0008

さて、越美北線の終着駅である九頭竜湖駅に到着しました。駅舎は木造、それもログハウス風のおしゃれな駅でした。今もこの様子は変わらないようです。やってきたのはキハ52です。もっとちゃんと撮っておけばよかったなぁ。

Pict0023

福井を訪れたのは3月末のことで、林立する土筆の姿に春を感じたものでした。

2019年12月31日 (火)

振り返り2019鉄道の旅 後編

Dsc07027_20191231072601  Dsc07062

1年の締めくくりとしての鉄道旅の振り返り、後編です。8月には再びお知り合いのコンサートで長野へ行きました。春には小布施でしたが、今夏は飯山のホールでした。飯山へは長野から新幹線でも行けるのですが、飯山線のディーゼルカーでとことこやってきました。

Dsc06915  Img_1390_20191231072601

長野の上田では信濃川沿いを走る新幹線も撮影しました。そういえば今年は初めて北陸新幹線に乗った年でもありました。長野、飯山からの帰りには高岡にも立ち寄りました。氷見線で訪れた雨晴海岸は素晴らしい風景のところでした。

Dsc07850  Dsc07939

9月には恒例の四国詣でに行ってきました。今回は徳島から入り、高知、卯之町、高松というルートでした。徳島では新しいJR四国の特急列車にも遭遇しました。高知では定番のはりまや橋でとさ電の路面電車を撮っていました。背景に土佐鶴の看板を入れたショットはお気に入りの場所です。

Dsc08002_20191231072601  Dsc08148_20191231072601

高知から卯之町へ向かうには四万十川に沿って走る予土線のディーゼルカーに乗ります。この日は新幹線タイプの列車です。最後は高松へ出て帰ってきました。高松城のお堀端を走る琴電の電車です。

その他、今年はコンサート70公演を堪能し、120冊の本を読了しました。そういう一年でした。

弊方ブログにご訪問いただきました皆さんも、どうぞ良い年をお迎えください。

51cw7ruczl__sx309_bo1204203200_

原口隆行 ライフスタイルを変えた名列車たち 旅と出張を大改革! 交通新聞社新書/読了・・・・・鉄道黎明期から日本を駆け抜けた列車たち、それぞれに名称がつき始めたのは戦前の特急「富士」と「櫻」に始まりますが、それ以降、名称付き列車にはそれぞれ独特の伝統と栄枯盛衰がありました。それらを一網打尽にした一冊です。とてもわかりやすく列車たちの生まれから廃止まで、または現在に続く活躍をまとめています。懐かしい写真も多数あって楽しめました。

 

2019年12月30日 (月)

振り返り 2019鉄道の旅 前編

Dsc02627  Dsc02661  Dsc02605

今年もあっちこっちへ行きましたが、一年の締めくくりに宿泊を絡めた旅のいくつかを振り返ってみようと思います。1月の初めには青春18きっぷが残っていることもあり、一泊で岡山、津山方面へ行きました。津山では扇形機関庫に収められた車両の数々と出会い、また復刻塗装風のキハ40にも出会いました。岡山では、試運転中のチャギントン電車にたまたま遭遇するといラッキーがありました。

Dsc03858  Dsc03904  Dsc03973

3月にはお知り合いの方のコンサートがあるというので久しぶりに信州方面へ出かけました。まっすく長野へ向かうのではなく、北陸まわりでの旅でした。金沢では北陸鉄道、高岡での万葉線、富山の地鉄と少しずつ北上していきました。

Dsc04307_20191230071301  Dsc04106_20191230071401

信州に入るとこれも久しぶりの私鉄群と出会います。松本電鉄、今のアルピコ交通という名前にはなじみませんが、これも元井の頭線の電車がいいですね。そして、上田電鉄です。様々なラッピングがあって頑張っていましたが、台風被害を乗り越えて復活してほしいものです。

Dsc04202_20191230071301  Dsc04176

長野電鉄、東急や営団地下鉄、小田急などの電車がともに走っている姿はいいですね。そして、JRから分離されてしまったしなの鉄道。懐かしいスカ色の115系が走っているのを見たのも収穫でした。後編へ続く。

2019年11月17日 (日)

三方五湖へ 帰りに立ち寄った茅葺の郷 美山 11/13

Dsc09059  Dsc09047  Dsc09045

11月13日の朝、三方五湖のホテルを出て向かった先は、かやぶきの里として知られている京都府の美山です。ホテルから山道を走り2時間弱くらいで到着したでしょうか。素晴らしい晴天のもと、背景に山を抱いた茅葺の家々が迎えてくれました。

Dsc09046 Dsc09057 Dsc09054

この風景のどこを切り取っても絵になります。この郷のあっちこっちでキャンバスに筆をとる人が多くいたのも納得です。緩い坂をのぼりながら、散策します。こんな所へもインバウンドのお客さんが多かったですね。どのような印象を持ち帰るのでしょうね。

Dsc09042  Dsc09055  Dsc09060

家の屋根は茅葺きだけでなく、桧皮葺の屋根をふいているところもあり、ちょうどその作業中でした。とても手間のかかる作業ですね。美山を流れる川沿いにも真っ赤に紅葉したもみじが見られました。美山の道の駅で食べたソフトクリーム、めちゃくちゃおいしかったのです。よく見ると2018年に関西の道の駅のソフトクリームでナンバー1となっているようです。たしかに濃厚で美味かった。

2019年11月16日 (土)

三方五湖へ 豪華カニコース 11/12

76714118_2487206991603627_67957187514896  75341220_2487207074936952_89246751947698  74271345_2487207001603626_21502043293933

11月12日は母親のお供で、比叡山ドライブウェイから鯖街道を通って福井県の三方五湖へやってきました。この季節ですから、皆さんには大変申し訳ないことですが、漁期が始まったばかりのカニをいただきます。まずは先付八寸でしょうか、食前酒の梅酒とともにいただきます。次にトロリと口中で溶けるカニ刺しです。さらにカニの甲羅グラタンと続きます。

75640701_2487207051603621_73115871445631  75485169_2487207144936945_77837009620356  72139908_2487207174936942_81488428250903

カニのお鍋がありますが、それは後回しにしてビールでのどを潤します。出てきた香ばしい熱々の焼きガニに舌鼓を打ちます。ビールの後は、早瀬浦と言う地酒に変えました。すっきりとしたタイプのお酒でカニの味を邪魔しません。

75371623_2487207111603615_67903187449429  74240106_2487207244936935_51074206785591  75361047_2487207201603606_21055218518778 

味噌汁に入っているのは雌のカニ、子持ちの勢子カニです。大きなオスのカニよりもカニの香りが強いので、金沢では香箱カニ、こうばこがにと呼ばれています。そしてカニの天麩羅です、これは美味し!  最後に茹でたカニが一匹ドーンと出て、このコースの終盤となりました。ほかにカニの釜めしやデザートもあり、すべておいしくいただきました。ご馳走様でした。

515movk3xkl__sx330_bo1204203200_

百田尚樹 錨を上げよ 三 漂流編 幻冬舎文庫/読了・・・・・・・関西人には探偵ナイトスクープの脚本作家として知られている著者の自伝的作品です。もうむちゃくちゃやってるのですが、その人生の荒波を自分から引き込んでいるようなものですね。とてもまねできるような人生ではありませんし、真似したくもないですが、これがどれくらい本当なのかと驚きながら読んでます。強烈な文章に翻弄される稀有な読書体験です。

2019年11月15日 (金)

三方五湖へ 比叡山から鯖街道 11/12

Dsc09008  Dsc09009  Dsc09010

11月12日は母親の希望で福井県の三方五湖へ一泊の小旅行でした。名神の西宮から乗って京都東インターへ。高速道路って、めったに乗らないものですから大変緊張してしんどいですわ。それで比叡山ドライブウェイへやってきました。途中の展望台から京都市内と琵琶湖への眺望が広がります。

Dsc09011  Dsc09015  Dsc09014

下界はまだ温かい日々が続いていましたので、色づくにはまだ早いかと思いましたが、それでもところどころ見事な紅葉を眺めることができました。平日の観光道路ですから、めったに自動車も通りません。紅葉の場所では停車して撮影することができました。土曜、日曜ではこうはいかないでしょうね。

Dsc09022  74310981_2487203774937282_49299774848641

奥比叡ドライブウェイから下道へ出て、その後朽木街道、いわゆる鯖街道を通って北上します。その途中、途中という場所(ホンマです)を右折して鯖街道へ入ります。栃生と言う地区にある栃生梅竹という鯖寿司のお店でお昼をいただきます。普通の鯖寿司と違い、塩だけで締めた鯖を使った極上の鯖寿司です。間違いなく日本一の鯖寿司でした。極上鯖寿司 1本4,650円やったかな。ここまで来ないと食べられません。

Dsc09036  Dsc09035

道の駅に立ち寄ったりしてホテルに到着しました。三方五湖のひとつ久々子湖に面した湖畔に立つ静かなところでした。

2019年5月14日 (火)

福井へ行ってきました その3

5月11日、12日と母親のいとこ会のお供で福井へ行ってきた話の続きです。

Dsc05394  Dsc05408 この日の宿泊は、鯖江の東方、ずっと山の中にあるラ・ポーゼかわだという農業体験付きの宿泊施設でした。もともと、小さな温泉施設だったものがいろいろと設備を拡張して日帰り温泉+宿泊施設+いろいろと体験学習する施設になったようです。周囲の家々の多くは、ゆるい傾斜、木組みを現しにする飛騨づくりの建物でした。

Dsc05399  Dsc05404  Dsc05402 着いた日の夕方、この季節は日が長いものですから、早速散策に出かけました。山あいを上がっていくと古社がありました。このあたりに多い白山神社です。その片隅には、シャガが多くあり、白い花をつけていました。かつて、吉野でも多く見かけましたね。

Dsc05406  Dsc05398  Dsc05412 このあたりの家は、かつて漆器生産で財を成したところが多いようで、広い敷地の大きな家がたくさんありました。そうした家の周りには必ずといってよいくらい花が咲く器草が植えられていて、見事な藤やコデマリを楽しめました。ずいぶんと奥まった山間地ですが、住んでいる人々の心はゆったりとした時間が流れているのでしょうね。

福井のお話しはこれでおしまい。

2019年5月13日 (月)

福井へ行ってきました その2

Dsc05434  Dsc05452  Dsc05453 福井へ行った2日目、帰りの特急電車を待っている時間がかなりありました。JR武生駅で母親を待たせ、カメラを持って福井鉄道越前武生駅に急ぎます。2分ほどで駅に到着すると、そこには目を見張る車輛が停まっているではないですか。元ドイツ・シュトゥットガルトの市電で、土佐電にいた735号がここ福井鉄道にやってきています。その車両がいました。ところが間もなく回送で発車してしまいました。

Dsc05457  Dsc05458  Dsc05460 これはもう、隣の北府駅に隣接するヤードへ行くしかありません。歩いて15分ほどなので、急ぎます。途中、元名古屋鉄道の770系を撮りながら。北府駅に到着すると、除雪に活躍するデキ10型と200系、600系の並びが撮れました。やはり無理して歩いてきてよかったです。車庫でシュトゥットガルト市電を撮影して成果を上げた次第です。

Dsc05459  Dsc05466  Dsc05468 北府駅では、ちょうど下校時と重なり、多くの高校生がたむろしていました。こちらの高校生は真剣にノートや教科書に首ったけになっている生徒が多く、なんだか真面目な雰囲気でしたね。戻る途中、新武生駅で200系のデザインのトートバックを購入して自分のお土産としました。これは使えそうですね。

51wfztr6ybl 須田寛 私の鉄道"半世紀" イースト新書Q/読了・・・・・・・・鉄道友の会会長で元のJR東海社長の著者が国鉄入社以来の自分史をまとめた一冊です。とても鉄道を愛した方なので、苦労の中にも常に鉄道愛が感じられる文章でした。国鉄の苦しい時代の舞台裏など、そういう事だったのかと思わせる部分も多く、その苦労を乗り越えてのJRがあるという事が良くわかりました。

2019年5月12日 (日)

福井へ行ってきました その1

Dsc05370  Dsc05376 昨日、5月11日の朝に出発し、母親のいとこ会のお供で、福井へ行ってきました。大阪駅から乗ったサンダーバードは目的の駅に停まらない事がわかり(これは何とも初歩的なミスでした)敦賀で普通車に乗り換えです。普通車といっても、なかなかの快速ぶりでしたけど。お昼間は、一時間に一本しかない普通電車、そこそこの混みようなのに2両編成とはケチっていますね、JR西日本さん。

Dsc05378  Dsc05380 さて、目的地の武生駅に到着してお昼御飯です。前回来たときにお気に入りとなった越前そばの名店、御清水庵さんへ向かいます。お昼時ということもあり、ほぼ満席の店内でしたが、ラッキーなことにすぐに座れました。これが名物の越前そばです。辛味大根のおろしそばです。まさに土に根差したというか、野性味あふれたそばをいただきました。

Dsc05385  Dsc05386 母親の生まれた町内に、いわさきちひろの生まれた家記念館というのがあります。同じ町内ですが、母親のほうが13歳も年下なので、当時のお付き合いはなかったようです。この記念館は本当に小さな町屋ですが、この日も多くの観光客が訪れていました。目立たない通りにこのような全国的に知られた名所があるというのも素晴らしいですね。

基本的に鉄無しの旅行でしたが、寸暇を見つけて、成果を上げてきましたが、それはまた明日に。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ