国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

旅行

2019年5月14日 (火)

福井へ行ってきました その3

5月11日、12日と母親のいとこ会のお供で福井へ行ってきた話の続きです。

Dsc05394  Dsc05408 この日の宿泊は、鯖江の東方、ずっと山の中にあるラ・ポーゼかわだという農業体験付きの宿泊施設でした。もともと、小さな温泉施設だったものがいろいろと設備を拡張して日帰り温泉+宿泊施設+いろいろと体験学習する施設になったようです。周囲の家々の多くは、ゆるい傾斜、木組みを現しにする飛騨づくりの建物でした。

Dsc05399  Dsc05404  Dsc05402 着いた日の夕方、この季節は日が長いものですから、早速散策に出かけました。山あいを上がっていくと古社がありました。このあたりに多い白山神社です。その片隅には、シャガが多くあり、白い花をつけていました。かつて、吉野でも多く見かけましたね。

Dsc05406  Dsc05398  Dsc05412 このあたりの家は、かつて漆器生産で財を成したところが多いようで、広い敷地の大きな家がたくさんありました。そうした家の周りには必ずといってよいくらい花が咲く器草が植えられていて、見事な藤やコデマリを楽しめました。ずいぶんと奥まった山間地ですが、住んでいる人々の心はゆったりとした時間が流れているのでしょうね。

福井のお話しはこれでおしまい。

2019年5月13日 (月)

福井へ行ってきました その2

Dsc05434  Dsc05452  Dsc05453 福井へ行った2日目、帰りの特急電車を待っている時間がかなりありました。JR武生駅で母親を待たせ、カメラを持って福井鉄道越前武生駅に急ぎます。2分ほどで駅に到着すると、そこには目を見張る車輛が停まっているではないですか。元ドイツ・シュトゥットガルトの市電で、土佐電にいた735号がここ福井鉄道にやってきています。その車両がいました。ところが間もなく回送で発車してしまいました。

Dsc05457  Dsc05458  Dsc05460 これはもう、隣の北府駅に隣接するヤードへ行くしかありません。歩いて15分ほどなので、急ぎます。途中、元名古屋鉄道の770系を撮りながら。北府駅に到着すると、除雪に活躍するデキ10型と200系、600系の並びが撮れました。やはり無理して歩いてきてよかったです。車庫でシュトゥットガルト市電を撮影して成果を上げた次第です。

Dsc05459  Dsc05466  Dsc05468 北府駅では、ちょうど下校時と重なり、多くの高校生がたむろしていました。こちらの高校生は真剣にノートや教科書に首ったけになっている生徒が多く、なんだか真面目な雰囲気でしたね。戻る途中、新武生駅で200系のデザインのトートバックを購入して自分のお土産としました。これは使えそうですね。

51wfztr6ybl 須田寛 私の鉄道"半世紀" イースト新書Q/読了・・・・・・・・鉄道友の会会長で元のJR東海社長の著者が国鉄入社以来の自分史をまとめた一冊です。とても鉄道を愛した方なので、苦労の中にも常に鉄道愛が感じられる文章でした。国鉄の苦しい時代の舞台裏など、そういう事だったのかと思わせる部分も多く、その苦労を乗り越えてのJRがあるという事が良くわかりました。

2019年5月12日 (日)

福井へ行ってきました その1

Dsc05370  Dsc05376 昨日、5月11日の朝に出発し、母親のいとこ会のお供で、福井へ行ってきました。大阪駅から乗ったサンダーバードは目的の駅に停まらない事がわかり(これは何とも初歩的なミスでした)敦賀で普通車に乗り換えです。普通車といっても、なかなかの快速ぶりでしたけど。お昼間は、一時間に一本しかない普通電車、そこそこの混みようなのに2両編成とはケチっていますね、JR西日本さん。

Dsc05378  Dsc05380 さて、目的地の武生駅に到着してお昼御飯です。前回来たときにお気に入りとなった越前そばの名店、御清水庵さんへ向かいます。お昼時ということもあり、ほぼ満席の店内でしたが、ラッキーなことにすぐに座れました。これが名物の越前そばです。辛味大根のおろしそばです。まさに土に根差したというか、野性味あふれたそばをいただきました。

Dsc05385  Dsc05386 母親の生まれた町内に、いわさきちひろの生まれた家記念館というのがあります。同じ町内ですが、母親のほうが13歳も年下なので、当時のお付き合いはなかったようです。この記念館は本当に小さな町屋ですが、この日も多くの観光客が訪れていました。目立たない通りにこのような全国的に知られた名所があるというのも素晴らしいですね。

基本的に鉄無しの旅行でしたが、寸暇を見つけて、成果を上げてきましたが、それはまた明日に。

2019年1月30日 (水)

青春18きっぷの旅 津山城と出雲街道

Dsc02668Dsc02678Dsc026741月7日、8日は残った青春18きっぷの消化もあり、津山で一泊するという小旅行を敢行しました。前夜はずいぶんといいお酒をいただき、目覚めてからはデイーゼル機関車などを見ましたが、ここ津山は城下町、そして今も昔も街道の集まるところでした。津山城址と出雲街道の碑です。

Dsc02682Dsc02687Dsc02692_2お城は時間の関係もあって登りませんでしたが、出雲街道はお城のところから東津山駅までを歩いてみました。その通りには、古い町並みが約2kmほども連なり、中には自由に出入りできる歴史館のようなところもあったり、これはもう一度ゆっくり街歩きをしたいところですね。

Dsc02688Dsc02689Dsc02702この街道沿いの古い建物では、フーテンの寅さんの最後の映画が撮影された建物があり、撮影風景の写真が展示されていました。阪神淡路大震災の復興をひとつのテーマにした作品でしたから、この映画からも23年ほど経ってしまったのですね。そしてほどなく、東津山駅に到着しました。

51veg1qbhpl__sx351_bo1204203200_畠中恵/柴田ゆう 新・しゃばけ読本 新潮文庫/読了・・・・・・・・・先のしゃばけシリーズの登場人物などを挿絵画家の方が詳細に描いたイラストがふんだんに入ったしゃばけファンにとってはたまらない一冊ですね。また、舞台となった江戸の町、その現代はどうなっているかという散策をしているのも興味深いですね。今度東京へ行ったら、このコースを歩いてみるのも悪くないですね。

2019年1月29日 (火)

青春18きっぷの旅 津山まなびの鉄道館

Dsc02624Dsc026261月7日、8日は使用期限が迫った青春18きっぷを使って、岡山から津山へやってきました。ここへ来たひとつの目的は、この津山まなびの鉄道館への訪問でした。扇形車庫としては梅小路に次いで日本で二番目の大きさを誇る建物の中に、かつて非電化区間を闊歩した車両たちが並びます。

Dsc02628Dsc02629先ずは、50系客車から転用したキハ33、特急用車両キハ181、急行用車両キハ58、キハ28、急行培養にエンジンを強化したキハ52、そしてかつては大阪環状線弁天町駅下にあった交通科学博物館に展示してあったD51の2号機関車です。

Dsc02632Dsc02649そしてデイーゼル機関車が並び、DF50、DD13、DD15、DD51、DB、DE50、DD16の面々です。特に、DE50は、大出力のディーゼル機関車として計画され製造されましたが、投入する予定の線区が急速に電化が進んだため、結局この1両しか造られませんでした。

Dsc026384これらのデイーゼル車両、機関車が並ぶ壮観な光景に圧倒されてしまいました。津山へやってきてよかったです。鉄道館でいただいたチラシから各車両の詳しい解説をカットして貼っておきます。ご参考までに。

51vfmn2shdl__sx350_bo1204203200_畠中恵 おおあたり 新潮文庫/読了・・・・・・・・・・・著者による一連のしゃばけシリーズ、このつくもがみや妖が登場するシリーズはもう17年も続いているのですね、すごい。だけど、最近はこれをまねて江戸時代を舞台にして妖が登場するというパクリ小説が氾濫していて、なんだかなぁと思ってしまいます。今回の作品は、すこし著者の筆の勢いが落ちてきているのかなぁと思わせる部分もあり、読んでいてのわくわく感が今一つ盛り上がらなかった感じでしたが、今後どうなるんでしょうか。

2019年1月22日 (火)

青春18きっぷの旅 岡山日生

Dsc025731月10日が期限の青春18きっぷを使って、1月7日、8日に岡山方面への旅に出かけました。熱い地番に用事かあったので、少し出遅れてしまいましたが、お昼頃には赤穂線の日生駅に到着しました。駅のすぐ目の前が港で、小豆島方面へのフェリーが発着します。

01この辺りは、牡蠣のお好み焼きが名物で、駅から1キロ圏内に数十店舗が立ち並んでいます。目指してお店はたまたまこの日がお休みだったのが残念でしたが、そこそこお客さんが入ったお好み焼き屋さんに入ることができました。

02このお店のお好み焼きは、出来上がりを半分ずつにして、ソース味と醤油味でいただくよう薦められました。まぁ、初めてのお店でしたから言われるままにしましたが、自分としてはソースのほうがよかったですね。また、牡蠣の入る量がいつものお店の半分くらいで、それは大変がっかりでした。

いつものお店、、、、、それは内緒です。

Img_acb7fb928ce8ffae2f02d48b0ce40ea宮部みゆき 希望荘 文春文庫/読了・・・・・・・・久しぶりの宮部みゆき作品です。さすが、宮部みゆきでした。今までの、「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」に続く杉村三郎を主人公にしたシリーズものです。本作品、聖域、希望荘、砂男、二重身の4編ですが、最初は何も始まらないで、読み進めても、何も起こらないのですね。ところがどっこい、だんだん本の中の深みにはまり込んで、息をするのも忘れるくらいの緊張感に包まれ、最期を迎えました。いずれも、読み応え十分でした。

2019年1月 4日 (金)

正月旅行 急に思い立ち名古屋へ

Dsc02460正月の2日、3日は、年末に急に思い立ち、名古屋まで家族旅行へ行ってきました。急にホテルを探したにも関わらず、都市の真中というのは案外空いているもので、簡単に部屋を予約することができました。名古屋にお昼前に到着してすぐに行った名古屋城です。ひどい混雑ではありませんでした。

Dsc02466次にどこに行くか悩んだものの、現世利益を求めて?大州観音への参拝に行ってきました。ここは、もう大変な混雑でしたね。下町の雰囲気がいっぱいで、どこかで車寅次郎が啖呵を切っているのではないかと思わせました。このあと、大混雑でしたが大須の商店街散策も楽しかったですね。

Dsc02477さて、本格的な参拝という事で、熱田神宮へも行ってきました。信長が桶狭間の戦いの前にここで必勝祈願したとか、しなかったとか。大きな神社で人出も多かったのですが、賽銭をいれるブースの幅が広くとられていて、意外にスムーズに参拝できました。よく考えているものです。日本三大練塀でも有名ですね。

Dsc02484最後はホテルの近くまで来て、名古屋のテレビ塔です。東京タワーほど有名ではないようですが、名古屋のひとにとっては自慢の塔のようです。夜はライトが点滅してきれいでしたよ。

そういえば、大阪にも大阪タワーがありましたが、ご存知でしょうか?福島の朝日放送の旧社屋の隣に立っていましたが、周りのビルよりも低くなって何とも可哀そうな存在でした。

000000002454_4n6cblt梅原淳 電車たちの「第二の人生」 活躍し続ける車両とその事情 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・大手の民鉄、JRなどで廃車や配置転換で余剰になった車両を地方の中小私鉄に譲渡して再活用を図る車輛たちが多くありますね。本書では、その車両たちの「第二の人生」がどのように図られていくのか、また譲渡と言っても、そのままでは走らせられない様々な事情があることを掘り下げて、現状、安全第一で働いている姿を紹介しています。車両数ではやはり東急の車両が多いですが、そのあたりの事情も詳しく解説しています。

2018年10月19日 (金)

新居浜の夜はいつもの丹羽で

54569月28日は、卯之町を出て、松山城へ登り、特急に乗って新居浜へやってきました。この町にもお知り合いが何人もおられます。この日は、なじみの居酒屋さんに行って、取りあえずビールです。ちょうどお店の建物の塗装直しをしていましたね。

5152このお店では、いつもこの茄子のフライをいただくのが定番です。茄子一個でこれだけのフライが出来上がるほどの大きさでした。そして、名物の串カツをいただきます。これらはソースをべたべたにかけて食べるのが好みです。

5355次は肉ですが、牛スジの串焼き、甘辛いたれがかかっていて大変おいしくいただきました。そして、必殺のメニュー、鶏のニンニクバター焼き、ぐいぐいビールが進みます。なお、これらは、ご一緒した方と分けていただきましたよ。一人分ではありません、念のために。

2018年10月17日 (水)

四国詣で 初見参 松山城

Dsc00573Dsc005879月28日は、9時の特急で卯之町を後にして、松山へ向かいました。まだ行ったことがなかった松山城を訪れるためです。松山ももう数多く訪れている町ですが、なかなかこのお城に登ることがありませんでした。それに、お城に登るのに、リフトで上がれるとは知りませんでした。

Dsc00595Dsc00605松山城は、焼失や戦争による破壊を経てはいるものの、昔からの建物も多く残っていて、管理事務所として利用されている建物を除いて、復旧した建物も含めて木造建築です。これから年月を経て行っても、その価値が落ちることはありませんね。

Dsc00619Dsc00644初めての松山城でしたが、見どころ満載で楽しく城内を見学できました。店主からの眺めは最高で、遠く瀬戸内海を見ることができました。設備も整っていて、明るく清潔感があるのも良かったですね。これでまたひとつお城を征服することができました。

372209野田隆 シニア鉄道のすすめ 平凡社新書/読了・・・・・・・・著者による平凡社新書10冊目となる鉄道案内の書です。写真も多く使用されていて、練られた文章も読みやすく、親しめる一冊でした。格安切符の案内もあり参考に成りました。多くは東京からの利用を前提とした内容ですが、地方の路線についても適当に散らばらせていて、東京中心の書き方でなかったのも好感が持てました。

2018年7月27日 (金)

関東詣で 帰途のついでに

22関東詣での帰り道、東京⇒豊橋⇒神宮前⇒名古屋⇒鶴橋とつないできましたが、いくつかそのルートの想い出を書き残しておきます。この日は7月9日で、西日本ではまだまだ豪雨が続いている頃でしたが、新幹線の車窓からは頭を雲の上に出した富士山がかろうじて見えました。

23豊橋でちょうどお昼となったので、以前にも行ったとんかつと丼物のチェーン店へ入りました。ここの、味噌カツ丼がどうしても食べたかったのです。滑らかで味わい深い味噌だれは、他の店ではお目にかかったことがない秀逸な味で、チェーン店ならではの安価な値段設定とともにお気に入りのお店です。

24dsc09124最後に、名古屋からは近鉄特急のアーバンライナーで帰ってきましたが、ちょうど名阪特急運転開始70周年のロゴが入った車両でした。少し奮発してデラックスシートに座ってきたので、実に楽ちんな帰り道の旅となりました。

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ