国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

クラシック音楽

2019年3月20日 (水)

芸文ワンコインコンサート 秋元孝介~ロシアからの風を奏でるピアノ

52958306_2298174140506914_82679232415032
昨日に続いて今日も西宮北口の芸文センターでコンサートでした。
今日は、このホールのワンコインコート、秋元孝介さんによるロシアからの風を奏でるピアノと題する11時半から始まるお昼間の演奏会でした。
秋元さん、東京芸大のピアノ科を首席卒業され、現在は大学院博士後期課程で研さんを積んでいる方とのことです。最近、そういえば佐藤卓志さんといい、辻本玲さんといい、芸大主席の方の演奏会がいくつかありました。
54518558_2298174113840250_34226936261220
曲目は、メトネルのおとぎ話しという曲集から4曲、そしてムソルグスキーの展覧会の絵です。
メトネルは、メジューエワが何枚かCDをリリースしていますね。軽いタッチのなじみやすい音楽がまずは耳を癒してくれました。
ついで、大曲、展覧会の絵です。これはラヴェル編曲の管弦楽版での演奏が多く聴かれますが、原曲はこれですね。
実際にピアノ演奏で聞くのは、多分2回目か3回目か、その程度です。
54729342_2298174093840252_49793648198795
展覧会の絵は、キラキラした響きもあれば、ダイナミックな音量をたたきつけるような部分もあって、大オーケストラにも負けないほどの迫力がありました。管弦楽版をよく聞いて知識として入っているものですから、曲想のあっここっちに頭の中で他の楽器が出てきてややこしかったですが、楽しめる演奏でした。アンコールにバッハのG線上のアリア。

2019年3月19日 (火)

春のオーボエトリオ シェンベルガーと仲間たち

54462423_2297550740569254_14659712512216
本日、昼から西宮北口の芸文小ホールで、「春のオーボエトリオ、シェレンベルガーと仲間たち」と題するコンサートを聴きました。
出演は、オーボエ大師匠のハンスイェルク・シェレンベルガーの他、アムステルダムコンセルトヘボウ管弦楽団の首席ファゴットのグスターボ・ヌニェス、ピアノの津田裕也という豪華なメンバーです。この取り合わせで、まだ当日券があったというのはどういう事なんでしょうね。
54277964_2297550743902587_25575700889495
プログラムは、シューマンのカノン形式の6つの練習曲(ob,fg,pf)、3つのロマンス(ob,pf)、幻想小曲集(fg,pf)、休憩をはさんで、ジョリヴェのオーボエとファゴットのためのソナチネ(ob,fg)、サン=サーンスのファゴットソナタ(fg,pf)、オーボエソナタ(ob,pf)、最後にプーランクのオーボエ、ファゴットとピアノのための三重奏曲という有名な曲を軸に並べたものです。
54522383_2297550730569255_10927823288512
シェレンベルガーの純度の高い音は、聴いていて心地よくもう陶酔の域でした。ファゴットも巧みなテクニックと暖かい音色で魅了されました。木管楽器の二人も良かったですが、控えめな中にしっかりとした芯をもって支えたピアノの演奏が光っていましたね。とても調和のとれた良いトリオの演奏でした。
※ブログの管理方法が更新され、投稿フォームが少し変わってしまいました。昨日一日かかって、ブログ本部がてこずっていたようですが、元のスタイルに戻るかどうか、しばらく試行錯誤してみます。

2019年3月 3日 (日)

森田玲子&谷口敦子 デュオ・リサイタル

53268230_2287316678259327_457309748雨模様の日曜日、午後から梅田のディスクユニオンに立ち寄り、中古レコードを漁った後、西天満のモーツァルトサロンまで行き、高校同窓生でヴァイオリンの森田玲子さんがピアノの谷口敦子さんさんと開催するデュオ・リサイタルを聞きました。森田さんは、2011年から自分の誕生日に合わせて、バースディリサイタルとして開催していたものが継続しているようです。ひとつひとつの積み重ねがわかって、それはとてもいいことですね。

53439608_2287316691592659_584964745プログラムは、シューベルトの第2番のソナタ、プロコフィエフの無伴奏ソナタ、モーツァルトの第42番のソナタ、そして大曲、フランクのソナタという実に密度の濃いラインナップです。過日、モーツァルトとフランクの曲についてリクエストした身としては、聴かなければならない使命感もありました。

53160233_2287316718259323_6214008_2ヴァイオリンの弦を最も楽器に合うように調整してもらったとのこともあり、特にプロコフィエフの無伴奏では楽器が良く鳴っていて、深い表現が感じられました。また、フランクのソナタは実際大変な曲なのですが、これに真正面から挑んだ熱気あふれる演奏にただただ、感謝、感謝です。

2019年3月 2日 (土)

辻本玲×佐藤卓史 デュオリサイタル

53043019_2286597631664565_379045132今日は、京都府民ホールアルティで開かれた辻本玲さんと佐藤卓史さんのデュオリサイタルを聞きました。その前に京都大学と同志社大学で開催中だった展示会をまわってきましたが、それについてはまたの機会といたします。初めて訪れたアルティです。真正面に京都御所です。

52974598_2286597664997895_5450773_2今日は、ベートーヴェンの第3番のチェロソナタと、グリーグのチェロソナタを中心として、サン=サーンスの白鳥、チェロのソロによる黛敏郎のBUNRAKU、ショパンのポロネーズ第2番、シューマンのトロイ・メライ、ポッパーのハンガリー狂詩曲という硬軟合わせたプログラムでした。

53023874_2286597594997902_6401588472人とも36歳という若さに加え、ともに東京芸大首席卒業という才能ですから、この組み合わせでは、まったく火花が出るような丁々発止の素晴らしい演奏でした。常にハプニングの連続で、ぐいぐい音楽の世界に引き込まれました。

佐藤さんのピアノは変幻自在、時には天空を舞うように冴え冴えに動きますが、辻本さんのチェロは本当に包容力のある音楽、それがすべてを包み込んでいきます。素晴らしいコンサートでした。

154647662144490372177_kamon嘉門達夫 熱中ラジオ 丘の上の綺羅星 ハルキ文庫/読了・・・・・・・・・嘉門達夫の自伝、さらに大切な二人のひとを絡ませた思いがいっぱい詰まった一冊。嘉門達夫、そうなんだ、もともと笑福亭笑光やったんや!  それなら知ってるわ。  その後、ヤンキーの兄ちゃんの歌に至るまで、そして、その後の区切りまで、面白く読ませてもらいました。ヤンタンにまつわる話が中心なんですが、小生は、曜日によって、バチョンやヤンタンや、ヤンリクを切り替えて聞いてたので、それぞれに特別な思い入れがなかったんですね。そんでも、この本はおもろい。

2019年2月22日 (金)

城石賢明 オーボエリサイタル

52599041_2280482335609428_748611046昨日2月21日は、夕方から梅田へ出かけ、羽曳野ウィーク2019と題するイベントが行われている西梅田のブリーゼブリーゼに立ち寄り、出店されている河内ワインさんを激励訪問した後、歩いて淀屋橋の大阪倶楽部へ行きました。大阪フィルやセンチュリー交響楽団で首席奏者をされていた城石賢明さんのオーボエリサイタルです。

52942905_2280482342276094_38620446452306259_2280485238942471_726029903このコンサートは、クラシックファンのためのコンサートと題されてもう長い間継続して開催されているようで、今回が195回となります。主催はピアノの黒瀬紀久子さんのようです。昨日も黒瀬さんのピアノ伴奏が付きました。玄関の扉もそうですが、会場となったホールもさすがにシックな感じで落ち着きました。

52708509_2280486635608998_17908683752410486_2280486642275664_753773805演奏されたのは、ヘンデルのソナタ、バッハの無伴奏パルティータ、モーツァルトのソナタ、そしてシューマンのアダージョとアレグロ、さらにアンコールでサン=サーンスのソナタの第2楽章です。コンサートは、城石さんの軽妙なおしゃべりとともに進められましたが、演奏は楷書のごとく生真面目な折り目正しい演奏で、思わず背筋を伸ばさざるを得ない格調の高さを感じる内容で大満足でした。

2019年2月15日 (金)

2/10 だいだいリートコンサートvol.25&橘茂歌手生活40周年記念

51565868_2272595176398144_9023317521月10日は、伊丹で開催されていた白雪蔵まつりの様子を見に行ったのですが、何か音楽の催しでもあるかなと、アイフォニックホールに立ち寄ると、件のコンサートがあるとのこと、どんなものかと試しに会場に入っていきました。失礼ながら、橘茂さんという方を知らないことと、このコンサートが25回も開催されているというのも知識の中にはありませんでした。会場のアイフォニックホールです。

52146416_2272595239731471_189521207コンサートが始まる前に、お決まりの「スマホ、携帯電話の電源はお切りください」云々の説明がありましたが、主宰の橘さんから、「会場での録音、録画は、、、、どんどんやってください」とのユーモアたっぷりのアナウンス、会場が沸きました。他人の迷惑にならなければという条件付きだと思いますが、一定の範囲でこのような催しを開催しているという情報の拡散の為にも、アマチュアでは本当にこうあるべきだと思います。

一定のルールは必要だと思いますが、コンサートの進行に影響しない範囲で、その状況をSNSにアップしていくのは、アマチュア音楽を広めるひとつの手段ではないでしょうか。

逆に、客には制限しておいて、関係者と名乗るのが、カメラのシャッター音をバシバシ、ホールで鳴らすのは、何とも迷惑なことですね。カメラ氏が起こす行為が音楽を殺すことになっているのを感じていないのかなぁ。礼儀以前の問題ですね。

2019年2月11日 (月)

ラモン・オルテガ・ケロ オーボエリサイタル

52290095_2273372376320424_238279710朝から雪が舞う今年一番の冷え込みとなった本日、昼から西宮北口の芸文センター小ホールで開かれたラモン・オルテガ・ケロのオーボエリサイタルを聞きました。西宮でも、苦楽園や山の北の地域では、積雪もあったようで、明日の朝は白銀と化した六甲山が見えるかも、

52052060_2273372366320425_606821520さて、ラモン・オルテガ・ケロは、ミュンヘン国際コンクールで、1961年のハインツ・ホリガー、1967年のモーリス・ブルグ以来、40年ぶりに史上3人目の優勝者となり注目されたオーボイストです。その時わずか19歳、そして20歳の時にバイエルン放送交響楽団の首席オーボエ奏者となっていますから、これはもう天才的と言わずして、ですね。現在30歳とまだまだ若い演奏家ですが、群を抜いた実績をもう築き上げています。

52043098_2273486889642306_554369266本日の前半は、モーツァルトのヴァイオリンソナタの編曲で、K378とK304の2曲。このK304が凄かった。ホ短調の哀愁を帯びたメロディの曲がまるで最初からオーボエのために作曲されたのではないかと思えるほど感動的でした。終演後、ケロのCD、パンフレットにサインをしてもらいました。

51616440_2273422789648716_705871957後半は、ダエッリ、デュカス、パスクッリの超絶難曲を演奏史その実力をいかんなく示したものでした。アンコールにシューマンの幻想小曲集から第1番、第2番と2曲もアンコールがあり、ケロのウェットな音質に酔わされてしまいました。サイン会場でのケロさんです。

2019年2月 5日 (火)

ムーティ シカゴ交響楽団日本公演

51105717_2268600463464282_77945946451231929_2268600506797611_6135434_2昨日、2月4日はたまたまお誘いをいただいたリッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団の日本公演を大阪フェスティバルホールで聴くことができました。久しぶりに大阪の夜の町を歩くと林立するビル群に圧倒されます。そのひとつ肥後橋のフェスティバルホールへやってきました。

51409936_2268600393464289_614698409さすがに世界を代表する指揮者とオーケストラの演奏会ですから、やってくるお客さんの感じ、装いも一流の存在感を感じます。フェスティバル―ホールのロビー入り口に大きなポスターがあり、皆さん撮影されていました。待つほどに、ご一緒する方々が集合してこられました。

Thumbnail_image1_2昨日は、ブラームスの交響曲第1番、第2番という重量級の楽曲が並びました。演奏は大変能力の高いオーケストラを鳴らしながらも、決してフルスロットルで走らせるのではなく、常に音量のバランスを意識し、ゆったりとしてテンポで進めるもので、演奏者それぞれの素晴らしい演奏能力を感じさせました。ピアニッシモでの澄んだ音色が随所で印象的でした。

ただ、このクラスになると、例えばベーム ウィーンフィルの1975年の来日公演はどうだったか、カラヤン ベルリンフィルの場合はどんなだったか、など世界のトップレベルの演奏と記憶の中で比べてしまいますね。演奏後、同行した方々とも話しましたが、テクニカルのお話しはたくさん出ましたが、音楽がそこにあったかどうかという話しは出ませんでした。

2018年12月23日 (日)

2018年オペラパーク年末第九コンサート

48413235_2237990923191903_180925423最近FBでお友達になった方がご出演される2018年オペラパーク年末第九コンサートを聴きました。場所は、JR学研都市線、かつての片町線の住道駅を北へすぐのショッピングモール、このモールをオペラパークというらしいですが、そのスクエアというか一階、二階が吹き抜けになったところでした。指揮は白谷隆さん、演奏はオペラパーク管弦楽団、このオペラパークのためのオーケストラのようです。指揮の白谷さん、今年一番多く聴いている指揮者の方でしょうね。

48409248_2238031513187844_495585815ショッピングモールの中というがやがやした雰囲気の中での演奏でしたが、音楽がだんだん熱を帯びてきて、まっすくで真摯な第九が演奏されました。多分、第九を演奏するには世界一狭い会場だと思いますが(だいたい客席がまともに用意されていませんから)、そういったハンディをぶっ飛ばす密度の濃い演奏でした。

2018年12月22日 (土)

アーリー・ミュージック・カンパニー 大発表会

48409004_2237064043284591_846479624今日はいくつもコンサートがあったのですが、その中でも大変変わった演奏会が目についたので行ってきました。会場は、阪急宝塚線曽根駅近くの豊中市立文化芸術センターの小ホールです。ここで、アーリー・ミュージック・カンパニーという団体によるルネサンスからバロック音楽と題する大発表会が行われました。雨上がりの豊中市立文化芸術センター。

48412665_2237064036617925_323156167会場の小ホールは初めての訪問ですが、収容は300人くらいでしょうか、それくらいのすっきりとした素晴らしい音響のホールでした。ここで、普段耳にすることがなかなか無い、だいたい15世紀以降、バッハ登場までの古い時代の音楽が奏でられました。

48392172_2237063933284602_585344479演奏される楽器も、ルネサンス時代のフルート、リュート、リコーダー、それにリュートいろいろな種類のガンバ、そのほか初めて見るような楽器も登場し、当時の音楽を体験しました。総じて思うに、実に静かな音楽であるということ、またゆったりとした音楽が多く、哀愁を伴って心に染み入る音楽に満たされるという記憶に残るコンサートでした。

このホール、大ホールも2階の傾斜がきつかったり、すこしがっかりがあるのですが、小ホールは出入りの扉の開け閉めの音が大きく、また、演奏中にもロビーの音が良く聞こえたりと、これも少しがっかりなんですよねぇ。

41w758jb5fl__sx332_bo1204203200_北杜夫 茂吉晩年 「白き山」「つきかげ」時代 岩波現代文庫/読了・・・・・・・・・・北杜夫が父である斎藤茂吉の生涯についてまとめた茂吉四部作の最後の一巻です。まさに著者が人生をかけてまとめたかった本ですから、丁寧で精密な文章でつづられています。家族を少し距離を置いた眼で見つめるというのは難しいでしょうね。さらに、尊敬をもって見ていますから。永らく読みたかった本をようやく読了しました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ