国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

クラシック音楽

2020年7月 6日 (月)

追悼 イダ・ヘンデル

4053af7a_20200706062901  79b80425beaae7d3b2534279180f3a4e  A104116413451163877880_jpeg

1928年(一説には1924年生まれとも)の、生ける伝説とまで言われるヴァイオリニストのイダ・ヘンデルがこの6月30日に亡くなったとの情報が流れました。その情熱的なヴァイオリンの音色、奏法には独特の魅力があり、シベリウスやチャイコフスキー、ブラームス、ブルッフなどの協奏曲に多くの名演奏が残されています。

5567_haendelcrop1  11201_1  12f1342c65d112c8d3734d9880ef9a78

同年代というと、飛行機事故で早世したジネット・ヌブー(1919-1949)、手の故障で比較的若く一線を退いたミシェル・オークレール(1924-2005)、録音が少ないものの死後評価が高まったヨハンナ・マルツィ(1924-1978)、美人ヴァイオリニストとしてジャケットを飾ったローラ・ボベスコ(1921-2003)などが知られていますが、2011年、2012年のライブがyoutubeでみられるのはイダ・ヘンデルくらいです。

Adada84601524199809495f8cb82cff6_400x400

イダ・ヘンデル、残された数々の録音がありますので、偲ぶ気持ちで少しずつ聞いていこうと思います。

2020年6月 2日 (火)

FMエアチェックの愉しみ ヴァイオリンとヴィオラの巨匠

Dc5a755ba00ee7823b80be1d3c298694_657940a  Kyung-wha-chung  243656910_624

コロナ禍により時間の使い方を見直し、FM放送などのエアチェックに再び目覚めた昨今ですが、その中で素晴らしい演奏を繰り広げる女流演奏家に出会いました。一人はヴァイオリンのチョン・キョンファです。若いころから第一線で活躍し、そのころと小生がクラシック音楽を聞き始めた時期が重なることから、どこでもチョン・キョンファの生は聴いたものです。これは、FMではなくテレビからの音声を録音しましたが、バッハのシャコンヌとフランクのヴァイオリンソナタの見事さ、燃えるような熱い情熱に魅了されました。まだまだ枯れていないチョン・キョンファにこれからも期待です。

Advaicer_img_imai  1187847207  Hw414_as20180813002163_comm

もう一人はあまり目立つことのないヴィオラという楽器の名手です。いまやヴィオラ界では世界の第一線で活躍している今井信子です。FMで聞いたのは、ヴァイオリンとチェロと組んだ弦楽三重奏によるバッハのゴルトベルク変奏曲でした。そこではしっとりとした音楽が流れていました。今井さんのバッハ、実はヴィオラによるバッハの無伴奏チェロ組曲の全集を持っていますが、これはバッハ演奏のひとつの頂点ではないかと思っています。

51hkbu7mcil__sx344_bo1204203200_

宮本昌孝 ふたり道三 中 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・斎藤道三は実は二人介在していたという最近の説に基づいた小説と思い読み始めましたが、その劇画タッチの小説の進め方に当初は戸惑っていました。しかし、読み始めると面白く、一日に300ページほど読み進んでしまうこともありました。なにせ戦国時代の美濃地方のことなので、様々な人が出てくること、戦国人がどんどん自分の名前を変えてしまうこと、そこにいたかどうかはわからない忍者みたいなのがどんどん出てくることで、頭の中で十分整理できませんが、そんなのを読み飛ばしても面白い本です。

2020年6月 1日 (月)

FMエアチェックの愉しみ 指揮とピアノ ラルス・フォークト

Vogt_0730  Lars_vogt_20200601075301

ラルス・フォークト、もう10数年前にFMで聞いたシューマンのピアノ協奏曲の演奏が心に残りました。とてもウェットなピアノで、シューマンの曲想にぴったりだったのです。みずみずしいだけでなく、シューマン独特のビロードに包まれたような音の触感が音楽の中から聞こえてきました。その時、このピアニストの名前を覚えました。

E0151275_646144

ラルス・フォークト、調べたみたら1970年ドイツの生まれ、もう50歳になる中堅ピアニストで指揮も活発にされていました。初めて聴いたときは30代ですから、その時の若々しい印象がいつまでも残っていたのでしょう。人は成長し、歳を重ねるものですね。

0_20200601075301  1712_22601

今回、FMで2018年にニュージーランド交響楽団を指揮しピアノも弾いた演奏会が放送されました。曲目はベートーヴェンの「プロメテウスの創造物」序曲、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番、そしてモーツァルトの交響曲第36番「リンツ」でした。会場はウェリントンのマイケル・ファウラーセンター、いい感じですね。

演奏はいずれも重々しくなることのない軽いタッチで進められ、とても聞き心地の良い音楽が流れました。しかし、歌うところはたっぷり表情を付けていたり、ピアノとオーケストラの絡み合いも丁寧な進め方がされていました。一度実演を聞いてみたいものです。

2020年5月28日 (木)

FMエアチェックの愉しみ アリス=沙良・オット

このコロナ騒ぎで時間を使い方を見直した結果、再びFM放送でのライブ演奏に注目して聴いています、また録音もしています。

3678710_20200528062101

そんな中、たいへん注目の放送がありました。ピアニストのアリス=沙良・オットが2018年9月27日に東京オペラシティコンサートホールで演奏したピアノリサイタルです。ドビュッシー、ショパン、サティ、ラヴェルというパリに活動の拠点を置いた作曲家の作品を並べ、渾身の情熱を込めた演奏会でした。特にサテイは、通常の演奏からするとさらにゆっくりとしたリズムを刻み、一つ一つの音を研ぎ澄まされた感覚で弾いています。

301_20200528062101

アリス=沙良・オットはまさに才色兼備のピアニストでしたが、このコンサートのおよそ半年後の2019年2月に、自身が多発性硬化症であり、その治療に入っていることを公表しました。ダニエル・バレンボイムの奥さんだったチェリストのジャクリーヌ・デュプレを襲った病気ですね。ただ、さすがに医学の進歩があったのか、治療の方法もいろいろあるようですし、その年のコンサートスケジュールも公表されていましたので、多分元気でステージに立っているものと思います。

あの、裸足でステージに登場し、豪快にピアノを弾きまくる姿をもう一度見てみたいものです。⇒お元気なようです

2020年5月27日 (水)

FMエアチェックの愉しみ 指揮者ケレム・ハサン

かつて、FMファンや週刊FMFMという雑誌が販売されていました。そこには、毎週のFM放送の聴きどころ、番組表が掲載され、それをもとに小生はオープンリールテープやカセットテープに録音を重ねることが日常の生活の一部になっていた時期がありました。

いまもFM放送は流されていますが、そこで流されている演奏会の録音は長い間ほとんど接することなく過ごしていましたが、このコロナ騒ぎで時間を使い方を見直した結果、再び注目して聴いています、また録音もしています。

9c559c8c1a106409454a3b53dba839981

そこで接した若手指揮者の一人にケレム・ハサンがいます。2018年6月9日、前日にステージで転んで体調不良となったハイティンクの代役でコンセルトヘボウの定期演奏会でマーラーの交響曲第9番を振ってデビューしたシンデレラボーイなのです。

そのケレム・ハサンが2018年8月5日、ザルツブルグ音楽祭でウィーン放送交響楽団を指揮したショスタコーヴィチの交響曲第10番が放送されていました。

O0400055014294778757

ケレム・ハサン、1992年生まれの現在28歳、このハイティンクの代行の後、突然解約されたガッティの代役してコンセルトヘボウの海外ツアーにも同行し、上記のようにザルツブルグへのデビューも果たしたのち、オーストリアのチロル交響楽団の首席指揮者に就任しています。

先日、そのケレム・ハサンがオランダ放送フィルハーモニーを指揮した演奏会が放送されました。ウェーバーのオベロン序曲、グリーグのピアノ協奏曲(ピアノはシモン・トルプチェスキ)、そしてブラームスの交響曲第2番でした。これからの益々の活躍と、将来の大指揮者へ上り詰めることが期待されます。

A475e87119667da5fb6e70d048f07b70

葉室麟 孤篷のひと 角川文庫/読了・・・・・・・・・・・・・・・千利休、古田織部に次ぐ、江戸時代初期の大茶人、小堀遠州の生涯を描いた一編。それは時代を映した泰平の世の茶だと。とは言うものの、関ヶ原、大阪夏の陣、江戸時代初めという緊張の時代を切り抜けた男のいばらの道の末にあるという。時間軸が連続しているわけではないので注意して読み進める必要があったものの、章ごとに見ると見事な短編がまとまって一つの大きな作品になっています。本当に読み応えのある一冊でした。

2020年5月17日 (日)

モーツァルトのレクイエム

Dsc02389

新型コロナの流行によって、既に世界で30万人ほどの方々が命を無くされたことは、耐えられない悲しみを感じます。そこで、雨の一日、モーツァルトのレクイエムを聞いて哀悼の気持ちに浸ることとしました。

自前のレコードは3種類、カール・リヒター、ヤーノシュ・フェレンチーク、ブルーノ・ワルター、CDはリヒターのほかカラヤンが2種類、カール・ベーム、フェレンツ・フリッチャイ、リカルド・ムーティ、カルロ・マリア・ジュリーニ、それに聴き比べが1枚あります。

Dsc02390  20180211_8f816f

その中から、カール・リヒターがミュンヘンバッハ管弦楽団を指揮したものを聞きました。高校生くらいの頃はバッハの演奏と言えばリヒターと言われていました。それほどバッハ演奏の精通していたのでしょう。たしかに、バッハの音楽にまっすぐに立ち向かう印象が強くありました。

このモーツァルトのレクイエムでも基本的な演奏スタイルは変わりません。音楽の中に、緩みとか隙と言ったものは全く感じられません。やや早めのテンポでぐいぐい押していく演奏ですが、息が詰まるということは無く、聴いているうちにだんだん高みへ引き上げられて行き、気持ちが清浄化していくことが感じられます。高校生の頃、このキングの廉価盤を買い、聴きやすいようにカセットテープに入れたりして何度も聴いていました。

Dsc02391  Carlomariagiulini11398347178view0

一方、今のお気に入りは、カルロ・マリア・ジュリーニがフィルハーモニア管弦楽団を指揮した演奏です。この演奏はとても静かに始まります。リヒターの演奏が聴く側にも厳しさを求めるような音楽なのに対して、ジュリーニの演奏はあくまで聞き手の心をつつみこみ、慈悲の波を届けようとするかのような静謐に満ちた展開となります。ここでは、音楽から何か強いメッセージが届けられるということはありません。しかし、聴くうちに自然と音楽に身をゆだねてしまっています。

20091225020632a  Caption (ネット画像から拝借)

突然、変な画像が並んでいますが、リヒターにしろ、ジュリーニにしろ、昨今流行りのピリオド奏法による拍子を強調し、きついアタックとわざとらしいと感じるリズミックな演奏とは違い、レコードが普及し始めたころからの我々にとって慣れた演奏スタイルです。ピリオド奏法に代表される作曲当時の演奏スタイルを模索する音楽作りは、いわば極彩色で作られた仏像や仏閣を見るかのようなものではないでしょうか。

Src_11859130  459e19f6d56766f6ddd5fa6dc9d97e6e96a6744d (ネット画像から拝借)

頭の中では、作られた当時はそのような色彩が施されていたとはわかってはいるものの、やはり苔むした石仏やお寺の境内の様子に落ち着きを感じます。

2020年4月11日 (土)

エアチェックの愉しみ

Thumbnail_image5_20200411131801  Thumbnail_image4_20200411131801

エアチェックというとFM放送の演奏を録音することですが、かつてはカセットデッキで盛んに録音を重ねていたものです。そして、そのFM放送の予定をアップする週刊誌がいくつも発売されていました。週刊FMしかりFMファンしかり、懐かしい時代です。昔はそれでもタイマー録音の設定やカセットテープの往復の反転など、ずいぶん気を使ったものです。

今では、単にUSBのチップを差し込むだけで適当に録音しておき、後でファイルを切ったりつないだりと誠に手軽に編集できるようになりました。

Thumbnail_image0_20200411131801  Thumbnail_image2_20200411131801  Thumbnail_image1_20200411131801

外出を控えている昨今、以前から録っていた録音を整理して自分だけのボックスを作ってみました。ここでは、中堅若手のケレム・ハサンやスザンナ・マルッキ、ジョナサン・ノット、トゥガン・ソヒエフと言った指揮者のほか、ベテランのブロムシュテット、マティアス・バーメルト、物故したラドミル・エリシュカの演奏をまとめました。

A0185081_00393639  Thumbnail_image3_20200411131801

昨日4月10日の夜は、昨年11月30日、フルトヴェングラーの命日と同じ日に亡くなったマリス・ヤンソンスが、2012年にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮したリヒャルト・シュトラウスの作品がいくつか放送されました。きっちり録音しましたので、これは追悼の意味もあり、ボックスⅡの作成を始めなければなりませんね。

2020年2月 3日 (月)

散歩からマンドリンアンサンブル・サウーヂ演奏会へ

84620105_2571471333177192_58641509492614  84614508_2571471349843857_17732650716448  84581488_2571471386510520_20745704277572

夜に寝違えたのか、昨日の朝起きたら首や肩がパキパキになり耳鳴りまで起こしたものですから、軽くウォーキングにとカメラを持って出かけました。阪急武庫之荘まで歩き、そこから御影、王子公園と撮影していきます。なぁ~だ、いつもの暇つぶし鉄と一緒になってしまいましたが。

84532088_2571471409843851_26573810744594  84639379_2571471466510512_48043825007113  84420616_2571471519843840_44977271271766

何かコンサートでもないものかとネット情報をググると、近くの灘区民センターマリーホールでマンドリンアンサンブルの演奏会がある事がわかり、ちょいと覗いてみました。8名くらいで演奏するグループで、前半はジブリ、後半はクラシックの作品などが披露されました。

84354386_2571471526510506_74120565700343  83583597_2571754083148917_18588735709695  83848705_2571754119815580_61658225544150

帰りにプラプラとJR住吉まで歩きましたが、途中にある石屋川公園ではもう梅が5分咲きくらいときれいな色合いとなっていました。その近くの御影の天神さんへも初めてのお参りです。境内はこれから梅の花で埋め尽くされる事でしょう。

2020年1月21日 (火)

マンドリンコンサート

Thumbnail_image1_20200121062301  Thumbnail_image2_20200121062301

1月19日は、チケットを取りにまたまた西宮北口の兵庫県立芸術文化ホールまで行ってきました。ついでに、小ホールで開かれていたマンドリンアンサンブルの演奏会があるとのことを知っていたので、ちょいと覗いてきました。マンドリンコンサートなんて、最近弘前から宝塚へ越してこられた友人の奥さんの演奏会に行って以来、即ち、学生時代以来のことかと思います。

Thumbnail_image3_20200121062301  Thumbnail_image4_20200121062301  

この比留間マンドリンアンサンブルの比留間さんって、(実は既に他界されているのですが)比留間賢八⇒  という方がおられ、その方の生誕120年記念で集まった方々によって創始されたアンサンブルとのこと。比留間賢八さんって、1867年生まれ、日本におけるマンドリンの最初の演奏家であり、門下生の一人に斎藤秀雄も、、、凄い時代ですね。演奏は親しみやすい曲目が並んで、すこしほっこりさせていただきました。

51nfbrrk06l__sx346_bo1204203200_  Kiringakuru_nhk_taiga

小和田哲夫 明智光秀と本能寺の変 PHP文庫/読了・・・・・・NHKの大河ドラマ、今年は「麒麟がくる」という事で始まりました。それに合わせて昨年から明智光秀、本能寺の変に関係する本がそれこそ日替わりメニューほど出版されていますが、さて、何を読もうかと思い、これはとりあえず戦国史研究の第一人者と言われる学者の本を読んでからと、これを選びました。一応、この本の考え方を基本として何冊か読んだみようと思っています。

2019年12月 1日 (日)

辻本玲チェロリサイタル 2015年度青山音楽賞青山賞受賞記念演奏会

Dsc09503  Dsc09507

昨日11月30日は、阪急嵐山線上桂まで行きました。上桂駅と言うとホームに沿って桜の大木が並んでいて春になると豪華な花の屏風が出来上がるところです。それを期待して紅葉した桜の木々を背景に撮ろうと思ったのですが、少し遅かったようです。嵐山へ向かう電車は通勤電車のように超満員でした。15分ヘッドの運転だから仕方ないですが、この季節くらい臨時を走らせても良いのではないでしょうかねぇ、阪急さん。

Dsc09512  Dsc09513

上桂駅には予定より早くついてしまったので、駅周辺をうろうろします。駅の東側には御霊神社があり、解説を読むとこのあたりの氏神様のようです。朱の鳥居と紅葉したもみじが綺麗です。

Dsc09514  Dsc09553_20191201090701

さて、この日は今や日本を代表する若手チェリストとして活躍中の辻本玲さんのリサイタルです。会場は青山音楽記念堂・バロックザールです。今回初めてやってきました。内部の写真は撮れませんが、着席200名ほどの小さなホールですが天井が高くてとても良いホールです。

この日はメンデルスゾーンの第2番のソナタ、バッハの無伴奏第6番が前半、後半はフォーレの夢のあとに、ラフマニノフのヴォカリーズ、最後にショスタコーヴィチのソナタというプログラムでした。とても豊かな響き、豪快な音楽作り、素晴らしいテクニックを披露され、大拍手を浴びておられました。ピアノの須関裕子さんも素晴らしく、時に柔らかく、時に剛健にチェロを支えていました。

さて、時間を戻して。

食事をしても13時半の開場までにもまだ時間があったので、今度は駅の西側、山手のほうへも行ってみたのですが、それについては次に報告させていただきます。

51t7js0egel__sx352_bo1204203200_

都筑道夫 紙の罠 ちくま文庫/読了・・・・・・・・都筑道夫の作品が文庫化されるって、何年ぶりのことでしょうか。ひょっとするとさらに遠い昔のことだったかもしれません。小生、この作家が大好きで、古本市などでも探すのは真っ先に都筑道夫ですから。この作品、映画化もされたりしたことが有るようですが、さすがに時代を感じさせる部分が多く、決して今の感覚では十分なものとはいいがたいところです。とはいうものの、ファンとしては貴重な一冊であることには変わりありません。とてもセンスを感じる部分もあって、久しぶりに都筑ワールドを堪能しました。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ