国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

クラシック音楽

2018年4月22日 (日)

シュペーテ弦楽四重奏団第8回公演

Image1_jpeg昼からJRに乗ってすこしだけ西へ移動、芦屋駅で下車しました。そして新緑が萌える芦屋川沿いを歩いて、カトリック芦屋教会へ到着です。今日は、シュペーテ弦楽四重奏団の第8回公演がここで行われます。本当に緑がきれいで風も清々しく、良い季節になったものですね。

Image2_jpegシュペーテ弦楽四重奏団は、もちろんアマチュアの方々なのですが、それぞれ本格的な音楽教育を受けられていている一方、弁理士や大学の先生、また現在も音楽活動を継続しながら活躍されているというなかなか高学歴のメンバーで構成されています。

Image3_jpeg今日はご覧の通り、ハイドン、シューベルト、ドビュッシーといった本格的なプログラムで構成されており、演奏はいずれも緊張感に満ちたもので、聞く側としてもかなり真剣に音楽と立ち向かいましたね。この教会は天井も高く、響きが素晴らしいです。お客さんもかなり多く詰められていて、暖かい拍手が送られていました。充実した良いコンサートでした。

91i4cwgzfmlいとうせいこう みうらじゅん 見仏記7 仏像ロケ隊がゆく 角川文庫/読了・・・・・・・・テレビで放送されているテレビ見仏記のロケの様子、つまり裏側の話が半分、あとはお二人の珍道中記ですが、まるでテレビを見ているかのような緊張と緩和の見仏記でした。時々テレビでも見ていましたが、かなり夜遅くの放送なので最近は見逃していましたね。そろそろ録画機能を付けた機器を置かねばならんかも。

2017年12月21日 (木)

今峰由香 ピアノリサイタル シューベルトの最後のソナタ

Image1_jpeg今夜は梅田のフェニックスホールへ行きました。
「シューベルト最後のピアノソナタ」と題する今峰由香さんのピアノリサイタルです。
今峰さんは関学文学部を卒業後、ヨーロッパで音楽の本格的な勉強に入り、弱冠32歳でミュンヘン音楽大学の教授になられた方です。
今春、大阪大学ワンコイン市民コンサートに来られ、素晴らしい演奏を披露されました。
なんとも気品に満ちて、軽やかなタッチで、ピアノが歌うと言うことを実感した演奏会でした。

Photoさて、今夜はシューベルトの第20番、第21番という40分ほどを要する大曲が並びました。
第20番は、やさしく甘く、甘美な時間と激情に任せた嵐が内在し、シューベルトの心の襞に触れたような生々しささえ感じる演奏、第21番は、天国的な透明感とゆっくりと流れる音楽、しかし、最後に悪魔が勝ち誇ったような圧倒的な流れで曲を閉じました。いずれも一音も聞き逃すまいと聞いていたので大変疲れましたが、外へ出ると寒風が待っていました。しかし、それも清々しい今宵でした。

51j06x8nehl__sx349_bo1204203200_宮部みゆき 悲嘆の門 中 新潮文庫/読了・・・・・・・・・いよいよ物語が動き始め、この世のものとも思えないのが出てきました。ここから一気にブラックなファンタジーになってきましたね。それでも、本から目を話すことができないくらい集中して読ませる宮部みゆきの筆力には感服です。一つの大きな事件が終わりましたが、物語はこれから第3部へ移ります。

2017年12月 2日 (土)

フィリップ・ジョルダン指揮ウィーン交響楽団 日本公演

Image1_jpeg11月はドイツでいくつものオーケストラを聴き、日本に帰って来てからも、コンセルトヘボウを聴いたという贅沢な今日この頃ですが、懲りずに、今日は西宮北口の芸文センターで開かれるウィーン交響楽団の公演を聴きました。
指揮はフィリップ・ジョルダン、あのアルミン・ジョルダンの息子で、パリ・オペラ座の音楽監督、ウィーン交響楽団の首席指揮者を兼任する一方、2020年からなんとウィーン国立歌劇場の音楽監督就任という、もうすぐヨーロッパのてっぺんを取る指揮者です。

Image2_jpeg今日は樫本大進のヴァイオリンでメンデルスゾーンの協奏曲、そしてマーラーの交響曲第1番  巨人  というプログラムです。
前半の協奏曲は、樫本大進のヴァイオリンが冴えました。流麗華麗、美音で完璧にこなし、大器の片りんというか、もうずいぶんと高いところにいはりますが、さすがという演奏でした。細かなニュアンスまで、とにかくきれいに表現されていました。使用楽器は1674年のアンドレア・グァルネリとか。

Image3_jpeg後半のマーラーの巨人、オーケストラが一つの楽器となって演奏している感じです。スタイルとしては、いたって抑制のきいた演奏で、この曲はメリハリを付けたり、大上段に構えて劇的な演奏スタイルもありますが、そのような大向こうを張った演奏とは一線を画しています。

アンコールに、トリッチ・トラッチ・ポルカと電光と雷鳴、これは輝かしい音楽となりました。

2017年11月25日 (土)

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団  来日公演

まさに夢の続きでした。

1_2昨夜はオーボエ工務店さんのお誘いで、大阪フェスティバルホールでの、アムステルダムコンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会に行きました。

実はコンセルトヘボウ管弦楽団は、先々週の土曜日にフランクフルトのアルテオーパーでハイドン、マーラーを聞いたところです。

2_2曲目は前回とは違って( というか、ドイツ紀行の報告がまだでしたね )、ベートーベンのヴァイオリン協奏曲、そしてブラームスの交響曲第1番という超重量級の2曲ですです。
ベートーベンの協奏曲は、長くそして案外、平板な楽曲なので、これを飽きさせずに聞かせるのは難しいのですが、今夜のフランク・ペーター・ツィンマーマンは、繊細で美しい音、さらに見事なテクニックで楽しませてくれました。

3また、後半のブラームスの交響曲は、実にゆったりとしたテンポで、少し古風なスタイルでしたが、私好みでもあり、長い音楽体験の中でもベストの印象を与えてくれました。指揮はガッティ。

梅田に戻り、ドイツ料理で打ち上げです。本場のビールとドイツ料理で乾杯です。

Image1_jpegImage2_jpegImage3_jpeg





2017年10月29日 (日)

シャルル・ミュンシュの幻想交響曲

Sim新しく、シャルル・ミュンシュの指揮によるベルリオーズの幻想交響曲のCDを購入しました。1963年6月23日にポルトガルのリスボンでのライブ録音です。即興の名手、練習嫌いの指揮者とも言われていますが、この演奏の様に極端に早い箇所があったり、コーダを以上に伸ばして終わる演奏は、本当なら綿密な練習、打ち合わせが無かったら実現しないのでは?と思ってしまいます。それとも、楽団がよほどミュンシュを信頼していて、その指揮の特徴、考え方を把握していて息があっていたという事なのでしょうか。

Photoミュンシュの幻想というと、パリ管弦楽団のレビューコンサートでのもの、パリ管弦楽団とのスタジオ録音の他、ボストン交響楽団時代のものなど数多くありますが、手元には4枚となりました。

Frdgcemg5kx9eby8irbthq__鈴木弘毅 駅ナカ、駅マエ、駅チカ温泉 鉄道旅で便利な全国ホッと湯処 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・鉄道駅に近接している温泉、それも予約なしでふらっと行ける温泉施設の中から57施設を選択して紹介し、さらに手軽に楽しめるグルメも併せて載せているという、鉄道好き温泉好きにはかゆいところに手が届くような一冊です。ところが、駅チカの中には、道後温泉会館を駅チカとして駅から2分としているなど、ちょっとなぁと思えるほど、駅との距離、時間を感じる施設も含まれています。せめて、駅構内、駅のど真ん前、それか、駅から見えている温泉施設くらいに限ってほしいところでしたね。それと駅との位置関係がわかるように、地図も入れてほしかったなぁ。

2017年10月28日 (土)

素晴らしいコンサートの紹介 今峰由香さん

FBの案内で素晴らしいコンサートの情報が入ってきました。

Image1_jpeg若干32歳でメロイモンミュンヘン音楽大学の教授に就任し、その後欧州を中心に活躍されている今峰由香さんのシューベルトのプログラムによるコンサートです。

今峰さん、音楽大学を目指した人ではなく、関西学院大学の文学部卒業という異色のピアニストさんですね。それでいて、完璧な技術、軽やかな音楽の運び、普通に聞けるピアノとは異次元の音楽の世界を表現されています。

今年、4月に大阪大学ワンコイン市民コンサートで来演された時の様子はこちらから 

2017年10月23日 (月)

堀米ゆず子&ジャン・マルク・ルイサダ デュオ・リサイタル

1昨日は台風接近というのに、前々から期待していたコンサートがあったので西宮北口の兵庫芸術文化センターまで足を運びました。堀米ゆず子とジャン・マルク・ルイサダによるデュオ・リサイタルです。以前、山形へ行ったとき、たまたま訪れた大きな紅花農家さんが堀米さんという家で、見学させていただいた廊下の端っこに堀米ゆず子のポスターがあり、どうやらご実家か親戚のようでした。また、ルイサダは、堂島のワルツ堂でCDを漁っているときに突然来店して同じように漁っていました。そういう薄いながらご縁のあるお二人の共演だけに興味深々ですね。

3曲目は、モーツァルトの35番のソナタ、ベートーヴェンの春、フランクのソナタが主要なもので、その他にオーボエでよく聞くシューマンのロマンス、ラヴェルの小品、それに加えてアンコールにシューベルトのソナチネから3曲もありました。演奏は大変素晴らしく、柔らかなルイサダのピアノに乗って、堀込さんの美しい音色が流れました。

2017年10月22日 (日)

神はわがやぐら ~ルターと音楽~

1昨日、10月21日は、台風が近づいているというのに、昼から阪急六甲駅近くの日本キリスト改革派神港教会で開かれた神はわがやぐら ~ルターと音楽~と題されたコンサートを聴きに行っていました。普段宗教心のない小生ですが、コンサートならではの俄か信者です。かなり大きな建物の神港教会です。

2演奏は、ソプラノ、アルト、テノール、バスの歌手の他、古楽器のコルネット、パイプオルガンによるもので、教会音楽が披露されました。普段聞いているロマン派とかの音楽とは違って、モノフォニックな音楽が流れ続け、宗教的な雰囲気が盛り上がりますね。

3ルターと出ているのは、今年が宗教改革からちょうど500年に当たるという事からのようです。パイプオルガンは2階席の一方に設置されていて、これは多分後付けのようですが、装飾も豪華で良い響きを醸し出していました。これで、すっきり世俗の垢が落ちたところで、夜は呑みに出かけていました。

2017年9月23日 (土)

川口チャペルコンサート

Img_3069今日は、梅田の名曲堂でバーゲンセールがあるというので朝から出かけ、何枚かの漁果をあげることができました。お腹もすいたので、これはインスタントじゃないかという疑いのあるめちゃ安い豚骨ラーメン(380円ですが、ネギ、玉ねき、分厚いチャーシュー付き)を食した後、地下鉄阿波座駅から歩いて10分ほどのところにある川口基督教会で行われたチャペルコンサートを聞きました。

Img_3073コンサートは、前半がパイプオルガンの演奏、後半はメゾ・ソプラノによる聖歌などの披露でしたが、オルガンは先日の神戸教会にあったものと同じくらいのかなり大きなものでした。パイプオルガンの演奏では、バッハ、ブクステフーデというバロック期のものから、エーレスト、ミヒェルという近現代の音楽も演奏されました。締めのバッハは前奏曲とフーガイ短調BWV543です。

Img_3076この川口教会、実は元の仕事場からすぐのところで、最寄りのバス停がすぐ前にあり、毎日見ていた教会なのですね。ところがここへ入るのは今日が初めてのことで、木造建築であったことや立派なパイプオルガンがあったことなど、本日にようやく知った次第です。聞きに来られていたのは、敬虔な信者の方がほとんどだろうとは思いますが、またこんなコンサートがあればお邪魔したいものです。

2017年9月 6日 (水)

パイプオルガン ヌーンコンサート

Img_2837今日は昼前に出かけ、神戸方面に向かいました。途中、西宮駅の手前当たりでこの列車に追い抜かれました。言わずと知れた豪華列車瑞風ですね。やや、瑞風のほうが速かったので、並走しているときも、ゆっくりと前に流れていき、たまには車内の様子をうかがうこともできました。

Img_2838今日は元町から北西へ10分ほど歩いたところにある神戸教会でのパイプオルガンコンサートでした。午後12時20分から50分までの30分間という短い時間ですが、熱心な方々が来場されていました。この演奏会を知ったのは、パイプオルガンの演奏会の告知サイトがあったからで、これにより知ることができました。

http://organguide.exblog.jp/23562048/

Img_2842今日は片桐聖子さんの演奏で、ウォロッド、バッハ、シューマンの小品と、バッハの幻想曲とフーガです。一曲ずつ解説を加えたから演奏されるというまじめさが好印象です。オルガンの演奏って、ピアノみたいに譜捲りの方がついているのかと思ったら、ストップの切り替えをするだったのですね。まだまだ知らないことがありますね。

パイプオルガンは高さ8メートルくらいもあるかなり大きなもので、すごい低音や個性的な高音が堂内に満ちました。

51vxvofa6l__sx306_bo1204203200_中野雄 ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢 文春新書/読了・・・・・・・ヴァイオリンの名器というとこの2つの名前、そのほかには、彼らの師匠格に当たるアマティくらいでしょうか。とにかく、ヴァイオリンの名器は高くなってしまい、今や十数億円レベルのものもあるとか。ただ、音の違いはプロでも聞き分けるのは難しいとか。それでも、演奏者は、名器を引いたときの感覚は別物らしいです。そんな話で満ち満ちた一冊です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ