国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

クラシック音楽

2017年9月 6日 (水)

パイプオルガン ヌーンコンサート

Img_2837今日は昼前に出かけ、神戸方面に向かいました。途中、西宮駅の手前当たりでこの列車に追い抜かれました。言わずと知れた豪華列車瑞風ですね。やや、瑞風のほうが速かったので、並走しているときも、ゆっくりと前に流れていき、たまには車内の様子をうかがうこともできました。

Img_2838今日は元町から北西へ10分ほど歩いたところにある神戸教会でのパイプオルガンコンサートでした。午後12時20分から50分までの30分間という短い時間ですが、熱心な方々が来場されていました。この演奏会を知ったのは、パイプオルガンの演奏会の告知サイトがあったからで、これにより知ることができました。

http://organguide.exblog.jp/23562048/

Img_2842今日は片桐聖子さんの演奏で、ウォロッド、バッハ、シューマンの小品と、バッハの幻想曲とフーガです。一曲ずつ解説を加えたから演奏されるというまじめさが好印象です。オルガンの演奏って、ピアノみたいに譜捲りの方がついているのかと思ったら、ストップの切り替えをするだったのですね。まだまだ知らないことがありますね。

パイプオルガンは高さ8メートルくらいもあるかなり大きなもので、すごい低音や個性的な高音が堂内に満ちました。

51vxvofa6l__sx306_bo1204203200_中野雄 ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢 文春新書/読了・・・・・・・ヴァイオリンの名器というとこの2つの名前、そのほかには、彼らの師匠格に当たるアマティくらいでしょうか。とにかく、ヴァイオリンの名器は高くなってしまい、今や十数億円レベルのものもあるとか。ただ、音の違いはプロでも聞き分けるのは難しいとか。それでも、演奏者は、名器を引いたときの感覚は別物らしいです。そんな話で満ち満ちた一冊です。

2017年8月26日 (土)

オーケストラフィエスタ第1回定期演奏会

Img_2765ようやく朝が涼しくなった本日、梅田で用事をしたのち、昼から尼崎のアルカイックホールで開催されたオーケストラフィエスタの第1回定期演奏会を聴きました。関西の学生さんの集まり、その多くは関学、関大でしたが、指揮者も学生さんのオーケストラの発足の演奏会です。アルカイックホールへはペデストリアンデッキを歩いていきました。

Img_2767曲目は、シベリウスのフィンランディア、シューベルトの未完成交響曲、休憩の後にチャイコフスキーの交響曲第5番でした。アンコールに、ビセーのアルルの女からファランドール。

フィンランディアでは、なかなか出だしが合わない箇所もあり、未完成も意外に軽いタッチだったり、チャイコフスキーも、少し管楽器が乱れたりして、いつもは聞こえない音がしたりと、傷もありましたが、元気に演奏が進められ、新鮮さだけはこぼれるばかりです。

Img_2766今朝の気温にも似たりの、新しいオーケストラの船出にふさわしい、清々しい音楽会になったのではないでしょうか。

第1回定期演奏会という事ですから、これからも定期的な活躍を期待していますよ。

2017年4月29日 (土)

シュペーテ弦楽四重奏団第7回公演

Img_1471 急に黒い雲が広がる中、電車に乗って、芦屋川畔のカトリック芦屋教会で開かれたシュペーテ弦楽四重奏団第7回公演を聞きました。
到着と同時に雨が降るというタイミングでしたが何とか間に合いました。
 
 
Img_1472_2 この弦楽四重奏団は、京都大学や大阪大学の交響楽団などで経験を積まれた方々で構成されているようですね。
曲目は、モーツァルトの第23番、フォーレのホ短調、ブラームスの第2番というラインナップ。残響豊かな会場でしたが、作曲家ごとの音質や音色の変化など楽しませていただきました。
 
 
Img_1480 今日の芦屋は、一日中町中にジャズがあふれるジャズフェスティバルの日だったようで、駅前のペデストリアンデッキでも、ギター、ベース、サックス、ドラムスによる演奏が行われていました。ジャズもいいですが、何と言っても大音響ですから、駅前のマンションの方々は一日中辛抱ですね。
 
125946_l 小泉武夫 猟師の肉は腐らない 新潮文庫/読了・・・・・・なんだか題名を見て、ひらめいて買った一冊ですが、何ともすごい内容にびっくり仰天。田舎暮らしを通じて太古の人間の生活を体験するようなお話ですが、これはフィクションなのでしょうか、それともノンフィクションなのでしょうか。現実感が半端ないですが、ここまですごみのある生活が今もあるのでしょうか。たぶん、あるのでしょうね、これはもう今年のトップ3にあげられる一冊でした。

2017年4月15日 (土)

広島交響楽団第369回定期演奏会

Img_1034 昨夜は、ずいぶん久しぶりとなりましたが、福島のザ・シンフォニーホールへ行き、広島交響楽団の第369回定期演奏会を聴きました。
指揮は下野竜也、ブルックナーの交響曲第8番、一曲のみです。
プロのオーケストラはいろいろあって、敬遠していたので、本当に長い間のご無沙汰となりました。
 
Img_1035 さて、下野さんのブルックナー8番は、兵庫芸術文化センター管弦楽団の第47回定期演奏会以来、2回目です。前半は若干早めかなと思えるテンポで進みましたが、後半はじっくりと構えたスケールの大きな演奏となりました。
洗練された響きでブルックナーの世界が繰り広げられたのは、下野さんのセンスによるものでしょう。
 
Img_1036 演奏終了後、オーボエ工務店さんとご一緒させていただき、これも久しぶりのポルチーニでイタリアンを味わい、またワインを楽しみました。
リッチな気分で大満足の金曜日でした。

2017年2月11日 (土)

御知り合いのコンサートでした、東灘教会

Img_0114 本日はお知り合いの方のミニコンサートが神戸の東灘教会であるという事で朝から出かけてきました。
東灘教会のすぐ近くには、求女塚東公園というのがあり、そこには、東求女塚古墳の跡があるのでそこをまず尋ねました。
万葉集でいう、葦屋の 菟原処女の伝説の場所のひとつですね。
 
Img_0118 会場となった東灘教会は住宅地の中にポツンとありました。
本日は、0歳から聴けるファミリーコンサートという事で、小さな子供さん、そして若い母親も多く来られていましたが、特にコンサートに支障を及ぼすようないたずらっ子もおらずスムーズに進められましたね。
 
Img_0120 午前の部は11時からでしたが、その時刻にはもう多くのお客さんで一杯になっていました。
披露されたのは、グリーグのホルベアの時代から、ヴィヴァルディの四季から、ルロイ・アンダーソンの小品、ピチカートポルカ、ディズニーの音楽、そして、少し本格的なのはドヴォルザークのアメリカから最終楽章というところでした。

2017年1月16日 (月)

ランチたいむコンサート 高橋真珠さん

Img_9930 昨日に続いて寒風が強く吹く本日、まさに忙中閑ありとなった隙間を縫って、大阪へ出かけてきました。JR東西線の大阪天満宮(大阪という事はないと思うけど、天満の天神さんやからね)で下車、天神橋通を南へ南へ、天神橋を渡ったところにあるエルおおさかという建物まで来ました。
 
Img_9934 今日はここで昼休みの時間帯に開かれる、ヴァイオリンの高橋真珠さんのコンサートを聴くためです。
このコンサートは、演奏者を変えてもう183回(ひと月1回のようですので、15年くらいは続いているようです)開かれているようで、本日は「バッハのヴァイオリンのためのパルティータの世界」と題されています。
プログラムは、パルティータ第1番から第3番まで、すべてを演奏するととても時間内に収まりませんので、それぞれの中から抜粋となりました。
 
 
Img_9936 おしゃべりの中で、お昼の時間ですからリラックスして聞いてくださいと言われましたが、パルティータ第2番のシャコンヌが始まると、これが渾身の演奏ですから、思わず聞き入ってしまいますし、その深い切込みの演奏は鳥肌ものでした。ガボットも様々な表現が展開しました。
終演後、昨年発売された真珠さんのCDをやっと購入することができ、帰ってから聞きとおした次第です。
 
28147999_1 宮部みゆき ここはボツコニアン5 FINAL 集英社文庫/読了・・・・・このゲームを底にした本もとうとう5冊目で終刊となりました。ゲームとは縁のない小生には、なかなか集中して読み通すのでしんどかったですが、なにやらラスボスと和解できたようで、大団円を迎えていました。まぁ、軽~い本ということにしておきましょうか。

2017年1月 2日 (月)

ドゥダメルのニューイヤーコンサート2017

Simg_9785 昨日、元旦の音楽行事というと、ウィーンのムジークフェラインザールで開催されるウィーンフィルのニューイヤーコンサートですね。
今年は今まで登場した指揮者の中で35歳と一番若手のグスターボ・デュダメルです。南米のベネズエラ出身。
 
Simg_9797 指揮している姿は初めて見ましたが、生き生きとしたそのスタイルは大変好ましく、また出てくる音楽がフレッシュなものでした。ただ、それだけの人って、過去にも一杯いましたよね。
この指揮者は見ているうちに変な気持ちになってきて、なんだか、モーツァルトが指揮しているみたいな不思議な感覚になりました。これから少し注目ですね。

2016年12月18日 (日)

神戸アンナ・マリア少年少女合奏団第3回プロムナードコンサート

Img_9664 今日は余りに天気が良かったので、お正月の年賀メールに添付する写真を撮ろうと思い、自転車鉄で西宮市内をうろうろしていました。そうした中、阪急今津線では、3000系がざっと2~3編成入っているようだったので、それも追いかけていました。甲東園駅の3056。
 
Img_9666 甲東園では、駅に隣接する甲東ホールでちょうど神戸アンナ・マリア少年少女合奏団の第3回プロムナードコンサートが開かれるとのことで、ここでひと休みしてヴィヴァルディやアルビノーニの音楽を堪能しました。演奏者は15名ほどですが、半分くらいが小学生~高校生くらいでしょうか、ほかは大人が助けていました。
 
Img_9667 このアンサンブルは、マルチな活躍で有名な西村恵一さんが率いておられるようで、軽妙な語りにも参加され、会場を和ませていました。季節柄、クリスマスの音楽も演奏され、ほっとした時間、空間を愉しむことができました。こうした子供たちのアンサンブルから将来の大物が出てくることを期待したいですね。
 
甲東ホール、小さいホールながらも、分厚い音響がいいですね。音楽がしっかりと伝わりました。

2016年9月14日 (水)

大阪クラシック 竹中工務店

Img_8174 本日は朝から歯医者で思いっきりガーガーゴリゴリやられ参ったので、昼から本町の竹中工務店のロビーホールで開かれた大阪クラシック4日目の公演を聞きに行った。開演の前に前の大阪フィルの指揮者だった大植英次から挨拶があり、それだけでも詰めかけた大勢の聴衆が沸いた。
 
 
Img_8175 さて、演奏は大阪フィルの団員によるアンサンブルで、まずファゴットとコントラバスの演奏で、マルチェロのソナタイ短調という渋い落ち着いた音楽が奏でられた。次いで、ヴァイオリン、ホルン、クラリネットが加わり、リヒャルト・シュトラウスのティル・オイレンシュピーゲルを編曲した、もう一人のティルと言われる曲が演奏された。アンコールにシンコペイテッド・クロック。右端に大植英次。
 
Img_8177 大阪クラシックは、もう今年で11回目を迎え、この季節、今回は9月11日から17日の1週間、大阪の街のあちらこちらでミニコンサートからフルコンサートまで、様々なクラシック音楽が演奏される。これが、大阪にある4つのプロオーケストラの演奏会の発展につながればええのになぁ。

2016年8月21日 (日)

第32回ファゴットフェスティバル

Img_8001 連日の猛暑の中、今日は南海天下茶屋駅近くの大阪フィルハーモニー会館で行われた第32回ファゴットフェスティバルを聞いた。これは関西ファゴットの会という集まりが毎年行っているもので、以前にも一度訪れている。写真は大阪フィルハーモニー会館の入り口。
 
Img_8002 さて、会場は普段大阪フィルの練習に使われているところで、かつては朝比奈隆がその壇上に立って研修をしていたところである。氏の誕生日の練習には決まって、ハッピーバースディが演奏されたとか。ここは大変響きがきれいなところで、練習場としてはいいところですね。
 
Img_8004 さて、演奏は、前半はグループによるもの、後半はご覧の様に100人ほどのプロ、アマ合わせたファゴット吹きが集まり、大変不思議な音楽が奏でられた。面白いのはチューニングで、何とも分厚い音がホールに満ちることになる。
お誘いいただいたみっきいfgさん、ありがとうございました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ