関西フィルハーモニー管弦楽団

2023年5月15日 (月)

オーボエとヴィオラのデュオ マグノリア・コンサート 5/14

00_20230515060601

昨日5月14日は、阪急文化財団が主催するマグノリア・コンサートで、オーボエとヴィオラのデュオ・コンサートを聞きました。

いずれも関西フィルの名手、オーボエの佛田明希子さんとヴィオラの中島悦子さんによるコンサートを聞きました。

02_20230515060601

会場のマグノリアホールです。初めてやってきましたが、大きさは西天満のモーツァルトサロンと同じくらいでしょうか、詰めたら100人くらいは収容できそうな小ホール、サロンコンサートに向いている空間でした。空調の音が少し気になりましたけど。

03_20230515060901

演奏されたのは、テレマン、フィエラ、バルトークがデュオによる演奏で、バッハの無伴奏チェロ組曲第3番がヴィオラのみによる演奏でした。フィアラはモーツァルトの8歳年上の作曲家でオーボエ奏者だったとか、とても技巧的に聞こえる素晴らしい音楽でした。

バッハの曲のヴィオラ版は今井信子のCDなどで親しんでいましたが、生で聞くのは初めてでした。チェロよりも自由でのびやかな音の広がりが感じられ、極上の時間でした。

01_20230515060601

会場のマグノリアホールがある逸翁美術館です。阪急電車の創始者である小林一三の邸宅跡に建てられた美術館を平成21年に現在の地に建て替え、移転したものです。外からは何回も見ていましたが入ったのも初めてでした。昨日は、いろいろと初めてづくしの日でした。

さて、今日から久しぶりの四国詣で(仕事なんですけれど)、明日、明後日のブログ更新はお休みの予定です。

05_20230515060601

出久根達郎 幕末明治 鬼才列伝 草思社文庫/読了・・・・・・・・維新前後に登場した人々の生涯を掘り起こして紹介するとありますが、本書の4割ほどは幸田露伴の人生に割かれています。また2割ほどは二宮金次郎に割り当てられていて、その他の4割に天田愚庵、清水次郎長、丸山作楽、陸羯南、高島嘉右衛門、西村三平、二宮敬作、三瀬周三等々が描かれています。とはいうものの、その他の稿で登場する人々が「ご縁」としか言いようのない繋がりを持っている展開にはドキドキさせられます。さて、二宮敬作の郷、愛媛県卯之町へこれから出かけましょうか。

2023年5月 3日 (水)

関西フィルハーモニー管弦楽団第336回定期演奏会 4/29

04_20230503055401

4月29日は友人のお誘いを受け、ザ・シンフォニーホールで開かれた関西フィルハーモニー管弦楽団の第336回定期演奏会を聞きました。

ここ数年、足を運ぶ機会が少なくなっていたこのホールへ、今年はもう毎月のように来ています。開館から40年を経てホール自体が楽器のように響くようになりましたね。

01_20230503055301

この日の定期演奏会は首席指揮者の藤岡幸夫さんの指揮、チェロの長谷川陽子さんによるソロという出演者です。

藤岡さんの指揮は何回も聞いていますが、長谷川さんの演奏は初めてでした。

02_20230503055301

演奏されたのは田中カレンさんの「ローズ・アブソリュート」、「アーバン・プレイヤー」という2曲、2曲目では長谷川さんの力強くも巧みなチェロの演奏が聴けました。音楽は前衛的な現代曲というより感性になじむ旋律を大切にした内容でした。

後半はヴォーン・ウィリアムズの交響曲第5番、V.ウィリアムズらしいたゆとう流れの音楽に浸りました。何も考えずにその音楽の中に埋没するととても気持ちの良い音楽です。

03_20230503055301

聞いたのは一階席の真ん中あたり、ステージが近くに見える良い席でした。弦楽器がきれいに聞こえるという点では、ザ・シンフォニーホールは関西周辺のホールの中でもピカイチではないでしょうか。充実した時間を過ごすことが出来ました。

M70081209781_1

小和田哲男 教養としての「戦国時代」 PHP新書/読了・・・・・・・大河ドラマなどの時代考証に多く当たっている著者による戦国時代の名将たち、あるいは合戦における客観的評価をわかりやすく、またポイントをついた解説でさらっと読み通すことが出来ました。こういった本で基礎知識を持ったうえで歴史小説に入っていくとさらにわかりやすくなるでしょう。

2023年2月26日 (日)

関西フィルハーモニー管弦楽団第334回定期演奏会 2/25

01_20230226064901

昨日2月25日は、お知り合いからお誘いをいただいて、関西フィルハーモニー管弦楽団の第334回定期演奏会を聞きました。

関西フィルは1970年頃にヴィエール室内合奏団として発足して以来、1980年代には定期会員になるなど、何かと聞く機会が多い楽団です。

05_20230226064901

福島にある会場のザ・シンフォニーホールです。「残響2秒」というコンセプトで1982年に開館したこのホールもすでに40年を越えました。

福島界隈を歩くのも久しぶりのことで、JRの大阪新線の工事の様子や、それに伴う町並みの改変等、以前と比べて様変わりしている一角には驚きました。

02_20230226064901

演奏されたのは、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番とラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」の全曲です。とてもセンスが感じられるナイスな選曲ですね。

07_20230226064901

ピアノのペーター・ヤブロンスキーです。ペーター?って思いましたが、NHKではピョートル乃至ペートルという表記になっていたかと思いますが。

第一楽章の導入から、輝かしい音と卓越した切れの良いピアノで、演奏効果が高いプロコフィエフの協奏曲を盛り上げました。この曲の代表的な名演であるアルゲリッチの演奏を彷彿とさせました。

06_20230226064901

後半は、トルトゥリエの指揮でダフニスとクロエでした。トルトゥリエ、懐かしいお名前です。この人の父は、著名なチェリストで、何枚もその演奏のレコードやCDを持っています。

この日のダフニスは、繊細さと色彩の妙を持ち合わせた音の洪水とでもいいのでしょうか、煌々しい演奏でした。この曲は、組曲では聞くことがありますが、全曲を聞くことができるとは稀有なことですね。とても良い時間を過ごすことが出来ました。

2021年9月13日 (月)

関西フィルハーモニー管弦楽団第322回定期演奏会 9/11

01_20210913052201

9月11日は、お誘いを受けて久しぶりのプロオケの演奏会、関西フィルハーモニー管弦楽団の第322回定期演奏会を聴きました。会場は福島のザ・シンフォニーホールです。「音楽の上が舞い降りるモーツァルト&ベートーヴェン」とフライヤーにありますが、さてどうだったでしょうか。指揮はオーギュスタン・デュメイ、ピアノの児玉桃さんのご出演です。

02_20210913052201

前半は、児玉桃さんのソロでモーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調が演奏されました。柔らかく華麗なピアノだったでしょうか、しなやかと言い換えることができるかもしれません。第2楽章シチリアーノは特にそんな感じ。そんななか、ときおりモーツァルトではないショパンの音が聞こえてきたり、チャイコフスキーの強靭な響きがあったりと、音色の変化も面白く聞きました。オーケストラもしなやかにつけていましたね。演奏後、突然の指揮者のリクエストでトロイ・メライのアンコール、ここに桃さんの本領が発揮されました。

03_20210913052201

後半はベートーヴェンの交響曲第7番です。叩きつけるようなアタック、とげとげしい鋭い全奏、とてつもなく早い第4楽章、相変わらずのデュメイの音楽でした。デュメイは、自身の演奏の時はマイルドで響きを大事にした演奏に徹するのですが、オーケストラを指揮したときは、とにかくちぎっては投げちぎっては投げの荒っぽい演奏になります。今回もそうでした。前半のモーツァルトのバックのようなしっとりとしたしなやかなオーケストラの音はベートーヴェンからは聞こえてこなかったです。不思議な指揮者さんですね。

Img_2560

唐突ですが、本日この機関車が似合う年齢になりました。ますます元気にこの一年を乗り切りたいものです。

2021年1月31日 (日)

神戸国際ホール ワンコインコンサート

Dsc07921_20210131091601 O1462206414883730115

昨日、1月30日は緊急事態宣言下ではありましたが、前々から気になっていた神戸でのコンサートに行ってきました。神戸国際会館こくさいホールで開かれた関西フィルのメンバーによるワンコインコンサートです。ヴァイオリンにコンサートマスターの岩谷さん、オーボエのソロに主席の佛田さんというご出演です。

Dsc07922_20210131091601 Dsc07925

演奏されたのは、グリーグ、ドヴォルザーク、バッハのアリアといった小品のほか、サン=サーンスの序奏とロンド・カプリチォーソ、これを岩谷さんのヴァイオリンで。そして、佛田さんのオーボエでベッリーニの協奏曲。最後に、お二人のソロでバッハのヴァイオリンとオーボエのための協奏曲というプログラムでした。

岩谷さんのつややかなヴァイオリンの音色、佛田さんのまろやかで、柔らかい響きのオーボエに魅了された充実の一時間となりました。

Dsc07923 De3f5e46722574cce41cff0a4d6847f0f3068d24

神戸国際会館も震災後建て替えられ、すっかり立派になりました。左右のデッキの座席も特別感があっていいですね。いつか座ってみたいものです。最後の一枚は、全体の様子が分かるようにネットから拝借しています。横幅はそれなりにありますが、奥行きは芸文ホールほどないので、どこにいてもステージが近いので演奏者と聴衆の一体感を感じるホールです。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー