国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

2020年4月 8日 (水)

春の雑感

緊急事態宣言により、阿波座の長楽庵さんや梅田のディスクユニオンも長期休業に入るとか、本当に自分だけの自粛じゃなくて、行くところがなくなり、自粛せざるを得ない状況に変わってしまいました。それでもしばらくの辛抱と思って、みなさん頑張りましょう。

Thumbnail_image1_20200408090901

さて、春の雑感として2題ほど。

庭に植えてある、といってもいつからあるのかはわからないのですが、アスパラガスが出てきました。ここ数年は細い茎のものばかりで頼りなかったのですが、この冬に牛糞堆肥などを漉き込んでいたら、今年はかなり太いのも混じるようになってきました。採りたてをオムレツにする愉しみが増えそうです。

Thumbnail_image0_20200408090901  

またもうひとつ、チューリップが綺麗に咲き始めましたが、これを夜にライトを当てて撮影します。余計なものが闇に隠れて、鮮やかな花の原色だけが浮かび上がります。昨年開催した小生の写真展にもこのような作品を展示しました。

Thumbnail_image01

少し慣れると割と簡単に撮れるので、チューリップが咲いているお宅ではぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。神秘的できれいな画像が撮れますよ。ただ、チューリップ以外の花ではなかなか難しいです。

外出を控えるということで、これからは身近な話題ばかりになりそうですが、細々ながらほぼ毎日更新ブログを継続したいと思っています。

2020年4月 6日 (月)

庭の花 チューリップなど

Thumbnail_image6_20200406084601  Thumbnail_image1_20200406084601  Thumbnail_image0_20200406084601

外出自粛要請とかで、そろそろブログのネタも尽きてきました。ちょうどこの季節ですから、庭に咲く花の紹介でもしてみましょう。

毎年、同窓生のお店からチューリップの球根を購入して植えています。今年もきれいな花を咲かせてくれました。地中には、昨年までの球根も残っているので、これから次々に開花していきます。

Thumbnail_image5_20200406084601  Thumbnail_image4_20200406084601

桜も開花しました。花と葉がほほ同時に出てくる種類の桜なので、ソメイヨシノではないですね。これは木の幹から直接咲いて出た花を載せています。木はそこそこ大きいのですが、なぜか枝が切られていて、花をいっぱいにはつけないのが残念です。

Thumbnail_image3_20200406084601  Thumbnail_image2_20200406084601

木の花としては、白い多弁の桃が咲きそろいました。多弁の桃は実を付けないということで、この木も少し小さな実ができたと思うとすぐに落下してしまいます。もう一本、桃色の花は枝垂れも桃の木です。これも実が付くことはありません。いずれも花を楽しむ桃の木のようです。

2020年4月 5日 (日)

廣田神社のコバノミツバツツジ

Dsc02063

3月29日は、公共交通機関を使わずに自転車で西宮市内をツーリング。夙川の桜の様子を見に行った帰りに、大社町にある廣田神社へ向かいました。廣田神社は、伊勢神宮を第一位に掲げ、全国の神社の中で最も高い社格を有する二十二社のうち、下八社に区分されています。二十二社の多くは京都府と奈良県に位置していますが、それ以外では大阪の住吉大社、滋賀の日吉神社とこの廣田神社だけです。

Dsc02061  Dsc02062

廣田神社の境内には、2万株のコバノミツバツツジの群落があり、兵庫県の天然記念物にしたいされています。ツツジは一般にはもう少し遅い時期の花ですが、コバノミツバツツジは桜の満開とほぼ同じくして花を付けます。コバノミツバツツジの群落の中に白い桜の花が見えます。

Dsc02057  Dsc02058

境内にある公園の区画の周りを取り囲むように群落があり、散策しながらその美しさを楽しむことができます。株の大きさは、高さが三メートルほどあるのもあって、目線よりもかなり高いところまで花で埋め尽くされています。

Dsc02060  Dsc02056  Dsc02059

実は平成元年から25年間ほど、この廣田神社のすぐそばに住んでいたものですから、毎年このコバノミツバツツジの開花を心待ちにしていました。広い境内には、多くの花を楽しむ方々でにぎわっていました。

91jn97fufol__ac_ul600_sr420600_

光瀬憲子 台湾一周!! 途中下車、美味しい旅 双葉文庫/読了・・・・・・・・・・・・・・・台湾での在住経験のある著者による7泊8日の鉄道による台湾一周旅のルポです。とにかく、喰いまくる旅のようで、名前もその実態も知らない食べ物が次から次へと出てきます。巻頭にはカラー写真があるので、いくつかはそれらしくわかりますが、本文中は白黒写真なので、十分に伝わってこないのは残念。それにしても、全体として濃厚な味わいを感じる食べ物が多いですね。

2020年3月16日 (月)

淡路島 梅とフグとランの旅 2/25、26 その3

Dsc01274

2月25日から一泊で淡路島に行き、南あわじ市の大きな紅梅を見た後、三年フグのコースをいただくという至福の旅でしたが、ちょうど淡路夢舞台の奇跡の星の植物園でラン展を開催していたのでこれも楽しみました。

Dsc01271  Dsc01267  Dsc01259

毎年この時期に開かれるラン展、きれいな花が咲き誇っています。

Dsc01261  Dsc01263  Dsc01248

ランですから、種類によっては芳香を放つものもあり、温室の中には心地よい雰囲気が作られています。

Dsc01252  Dsc01255  Dsc01256

温室の会場はそれぞれが小さなブースに区切られていて、ゆっくり鑑賞することができます。

Dsc01258  Dsc01260  Dsc01250

外は冷たい風でも、この温室の中は適度な湿り気とともにあたたかく過ごすことができ、天国のような空間となっています。以上、淡路島の旅、終わり。

2020年3月14日 (土)

淡路島 梅とフグとランの旅 2/25、26 その1

Dsc01231  87278603_2592435861080739_56739259243036

このところ毎年のことではありますが、2月25日から母親の希望で淡路島の一泊旅行に出かけました。家から車で1時間ほどで淡路島のサービスエリアへ到着です。明石海峡大橋、見るたび、渡るたびに、ようこんなでっかいものを造ったなぁ、と半ば感動します。この感覚、大阪城や仁徳陵よりも強く思います。お昼はめっちゃクチャ美味い淡路島玉ねぎピザを食しました。お店はピザ丸⇒

Dsc01244  Dsc01243  Dsc01242

淡路島にはお気に入りの酒蔵、千年一酒造があり、いつも立ち寄ります。ここではお酒を買うのではなく、わかめの茎煮がお目当てです。とても柔らかくおいしい茎煮です。その酒蔵の向かいには、その名も学習小学校という、いかにも真面目に勉強しそうな子供たちが通う学校があります。そして、その校庭のフェンスには地元の英雄、阪神タイガースの近本選手を応援するメッセージが掲げられていました、がんばれ近本選手!

Dsc01240  Dsc01236  Dsc01241

目指す梅の木は、南あわじ市の八木というところにある村上邸の大きな紅梅です。今年は例年より2週間も開花が早かったそうで、現地へ行った日は既に盛りが過ぎていました。それでも、このような絢爛豪華な梅の花を見ることができました。素晴らしい景色です。ここは個人のお宅なのですが、毎年このように公開されています。

2020年3月 4日 (水)

佐保川の河津桜

Dsc01328  Dsc01351  Dsc01381

お知り合いの方のブログで、奈良の佐保川、その土手に植えられた河津桜が咲き始めたとのことで、早速3月1日に出かけてきました。近鉄鶴橋駅では12200系を見ました。まだまだ活躍していますね。新大宮駅で降りて佐保川に向かうと、心地よい風とともに濃い紅色の一群が見えてきました。

Dsc01352  Dsc01379  Dsc01373

佐保川のJR奈良線の東側、大仏鉄道公園に至る間までの土手沿いにある河津桜がこれから見ごろを迎えようとしているところでした。木々によっては8割くらいの開花となっていました。ソメイヨシノに比べて色濃いのが特徴ですね。

Dsc01343  Dsc01354  Dsc01340

まずは、佐保川の左岸の土手に沿って歩きます。日曜日ということもあって、ご近所の方も多く散歩に来られているような。ぐるっと回って、右岸の方も歩いて、ひと足早い桜見物を楽しみました。

Dsc01361

佐保川沿いには、犬養孝先生の万葉歌碑があります。久しぶりにこの歌碑にご挨拶です。

打ちのぼる 佐保の河原の 青柳は 今は春べと なりにけるかも    大伴坂上郎女

2019年12月19日 (木)

庭の花シリーズ 冬は赤と黄色

Thumbnail_image1_20191219065801  Thumbnail_image2_20191219065801

冬の庭の様子ですが、なんといってもナンテンの赤い実が彩りを与えてくれています。また、今年は比較的暖かいのか、糸紅葉がまだ赤みを帯びていたりして例年よりもにぎやかさが残っています。

Thumbnail_image3_20191219065801  Thumbnail_image4_20191219065801

花が少ない季節ですが、黄色い花を満開に誇っているのは蕗の花です。すくっと茎が伸びてとても目立つ色合いです。黄色と言えば、銀杏の葉が色づいています。

Thumbnail_image10_20191219080701  Thumbnail_image21

珍しいところでは、ヤツデの花が咲きました。これは初めて気が付きました。 この寒いのバラが蕾を付けました。果たして開花するのでしょうか?

136946_l

宮部みゆき この世の春 中巻 新潮文庫/読了・・・・・・・・著者による江戸時代の某所を舞台にした怪異小説?でもないかもしれませんが、読み込んでいくとすっかり宮部ワールドに呑みこまれていきます。さまざまなスタイルの作品をひねり出してくる宮部みゆきですが、時代物は大好きですね。残りは下巻ですが、もっと長い作品でもいいからしばらくこの世界に浸っていたいものです。そやけど、なんでこの話が「この世の春」なんやろか?そのあたりが最終巻で明らかになるのでしょうね。

2019年5月30日 (木)

写真展2019 in 長楽庵 ~庭の花~

3回目となる私の写真展を5月22日から、大阪、阿波座にある音響珈琲「長楽庵」で開催しています。すでに多くのお知り合いの方々にご来場していただき、大変ありがたく思っております。今週いっぱい、6月2日まで開催しておりますので、お時間があればぜひお越しください。

Dsc01192

さて、展示している写真の中から、いくつかを順番に紹介させていただきます。先ず、サクランボの桜の花です。このさくらはソメイヨシノよりも半月ほど早く満開になります。今年も3月中旬に満開を迎えました。満開になるとどこからかミツバチがやってきて受粉してくれます。多くのミツバチが飛び交う中で撮影するのですが、このように花の近くでホバリングして、しかも羽が胴体より上にあるというタイミングはなかなか難しいものです。当然、高速連写での撮影となります。

11

庭に咲く濃紺のフリージアです。フリージアは春になるとどこからともなく芽が出て咲いてきます。まず、白いフリージアが咲いて、次に赤、青、そして濃紺と咲く順番でしょうか。春の花で一番色彩が豊かな花々ですね。

14

裏庭にひっそりと咲くナルコユリです。白いぶちの葉の下に、リズムをとったかのように白い花が垂れて咲いています。とても可憐な花ですが、自分からの主張がない、そのおとなしさに惹かれます。

写真展のご案内

60534504_2341440609513600_28953637949915_1

2019年2月25日 (月)

南あわじ市 八木邸のしだれ梅

14毎年恒例のことでもあるのですが、母親を連れて淡路島へ渡り、フグ三昧して美味を堪能した翌日に、南あわじ市にある八木さんというお宅の庭にある巨大なしだれ梅を見に行って来ました。これは樹齢60年にもなるというものすごし大きなしだれ梅で、毎年2月下旬から3月上旬にかけて満開となり、その見事な姿を現すものです。今日が満開でした。

15数年前に行ったときは、それほど多くの観光客でもなかったのですが、今回は平日の午前中というのに、多くの方が車で来場し、狭くもない庭先がごった返していました。また、現地では遭遇しませんでしたが、途中の道ではしだれ梅を見る観光バスとも行き違いになりました。

Img_0011たしかに、こんなに素晴らしい梅は他では聞いたことも見たこともありませんね。しかも60年というのが梅として育つのに十分な期間なのかどうかもわかりませんが、梅の木自体がこんなに大きくなったというのもほかにあるんでしょうか。花咲じじいがここにいたのでしょうね。これは裏に回って撮ってみました。

41qalmmuhel__sx353_bo1204203200_片山杜秀 音楽放浪記 日本之巻 ちくま文庫/読了・・・・・・・・・・近年、評論の世界でモリモリと名前が挙がってきている著者による音楽評論風のエッセイです。エッセイといっても、そんなに軽々しく読める内容ではなく、実に多彩な知識と判断によってがっちりと固められています。ひとつを言うと百ほど返ってきそうな感じがしますが、遠くにいる友達としては役に立つかも。近くにいて、何かと口を挟まれるといやなタイプかも(知らないけれど) あふれる知識とはこういうものなのでしょうね。

2018年10月25日 (木)

武庫川コスモス園

44773990_2184924611831868_741923892今日は母親の病院付き添い、大学病院での定期的な検査に連れて行ってきました。帰りに、ふと思いついて、武庫川のコスモス園に立ち寄りましたが、その見事さには、見飽きることがありませんでした。こちらは、赤系統のいろいろな色の花を中心とした園地です。

43626617_2184924545165208_408721883こちらのコスモスは、全てオレンジ色に揃えられた品種です。能勢や三田などの阪神間から一時間ほど車で走ったところにもいろいろなコスモス園がありますが、武庫川のスケールの大きさは別格です。今日は晴れていたこともあり、花の色が実によく映えていました。

44703405_2184924575165205_719838211これは、そのコスモス園から六甲山の方面を見たものです。手前のこんもりとした山は、西宮市のシンボル、甲山です。市内の多くの場所から仰ぎ見ることができ、子供のころから親しんできた山です。昔は火山だと言われて教科書にも載りましたが、その後の調査で火山でない事がわかりました、残念。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ