国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

2017年3月29日 (水)

早春からの庭の花

Img_0757 FBでは時々紹介している庭の花シリーズですが、こちらではしばらくぶりとなります。
昨秋植えた5ダースほどのチューリップの最初の一輪が咲きました。
チューリップは、5月のゴールデンウィークあたりが咲きごろと言われていますが、うちの庭に咲くチューリップは、だいたい4月中旬がいつもピークになります。
今年はどのくらい咲いてくれるのか楽しみです。
 
そのほか、白梅、黄水仙、紅梅、山茶花、水仙、シンビジウム、スズランスイセン、サクランボ、白モクレン、菫、ピンクの椿です。
Img_0106Img_0107Img_0108Img_0111Img_0112Img_0556_3 Img_0716 Img_0592_2 Img_0756Img_0747Img_0715

2017年3月 2日 (木)

南あわじの梅の大木

Img_0369 淡路島に一泊した翌日は、南あわじ市のある村上邸というところにある紅梅の大木を見に行きました。
時期的にもちょうど満開を迎えたところということで、このように見事な開花を見ることができました。
 
Img_0378 梅の木の大きさは、2階建ての建物よりも高いもので、これはその梅の木の裏側に回ったところです。
垂れ下がる枝の後ろは、まるで紅梅の滝のような感じで、青空を背景に、さらにむせるような芳香を堪能しました。
これは、建物の屋根をバックに撮ったものです。
 
61zl0pzwygl_ac_ul320_sr224320_ 二階堂黎人 僕らが愛した手塚治虫 2 小学館文庫/読了・・・・・・・前作に続く2巻目で、3巻、4巻まで続く模様です。手塚治虫の評伝ですが、真に熱烈なファンの著者の書き方は、のめり込むような推進力で書かれています。懐かしい漫画のコマが随所に入っているので、それを見ながらという読み方も面白かったです。

2017年2月27日 (月)

淡路夢舞台 奇跡の星の植物館 ラン展2017

Img_0343 昨日から淡路島へ遊びに行って、まずは、淡路夢舞台というかつて博覧会をやった会場の中にある奇跡の星の植物館という施設でやっているラン展を見に行きました。
春でまだ少し時間があるというのに、ここでは色とりどりのランが咲き誇っていて、中には芳香のある種類もあって、きれいだし、かぐわしいし、という事でずいぶん楽しんできました。
3月5日までですので、お急ぎください。
 
Img_0328Img_0331Img_0332Img_0339Img_0340Img_0344

2017年1月26日 (木)

梅一輪ほどの暖かさ

庭の花を紹介するシリーズ、そんなんあったかいなという方にも、無理やりお知らせするという強引なブログ主でして、そういう趣でお付き合いくださいませ。
庭の紅梅が先日から花を咲かせ始めていまして、この連日の寒さのなかにも健気な頑張りを見せています。
という事で、FBにもあげたネタの使いまわしですが、ブログオンリーの方々には、初めてのお目見えとなります紅梅とこれから咲こうとつぼみが膨らみ始めた白梅の様子でした。
 
Img_9965 Img_9968Img_9959

2016年10月 6日 (木)

彼岸花 終わりました。

Img_8246 毎年、気が付いたら咲いている彼岸花ですが、今年は本数も多く、気を付けてみていると、3日ほどかけて土の中から茎をのばしてから咲き始めますね。庭の彼岸花は、赤が一番多いのですが、次いで、白、そして少ないながら薄い黄色の花もありますね。
 
Img_8264 赤は特に密生して咲くこともあり、こんな風になります。花は咲いてから3日ほどで枯れてしまいますが、株というか集団のものは同じ時期に咲いて散ります。はかない花ですが、秋の訪れを知らせてくれます。
 
さて、今日から恒例の四国詣でです。今回も残り少なくなった機会を得て、寄り道しながら行って来ます。

2016年7月10日 (日)

夏の花 オニユリ

Img_7662暑い日々が続き、実質的には夏になったものと思うんだけど、気象庁のほうではまだ梅雨という扱いらしい。ところが自然は正直なもので、クマゼミはもう猛烈な勢いで鳴いているし、庭ではとうとうオニユリも咲き始めた。黒い色使いの花だけど、それだけに、真夏のコントラストのきつい日の光には負けない強さが感じられる。ムカゴも付いていますから、コオニユリではなく、オニユリですね。これから何本も続いて咲いてくれることでしょう。庭のユリはほとんどがオニユリですから。

テレビはほとんどが選挙特集ですが、Eテレがクラシック音楽館、サンテレビが負け負けの阪神戦の中継でした。

2016年6月27日 (月)

梅雨の晴れ間 花でも

Img_7579梅雨の晴れ間となった本日、何かと野暮用で振り回された一日でしたが、ふと庭に目をやると梅雨だというのに元気な紫陽花と同様頑張っている花があります。アガパンサスと言います。南アフリカ原産ですが、日本でも各地にありますね。もう、すっかり日本に根付いた感じのある花です。語源は、アガペ(愛)とアンサス(花)の造語のようで、愛の花というらしいです。

Img_7580その花のひとつひとつを見ていくと、花弁がラッパの様に広がっていてユリの仲間だというのがわかりますね。分類的にはほかにネギとかランとか言われているようですが、ここでは難しいことは止めておきましょう。特に匂いは発しませんが、凛とした茎がスッと伸びて、色も鮮やかなので庭では映えています。

Img_7581もうひとつ、駐車場の隅っこで生えている浜木綿がもう花をつけました。6月ですよ、ちょっと早くないでしょうか。花が咲いて、実をつけて、それが種となって、この長い茎が倒れた先に種が散らばって子孫を残していきます。つまり、一代での移動距離は1メートルもありません。そうやって何年もかかって群落を造るようです。ただし、群落としては密集しますね。

Cfvkwrxeai3f5i徳田耕一 名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年 交通新聞社新書/読了・・・・・・・あまりなじみのない名古屋駅の変遷を明治期からずっと辿って、現在130年を迎えた現在の姿、そして、リニア新幹線着工というタイミングでまとめられています。写真や地図もふんだんに入っているのですが、地図に肝心の方位がなく、西や東と言われても良くわからないのと、近傍路線の延長について細かく書かれているのですが、その路線図がなくて、理解に苦労しました。著者の頭の中に入っている常識は万人の常識ではないのでは?

2016年6月21日 (火)

苦楽園口のアジサイ

Img_7551RREさんからの情報で、夙川の苦楽園口あたりの河原に、アジサイが咲いていてちょうど見ごろだということなので、本日足を運んだ。お昼時だったもので、苦楽園の橋のたもとにある蕎麦屋でお昼とした。そのお店の窓から眺める景色です。

Img_7557河原には、大きなあじさいの株がいくつもあり、まさに味対の名所の感がした。その群落の向こうに阪急甲陽園線の電車が通過していった。このあたりでは、井の頭線のようにあじさいと電車を絡めて撮影できるスポットがないので、せめてもの一枚と思って撮った。

Photo石井妙子 寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年 交通新聞社新書/読了・・・・・・これはまさに国鉄マンの家族史である。妻が夫の仕事をどんなものかずっと知らずに、妻の務めとして家庭を守っていた立場から、その歴史をまとめたもので平易な文章であるだけに、素直に感情が伝わってくる。全体にさらっと読めるところは、日記の延長のような感じからだろうか。

2016年6月 8日 (水)

梅雨の使者 紫陽花

Img_7349先日に梅雨入りし、これから一か月は雨や曇りの日が多くなりそうです。うっとおしいことこの上ないですが、そのなかにあって、いくつかある慰めのひとつが紫陽花の花です。花と言っても花弁ではなくガクが花の様に見えているようですが。

Img_7351庭にある何本かの紫陽花も、不思議と花の色が濃くなってきたようです。葉の緑が濃いだけに、花がきれいに浮き上がって見えています。

2016年5月16日 (月)

2016富士芝桜まつり

Dsc01529先月行った河口湖周辺で、どのような観光地があるのか、事前に調べて行かなかったので、現地の方に聞いたりすると、「何といっても、芝桜ですよ」とおっしゃる。ということで、朝一番に、河口湖駅に向かい、そこから芝桜まつりの会場となっている本栖湖リゾートへ向かった。

Dsc0153330分ほどで着いたところは既に観光バスが大挙して押し寄せている感じだったが、乗ってきたバスはピストン輸送している富士急バスだったので問題なく会場の駐車場へ。降りてしばらく歩くと、もう一面の芝桜の様子が目に飛び込んできます。これで、6分咲きということですから、満開になるとすごいでしょうね。

Dsc01541さて、広い会場をただただ散策していただけなのに、1時間以上もかかりましたね。そして、始終富士山がそのすがたを見せていて、何とも雄大な光景でした。芝桜と富士山、この季節にこれ以上のものはありませんね。日本一の春でした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ