国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

2020年7月 4日 (土)

アジサイを追って JR夙川橋梁 6/29

Dsc03302  Dsc03333

6月29日は、阪急甲陽線沿線のアジサイを撮影したのち、JRの夙川橋梁まで下りてきました。この辺りにもアジサイが植えられています。苦楽園口駅周辺のアジサイに比べると茎が細く、花も小さいので植えられてからまだ日が浅いのかもしれのせんね。橋梁脇のお堂を入れての撮影です。

Dsc03347  Dsc03351

少し大きなアジサイが咲いているところもあり、そこからの撮影です。智頭急行のスーパーはくとがうまい具合にカットに入ってくれました。この一枚は少し気に入って、現在パソコンの背景写真として毎日眺めております。

Dsc03363

さて、帰途につき、さくら夙川駅のホームに上がると、はるか東方の西宮駅方面から何やら見かけない車両がやってくるのが見えました。近づいてくるとこれが事業用牽引車のクモヤ145であることがわかりました。大変ゆっくりとしたスピードで通過していきました。思いがけず珍しい編成を撮影できるというおまけがついたアジサイ撮りでした。

2020年7月 3日 (金)

アジサイを追って 阪急甲陽線 6/29

Dsc03272  Dsc03270

夙川沿いにアジサイが満開を迎えているとのことで、6月29日は阪急甲陽線の電車と絡めたアジサイの写真を撮りに出かけました。川の両岸には少し盛りを過ぎてしまったかもしれませんが、それでも大振りのアジサイがたくさん花をつけていました。(あれは花じゃなくガクだという方には花がわからない、と思う)

Dsc03250  Dsc03264

アジサイが咲いているのは、おもに苦楽園口駅近くの夙川沿いです。しかも、走行する阪急電車と絡めて撮影するにはどうしてもポイントは限られてしまうようです。電車が来るのを待って何枚かカットを撮りました。

Dsc03281  Dsc03296

限られたポイントを選びつつ、対岸から撮ったり、河原ではない場所のアジサイを探して撮ったりしました。あっちこっちと移動し、苦楽園口駅界隈を行き来している割には、相当歩くことになりました。さて、次のポイントへ移動することとしましょう。

618ajxkq02l__ac__sr360460 

渡部史絵 地下鉄の駅はものすごい 平凡社新書/読了・・・・・・・・・・・260ページの半分ほどが東京メトロについて、残りの100ページほどが都営地下鉄について書かれており、残った23ページがその他各地の地下鉄について書かれています。ほとんど東京の地下鉄についての記事でした。だからどうしたということではないのですが、これならタイトルも「東京の地下鉄の駅はものすごい」にすればよかったのでは?写真も多い本なのですが、なぜか文章が頭に入ってこないという不思議な鉄道本でした。都営大江戸線の各駅のコンセプトを紹介されていますが、これは全くちんぷんかんぷんでした。

2020年6月30日 (火)

6月の花 夏の花咲きました

104900628_2702366143421043_1190789915389

本日6月30日で今年も半分終わってしまいますね。コロナコロナで騒いでいてあっという間という気がします。一方、庭の花はきっちり季節を刻んで咲いてくれます。薄い紫の花をつけているのは南アフリカ原産というアガパンサスです。一部野生化していて、街中でも多く見かけます。

104417604_2698724170451907_9183675477338  104482295_2702366196754371_1298856412426

白いユリのような花はアフリカハマユウです。秋口にハマユウに取りつくハマオモトヨトウという虫にやられ、地上部を全部切ってしまったことが有りましたが夏には見事に復活しました。そして大きなハマユウも花が咲き始めました。暑い暑い夏を代表する我が家の庭の花です。

104093617_2698724227118568_1270655519381  104378718_2698724247118566_6803458894687

花は咲くのでしょうが、いまだにその花を見たことがないのが、イチヂクです。無花果と書くのも納得です。熟れた実はカラスをはじめとする天敵に狙われますので、早速ネット掛けをしておきました。今年の夏もこれで楽しめそうです。

104809812_2702366176754373_8917474574966  105358668_2702366223421035_1632986101221

夏が近づき、店頭にパイナップルが並ぶようになってきました。調べてみると、パイナップルのヘタを植えておくと2年ほどで果実がなるとのこと(甘い考え)なので、試しに植えてみました。大きなヘタは内側から緑の新しい葉っぱがでてきたので根付いているものと思います。これも楽しみですね。

104123202_2696292574028400_9745426198502

今年の朝顔は、庭のあっちこっちに直播きしました。手抜きですね。どこに植えたかもわからないほど一杯植えたので夏にはかなりの朝顔が咲く、、、、かな。

2020年6月29日 (月)

6月の花 極楽鳥花など

82208693_2680811008909890_61480110415706  82490784_2680811082243216_86244982038756

コロナコロナで振り回され、気が付いてみると6月ももうすぐ月末を迎えてしまいます。ということは、今年もそろそろ半分が過ぎようとしているということですね。なんだか、時間がたつのが早いような気がします。それは生活が充実していないことなのかと、改めて時間の有効な使い方に気を遣わなくてはなりません。

ということで6月の庭の花を並べてみました。庭の隅っこにあるので気が付きにくかったですが、極楽鳥花が咲いています。そして、雨の季節の到来を告げるように、アジサイが咲き始めました。青いガクアジサイ。

103096417_2696292314028426_4474568419986  104114117_2696292487361742_2760626848888  104016788_2696292347361756_7602161757729

アジサイはとっても強い花で、2年前にほかの株から枝を切って土に刺しておいたら今年になって花を付けました。その間、一本の茎からぐいぐい枝を伸ばし葉をたくさんつけました。アジサイの枝を斜めにスパッと切って、水に十分浸して後、土に植えます。ただそれだけでした。

これらはみんな同じ株からの植え替えですが、それぞれ色合いが異なる結果となりました。これも面白いですね。

104433797_2696292627361728_9176429464187  104868730_2696292707361720_8190699978174

今年になって初めて気が付いた花もあります。木の上の方で、おしべを長く伸ばした特徴的な白い花をつけているのはギンバイカの木でした。そしてねよく見ないとわからないほど小さなを花をつけるムラサキシキブでした。

2020年5月21日 (木)

散歩風景 バラの季節となりました

Thumbnail_image0_20200521063201  Thumbnail_image2_20200521063201

天気も良く、さわやかな風が心地よい季節となりましたが、今年は少し違います。コロナ禍のせいで、なかなか自由な外出にも支障を感じる毎日です。

とは言うものの、近所への散歩程度は推奨されているので、たまに徒歩で出かけています。歩いて15~20分ほどの所にある大井戸公園では、いま、まさにバラが満開となっています。

Thumbnail_image3_20200521063201  Thumbnail_image7_20200521063201  Thumbnail_image4_20200521063201

公園の広場では、休校中の小中学生がボールを蹴ったり、走り回ったりとにぎやかなのですが、バラ園は大人が散策する程度で、ソーシャルディスタンスは守られています。(というか、他人が来ると自然に避けて歩くように癖がついてしまっているようですが) 

久しぶりに色とりどりの花を見ることができ、都会のオアシスに出会ったような、そんな散歩風景です。

Bk4041057361_3l

葉室麟 蒼天見ゆ 角川文庫/読了・・・・・・・・・すっかりはまり込んでいる葉室麟の作品集、今度は幕末の九州福岡藩の支藩である秋月藩で起こった尊攘派による反乱で殺された父親のかたき討ちを明治になって起こした臼井六郎に光が当てられています。これも実話をもとに、生き生きとその人間模様が描かれています。

2020年4月23日 (木)

庭の花 春は花の季節です

Thumbnail_image9_20200423085201  Thumbnail_image8_20200423085201  Thumbnail_image6_20200423085201

春真っ盛りという季節なのに、コロナで冴えませんね。とは言うものの、庭の花は季節通りに花をつけています。少し時間を戻しますが、白い花は多弁の桃です。残念ながら、多弁の桃はちゃんとした実を付けません。ついで、八重の桜です。なぜか昔に枝のほとんどが切られていて、つける花の数が少なく残念です。そして、モクレンが花を付けました。

Thumbnail_image7_20200423085201  Thumbnail_image3_20200423085201  Thumbnail_image5_20200423085201

春の花というとチューリップが代表的ですね。毎年同窓生のお店で球根を求めて植えています。今年は特に大きな花が咲きました。青い花はシラー・ベル日アナです。シラーはこれから花をつけていきます。花ではないですが、春紅葉、葉が赤く色づいていて、きれいです。すぐに緑になってしまうのですけれど。

Thumbnail_image1_20200423085201  Thumbnail_image2_20200423085201  Thumbnail_image0_20200423085201

ツツジも花をつけ始めました。一つの株ですが、白と赤い花を付けたりしています。そして、これからたくさん咲くのですが、シラン、多分紫ランでしょうか、庭が明るくなるので好みの花です。

418tkxmtqul

佐藤信 編 古代史講義・宮都篇 ちくま新書/読了・・・・・・・・・・先に読んだ古代史に関わる本がイマイチだったので、あらためて専門の学者先生による新書を読みました。さすがにきっちりとした検証に基づいた話の展開がなされていて、スイスイ読み通すことでできました。飛鳥の宮、難波宮、大津宮、藤原宮、平城京、恭仁京、紫香楽宮、長岡京、平安京、その他に大宰府、多賀城、平泉と紹介されています。コロナ騒動が落ち着いたら、恭仁京、紫香楽宮、長岡京とか歩いてみたいですね。

2020年4月21日 (火)

思い出のさくら鉄 あっちこっち

Dsc04647  Dsc04630

思い出のさくら鉄、いろいろと回って撮影していましたが、まだいくつか好きな場所があります。そのひとつ、阪急千里線の山田駅近くです。ここは、線路の東隣の丘の上が府立高校で、その敷地の上から大きな桜の花がなだれ落ちるかのように咲き誇っています。実は関西では線路沿いの場所で上の方に桜がある場所は少ないのです。

Dsc04656  Img_0417_20200421063001

同じ阪急千里線山田駅近くです。ここへは阪急電車以外に大阪メトロの堺筋線の電車もやってきます。もう一枚は山田駅から淡路方面を望んだところですが、先ほどの府立高校の桜が雄大な景色を作っています。

Img_2096

線路沿いに桜の木が林立していた阪急神戸線岡本駅です。プラットホームの北側にもずらりと桜の木が並んでいます。この駅は多くの大学生が乗り降りする駅で、小生もかつては利用していました。この桜を見るのが春の愉しみのひとつでもありました。

Img_3142

有名な叡山電車の鳴滝駅近くです。左右の線路沿いに桜がびっしりと植えられていて、さくらのトンネルになっています。最近はあまりに多くの撮影者が集まるので却って敬遠してしまいました。

Img_8146  Dsc04845

近くのJR線から2か所。一つはやはり夙川ですが、これは河原に降りて撮影した一枚です。通過する列車を待っていますが、突然通過していくためにシャッターを押すタイミングに苦労します。もう一枚は武庫川橋梁の手前、25/1000の勾配を登ってくる瑞風です。

Img_1639

最後になりますが、これは満開の時期に合わなかったのですが、京都の嵯峨野線にある保津峡駅のプラットホームからの一枚です。保津川に沿って旧山陰線の線路を利用した嵯峨野観光鉄道の列車が走っています。来年は満開の桜を求めてこの場所へも行ってみたいものです。

2020年4月20日 (月)

思い出のさくら鉄 南海

過去に撮影したさくら鉄の様子をお届けするシリーズ、今回はあまりお出かけが多くない南海電車です。したがって南海電車の沿線にどのくらい桜が咲くものかよくは知らないのですが、かつてお仕事で通っていた狭山駅周辺には多くの桜があることを知っていました。駅のホームにも桜がたくさん植えられています。

Dsc04729_20200420063201  Dsc04735  Dsc04837

狭山駅は一時期南海高野線の終点だったことが有り、上りホームの裏に今は使われなくなった線路があったり、屋根を支える鉄骨の代わりに19世紀の古レールが使われていたりと歴史を感じさせる駅でもあります。

Dsc04782  Dsc04825

狭山駅から南側、高野山方向にすぐの所からかなり長い距離で桜が植えられています。ただ、えん堤になっているため撮影できる場所が限られます。桜並木が切れたところで撮影ポイントを決めました。特急こうやが桜の中から飛び出してくる一枚は好みの一枚です。

Dsc04803  Dsc04805

えん堤の方へも行ってみました。ズラリと並んだ桜の間からいくつかの撮影ポイントがありましたが、光の加減や方向、アングルでやはりイマイチだったかもしれません。それでも満開の桜に包まれて、幸せな時間を過ごしました。今年もここへ行くつもりでしたが、まことに残念なことです。

51hufm6i9l__sr600315_piwhitestripbottoml

藤井耕一郎 百目鬼の謎 「目」のつく地名の古代史 草思社文庫/読了・・・・・・・・・・・何ともひどい本だった。買えば読み通すのを身上としているため、苦労して目を通した。関何某が書いた古代史の本と同様、推測のうえに、妄想を書き、それから勝手に導いたことを結論付けてしまうというパターンが続き、実際読むに堪えない内容で、時間の無駄でした。今度はちゃんとした本を選ぼうと思う。まだまだ、本を選ぶ修行が足りないのだろうか。

2020年4月19日 (日)

思い出のさくら鉄 神戸電鉄

Img_3252  Img_3278

神戸電鉄は新開地から北上し、鈴蘭台で三田方面と粟生方面に路線を延ばす私鉄です。なんと言っても魅力的なことは山岳鉄道と言っても過言ではないような50‰の急こう配が連続するのに、通勤対応の電車路線ということでしょうか。

そんな神戸電鉄が地下の新開地駅、湊川駅を出て、地上に出たところにあるのが神鉄長田駅です。この駅の周りには桜がたくさん見られます。

Img_7416  Img_7405

神戸電鉄線を北上した道場駅付近には大きな桜の木が川の堤防に沿って何本もあります。その桜の木とともに撮影しました。このあたりは本当にのんびりとしたところなので、桜の木を見ながら幸福感に包まれるところでもあります。

Img_7231  Img_7392  Img_7240

二郎(にろう)駅の近くにも桜の木が何本もあります。鉄橋を渡って電車がやってくるところは絵になります。ただし、今では背景に高速道路ができてしまってこのように空を広く入れることはできません。二郎駅に戻って、そのあたりの桜を入れての撮影です。

Img_7371  Img_7391  Img_7390

二郎駅というと、なんといっても駅の西隣に接して大きな一本桜があることです。この桜を入れて撮影するために何年も通っています。神戸電鉄沿線は自然が残るところが多いので、他にもさくら鉄ができるところがあると思いますが、こんな場所だけで十分に満足してしまいます。

2020年4月18日 (土)

思い出のさくら鉄 近鉄

思い出のさくら鉄、今年は4月に入っても比較的涼しい日が続き、満開の桜も長い期間持っていましたが、残念ながら外出してのさくら鉄を楽しめませんでした。ということで、ここ数日は過去のさくら鉄の話題をアップしております。

Dsc01304  Dsc06980  Dsc06953_20200418110201

近鉄の沿線で好きなところは橿原線のファミリー公園駅です。駅の西側から南側へかけて比較的若いソメイヨシノが林立しています。橿原神宮前からやってくる電車は逆光気味の撮影になりますが、そこはデジタルですから、なんとでも補正は効いてきます。見事な桜並木をご覧ください。

Img_3526  Dsc07068

同じ橿原線の沿線でお花見の名所と言えば大和郡山城です。その楼閣の一部と早咲きの枝垂桜を入れて撮影できるスポットがあります。珍しくクラブツーリズムのかぎろひ号がやってきました。お城への登り口から振り返るとお堀越えに12200系が通過していきます。春らしい好きな写真です。

Img_3332  Dsc06996   Img_3664

奈良線の沿線では、石切駅の生駒トンネル側に多くの桜があります。電車に乗っていると見上げるばかりで一瞬で通り過ぎてしまいますが、この沿線では最も多くの桜が見られます。次に(お知り合いの方々の中では)有名な額田駅近くの桜を入れての写真です。たまの仕事でこの線を利用するのですが、春先はこの桜の開花の様子が気になって仕方ありません。

514lawf6hsl__sx340_bo1204203200_

山岡淳一郎 勝海舟 歴史を動かす交渉力 草思社文庫/読了・・・・・・・・・・・風野真知雄の作品「勝小吉事件帖」を読んで、無性に勝海舟の本が読みたくなって購入した一冊です。歴史転換の一大事の時代に生きた幕吏でありますが、その高みにある視点から日本の歴史を概観していた大きさは誰よりも際立っていたでしょう。また、この本にある交渉力というのは、術という手先の器用さではなく、すべてを投げ打って自然体で相手を飲み込んでいくということなのでしょう。余談ですが、勝は催眠術が使えて、それで相手を落として行ったという奇想天外な小説がありますが、ある意味、そういった対応に近いことが行われていたかもしれません。催眠術をつかえたわけではないと思いますが。良い時期に良い本に巡り合えました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ