国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

神戸電鉄

2017年4月17日 (月)

神戸電鉄 二郎駅とその近くで

Img_7359Img_7351 13日は車を駆って、神戸電鉄の二郎駅近くの一本桜と電車を撮影に行きましたが、先に紹介した1300系の他に、HAPPY TRAINもやってきました。
定番の一本桜との一枚の他、近くにあるもう一本の大きな桜の垂れ下がる枝を入れて、もう一枚。桜をふんだんに入れて撮影できる贅沢なところです。
 
Img_7393Img_7396 さて、それから場所を道場南駅近くの緩いカーブに移動し、電車が来るのを待ちます。
この日は、なぜだか、2000系や5000系の運用が多く、1000系列、3000系がなかなかやってきません。ここでの3000系がこの日の唯一の3000系との邂逅でした。
 
Img_7402Img_7405 さて、そこからさらに道場のほうに行くと、川辺に大きな桜の木が咲いている地点があります。ここでかなり粘っていたのですが、昼近くになると、雲も出てきたこともあり、何本か撮影して、この日の撮影終了としました。

2017年4月14日 (金)

神戸電鉄 二郎駅近くの鉄橋

Img_1019 昨日は、神戸電鉄二郎駅近くの一本桜を求めて遠出をしていましたが、この駅の三田寄りには、もう一つ撮影ポイントとなる鉄橋がかかっています。
先年より、その北側で新名神高速道路の工事が始まり、さてどうなるものかと思っていたら、完全に景観を破壊するように架橋されており、もうここでの撮影は不可となりました。
環境アセスメントの景観評価は、いったいどうなっているのでしょうね。
 
さて、気を取り直して付近を見ると春の花に満ちていました。
桃の花、菜の花、そして、カタクリの花に似た青い花です。
Img_1022Img_1018Img_1017

2017年4月13日 (木)

神戸電鉄 二郎駅の一本桜

Img_7391 今日は、久しぶりの朝からのピーカン、青空が広がりました。
という事で、恒例のさくら鉄ですが、今日は中国道を通って西宮北インターで降りて、神戸電鉄の二郎駅を目指しました。
到着前に、最近とみに有名になってきた二郎のいちごを仕入れております。
二郎の一本桜、今年は見事なまでの満開で迎えてくれました。
 
Img_7407_2Img_7406_2 二郎の後は道場へ移動し、川越えでの撮影です。
二枚目の手前が赤いのは桃の花です。そして、その川岸にも大きな桜の木があり、これを入れて撮影しています。
少し遅めとなりましたが、散り初めの桜を入れて神戸電鉄の車両を撮影できました。
 

2016年9月28日 (水)

神戸電鉄 木幡の彼岸花

Dsc02797Dsc02807 昨日の神戸電鉄の乗り鉄は、全線制覇を目指してとりあえず粟生まで行ったが、その帰りに沿線風景を見ていると、彼岸花がいたるところで赤い色を散らしている。そこで、予定を変更して木幡で下車して線路端でしばらく撮影することとした。
 
Dsc02812Dsc02818 この場所の彼岸花は、今年2月に急逝された停看聴さんが愛されたところで、小生やRREさんの写真を見られたのち、一年後にここに訪れて彼岸花と神戸電鉄の車両を撮影された思い出がある。彼岸花と神戸電鉄をここに載せて、停看聴さんのご供養になれば幸いです。
 
9784569766072 畠山健二 本所おけら長屋 七 PHP文芸文庫/読了・・・・・・大好評らしいこのシリーズ、何が良いかというと歯切れのよい言葉とテンポ、それとほろりとさせる人情劇、だけど基本はドタバタ、そういうのって、寅さん、こち亀にも共通しますよね。そういうところを狙ったのかなぁ。それにしても、上手い書き手ですね。今回も、大変楽しませていただきました。

2016年9月27日 (火)

神戸電鉄 おもてなし切符の旅

Img_8252 神戸電鉄のおもてなし切符(1200円)の販売と利用が今月末までということを知り、本日、残り少なくなった期間のうちにと、新開地から神戸電鉄に乗り込んだ。そこには、ちょうど6000系が入っていたが、好みの1000系列の車両で一駅、湊川までの乗車とした。この切符で全線乗り放題。
 
Img_8256 このおもてなし切符にはいろいろな特典がついていて、おもてなしチケットを使うと、沿線のお店での飲食、ランチができるという事になっている。今日は、湊川駅からすぐのアイアイというカフェで、名物のオムライスをいただいた。チキンライスに、とろとろの玉子、さらにドミグラスソースがかかり、大変美味でしたよ。定価は750円で、もうずいぶん元を取った気分だ。
 
Img_8259 さて、今日は撮影よりも神戸電鉄粟生線の乗り鉄をメインにしようと思い、取りあえず、終点の粟生を目指した。粟生線は、昼間は1時間に1本の列車しか設定されておらず、極めて不便であるが、その分、乗り換えの志染での撮影時間にも充てた次第である。粟生駅。
08121351_57ad55bf6e54f 曽田英夫 発掘!明治初頭の列車時刻 鉄道黎明期の「時刻表」空白の20余年 交通新聞社新書/読了・・・・・明治5年に開業した我が国の鉄道であるが、その期待と実際の効果が大きかったことからどんどん線路が延びていった。この本はその時期の時刻表を資料として、その進歩の過程を明らかにしたもので、今までになかった視点から解説されている。惜しむらくは、その進捗を簡単でもいいので地図のひとつでも入れて解説してくれたらよかったのと、ダイヤが変更されていくのを、文章で表現するのに実に冗長になっていること、さらに、列車の速度を現在と比べて、当時は大したことなかったという比較をしているが、鉄道がなかった時と比べるべきで、そういう視点からも、黎明期の評価が欲しかったなぁ。

2016年8月11日 (木)

神戸電鉄 道場あたり 続き

Img_5695 神戸電鉄撮り歩き、道場のあたりをうろうろしたいます。道場のひとつ南の道場南駅、その少し北側にパッと開けた場所があります。しかも緩くカーブしているので、実に撮りやすいところです。車を近くに止めて、いざ撮影。2000系がやってきました。
Img_5713 道場南駅の近くに新しいケーキ屋さんがあったので、帰りにホールでひとつ買って帰ったのですが、「いつごろからありますか?」という質問に一昨年の秋からという返事。あれば気が付く場所なので久しぶりの訪問だったのかも。元の道場駅近くへ戻り、田圃の側からの撮影。6000系がやってきました。
 
Img_5728 同じ場所でしばらく撮影していました。この日はあまり来なかった1000系列、1300系がやってきました。やはり、昔の電車らしい顔つきが好印象ですね。少しでも長く働いてもらいたいものです。青々と茂る稲の苗ももう一か月ほどすると首を垂れるほどコメが実っていることでしょう。

2016年8月10日 (水)

神戸電鉄 真夏の線路保守

Img_5647 昨日は、神戸電鉄の道場付近の出没し、定番撮影地でカットを狙っていた。踏切の近くには、作業車が停まり、数名の方が作業の準備に大わらわ。線路の突き固めの作業が、踏切から100メートルほど行ったところで始まった。
 
Img_5655 この暑い中、片やのんきにカメラ片手に電車の撮影をしているのが申し訳ないほどであった。電車が定時運行していく中で、保守の方々の苦労は全くの縁の下の力持ちであるが、これがないと実際、電車が走らないのですね。
 
Img_5656 服装も作業の安全を保つために皆さん長袖での着装になっている。昨今の猛暑を考えると、熱中症のほうも心配ですね。とにかく、保線の皆さん、ご苦労様です。

2016年8月 9日 (火)

神戸電鉄 道場へ

Img_5643 今日は、朝から神戸電鉄の道場駅あたりの定番撮影地へ車で向かった。以前住んでいた西宮からだと40分ほどで着いたのだが、尼崎からは1時間を要した。車を降りると、道場の空気が涼しい、田圃を渡ってくる風に秋まで感じさせるくらい、阪神間とは違う空気が流れていた。早速やってきたウルトラマン3000系。
Img_5672 天気は晴れたり曇ったりところころ変わるものだったが、晴れてもそれほどの暑さを感じなかった。空気もカラッとしているようで、なんだか不思議ですね。神戸電鉄は15分ヘッドだが、この撮影地では上下の間隔がちょうど7、8分間隔で電車がやってくる。続いて5000系が三田へ向かって走り去った。今日は、5000系、2000系が多かったなぁ。
Img_5678 好みの1000系列の車両は、1時間ほどの撮影で2本だけであった。三田で折り返してくるので、4本ではあるけれど、もう少し期待していたけれど、少し残念。ただ、この1300系の編成はきれいな塗装なので、写真も映えたものとなった。久しぶりの道場での撮影だったが、天気もだんだん良くなり、今度は稲が実る頃にやってこようか。
27875391_1 宮部みゆき 泣き童子(なきわらし) 三島屋変調百物語参之続 角川文庫/読了・・・・・・・・シリーズとなっている三島屋の百物語、お客が語って語り捨て、おちかが聞いて聞き捨ての百物語、今回もぞっとする話し、不思議な話を取りそろえ、存分に読ませてもらった。読ませてもらったものは、読み捨てなんてできません。言葉の一つ一つまで神経が通っているというか、読み飛ばすことができない本というのも、なかなか最近見当たらなかったので、少し時間がかかったけど、面白い一冊だった。
 

2015年1月19日 (月)

残念、神鉄二郎駅の竹林無残

Img_0013先日、関東からお越しのTraさんをお連れして神戸電鉄二郎駅あたりへ行ったとき、驚いたことがあった。鉄橋の背景となる小さな丘に広がる竹林が次々と伐採されていることだった。あちゃ~、どこまでやるんだ!と思いつつ、次の撮影地に行き、最終的にまた二郎駅に戻ってみると、もう河川の法面のところまですべて刈り取られた後だった。

Img_0122まだ新開地方向に少し竹林が残っていたが、今回の工事がどこまでの範囲なのか、わかりません。せっかく鉄橋の新しいアングルが見つかって喜んでいたのに残念なことです。関西ではまだ田舎の自然が残っている神戸電鉄沿線だが、これは落ち着いていられません。いつまでも、のんびりした雰囲気が残っているわけではありませんね。

2015年1月18日 (日)

Traさん、神戸電鉄を撮り歩く その4

Img_0076Traさんを神戸電鉄の道場にご案内し、ここで地上での撮影は終了。今度は背景の小山の上にある古墳までお連れした。階段を数十段上ったところだが、振り返ると風景が大きく広がり、神戸電鉄の車両の走行風景を俯瞰できる位置になる。

Img_0080三田で折り返してきてやってきた新車の6000系を俯瞰撮影する。ちょいと背景の家の屋根瓦の色が気になりますね。そして、三田へ向かう1300系が通過していきました。やはり電車は赤いほうがいいですね。ここも水田に苗が植わった時のほうがきれいでしょうね。

Img_0081そして、背景全体を大きく映し出した一枚。現在、この写真が私のパソコンの背景になっています。冬の景色だから寂しいですが、これも一つの季節感ですね。山茶花の赤い花が却って冬を感じさせます。Traさん、またのお越しをお待ちしています。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アルテムジカ バロック アンサンブル | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 鉄道古地図 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ