国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

神戸電鉄

2017年9月15日 (金)

神戸電鉄 実りの秋近し

Img_2858先日の神戸電鉄めぐりですが、鈴蘭台から有馬へ行き、おもてなし切符のチケットを使って、有馬の街角のバーでビールセットをいただきました。まだ日差しが強く、歩いていると汗ばむくらいだったので、昼下がりのビールはスイスイと喉を通り過ぎていきました。

何時もは昼間からお酒はいただかないのですが、せっかくのチケットでしたから、ありがたく利用させていただきました。ランチで使おうかとも思いましたが、鈴蘭台に安くてうまい丼店があったので、有馬まで足を延ばしてビールにして正解でした。

Img_7883さて、有馬から本線に戻って今度は二郎へやってきました。二郎駅の北側では新名神高速道路の工事中で景色が一変してしまいましたが、駅の南側は依然と同じような景色が広がっています。稲穂もそろそろ収穫が近づいているような色合いになってきています。

Img_7889二郎の次は、道場駅へ行き、駅の北隣にある古墳から俯瞰撮影をしました。眼下には耕作地が広がって、稲の他にも作物が植えられているようですね。思えば、以前、ここに、停看聴さんをお連れして以来になるかもしれません。

2017年9月13日 (水)

神戸電鉄 鈴蘭台の賑わい

Img_7847神戸電鉄で一番の賑わいを見せているのは、神戸の町中から高台に上がった町ニある記、鈴蘭台駅ではないでしょうか。三田方面、粟生方面へ向かう電車、新開地へ向う電車がひっきりなしにやってきます。また、車庫に入る電車も行き来しています。三田行きの準急として通過した6000系。

Img_7844構内に停車中の車両は3000系です。その顔からウルトラマンを想起してしまいます。アルミ合金の軽量車体ですが、神戸電鉄の急な坂を力強く昇り降りしていきます。現在、顔の部分や扉だけ塗装がやり直されているようで、まだらの色の車両が何本か目立ちます。

Img_7843構内にもう一本いました、2000系が休んでいます。比較的新しいかなと思っていた2000系も1991年の登場ですので、すでに26年選手なのですね。運転席横の大きな窓は、先頭配置に着いたときとても見通しが良くて助かります。

41m8ptxkyml__sx330_bo1204203200_筒井康隆 繁栄の昭和 文春文庫/読了・・・・・・・・筒井さんの比較的最近の短編ばかり集めた一冊です。1934年のお生まれですから、今年83歳ですか、、、、いつまでも若いセンスですね。読みだすと、メビウスの輪が何本も絡んできて、知らぬ間にツツイワールドに引き込まれているという印象です。実験的作品というほどのものではありませんが、十分に楽しませていただきました。筒井さんの今まで最高傑作は「熊の木本線」だと思うのですが、どんなもんでしょうか?

2017年9月12日 (火)

神戸電鉄 神鉄長田 鈴蘭台

Img_7802神戸電鉄神鉄長田駅近くのお墓で撮影した後、下に降りてきました。するとタイミングよく1000系列の電車がやってきました。天気も良く、順光で赤い電車が撮れるというのはいいですね。架線柱が電車にかかりますが、別に気にしません。

Img_7851さて、今度は電車に乗って山を登り、鈴蘭台までやってきました。ここは車両基地もあることから頻繁に電車の行き来があります。広い構内にたたずんでいる車両も多く、見るだけでも飽きることはありませんね。ちょうど出発していく1360編成です。これは色が少しくすんでしまってますね。

Img_7838鈴蘭台の駅から少し下ると車両基地があり、そこからさらに線路沿いに下ると大きなカーブに差し掛かります。このあたりから電車を撮影することができますが、なかなか至難のカットとなります。これもガードレールから身体をはみ出させての一枚です。

2017年9月11日 (月)

神戸電鉄 神阪中華義荘からの俯瞰撮影

Img_7739神鉄長田駅の近くで撮影していましたが、いつも背景として入ってくるお墓がずっと気になっていました。お墓ですから、こちらから写しては失礼かと思うのですが、背景としていつも写り込んでしまいます。背後の山にあるので仕方ないと言えば仕方ありませんが。

Img_7788ふと考えると、こちらから写り込むという事は、向こうからは絶景の俯瞰撮影ができるのではないかと思い、取りあえずどんなところか、行ってみることにしました。その入り口に立つと「神阪中華義荘」とあり、建物が何だか中国風なんですよね。中に入り、来意を告げ、来意と言っても厚かましく撮影させていただくことですが、許可を取って中に入らせていただきました。

Img_7773急な階段を上がると、そこには、台湾、中国から日本、特に神戸や大阪にやってきて、こちらで亡くなられた方々のお墓でした。お墓の記名には、現在元気でおられる方のお名前も刻んであることが珍しかったですね。という事は、このまま日本に骨をうずめる覚悟ということですから、ある意味重いですね。

俯瞰撮影の中から3枚を貼らせていただきます。いずれも、大阪湾を隔てて遠く泉州の方面まで見渡せる絶景でした。多謝、多謝。

2017年9月10日 (日)

神鉄長田駅

Img_7682さて、先日行った神戸電鉄のおもてなし切符による一日をゆっくりと回顧してみましょう。新開地を出発した電車は早速急坂を登って神鉄長田駅に到着します。ここで、一度下車して線路沿いに少し戻ると、下からカーブしながら登ってくる電車をとらえることができます。桜の季節だったら、もっときれいなのでしょうが。

Img_7683振り返ると、1000系列の車両が並んで駅に停車しています。このようないかにも電車という顔の車両は、全国を見渡してももうずいぶん少なくなりましたね。大手ではもうすべて絶滅危惧種ではないでしょうか。とにかく、赤い色の電車というのは写真映えしますね。

Img_7693神鉄長田駅から少し北の方へ歩いてみました。ここも大きくカーブしていて架線柱はあるものの編成をとらえることができました。3000系が坂を下ってきました。この3000系は顔の部分だけ塗装が新しくなっています。3000系はこのほかにも扉だけ塗装が新しくなっていたりとお化粧直しの途中のようです。

51ck5oxhz7l__sx346_bo1204203200_藤田智 野菜はすごい 実業之日本社文庫/読了・・・・・・・・・NHKの野菜の時間でおなじみの藤田先生の著書で野菜の美味しさ、野菜栽培の楽しさが満載されています。うちでも、毎週欠かさずテレビは見ていますし、いろいろと参考にして野菜作りをしています。今はオクラでが取れていますね。夏野菜はもう終わりです。ということで、テレビでのトークそのままのわかりやすい文章でつづられた親しみやすい一冊でした。

2017年9月 8日 (金)

神戸電鉄おもてなし切符 長田の山から俯瞰

Img_2854今日は、この季節になると発売される、神戸電鉄のおもてなし切符を利用して、神戸電鉄沿線を回ってきました。おもてなし切符は、一日全線乗り放題の他、沿線のいろいろなお店での食事やお土産がいただけるチケットがついている大変お得な切符です。鈴蘭台駅での神戸電鉄車両の横顔。

Img_2847先ずは、神鉄長田駅で下車して上ってくる下り電車(少しややこしいですが)を撮影していたのですが、山を見ると長田駅の後背には広く墓地が山の上まで伸びています。という事はそこから俯瞰できるのではと、墓地に赴き、許可を得て撮影させていただきました。ここは台湾や中国本土から日本に来た人たちの墓地でした。

Img_7731_2期待通りにここから俯瞰する景色は大変素晴らしいもので、神鉄電車もそれなりの大きさにも写りますし、背景には大阪湾が広がり、対岸にはちょうど関西空港の建物が見えます。そして、周りではミンミンゼミが最後の声を上げていました。

2017年4月17日 (月)

神戸電鉄 二郎駅とその近くで

Img_7359Img_7351 13日は車を駆って、神戸電鉄の二郎駅近くの一本桜と電車を撮影に行きましたが、先に紹介した1300系の他に、HAPPY TRAINもやってきました。
定番の一本桜との一枚の他、近くにあるもう一本の大きな桜の垂れ下がる枝を入れて、もう一枚。桜をふんだんに入れて撮影できる贅沢なところです。
 
Img_7393Img_7396 さて、それから場所を道場南駅近くの緩いカーブに移動し、電車が来るのを待ちます。
この日は、なぜだか、2000系や5000系の運用が多く、1000系列、3000系がなかなかやってきません。ここでの3000系がこの日の唯一の3000系との邂逅でした。
 
Img_7402Img_7405 さて、そこからさらに道場のほうに行くと、川辺に大きな桜の木が咲いている地点があります。ここでかなり粘っていたのですが、昼近くになると、雲も出てきたこともあり、何本か撮影して、この日の撮影終了としました。

2017年4月14日 (金)

神戸電鉄 二郎駅近くの鉄橋

Img_1019 昨日は、神戸電鉄二郎駅近くの一本桜を求めて遠出をしていましたが、この駅の三田寄りには、もう一つ撮影ポイントとなる鉄橋がかかっています。
先年より、その北側で新名神高速道路の工事が始まり、さてどうなるものかと思っていたら、完全に景観を破壊するように架橋されており、もうここでの撮影は不可となりました。
環境アセスメントの景観評価は、いったいどうなっているのでしょうね。
 
さて、気を取り直して付近を見ると春の花に満ちていました。
桃の花、菜の花、そして、カタクリの花に似た青い花です。
Img_1022Img_1018Img_1017

2017年4月13日 (木)

神戸電鉄 二郎駅の一本桜

Img_7391 今日は、久しぶりの朝からのピーカン、青空が広がりました。
という事で、恒例のさくら鉄ですが、今日は中国道を通って西宮北インターで降りて、神戸電鉄の二郎駅を目指しました。
到着前に、最近とみに有名になってきた二郎のいちごを仕入れております。
二郎の一本桜、今年は見事なまでの満開で迎えてくれました。
 
Img_7407_2Img_7406_2 二郎の後は道場へ移動し、川越えでの撮影です。
二枚目の手前が赤いのは桃の花です。そして、その川岸にも大きな桜の木があり、これを入れて撮影しています。
少し遅めとなりましたが、散り初めの桜を入れて神戸電鉄の車両を撮影できました。
 

2016年9月28日 (水)

神戸電鉄 木幡の彼岸花

Dsc02797Dsc02807 昨日の神戸電鉄の乗り鉄は、全線制覇を目指してとりあえず粟生まで行ったが、その帰りに沿線風景を見ていると、彼岸花がいたるところで赤い色を散らしている。そこで、予定を変更して木幡で下車して線路端でしばらく撮影することとした。
 
Dsc02812Dsc02818 この場所の彼岸花は、今年2月に急逝された停看聴さんが愛されたところで、小生やRREさんの写真を見られたのち、一年後にここに訪れて彼岸花と神戸電鉄の車両を撮影された思い出がある。彼岸花と神戸電鉄をここに載せて、停看聴さんのご供養になれば幸いです。
 
9784569766072 畠山健二 本所おけら長屋 七 PHP文芸文庫/読了・・・・・・大好評らしいこのシリーズ、何が良いかというと歯切れのよい言葉とテンポ、それとほろりとさせる人情劇、だけど基本はドタバタ、そういうのって、寅さん、こち亀にも共通しますよね。そういうところを狙ったのかなぁ。それにしても、上手い書き手ですね。今回も、大変楽しませていただきました。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ