京阪

2024年2月18日 (日)

京阪電車 野江駅 京阪万博ラッピング車など 2/2

Dsc03631

2月2日は、京阪樟葉駅のサンゼン広場へ淀屋橋地下線開通60周年展を見に行く途中、野江駅で下車してしばらく撮影していました。

JRだけでなく、私鉄各社でも万博をPRするためのラッピング車両が走っています。

Dsc03656

そうするうちに、3000系の万博ラッピング車両もやってきました。

京阪には他にも万博ラッピング車があるかもしれませんが、短い時間の間に2本も見られて良かったです。

Dsc03647_20240218063401

8000系特急と2400系の離合をぴったり撮れました。

最近、連写は辞めているので、自分のシャッターのタイミングを確認することが出来て良かったです。

Dsc03629

上と同じ2400系です。屋根の上のユニットクーラーが連続しているように見える、いわばモヒカン車両です。

Dsc03640

こちらは2600系、屋根の上のユニットクーラーの高さが少し低くなって個数も少なくなっています。

Dsc03663

樟葉駅で出会った2600系と2400系の並びですが、その違いがよくわかります。

この日は、このような少し前の時代の京阪電車に多く出会いました。まだまだ頑張ってほしいものです。

2024年2月17日 (土)

京阪電車 淀屋橋地下延長線 開通60周年展 サンゼン広場 2/2

Dsc03664_20240217064901

2月2日は、京阪電車樟葉駅近くのサンゼン広場で京阪電車の淀屋橋地下延長線が開通して60周年という展示をしているということで出かけました。

私が京阪電車というのを知った時には、もう淀屋橋発着が普通のことでしたから、逆にそれ以前を知らないわけですが。
Dsc03666_20240217064901

当時の開通記念のパネルです。トンネルの中に入り込んだところなのでしょうか。

これは天満橋駅から地下化したイメージですね。右側の線路を走っているようなアングルが気になるところですが。

Dsc03667

実際の車両の搬送、台車の搬入、車両の吊り降ろしの様子です。

線路がつながっているんであれば、別の車両区から走らせて来ればよいように思うけど、なんで吊り降ろしをしているのでしょうか。

Dsc03673_20240217064901

開通の日の淀屋橋駅の様子ですね。この頃、新線の開通は大きなニュースでした。

このときに合わせたかのように新車の特急1900系が1962年に24両、1963年に4両製造されて走り出しています。

Dsc03677

サンゼン広場にある京阪3000系特急車両です。京阪のターミナルでのシンボルとして、それこそ3000が燦然と輝いています。

阪神も、阪急も花形列車があったのに、ターミナルの集客施設のあるところで展示するという発想はなかったのでしょうかね。

2023年11月21日 (火)

枚方詣でのコンサート鉄 京阪香里園 11/5

Dsc02532

11月5日は、枚方にある新しいホールでのコンサートのために京阪電車での移動です。

時間があったのでどこかで撮影と思いましたが、この日は事故があってダイヤが乱れていました。

Dsc02527

出来るだけ枚方市駅に近いところまで行って撮影ということで香里園駅までやってきました。

3000系特急には中之島線開通とこの3000系登場から15周年とする副票が付いていました。もう15年前のことだったのですね。

Dsc02523

ダイヤの乱れも徐々に回復しているようで、次々に電車がやってきました。

8000系特急、3両目はプレミアムカーです。一度乗ったことあります。

Dsc02530

Dsc02524_20231121054101

6000系、7000系です。この日はこれらの比較的新しい形式車両しかやってきませんでした。

2600系0番台が廃車になって形式消滅するなど、京阪の旧形式にも厳しい風が吹いています。

Dsc02525_20231121054101

一番新しい形式の13000系です。2012年に登場して11年目を迎えています。

外観はともかく、乗車すると清潔感があり、走行中も静かで乗り心地の良い車両です。

2023年8月10日 (木)

くずはモール サンゼン広場へ 8/3

Dsc00670

8月3日は、京阪電車に乗って樟葉へ行き、以前から気になっていたサンゼン広場を訪れました。京阪電車樟葉駅前にあるくずはモールの中にある一角です。

ここに京阪電車の名車3000系の3505号が保存されています。久しぶりに見た3000系の堂々とした姿に魅了されました。

Dsc00681_20230810055401

3000系の車内には座席に座ることはできませんが、通路を通りぬけることはできます。

先頭車にあったかどうかわかりませんが、テレビカーの様子が再現されています。たぶんなかったですよね。

Dsc00673_20230810055401

3000系の反対側には近年引退した5000系の5551号を半分にカットした車体が展示されています。

5000系はつい最近まで見ていただけに、まだそれほど懐かしさは感じません。

Dsc00691_20230810055401

5000系の車内は柵の手前から見るだけです。登場時の復元がされていて、座席のモケットが緑色に、さらに床が濃い緑色に再現されているとのことです。

NHKの「鉄オタ選手権」で放送されていたのを見ると、この車体の稼働座席は電動で上下させることができるようになっています。

Dsc00674_20230810055401

広場の一角に2600系の2601号の顔のカットモデルが展示されています。台車はありません。

こういうのはなんだかグロテスクで好みではないのですが、スペースを考えると仕方ないかもしれません。

Dsc00677_20230810055401

広場の中にはかなり大きなジオラマが作られていて、京阪線の沿線風景が再現されていました。

京阪本線だけでなく、京津線、石山坂本線の様子も再現されていたのはうれしいですね。

2023年3月16日 (木)

京阪古川橋駅撮り 3/6

Img_1911

3月6日は天気も良く、ぶらりと高槻まで出かけた後、今度はバスで淀川を渡り枚方まで行きました。枚方市役所の文化財課で必要な資料を購入したり、無料のものいただいたりしたあとは京阪で帰りました。⇒実は、無料の資料のなかにとてもすごい地図がありました。

せっかくの京阪電車なので、途中、古川橋駅で下車して撮影です。やってきた8000系特急です。

Img_1906

次々にやってくる京阪電車を撮影していきます。3両目にプレミアムカーを組み込んだ3000系特急です。8000系のプレミアムカーには乗ったことがありますが、3000系のプレミアムカーには未乗車です。

Img_1904

Img_1910

その他、1000系や2600系もやってきました。いずれも懐かしい京阪顔ですし、2段降下窓がひと時代古い車両であることを示していますね。

Img_1901

2012年に登場した今のところ京阪では最新鋭の13000系です。最近の京阪の車両は乗っていて車内は静かだし、内装もきれいだし、なかなか好みになってきています。乗る機会は少ないけれど。

2021年7月11日 (日)

京阪電車 通勤型車両 7/3

Dsc00737-6000

京阪の5000系の登場に驚き、3000系特急のプレミアムカーを予定通り撮影した7月3日でしたが、他にも通勤型の電車もしっかり撮影しました。まずは、6000系の編成です。1983年に登場した京阪の印象を一新した車両です。とはいうものの、登場からもう38年が経ちました。

Dsc00721-7000

1989年、平成に入ってから登場した7000系です。京阪で初めてのVVVF車両です。6000系の少し傾斜した顔だったものが、ペタッとした平面顔に変わってしまいました。

Dsc00705-9000

7000系の登場の後、実は7200系と言う3編成しかないレアな系列があるのですが、そこで採用された丸みを帯びた顔で1997年に登場した9000系です。当初、一部の座席をクロスシートとして登場しましたが、のちにすべてロングシート化されてしまいました。

Dsc00780-10000

10000系は2002年に宇治線・交野線用として登場した系列ですが、のちに7200系や9000系から抜かれた車両を組み込んで編成を長くし、本線でも運用されるようになりました。

Dsc00700-13000

2014年に登場した最新鋭の車両ですが、当初は宇治線・交野線で運用された13000系です。現在ではその車両数を増やして、現在では最多両数の系列となっています。

京阪の通勤型車両は、以前の旧型車両と比べて内装も一新されてあか抜けした印象です。阪神や阪急と比べても清潔感のある乗車印象はグッドです。

2021年7月10日 (土)

いわゆる京阪顔の系譜 7/3

Dsc007672200

京阪電車でも、いわゆる京阪顔(勝手に思っているだけですが)の車両も少なくなってきました。1964年に登場した京阪電車としては最古参になった2200系です。尾灯が懐かしいスタイルを保っています。

Dsc007032400

2200系を改造して1969年に登場した2400系です。尾灯が埋め込みタイプとなり、小型のクーラーが連続した林立するスタイルをモヒカンと呼んだ人がいます。関西地区で初めての通勤冷房車でもありました。

Dsc007222600

かつて走っていた2000系を昇圧改造し1978年に登場した2600系ですが、写真の編成はその後の新造車両です。2200系から続く昭和の電車らしい顔を保っています。

001_20210710071401

わたしはこの2200系から続く京阪電車を見ると、なぜかドラえもんののび太君を思い浮かべてしまいます。特に白いHゴムを窓枠にはめた顔はイメージが強くなりますが、皆さんはどうでしょうか。

Dsc00713

ついでに、せっかくですので5000系も貼っておきます。武骨な5000系の顔は京阪顔の中でも異質なものでした。

2021年7月 9日 (金)

京阪特急の新プレミアムカー 7/3

Dsc00755

Dsc00764

7月3日は京阪電車野江駅に来て、もう半年ほど前、今年の1月31日から走り始めた京阪3000系プレミアムカー、ようやくその姿を捉えることが出来ました。淀屋橋寄りの3両目に連結された青い車体、そこにゴールドのラインと扉周りの装飾が目を引きます。

8000系のような2階建て車両を持たない3000系ですが、シートの背もたれが高く、クッションもやわらかいので、もともとのグレードがとても高い車両です。さらにグレードアップしたプレミアムカーは「確実に座れる」というメリットが値段と釣り合うかどうかでしょうね。

Dsc00783

Dsc00735

8000系に連結されているプレミアムカーも撮影しています。プレミアムカーの基本的な仕様は変わらないようですが、3000系のほうがシートピッチが2センチ広いとか、いくつかの違いはあるようですね。

8000系プレミアムカーには一度乗車したことがありますが、京阪の特急はもともとグレードが高いこともあり、400~500円と言う追加料金はどうでしょうかねぇ。それよりも先頭車両のかぶりつき席のほうが好みですけれど。

71letso5cts

伊原薫 そうだったのか!OsakaMetro 民営化で変わったもの、変わらなかったこと 交通新聞社新書/読了・・・・・・・2018年に大阪市交通局から民営化した大阪メトロの様子を概説した一冊。大阪市交通局は、公道でバスの誘導をしていた職員が年収一千万とか、就職できるのは職員の縁故だけとか、普通の感覚とは異なる次元のたわけたところでしたが、それが民営化されて少しは変わったのでしょうか。トイレがきれいになったとか、多角的な経営が可能になったとか、表面的に聞こえてくるところはいいとして、中身の腐っていたところは膿が出されたのかなぁ。そんなことは、ひと言もこの本には書かれていませんでした。黒字化したからええと言うわけではないと思う。大阪メトロに取材協力を求めているから、仕方ないことやろけど。

2021年7月 8日 (木)

京阪5000系 7/3

Dsc00710

Dsc00711

ワクチンも2回打ったし、少しずつ以前の生活に戻すよう街に出る試しに、7月3日に京阪野江駅で久しぶりの撮影としました。そこで待っているとやってきた確か6月末に引退したと思っていた5000系でした。これはうれしかったですね。

Dsc00712

なにやら、運用の都合で6月引退がもう少し延びて、9月まで走るようなのです。⇒ 

5000系ラストランのエンブレムももうしばらく活躍してもらいましょう。

Img_4503

旧塗装時代の写真も貼っておきます。5000系には何回も乗車経験がありますが、通勤時間帯には利用していないので、その特徴である5扉運用されているときを目にしたことはなかったですね。

13734

吉川永青 独眼竜と会津の執権 幻冬舎時代小説文庫/読了・・・・・・・・・伊達正宗が奥州の覇権を得るまでには会津の蘆名氏を乗り越えなければなりませんでした。そこに立ちはだかったのが、会津の執権と言われた金上盛備でした。ただ、圧倒的な推進力を持っていた政宗と、あくまで家臣であり、主君を支えなければならない立場の盛備では立場も違うし、主君筋が次々亡くなり家臣団も無気力なことから、蘆名氏は滅亡への道を辿ります。そういう話を深く知ることが出来ました。

2020年6月24日 (水)

車種豊富!! 京阪電車

1000-dsc03098  13000-dsc03122  

6月21日は、少しでも以前の生活に戻すべく、京阪電車沿線に出張って久しぶりの撮影を楽しみました。複々線の中を電車が快走しますが、殺風景な背景は仕方ないものの、車種豊富な京阪電車はいいですね。1000系は旧700系からの改造車で車体のみ流用されています。ですが、原型が全く感じられない顔になっています。逆に一番新しい13000系と並べておきます。

2200-dsc03074  2400-dsc03055  2600-dsc03144

次に2000系列と言えないこともない、(左から)2200系、2400系、2600系です。京阪電車というとこの顔という感じになります。裾が絞られた丸い形は卵形電車系列とも呼ばれています。2400系のクーラーの背が高くてつながっているのが特徴的です。

6000-dsc03051  7000-dsc03067  9000-dsc03065

これらは私的には新しい京阪の顔となった系列群で、6000系、7000系、9000系となります。いずれもスマートな電車で、他の私鉄の車両と比べてもすっきりとした印象があります。近所を走っていたら、好きになるでしょうね。

3000-dsc03053

中之島線の開業に合わせて登場した3000系の特急です。豪華シートは他の私鉄の無料特急の追随を許さないほどの満足感を与えます。新たにプレミアムシート車両の導入が決まっていますが、それを使うまでもなく、一般シートでも満足させられてしまいます。乗り心地からみると、これは、関西私鉄の名車だと思います。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー