国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

京阪

2017年9月19日 (火)

プレミアムな日のプレミアムカー

Img_2922先日、13日は小生の誕生日という事で、プレミアムな日にはプレミアムカーの乗ってみようと思い立ち、取りあえず京橋から出町柳までは撮影しつつちょっとずつ攻めて京都まで登ったのちに、出町柳から京橋までの帰りに、京阪電車で8月から運用を開始したプレミアムカーに乗車してみました。

車内は、三条、四条からは3分の1くらいの座席が埋まっていたでしょうか。外観も少しプレミアムな感じ、乗ってみてもずいぶん静かな車両でした。その分、車内の話し声がうるさい。

Img_2923チケットは駅での打ち出しシートを貰うのですが、車内での検札はありませんでしたね。肝心のシートは、頭の部分は大きく出っ張って独立しているという感じはわかるのですが、シートはやや硬めでしょうか。同じ京阪の3000系のシートのほうが上質な感じを受けますね。

Img_2924京阪は、普通の特急車両も高級感がありますし、2階建てになっている車両もありますから、このプレミアムカーに乗ってみても、倍の料金で移動する意味合いは薄いですね。まぁ、混雑時には確実に座れるという指定席としての意味合いがあるのかと思います。

Img_2925ということで、プレミアムカーに積極的に乗るのは、これが最初で最後でしょう。どうしても乗ってくれというふうに頼まれたら乗らんこともないですけれど。京橋から出町柳で500円の追加料金はちと辛い。

2017年8月13日 (日)

京阪石山坂本線 新旧塗装車両

Dsc06327先月、17日は初めての琵琶湖ホールでのコンサートでしたが、その前にここまで行くならと、JRは山科駅で京阪京津線に乗り換えて浜大津へ向かいました。浜大津周辺ではしばらく京阪石山坂本線の車両を撮影していました。そこで、この京阪本線で採用されている新塗装の車両に出会いました。いずれ、この塗装に全車両変更されるんでしょうね。

Dsc06362もう一つの話題としては、昨年9月から走り始めている昔の80系という車両で採用されていたライトグリーンの塗装になった車両です。この塗装の車両は、京阪三条から浜大津を走っていましたね。80系には何回か乗車したことはありますが、カラーでの写真はありません。

51lh9zv39rl__sx320_bo1204203200_中川右介 冷戦とクラシック 音楽家たちの知られざる戦い NHK出版新書/読了・・・・・・・・アメリカとソ連のいわゆる冷戦はベルリンの壁でいったんと幕引きとはなったものの、今でも関係が複雑化した上に一定の緊張状態は継続していますね。ここでは、戦後からベルリンの壁崩壊までの政治と音楽界の関係の中で、作曲家ショスタコーヴィチ、指揮者ムラヴィンスキー、カラヤン、バーンスタインを軸に、それぞれのひとが、思うようにいかない時代の流れに流されながらも、その都度、自分の役割や影響を人々に投げかけていった歴史を見ることができます。重厚な内容の一冊でした。

2017年5月12日 (金)

京阪特急プレミアムカー 試運転開始

Img_7476本日、京橋にいて、たまたま京阪線を見下ろしていたら、8000系特急の試運転列車が通過していきました。それは、8/20に新たに運転を開始するプレミアムカーを編成に組み込んだ8連の京阪特急の試運転でした。とりあえず、特急の試運転の顔を出しておきます。

Img_7475次いで、いよいよプレミアムカーの登場です。普通車と違って、全体が赤い塗装をベースに金色のラインが入っています。窓も従来の車両とは変わっていますね。そして、扉が一か所に集約されていて、淀屋橋側の扉が省略されています。

51cvzorx32l_sx345_bo1204203200_太田和彦 山の宿のひとり酒 ニッポンぶらり旅 集英社文庫/読了・・・・・・・・・・・・シリーズの最終巻らしいですが、今回は、青梅、川越、藤沢、横須賀、高山、一関、大津を巡った旅紀行であるものの、今まで違って、呑んだくれてばかりでなく、地元の観光、何もしないで過ごす時間の様子も伝えられ、旅の極意は、そこに住んでいる人たちと同じ生活に溶け込むという言は、そこそこというくらい旅の本質を伝えていますね。いいなぁという思いが伝わる一冊ですよ、みなさん。

2015年10月21日 (水)

京阪電車の顔2種

Img_3151京阪電車の野江駅、古川橋駅で撮影していると、5555というぞろ目ナンバーの車両が来ました。面白いので、顔だけアップで撮ってしまいました。京阪の5000系、ラッシュ時の出入りを考慮して片面5扉にした車両ですね。昼は中間の扉を閉めてその部分に天井から座席を降ろしてきて普通の3扉車として運用します。ただ、5扉を使った運用は見たことがありません。ラッシュ時には乗ったことありませんから。とはいっても、5555を冠するのに、ふさわしい車両ですね。

Img_32202600系のこの車両は、連結部の幌が出たままです。近鉄ではかなりこういう顔つきの車両はありますが、ほかの鉄道会社では珍しいですね。補助灯も出っ張っていて印象を強くしています。また、反対側の先頭車両には、転落防止装置を取り付けるためのプレートが左右に付いていて、さらに精悍な顔つきです。

しばらく京阪から離れていたけど、また時々出没しましょうか。

08181744_55d2f06b33e0a和佐田貞一 高速バス進化の軌跡 1億人輸送まで成長した50年の歴史と今 交通新聞社新書/読了・・・・・・最近高速バスを使う機会があるが、3列シートとか贅沢ですね。設備がどんどん良くなっている感じがします。ただ、鉄道に比べて、縦揺れがひどいのが難点。そんな中、新しく追突防止装置や蛇行運転時の自動停車などの機械的な安全システムが投入されているなど、興味深い話が満載。高速バスファンには面白い本。

2015年10月20日 (火)

京阪 古川橋駅

Img_3200日曜日は、京阪電車でお出かけ。3000系特急電車が引退してから今一つが足が向いていませんでしたが、関西の私鉄の中でも車種の多さではピカイチでしょうか。いつもは、千林とか野江とかで撮っていることが多かったのですが、昼からのコンサートの関係から初めて古川橋駅で撮影しました。9000系淀屋橋行き準急。ズームを効かせての一枚。

Img_3206この駅の京都側の端っこは、電車が大きくインカーブで入ってくる感じが素晴らしい。さて、そうはいっても8両編成がうまく入ってくれるかと思っていたけど、何とかなりそうですね。新3000系淀屋橋行き特急。一番後ろの車両が信号にかかりますが、ほぼ影響なしです。

Img_3216以上の2枚は、突っ立ったままの目線でしたが、今度は少ししゃがんで目線を落して撮影しました。より、伸びやかなスピード感が増しますね。こういう写真が好きです。直線をイメージして棒状に伸びた車両写真より動的なイメージが出てきます。8000系の淀屋橋行き特急。

2015年10月19日 (月)

コンサート鉄 京阪電車

Img_3129門真市であったアマチュアオーケストラのコンサートの前に、途中久しぶりに京阪電車の撮影をした。3000系特急が引退してからというもの、食指が動かなくなってしまいましたね。久しぶりに行くと、京橋-七條間ノンストップという特急洛楽が運転されていた。かつての特急はみんなこうでしたね。野江駅。

Img_3135もう一つ、変わった特急としては、この機関車トーマスのイラストが全車両に入ったトーマスエクスプレスだ。青色をベースにした遠くからでもはっきりそれと分かる塗装だ。ただ、どこかにも以前書いたけど、機関車トーマスってテレビで見たことがありません。これも野江駅。

Img_3222コンサートは古川橋駅近くであったため、最後はその駅で撮影。京都方向のカーブがなかなかいいですね。そこへ2600系の2803編成が来ました。幌付き、転落防止装置の取り付けベースがついていて少しだけ平面顔に見えます。昨日はそんなところでした。古川橋駅。

2013年10月21日 (月)

鉄道記念日の京阪電車

Img_5748 10月14日の鉄道記念日は、丹波橋でのニイジマキネン・オーケストラの演奏会を聴くため、京阪電車に乗った。京阪電車は見るのも乗るのも久しぶりだ。旧3000系特急が引退してから、しばらく行く用事がないと思っていたからだ。とりあえず、野江駅で撮影。京阪中之島線開業5周年の記念HMを掲げた8000系特急。

Img_5789 コンサートが終わって丹波橋の駅まで戻ると、また別のHMを掲げた8000系特急が入ってきた。急いで撮影すると、なんだか、おけいはんポイント10周年というものらしい。逆光で見にくいが、とにかくそういうもの。

Img_5798 ところで、京阪というと、幌付きの車両がいくつか残っていたはずだが、今回はこのひと編成しか見ることができなかった。こういう車両も減っているのかもしれない。京阪電車、表の塗装は変わったが、乗ってみると中の塗装はそのままで、乗っている分には、懐かしさがまだ残っている。

2013年6月24日 (月)

本日の移動鉄 久しぶりの京阪

Img_0857本日は、引退する3000系特急を追いかけて3月に八幡市駅周辺を訪れて以来の京阪電車に乗車した。すでに、カラーデザインの更新が完了し、かつてのグリーンの濃淡の塗装車両は存在していない。新しい塗装だが、幌とランプの形が興味をそそる2600系はまだ好ましいと言える。

Img_0861枚方市駅では、交野線の10000系、それもトーマス車両がやってきた。何とも目立つ塗装だが、向かいのホームから見ていても、決してきれいなものではない。USJの車両といい、加古川線の103系といい、これを作ったひとたちの美的感覚は何とも疑わしい。ライトな色彩のベースに扉袋の部分にイラストを配するだけで十分だと思うけど。

Img_0856さて、京橋駅を出るときに、当然先頭配置についているわけだが、窓の外にぎょうざの満洲の看板が見えた。環状線野田駅の高架下に続いて、京橋駅の傍らに第2号店が開店している。動き出した車両の中からスマホで、赤い字がちゃんと入るように撮るには至難の業が必要だった(かな)

61kh9bpcvhl__sl500_aa300_鯨統一郎 みなとみらいで捕まえて 光文社文庫/読了・・・・・・ここに絶好調の鯨くんの文章がある。ユーモア・ミステリーの傑作だ。横浜、論語、殺人事件、これらをミキサーでかき混ぜるとこの本ができるのかも。しかし、本音は、最後にある神奈川県警の不祥事をあげつらって留飲を下げたということかもしれない。鯨くんと神奈川県警、なにか、あったんかいな。

2013年3月24日 (日)

京阪橋本と八幡市

Img_3125京阪3000系も通常運転を終え、臨時の快速特急の運転を残すのみとなっいる。本日もその運行がされたところであるが、この撮影のために行った橋本は、背景に天王山を抱き、なかなか良い撮影場所だった。今後、こういう風景だけになるということで、3000系特急を貼っておこう。

Img_3144また、レンタサイクル鉄を敢行した八幡市の京都寄りホーム端はインカーブで入ってくる。これもなかなかのポイントかと思う。もう、3000系を撮ることはないだろうが、気が向いたら、ここで普段の京阪を撮っても良いかも。

Pictbus鈴木文彦 日本のバス 100余年のあゆみとこれから 鉄道ジャーナル社/読了・・・・・・鉄道ジャーナルの巻末に掲載されているバスに関するコーナーを担当している著者による日本のバス論の集約。巻頭にバスのカラー写真満載だが、あとは文章一本やり。文中にも写真が欲しいし、グラフ、図による補完がないと、こういう本は読むのはつらくなる。データの単なる羅列も多く、こういうのは表にまとめてほしいところ。内容が多岐にわたっているので、理解するのにも苦労する。内容がよいだけにもう少しの工夫で広く読まれるんじゃないかな。

2013年3月13日 (水)

原色の京阪車両

Img_3139土曜日は京阪3000系特急を追いかけて出かけたが、橋本と木津川では原色の京阪電車を撮影できた。もう残り少なくなってきていて、寝屋川車庫に2編成が寝ていたほかは、この2400系の編成と1000系の編成が一本走っていただけである。3000系特急も景色に映えるが、原色の通勤型電車もなかなか撮り映えがする。

Img_3171木津川の橋の上から撮ったのは、先に写した2400系が出町柳から帰ってきたもののようだ。ここへ来たのは今回が2回目だったが、3000系特急も原色の車両も撮れてよかった。お昼ご飯は、自転車の荷台に座り、この景色を見ながら、キノコおこわをいただいたのである。

Photo古今亭駒次・柳家小ゑん・桂しん吉・桂梅團治 鉄道落語 東西の噺家4人によるニューウェーブ宣言 交通新聞社新書/読了・・・・・・落語家4人による新作、創作落語の紹介と東西に分かれた座談会?の一冊。こんな分野の新しい落語があるとは知らなかったし、定期的にこれらの鉄道落語を演じる会もあるという。マニアックになりすぎても、ファンは離れるだろうし、心くすぐるニュアンスがないと一般受けもしないだろうが、こういう活動から普遍的な将来の古典落語ができるとうれしいなぁ。

だけど座談会で、東京の二人はカクテルを飲み、関西の二人は生ビール。落語の土壌にそういう違いはあるんだろうなぁ。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ